クレジットカードおすすめ最新ニュース[2019年]

海外旅行で「クレジットカードでキャッシング」と
「空港で現金を両替」するのは、どちらがお得か?
キャッシング手数料を安くするお得な裏ワザも紹介!

2017年3月11日公開(2018年4月2日更新)
ポイ探ニュース(菊地崇仁)
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示
お得に外貨を入手する方法を解説

 グアム旅行に行った際、クレジットカードでキャッシングして現地通貨を調達した。空港のATMでキャッシングする予定だったが、送迎サービスに気を取られてしまい、キャッシングするのを忘れてしまった。
(※関連記事はこちら!⇒グアム旅行の空港⇔ホテル間は「空港シャトル」が超快適! 専用車で待ち時間もなく、チップも不要、日本語堪能な運転手のお得情報も聞けて満足度◎!

 今回、筆者が利用した送迎サービスは、料金にチップ代が含まれていたため、すぐに現金が必要だったわけではなかったが、今後のことを考えると、やはり現金はあったほうが良いだろう。

ハワイ銀行のATM「ザ・プラザ」内にあったハワイ銀行のATM。

 筆者が宿泊したホテル「アウトリガー・グアム・ビーチ・リゾート」の近くには、ショッピングモールの「ザ・プラザ」がある。散歩がてら「ザ・プラザ」を歩いていたところ、ハワイ銀行のATMを発見した。さっそく、ATMでキャッシングしようとしたのだが、「その取引はできません」というメッセージが表示された。

 筆者が挿入したクレジットカードのせいかと思い、他のカードを入れてみたが、それでも同じメッセージが表示された。おそらく、ATM内に現金が入っていないのだろう。

「ザ・プラザ」内の「JCBプラザ ラウンジ・グアム」「ザ・プラザ」内に「JCBプラザ ラウンジ・グアム」があった。

 仕方がないので、他のATMを見つけるために「ザ・プラザ」を歩いていると、「JCBプラザ ラウンジ・グアム」を発見。せっかくなので入室してATMの場所を聞いたところ、1つ下の階にもあると教えてもらった。

 エスカレーターで下の階に降りると、たしかにATMがあった。クレジットカードを入れてキャッシングのメニューをタップし、とりあえず200米ドルをキャッシングしたのだが、すべて20米ドル紙幣で出てきたため、ABCマートで水を買って、チップ用の1米ドル札を準備しておいた。

保有しているクレジットカードで
キャッシングできるかどうかは、事前に確認しておこう!

 今回、筆者がキャッシングに利用したクレジットカードは「JALカード TOKYU CARD ClubQ」だ。筆者はさまざまなクレジットカードを保有しているが、多くのカードはキャッシング枠を「0」で申請している。そのため、キャッシング枠があるクレジットカードはそれほど保有していない。

WAONやPASMOへのチャージでもJALマイルが貯まる!
JALカード TOKYU POINT ClubQ
還元率 1.5%
 ※ 1マイル=1.5円換算、JALカードショッピングマイル・プレミアム加入時
「JALカード TOKYU POINT ClubQ」のカードフェイス
発行元 JALカード
国際ブランド VISA、Master、DC
年会費(税抜) 初年度無料、2年目以降2000円
(JALカードショッピングマイル・プレミアム年会費3000円)
家族カード(税抜) あり(年会費1000円)
ポイント付与対象の
電子マネー
WAON、PASMO
「JALカード TOKYU POINT ClubQ」の公式サイトはこちら

(※関連記事はこちら!⇒JALカードよりJALマイルが貯まりやすいカードとは?低コスト&無期限の「リクルートカードプラス」か、「JALカードTOKYU POINT ClubQ」でJALマイルを貯めよう!

 保有しているクレジットカードがキャッシング可能かどうかは、クレジットカードのWebサイトにログインし、「利用可能額」を参照することで確認できる。

キャッシング枠が0円となっているのでキャッシングはできないこのクレジットカードの場合は、キャッシング枠が0円となっているのでキャッシングはできない。
拡大画像表示

 キャッシング枠欄が0円となっている場合やキャッシング可能枠の表示自体がない場合は、キャッシングができないクレジットカードだ。その場合は、「キャッシュパスポート」や「NEO MONEY」などの海外旅行向けプリペイドカードや「Sony Bank WALLET」のようなVisaデビットカードなどの保有を検討しよう。
(※関連記事はこちら!⇒「Sony Bank WALLET」で海外旅行費用を節約!ソニー銀行から新たに登場したデビットカードは年会費無料で還元率0.5%、海外での利用に強い!

海外旅行向けプリペイドカードやデビットカードを作るのもおすすめキャッシングができないクレジットカードしか保有していない場合は、海外旅行向けプリペイドカードやデビットカードを作るのもおすすめ。

「クレジットカードでのキャッシング」と「空港での両替」では、
どちらが本当にお得なのかを徹底検証!

 筆者はクレジットカードでのキャッシングを利用したが、空港などの両替所で現地通貨を入手する人もいるだろう。では、「クレジットカードでのキャッシング」と「空港などでの両替」を比較すると、どちらがお得なのだろうか?

 そこで、200米ドルのキャッシングまたは両替をした際のそれぞれの手数料などを比較して、どちらがお得なのかを検証することにした。

 まずは、クレジットカードでのキャッシングだ。今回、筆者が利用した「JALカード TOKYU CARD ClubQ」のwebサイト「DC Webサービス」にログインし、「ご利用代金明細照会(速報)」を確認したところ、キャッシングした日から5日ほどで、「未請求確定分」としてキャッシング分の利用額が記載された。利用額は2万3553円で、請求額は2万4133円だった。つまり、580円分がキャッシング手数料だ。

「JALカード TOKYU CARD ClubQ」のwebサイトで、キャッシング分を確認。
拡大画像表示

 次は、空港などでの両替だ。空港で両替レートを確認するのを忘れたため、後日、外貨両替専門店「トラベレックス」の過去のレートを調べたところ、筆者がキャッシングした日のレートは1米ドル=120.66円だった。つまり、200米ドルの両替をするには、2万4132円が必要となる。

「トラベレックス」の過去のレート「トラベレックス」の過去のレートを調べたところ、筆者がキャッシングした日のレートは1米ドル=120.66円だった。
拡大画像表示

 クレジットカードでキャッシングした場合は「200米ドル=2万4133円」で、空港(トラベレックス)で両替した場合は「200米ドル=2万4132円」と、1円しか変わらない。これならば、空港で両替したほうが安心だろう。

 しかし、キャッシングの場合は、事前に返済することで手数料が安くなる。カードデスクに電話して「事前返済したい」と伝えると、返済日を聞かれたので、「○○日です」と伝えた。その日に返済した場合の請求額を再計算してもらったところ、請求額は2万3623円とのことだった。前述の請求額2万4133円は、あくまでも50日ほどキャッシングした場合の金額なのだ。

クレジットカードでのキャッシングの場合、事前返済すれば手数料は安くなるクレジットカードでのキャッシングの場合、事前返済すれば手数料は安くなる。
拡大画像表示

 したがって、クレジットカードでキャッシングし、請求額を事前返済した場合は「200米ドル=2万3623円」で、空港などで両替した場合は「200米ドル=2万4132円」と、キャッシングのほうが509円も安い。さらに、必要な現地通貨の金額が増えれば増えるほど、キャッシング手数料と両替手数料の差は大きくなり、キャッシングのほうが安くなる

 米ドルのようなメジャーな通貨では、「キャッシングのほうが断然お得!」というほどの差は出てこないが、マイナーな通貨では、手数料に大きな違いが出てくるため、キャッシングのほうがかなりお得になる。「保有しているクレジットカードでキャッシングできるかどうか」や「海外ATMでは、どのようにキャッシングするのか」などを事前に確認しておくことをおすすめする。

キャッシングの事前返済をするなら「住信SBIネット銀行」などの
振込手数料がお得なネット銀行を使おう!

 キャッシングの請求額を事前返済する場合は、指定された口座に指定金額を振り込む必要がある。今回、筆者が指定されたのは「三菱UFJ銀行」の口座だった。また、「振り込み時には、振込依頼人名の後ろにクレジットカード番号をできるかぎり入れてほしい」と言われた。

 こんなときに便利なのが、「住信SBIネット銀行」だ。「住信SBIネット銀行」は、振込人名義を編集することができ、クレジットカード番号や会員番号などを追記できるからだ。筆者も実際に「住信SBIネット銀行」を使い、振込名義の後ろにクレジットカード番号を追記して振り込んだ。

「住信SBIネット銀行」なら、クレジットカード番号を追記するのも簡単「住信SBIネット銀行」なら、振込名義の後ろにクレジットカード番号を追記するのも簡単。
拡大画像表示

 さらに、「住信SBIネット銀行」は、取引実績によって1~4のランクに振り分けられ、そのランクによってATM手数料や振込手数料の無料回数が決まる「スマートプログラム」という制度がある。この制度では、ランクの数字が高いほど優れた優遇を受けられる。

 簡単にランクを上げたいのであれば、年会費2500円(税抜)の「SBIゴールドカード」を保有し、そのカードの決済口座を「住信SBIネット銀行」に指定するといい。これだけで、ランクが2段階アップするからだ。例えば、もともとランク1だった人は、月7回は振込手数料が無料のランク3になり、もともとランク2だった人は、月15回も手数料手数料が無料のランク4になれる
(※関連記事はこちら!⇒住信SBIネット銀行「スマートプログラム」を攻略!「SBIカード」の保有で最大限ランクアップすれば、振込手数料が月15回まで無料の最強のネット銀行に!?

 毎月数件の振り込みをしている人は、「住信SBIネット銀行」+「SBIゴールドカード」の組み合わせも検討しよう。

 住信SBIネット銀行
コンビニATM出金手数料 振込手数料
セブン-
イレブン
ローソン ファミリー
マート

(E-net)
ミニストップ
(イオン銀行)
月2回~15回無料(※)、以降は100円  同行あて:無料
 他行あて:
月1回~15回無料
  (※)、以降は142円
【住信SBIネット銀行のメリット】コンビニATM出金手数料と他行あての振込手数料がそれぞれ最大15回まで無料(ランク4の場合)。さらに、「SBI証券」の証券口座と連動する「SBIハイブリッド預金」をつくれば、普通預金金利を大幅に引き上げ!
※「スマートプログラム」のランクによって、無料出金回数および無料振込回数は異なります。
住信SBIネット銀行の公式サイトはこちら

(※関連記事はこちら!⇒【住信SBIネット銀行の金利・手数料・メリット】SBI証券の口座と連動することで、よりお得な銀行に「ハイブリット預金」なら普通預金金利が10倍に!

 以上、今回は、クレジットカードでのキャッシングと空港などでの両替は、どちらがお得なのかを検証した。

WAONやPASMOへのチャージでもJALマイルが貯まる!
JALカード TOKYU POINT ClubQ
還元率 1.5%
 ※ 1マイル=1.5円換算、JALカードショッピングマイル・プレミアム加入時
「JALカード TOKYU POINT ClubQ」のカードフェイス
発行元 JALカード
国際ブランド VISA、Master、DC
年会費(税抜) 初年度無料、2年目以降2000円
(JALカードショッピングマイル・プレミアム年会費3000円)
家族カード(税抜) あり(年会費1000円)
ポイント付与対象の
電子マネー
WAON、PASMO
【おすすめポイント】
通常のJALカードと同じようにJALマイルが貯まるが、WAONやPASMOへのチャージでもJALマイルが貯まるほか、東急ストアや東急百貨店などの東急系列の店舗ではJALマイルとは別に「TOKYUポイント」も同時に貯まり、マイルに交換可能! JALカードの中ではもっともおすすめ!
「JALカード TOKYU POINT ClubQ」の公式サイトはこちら

(※関連記事はこちら!⇒JALカードよりJALマイルが貯まりやすいカードとは?低コスト&無期限の「リクルートカードプラス」か、「JALカードTOKYU POINT ClubQ」でJALマイルを貯めよう!

※クレジットカードの専門家2人が選んだ、2019年の最強カードは?
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】
「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!
全7部門の“2019年の最優秀カード”を詳しく解説!

【クレジットカードおすすめ比較】還元率でクレジットカードを選ぶ!還元率ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】ービス充実の「おすすめゴールドカード」はコレ!ページへ
ETCカードでクレジットカードを選ぶ!ETCカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】人気ランキングでクレジットカードを選ぶ!人気ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】プラチナカードでクレジットカードを選ぶ!プラチナカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス)を比較して選ぶ!
【クレジットカードおすすめ比較】マイルでクレジットカードを選ぶ!マイルランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】海外旅行保険でクレジットカードを選ぶ!海外旅行保険ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】法人カードで選ぶ!法人カードでおすすめクレジットカードはコレだ!
【クレジットカードおすすめ比較】年会費無料でクレジットカードを選ぶ!年会費無料ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】最短即日発行~翌日発行で選ぶを比較して選ぶ!今すぐ入手できる、お得なクレジットカードはコレだ!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開!

【2019年11月1日時点・最新情報】
還元率、年会費etc.で比較! 人気のおすすめクレジットカード

還元率 年会費
(税抜)
ブランド 電子マネー対応
(ポイント付与対象)
カード
フェイス

 ◆楽天カード

1.0~3.0% 永年無料 VISA
JCB
Master
楽天Edy
(楽天Edyへの
チャージ分は
還元率0.5%)
楽天カード公式サイトはこちら
【楽天カードのおすすめポイント】
楽天市場や楽天ブックス、楽天トラベルを利用している人はもちろん、楽天ユーザー以外にもおすすめの「年会費無料&高還元」クレジットカードの代表格。通常還元率は1.0%だが、楽天市場や楽天ブックスでは最低でも還元率が3.0%以上に! また、「楽天ポイントカード」や電子マネーの「楽天Edy」との併用で、楽天グループ以外でも還元率は1.5~2.0%以上になる! ゴールドカードの「楽天プレミアムカード」も格安の年会費で「プライオリティ・パス」がゲットできてコスパ最強
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全7部門の“2019年の最優秀カード”を詳しく解説!(最優秀メインカード部門)
「楽天カード」よりも「楽天ゴールドカード」を使ったほうが確実に得をする“損益分岐点”が判明!楽天市場での利用額次第で「楽天カード」よりお得!
「楽天カード」にメリット追加で還元率もアップ!さらに「楽天カード」と「楽天モバイル」の兼用でスマホ代の節約+楽天ポイントがザクザク貯まる!
楽天カードの公式サイトはこちら
 ◆dカード
1.0~3.0% 永年無料 VISA
Master
iD
dカード公式サイトはこちら
【dカードのおすすめポイント】
テレビCMでもおなじみの「NTTドコモ」のカードだが、auやソフトバンク利用者でもお得!通常還元率1%と高還元で、2019年9月16日以降の申し込み分から年会費が永年無料になり、ますますお得なカードに進化! さらに、ローソンでの利用分は請求時に3%オフになり、ポイント付与と合計すると常時5%の超高還元が実現!「dカード」で貯まる「dポイント」は携帯電話料金に充当できるほか、「Ponta」にも交換可能となり、ドコモユーザー以外でもお得なクレジットカードだ。
関連記事
◆「dカード」は「dポイント」を貯める最強カード! ドコモ利用者以外は年会費実質無料の「dカード」、ドコモ利用者は「dカード GOLD」がおすすめ!
◆「dカード」はドコモユーザー以外にもおすすめの「高還元+実質年会費無料」クレジットカード!ドコモユーザーなら「dカード GOLD」を使い倒せ!
NTTドコモ「dカード」の公式サイトはこちら

 ◆アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

1.5%~ 1万円 AMEX Suica
ICOCA
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード公式サイトはこちら
【アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードのおすすめポイント】
マイル系最強カード」との呼び名が高いクレジットカード。対象航空会社・旅行会社28社で航空券代金やツアー代金を決済すると通常の3倍のポイントが貯まるので、航空会社発行のカードよりもマイルが貯まりやすいのが魅力。さらに、貯まったポイントは提携航空会社15社のマイルに自由に交換可能で、しかもポイントは無期限で貯められるのも大きなメリット! 「長距離+ビジネスクラス」の特典航空券に交換すれば、還元率は1.5%よりも高くなる!
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全7部門の“2019年の最優秀カード”を詳しく解説!(マイル系カード部門)
航空・旅行アナリストがおすすめ!貯めたポイントを航空会社15社で自由に使える万能型のマイル系クレジットカードとは?
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの公式サイトはこちら

 ◆JCB CARD W(ダブル)

1.0~3.0% 永年無料 JCB QUICPay
JCB CARD W(ダブル)公式サイトはこちら
【JCB CARD W(ダブル)のおすすめポイント】
2017年10月24日に、JCBから年会費無料&高還元のエントリーカードが登場! 年会費無料で通常還元率は1.0%、さらに「ORIGINAL SERIESパートナー加盟店」のイトーヨーカドーやセブン-イレブン、Amazonなどでは還元率2.0%、スターバックスでは還元率3.0%と、驚異的な還元率に! しかも、大手カード会社のクレジットカードだけあって、ポイントの汎用性も抜群!
【関連記事】
「JCB CARD W」は「楽天カード」などとほぼ同じ、年会費無料+還元率1~3%のJCBの入門用カード!Amazonやスタバをよく利用する20~30代は注目!
「JCB CARD W」は、年会費無料で還元率1%以上のお得な高還元クレジットカード!「JCB CARD W」のメリット・デメリットを他のカードと比較して検証!
JCB CARD W(ダブル)のメリットを解説!「年会費無料」「常に還元率1.0%以上」「ポイントの使い勝手が良い」と三拍子そろった高還元クレジットカード!
JCB CARD Wの公式サイトはこちら

 ◆エポスカード(エポスカード)

0.5~10% 永年無料 VISA Suica
楽天Edy
エポスカード公式サイトはこちら
【エポスカードのおすすめポイント
マルイのカードとして有名な「エポスカード」。年会費無料ながら、自動付帯の海外旅行保険(最高500万円)のほかにも、ビッグエコーなどのカラオケの室料30%オフ、ファミレスや居酒屋チェーンで飲食代10%オフなど、全国1万店以上の飲食店、レジャー施設を割引価格で利用できる特典が充実! マルイの年4回のバーゲン「マルコとマルオの7日間」で10%オフになるほか、「エポスゴールドカード」への招待を受け取れば、年会費が永年無料で還元率も最大1.55%とお得なゴールドカードが保有できる
【関連記事】
◆「エポスカード」はマルイ以外でもメリットあり!年会費無料+高還元の「エポスゴールド」、高還元+サービス充実の「エポスプラチナ」も魅力!

◆「エポスカード」はマルイ利用者以外にもお得な1枚!還元率は0.5%だが、海外旅行傷害保険の自動付帯など特に海外利用が多い人なら持っていても損はない!
エポスカードの公式サイトはこちら

【SPGアメリカン・エキスプレス・カード】
「ホテル宿泊券」+「マリオットの上級会員資格」が
もらえて得するホテル系カード⇒関連記事はこちら

SPGアメリカン・エキスプレス・カード公式サイトはこちら

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードの公式サイトはこちら!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード じぶん銀行住宅ローン ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ! 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! SPGアメリカン・エキスプレス・カード
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

連続増配株&高配当株
年金世代1万人大調査
IPO株 トレード術

1月号11月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

増配株&高配当株であんしん老後

何歳からでも始められる
増配株&高配当株であんしん老後
[Prologue]目指せ! じぶん年金づくり
[投資先1]日本の高配当株43銘柄
●高利回り株●連続増配株●10年配当株
[投資先2]Jリート5銘柄
[投資先3]米国の高配当株20銘柄
[投資先4]毎月分配型投信13銘柄

仕組み化するだけ!IPO申込み&売買ワザ
儲け方[1]上場前の株の当選を目指す
儲け方[2]上場後の株の再上昇を取る
10倍期待の株は64銘柄!
2018年~2019年上場の全151銘柄の買売を分析

年金生活のリアル
金持ち老後と貧乏老後の差を徹底解剖!

年末までラストスパート
駆け込み!ふるさと納税72
上限額や災害支援のことなどふるさと納税のキホン
カニ・おせち・温泉など冬の3大返礼品!
おいしいものだけ!返礼品別カタログ

●自腹でガチンコ投資! AKB48「株」ガチバトル
●AKB48武藤十夢のわくわくFX生活
●株入門マンガ/恋する株式相場! 
●本誌崖っぷち部員の同時進行ドキュメント
定年退職までのロードマップ

【別冊付録】
毎月配当カレンダー2020年1月⇒12月

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

【重要なお知らせ】
>>定期購読の価格改定について


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2019】 クレジットカードの専門家が選んだ 2019年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ)

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報