コンサル流「格安セレブ術」

LCCを利用しながら快適なセレブ気分で旅する方法!
「バニラエア」で足を伸ばせる席に座る裏ワザや
往復10万円程度でビジネスクラスに乗れるLCCも紹介

2017年4月20日公開(2017年8月28日更新)
鈴木 貴博 [経済エンタテナー]
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示

 20代の頃、ちょっとした疑問が頭に浮かんだ。

 「同じ予算で海外旅行をする場合、『飛行機はゴージャスだけどホテルは普通』なのと『飛行機はエコノミークラスだけどホテルはゴージャス』、どちらがいいのだろう?」

 そこで実際にやってみることにした。毎年恒例にしていたハワイ旅行で、最初の年は往復ビジネスクラスのツアーで宿泊はワイキキの山側のエコノミーホテル、次の年は往復エコノミークラスに乗り、ワイキキのビーチに面した高級ホテルを選んで旅行してみたのだ。

 どちらの旅行のほうが楽しかったか? 結果は圧倒的に現地の「ホテルが高級なほう」だった。なにしろ旅行期間中に圧倒的に長い時間を過ごすのはホテルだ。飛行機でビジネスクラスをあきらめれば、航空運賃は10万円以上も浮く。それを原資にして1泊1万円の部屋ではなく3万5000円の部屋を探すと、かなりゴージャスな部屋に泊まることができる。

 海を眺めながら広々とした部屋でくつろぎ、ルームサービスで冷たいドリンクを取り寄せて過ごす。海外旅行はそうやって現地でゴージャスに予算を使ったほうが快適なのだ。限られた予算を有効に使うのであれば、近距離から中距離ぐらいの数時間のフライトは、エコノミークラスで我慢したほうがいい。

 そんな体験から、私は会社を退職し、自分の会社をはじめて社長になってからも出張ではまず現地のホテルをゴージャスにすることを優先している。

 さて、そう考えると韓国や台湾、北京や上海、香港など近距離の出張はただのエコノミークラスよりもLCCを選べば、より節約できて、より現地でゴージャスなホテルに滞在できることになる。

 そうした考えから、ある時から香港へ出張する際は全日空や日本航空ではなくLCCで出かけてみることにした。そのときに気づいたLCCのお得なポイントがいくつかある。そこで今回は、「格安セレブなLCC出張術」をご紹介しよう。

「バニラエア」を利用した格安セレブLCC出張術!
プランは「シンプル」、座席は「前方」「通路側」を!

バニラエアの機体バニラエアの機体

 香港出張で重要なのはスケジュール。私の場合、一日目の午前便で香港に向かう。その日はゆっくりして二日目は終日ビジネス。そして三日目も午前中は高級ホテルでゆっくり過ごし、昼過ぎの便で日本に戻る。

 このスケジュールを想定して「スカイスキャナー」という比較サイトで航空運賃を比較すると、日本航空や全日空は往復5万2000円、キャセイパシフィック航空が5万円程度となっている。一方、全日空系列のLCCである「バニラエア」なら、2万円程度で往復航空券を販売している。

 具体的には午前10時45分の便で成田空港を飛び立ち、午後3時頃には香港に到着。帰りは15時45分発の便で香港を出発し、夜21時頃に成田に到着する。大手航空会社と比較して航空運賃が3万円もお得になるのは大きい。

 これを元手にホテルはヒルトン系列最高峰の「コンラッド香港」に格上げし、初日の夜と最終日の昼は豪華な食事をとることにしよう……。そう決めてバニラエアで成田―香港の往復便を予約することにする。

 さて、最初のポイントは予約をする時にどの運賃プランを選ぶか、である。バニラエアの場合、「コミコミ」「シンプル」「わくわく」の3つの種類の運賃プランがある。このうち一番安い「わくわく」はバーゲン価格で売り出されていればラッキーだが、早くても1ヵ月前にならないと日程が決まらないような出張の場合、早々に売り切れてしまう「わくわく」での座席の確保はなかなか難しい。

 そこで実際に選ぶプランは、高い「コミコミ」か、中ぐらいの「シンプル」かのいずれかになる。価格の差は片道で4000円程度。最も高い「コミコミ」の「シンプル」との大きな違いは、出張がキャンセルになった場合に払い戻しができること(「シンプル」では払い戻しが不可だが、「コミコミ」なら3000円~5000円支払えば払い戻しができる)。そして預け入れ荷物が20kgまで無料になること、そして「シンプル」なら500円~600円かかるスタンダードシートの指定が無料になることだ。

バニラエアの運賃プランの表バニラエアの運賃プランの表
拡大画像表示

 私の場合、出張がキャンセルになる確率は経験則で10分の1以下。もしキャンセルになっても香港ならまた近日中に行く可能性があるので、日程変更をすればいい。「シンプル」でも手数料を4000円支払えば日程変更は可能だ(「コミコミ」の場合でも、便や日程変更は500円の手数料がかかる)。それに2泊3日の香港出張であれば預け入れ荷物は不要なので、ここは迷わず「シンプル」を選ぶ。

 ただしLCCでも優雅な旅をするために、ここから追加費用を支払ってよりよい座席を指定したほうがいい。LCCの座席はちょうど国内線の普通席のようにかなりきつきつの配置になっている。飛行機の後方の3人席の中央で小さくなって香港まで旅するのはちょっとつらい。

 バニラエアの場合、一番前方の席は足が伸ばせるリラックスシートになっていて1000円~1300円の追加で指定することができる。空きがあればまずこの席を抑えるのがいいだろう。あいにくその席が空いていない場合、私は700円を支払って通路側の座席を指定する。それなら途中で散歩もできるし、トイレにも行きやすい。

バニラエアの機内バニラエアの機内

 あと機内食は有料なので我慢するという考え方もあるが、どうせお金が浮いているのだ。缶コーラは200円、日清のカップヌードルは400円。それくらいは優雅に楽しんでもいいだろう。ちなみに香港にはXO醤味のカップヌードルがあって、以前あるLCCで注文したところ、ゴージャスな中国料理かと見紛うほどで、思いがけず贅沢なランチを味わうことができた。

 搭乗の当日は、LCCならではの注意点に気をつけたい。バニラエアなど多くのLCCは、成田空港の第三ターミナルを出発するが、このターミナル、電車が止まる空港第二ビル駅から歩くと630メートルもあり、かなり遠い。表示に沿って歩くのではなく、まよわず空港第二ビルの24番バスターミナルに向かって第三ターミナル行きの無料バスに乗ったほうがいいだろう。

LCCなのに「ビジネスクラス」があった!
エアアジアXなら往復約10万円でフラットベッドに

 さてLCCの場合、狭い座席で我慢をして格安で現地に向かうというイメージがあるが、中にはゆったりとしたビジネスクラスに往復10万円前後の価格で乗れるLCCが飛んでいるのをご存知だろうか?

 「エアアジアX」というLCCには、「プレミアムフラットベッド」というビジネスクラスが全部で12席用意されていて、座席を平らに倒して(といっても水平ではなく175度くらいの傾斜ではあるが)無料の毛布にくるまって優雅な旅をすることができる。

 このエアアジアXは、成田空港からはバンコク、クアラルンプールへの直行便、関西国際空港からはこの2路線に加えてホノルルまでの直行便が運航している。東京在住の私の場合、バンコクへの出張はこのエアアジアXを好んで使うのだが、とても乗り心地がいい。関西在住者ならホノルルまでこの飛行機で行くことができる。実に羨ましい。

 ひとつだけ注意が必要なことは、バンコクの空港が市街地から少し遠いドンムアン国際空港になることだ。遠いと言ってもタクシーで市内に向かえば50分程度、タクシー代は700円程度でバンコク市街地のホテルに到着することができる。

 そのビジネスクラスの料金だが、成田―バンコクの場合、比較的早いタイミングで空きがあれば片道4万4000円程度、座席が混んでくると6万~7万円程度に価格が上がる(為替レートで細かく変動するので注意が必要)。

 とはいえ予約が1ヵ月以上先なら、安い方の座席を見つけられる確率はそれなりに高い。私もこれまで3回、エアアジアXを使って出張しているが、3回とも安い価格のビジネスクラスを確保している。みなさんもぜひトライしてみてはどうだろう?

※クレジットカードの専門家2人が選んだ、2021年の最強カードは?
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2021年版】
「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!
全8部門の“2021年の最優秀カード”を詳しく解説!

【クレジットカードおすすめ比較】還元率でクレジットカードを選ぶ!還元率ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】ービス充実の「おすすめゴールドカード」はコレ!ページへ
ETCカードでクレジットカードを選ぶ!ETCカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】人気ランキングでクレジットカードを選ぶ!人気ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】プラチナカードでクレジットカードを選ぶ!プラチナカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス)を比較して選ぶ!
【クレジットカードおすすめ比較】マイルでクレジットカードを選ぶ!マイルランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】海外旅行保険でクレジットカードを選ぶ!海外旅行保険ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】法人カードで選ぶ!法人カードでおすすめクレジットカードはコレだ!
【クレジットカードおすすめ比較】年会費無料でクレジットカードを選ぶ!年会費無料ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】最短即日発行~翌日発行で選ぶを比較して選ぶ!今すぐ入手できる、お得なクレジットカードはコレだ!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2021年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開!

【2021年5月1日時点・最新情報】
還元率、年会費etc.で比較! 人気のおすすめクレジットカード

還元率 年会費
(税込)
ブランド 電子マネー対応
(ポイント付与対象)
カード
フェイス

 ◆楽天カード

1.0~3.0% 永年無料 VISA
JCB
Master
楽天Edy
(楽天Edyへの
チャージ分は
還元率0.5%)
楽天カード公式サイトはこちら
【楽天カードのおすすめポイント】
楽天市場や楽天ブックス、楽天トラベルを利用している人はもちろん、楽天ユーザー以外にもおすすめの「年会費無料&高還元」クレジットカードの代表格。通常還元率は1.0%だが、楽天市場や楽天ブックスでは最低でも還元率が3.0%以上に! また、「楽天ポイントカード」や電子マネーの「楽天Edy」との併用で、楽天グループ以外でも還元率は1.5~2.0%以上になる! ゴールドカードの「楽天プレミアムカード」も格安の年会費で「プライオリティ・パス」がゲットできてコスパ最強
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2021年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全8部門の“2021年の最優秀カード”を詳しく解説!(最優秀メインカード部門)
「楽天カード」よりも「楽天プレミアムカード」のほうが得をする“損益分岐点”が判明! 楽天市場で年36万円を利用しない限り、年会費無料の「楽天カード」で十分!
「楽天カード」にメリット追加で還元率もアップ!さらに「楽天カード」と「楽天モバイル」の兼用でスマホ代の節約+楽天ポイントがザクザク貯まる!
楽天カードの公式サイトはこちら
 ◆dカード
1.0~3.0% 永年無料 VISA
Master
iD
dカード公式サイトはこちら
【dカードのおすすめポイント】
テレビCMでもおなじみの「NTTドコモ」のカードだが、auやソフトバンク利用者でもお得! 通常還元率1%と高還元で、2019年9月16日以降の申し込み分から年会費が永年無料になり、ますますお得なカードに進化! さらに「dカード」で貯まる「dポイント」は携帯電話料金に充当できるほか、JALのマイルなどにも交換可能で、ドコモユーザー以外でもお得なクレジットカードだ。
関連記事
◆「dカード」は「dポイント」を貯める最強カード! ドコモ利用者以外は年会費実質無料の「dカード」、ドコモ利用者は「dカード GOLD」がおすすめ!
◆「dカード」はドコモユーザー以外にもおすすめの「高還元+実質年会費無料」クレジットカード!ドコモユーザーなら「dカード GOLD」を使い倒せ!
NTTドコモ「dカード」の公式サイトはこちら

 ◆アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

1.5%~ 1万1000円 AMEX Suica
ICOCA
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード公式サイトはこちら
【アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードのおすすめポイント】
マイル系最強カード」との呼び名が高いクレジットカード。対象航空会社・旅行会社28社で航空券代金やツアー代金を決済すると通常の3倍のポイントが貯まるので、航空会社発行のカードよりもマイルが貯まりやすいのが魅力。さらに、貯まったポイントは提携航空会社15社のマイルに自由に交換可能で、しかもポイントは無期限で貯められるのも大きなメリット! 「長距離+ビジネスクラス」の特典航空券に交換すれば、還元率は1.5%よりも高くなる!
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2021年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全8部門の“2021年の最優秀カード”を詳しく解説!(マイル系カード部門)
航空・旅行アナリストがおすすめ!貯めたポイントを航空会社15社で自由に使える万能型のマイル系クレジットカードとは?
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの公式サイトはこちら

 ◆JCB CARD W(ダブル)

1.0~3.0% 永年無料 JCB QUICPay
JCB CARD W(ダブル)公式サイトはこちら
【JCB CARD W(ダブル)のおすすめポイント】
年会費無料で通常還元率は1.0%、「ORIGINAL SERIESパートナー加盟店」のセブン-イレブンやAmazonなどでは還元率2.0%、スターバックスでは還元率3.0%になるお得なカード。しかも、大手カード会社のクレジットカードだけあって、ポイントの汎用性も抜群!
【関連記事】
「JCB CARD W」は「楽天カード」などとほぼ同じ、年会費無料+還元率1~3%のJCBの入門用カード!Amazonやスタバをよく利用する20~30代は注目!
「JCB CARD W」は、年会費無料で還元率1%以上のお得な高還元クレジットカード!「JCB CARD W」のメリット・デメリットを他のカードと比較して検証!
JCB CARD W(ダブル)のメリットを解説!「年会費無料」「常に還元率1.0%以上」「ポイントの使い勝手が良い」と三拍子そろった高還元クレジットカード!
JCB CARD Wの公式サイトはこちら
 ◆イオンカードセレクト

0.5~1.0%

永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
WAON
イオンカードセレクトのカードフェイス
【イオンカードセレクトのおすすめポイント】
一般的な「イオンカード」ではポイントがつかない「WAON」チャージでポイントが貯まり、「ポイント2重取り」ができるのが最大のメリット。また、「イオンカードセレクト」の保有+月1回のカード(または搭載のWAON)決済+ネットバンキングに登録という3つの条件を満たすだけで「イオン銀行Myステージ」の「シルバーステージ」に到達し、「イオン銀行」の普通預金金利が通常の30倍=0.03%になるこちらの記事を参照)。メガバンクの定期預金金利が0.002%の今、普通預金金利が0.03%になるのはお得!「イオンカードセレクト」以外の「イオンカード」保有者はすぐ切り替えよう!
関連記事
イオンカードを作るなら「イオンカードセレクト」が一番お得! WAONチャージでのポイント2重取り&イオン銀行で預金金利が優遇されやすくなる特典も!
【イオン銀行の金利・手数料・メリットは?】イオン銀行利用者は「イオンカードセレクト」が必須!簡単に普通預金が定期預金並みの金利0.05%にアップ!
イオンカードセレクトの公式サイトはこちら
 ◆au PAY カード

1.0~2.0%

初年度無料
次年度以降も
条件次第で無料(※)
VISA
Master
au PAY カードのカードフェイス
【au PAY カードのおすすめポイント】
通常還元率1.0%でPontaポイントが貯まり、マツモトキヨシやかっぱ寿司などの「au PAY ポイントアップ店」では還元率1.5~2.0%以上に達する、auユーザー以外も得するクレジットカード! さらに、スマホ決済の「au PAY」へのチャージでも1.0%分のポイントが貯まり、「au PAY(コード払い)」の利用時に0.5%分のポイントが貯まるので、合計還元率1.5%でPontaポイントを2重取りできる! しかも、初年度は年会費無料、2年目以降は年会費1375円(税込)だが、年に1回でもカード決済、もしくは携帯電話などのauのサービスを利用していれば次年度以降の年会費も無料に
(※ 2年目以降1375円。ただし、年一回でも利用した場合、もしくは「au ID」に「au PAY カード」を紐付けて、携帯電話などのauサービスを利用している場合は次年度無料)
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2021年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全8部門の“2021年の最優秀カード”を詳しく解説!(スマホ決済+クレジットカード部門)
「au PAY カード」が“ローソンで一番得するクレジットカード”に進化! 年会費“実質”無料、通常還元率1%、ローソンで最大12%還元、auユーザー以外もお得に!
Pontaポイントが貯まりやすいクレジットカードは?「ローソンPontaプラス」や「au PAYカード」「リクルートカード」など4枚の年会費や還元率を比較して検証!
au PAY カードの公式サイトはこちら

【SPGアメリカン・エキスプレス・カード】
「ホテル宿泊券」+「マリオットの上級会員資格」が
もらえて得するホテル系カード⇒関連記事はこちら

SPGアメリカン・エキスプレス・カード公式サイトはこちら

 
 

【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2021年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2021年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードならヒルトンホテルで朝食無料になる「ゴールド」会員になれるほか、カード利用で無料宿泊も可能に! 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードならヒルトンホテルで朝食無料になる「ゴールド」会員になれるほか、カード利用で無料宿泊も可能に! 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

「史上最高」の株
リッチ老後VS貧乏老後
大反響!米国株

6月号4月21日発売
定価780円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[「史上最高」の株/リッチ老後VS貧乏老後]

◎巻頭企画
プロ12人に聞く
いつ? リスクは? きっかけは何?

日経平均は4万円になりますか

◎別冊付録
大反響!米国株入門の第2弾!
安定老後にピッタリだった!!
桐谷さん米国の高配当株でリッチ老後を目指す!

●なぜ高配当&増配株が多いのか
●高配当をもらい続ける銘柄選びポイント
●安定配当&増配が続くオススメ高配当株

◎第1特集
コロナ禍でも自己ベストを更新した
絶好調の厳選株!
最高益など絶好調の「史上最高」の株

●過去最高売上&最高利益を更新!
「史上最高の好業績株」
●増配記録や配当最高額を更新!
「史上最高の高配当株」
●上場来の高値を更新した旬の株!
「史上最高の高値株」

◎第2特集
リッチと貧乏のリアルな数字が見える!
1万人の老後アンケート
リッチ老後VS貧乏老後

●どう違う?老後の天国と地獄
●リッチVS貧乏「現役時代の過ごし方」
●昭和VS令和「おかねの世代間ギャップ」
●リッチVS貧乏「老後の収支を大公開!」
●老後の生活&金ぶっちゃけナマ告白
●豊かな老後を送るための心がけ

◎第3特集
純資産約1兆円のバカ売れ投信
「未来の世界(ESG)」を解剖!!

買って大丈夫? ESG投信
ESGやSDGsがわかる!

◎第4特集
基礎のキソから誰でもわかる金利のQ&A
●金利の決まり方
●長期&短期金利の違い
●住宅ローンは固定か変動か
●株と金利の関係

◎連載も充実
●10倍株を探せ!IPO株研究所
●自腹でガチンコ投資!AKB48株ガチバトル
●AKB48武藤十夢のわくわくFX生活!
●株入門マンガ恋する株式相場!

●人気毎月分配型100本の「分配金」速報データ!


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2021】 クレジットカードの専門家が選んだ 2021年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ)

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報