FP花輪陽子のシンガポール移住日記

シンガポールの富裕層が実践する「お金のルール」!
教育やバカンスにお金をかける一方、ムダなものに
一切お金を使わない、メリハリあるマネー習慣とは?

【第28回】 2017年12月15日公開(2018年1月9日更新)
花輪陽子
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示

 ファイナンシャル・プランナー(FP)の花輪陽子です。

セントーサ島に自宅を持つのは富裕層の証セントーサ島の居住者のみが利用できるプライベートビーチにて。

 子どもがインターナショナルスクールに通うようになり、超高級住宅地であるセントーサ島に一軒家を所有するような、お金持ちの方々と仲良くする機会が増えました。意外なようですが、海外の富裕層の方々はごく気軽に自宅にも招いてくれ、食事を共にしたり、泊まらせてくれたりすることも。

 一緒にいる時間が長くなると、その人のマネー習慣が見えてきます。海外の富裕層には、日本人とは違うユニークな「お金のルール」が多々ありますが、今回は私たちも真似したい習慣をいくつか紹介させていただきます。

【富裕層のお金のルール(1)】
資産になるもの以外にはお金をかけない

 富裕層のお金のルールで、最も特徴的なのがこの点だと思います。友人の一人の特徴ではなく、複数の富裕層の友人が、資産になるもの以外にお金をかけない、というポリシーを持ってお金を使っているように見受けられます。以下、具体例を挙げていきましょう。

●ちょっとした食べ物や飲み物に浪費をしない
 富裕層のなかには、フェラーリなどの高級車を何台も所有していたり、高級ブランド品を山ほど所有していたりする人も大勢います。一見、華やかに見えますが、実は彼らが所有しているものは、不動産などを筆頭に、多くが転売価値のあるものです。

 必要なもの、ほしいものには惜しまずお金をかけているようですが、実のところ毎日の暮らしは質素そのもので、彼らがお金を使っているところ自体、あまり見たことがありません。

 出かけるときは、必ず水筒持参。あるいは極力自宅で飲食するようで、コンビニやコーヒーショップ、雑貨屋などで、飲み物やちょっとしたものを買うことも、基本的にはないようです。

●ものは簡単に捨てず、売ってお金にする
 彼らは簡単にものを捨てません。少しでも転売価値のある不要品は、SNSなどを利用して売却しています。自分のバッグなどを示しながら、「これは友達が中古で買ったのをもらったから、中古の中古なのよ」などと言っていることもあり、よいものであれば、中古でも気にしないようです。

 やみくもにものを買わず、不要品は売る、という習慣が定着しているためか、何人かの富裕層のお宅を訪問しましたが、どのお宅もものが少なく、きれいに整理整頓されていました。

●ポリシーが固まっているので、買い物に迷いがない
 富裕層の友人と一緒に買い物に行くこともありますが、彼らは予算とほしいものが明確なため、即決で買うものを決めており、常に迷いもムダもない印象です。買い物の所要時間の短さ、意思決定の早さは見習いたいといつも思います(ただ、自宅で試着をして、サイズが合わないなどの不具合があれば、よく交換しているイメージもありますが)。

●食事は美食よりもヘルシー志向
 食事は、ヘルシーで質のよいものを少量取る人が多い印象です。私がお付き合いしている方々は、一様に美食とはほど遠く、普段は野菜たっぷりなスープやサラダをたくさん食べます。もちろん、記念日などに外食をする際には、よいレストランにも行く、とのことですが、基本的には家で食事を取るようです。

●教育にはお金も時間もかける!
 富裕層の最大の投資先は子どもで、教育費にはしっかりお金を使っています。しかし、習い事などにお金をかけまくるというよりは、しっかりとした生活習慣を身につけさせている印象です。海外の富裕層は、一様に子どもを寝かせる時間が早く、幼稚園くらいの年齢の子どもは19時頃就寝させます。小学生でも19時~20時には寝かせている家庭が多いようです。

 また、時間をかけて読み聞かせをしたり、子どもの質問に対して丁寧に答えたり、いけないことは理由付けをしながら説明をしたりと、しつけがしっかりしています。私も見習おうと思って真似をしたら1週間でクタクタに疲れてしまいました。

 富裕層は子どもにかけることができる資源が豊富で、ヘルパーを何人も雇っている人も多く、子育てと家事と仕事で常にクタクタ、ということはありません。そのため、一般人は無理をしてはいけないと実感しました。それでも、余裕がある時は見習いたい、と常々思います。

【富裕層のお金のルール(2)】
「買い物」<「クオリティーオブライフ」

 日本人や中華系の人々には、買い物を大いに楽しむ文化がある一方で、欧米系やインド系の富裕層の人々は、買い物は抑えて毎日の生活をより豊かにさせたり、バカンスにお金をかけたりする傾向があります。

 日本人の感覚だと、ヘルパーを雇うお金を節約して、その分買い物をしたいと考える人も多いと思います。ところが、欧米系・インド系には、あまりそういった感覚がないよう。また、バケーションは年2~3回行くのも当たり前。日数は1~2週間と長く、お金をかなりかけるようです。

 日本では、2018年度から夏休みを短縮しようという自治体が出てきていますが、海外の学校はとにかく休みが多く、1年のうち3カ月以上休みなのが一般的です(夏休み2カ月、冬休み1カ月、秋春の休みがそれぞれ1週間程度)。子どもの学校の休みに合わせて、家族でバケーションに出かける感じです。一般的に、日本の企業よりも外資系のほうが、休みは長くとりやすいため、それが可能になるのでしょう。

【富裕層のお金のルール(3)】
「おもてなし」は無理をしない

 富裕層にとっても、最高のおもてなしは自宅に招いて料理を振る舞うことです。といっても、日本人のように、「できる限りのことを完璧にしなければ!」という感じではありません。突然人が来ることになっても慌てることはなく、その時点で家にあるもので歓待してくれる感じです。よって、常に豪華なおもてなしを受けられるわけではありません。

 彼らは頻繁に友人を自宅に招くので、私もお茶や夕食などを振る舞ってもらったことが何度もあります。どの家庭にも、基本的にヘルパーがいるので、お茶菓子や料理なども彼らに作らせています。パーティーの準備もヘルパーの仕事です。ヘルパーの存在があるからこそ、富裕層は気軽に人を家に呼ぶ、と言ってもいいかもしれません。

 さて、富裕層の「お金のルール」の一端が見えてきたでしょうか。彼らは意外と庶民感覚も持ち合わせており、付き合いやすい人たちなのです。

 私も当初は、富裕層が一般人と付き合ってくれるのか少し心配でした。ただ、わが家はシンガポールにおいては、日本人であることにより、かなり助けられています。皆、日本には興味があり、日本のちょっとした物(食品や日用品、家電など)が大好きだからです。

 英語もままならない私は、会話についていくのに精一杯ですが、言語以上に声のトーンや聞く姿勢を工夫して、コミュニケーションを取るようにしています。海外の富裕層は、お金の使い方に限らず、一緒にいるだけで学ぶことが多いので、これからもよい関係を築き、よい情報をシェアできればと思っています。

※クレジットカードの専門家2人が選んだ、2019年の最強カードは?
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】
「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!
全7部門の“2019年の最優秀カード”を詳しく解説!

【クレジットカードおすすめ比較】還元率でクレジットカードを選ぶ!還元率ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】ービス充実の「おすすめゴールドカード」はコレ!ページへ
ETCカードでクレジットカードを選ぶ!ETCカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】人気ランキングでクレジットカードを選ぶ!人気ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】プラチナカードでクレジットカードを選ぶ!プラチナカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス)を比較して選ぶ!
【クレジットカードおすすめ比較】マイルでクレジットカードを選ぶ!マイルランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】海外旅行保険でクレジットカードを選ぶ!海外旅行保険ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】法人カードで選ぶ!法人カードでおすすめクレジットカードはコレだ!
【クレジットカードおすすめ比較】年会費無料でクレジットカードを選ぶ!年会費無料ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】最短即日発行~翌日発行で選ぶを比較して選ぶ!今すぐ入手できる、お得なクレジットカードはコレだ!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開!

【2019年9月18日時点・最新情報】
還元率、年会費etc.で比較! 人気のおすすめクレジットカード

還元率 年会費
(税抜)
ブランド 電子マネー対応
(ポイント付与対象)
カード
フェイス

 ◆OricoCard THE POINT (オリコカード・ザ・ポイント)

1.0~2.5% 永年無料 JCB
Master
Suica
ICOCA
OricoCard THE POINTカード公式サイトはこちら
【OricoCard THE POINTのおすすめポイント】
年会費無料ながら新規入会後6カ月は2.0%の高還元率で、7カ月以降も通常還元率が1.0%の高還元クレジットカード。ネットショッピングでは「オリコモール」活用で「Amazon」で還元率2%になるほか、「楽天市場」や「Yahoo!ショッピング」でも還元率2.5%(各ショップのポイント含む)になるなど、ネットショッピングでは最強レベル。また、「iD」と「QUICPay」を搭載しているので少額決済でも便利。貯めたポイントは「Amazonギフト券」「iTunesギフトコード」なら即時交換ができるので、ポイントの使い勝手も◎!
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全7部門の“2019年の最優秀カード”を詳しく解説!(最優秀年会費無料カード部門)
年会費無料カードの還元率競争が激化!「Orico Card THE POINT」はネット通販に強く、還元率1.5~2.5%も狙える注目の新登場カード!
「Orico Card THE POINT」は、還元率1.0%、年会費が永年無料のお得な高還元率カード。入会6カ月間は最大還元率がなんと3.0%に!
OricoCard THE POINTの公式サイトはこちら

 ◆楽天カード

1.0~3.0% 永年無料 VISA
JCB
Master
楽天Edy
(楽天Edyへの
チャージ分は
還元率0.5%)
楽天カード公式サイトはこちら
【楽天カードのおすすめポイント】
楽天市場や楽天ブックス、楽天トラベルを利用している人はもちろん、楽天ユーザー以外にもおすすめの「年会費無料&高還元」クレジットカードの代表格。通常還元率は1.0%だが、楽天市場や楽天ブックスでは最低でも還元率が3.0%以上に! また、「楽天ポイントカード」や電子マネーの「楽天Edy」との併用で、楽天グループ以外でも還元率は1.5~2.0%以上になる! ゴールドカードの「楽天プレミアムカード」も格安の年会費で「プライオリティ・パス」がゲットできてコスパ最強
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全7部門の“2019年の最優秀カード”を詳しく解説!(最優秀メインカード部門)
「楽天カード」よりも「楽天ゴールドカード」を使ったほうが確実に得をする“損益分岐点”が判明!楽天市場での利用額次第で「楽天カード」よりお得!
「楽天カード」にメリット追加で還元率もアップ!さらに「楽天カード」と「楽天モバイル」の兼用でスマホ代の節約+楽天ポイントがザクザク貯まる!
楽天カードの公式サイトはこちら

 ◆アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

1.5%~ 1万円 AMEX Suica
ICOCA
高還元クレジットカードおすすめランキング!アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの公式サイトはこちら
【アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードのおすすめポイント】
マイル系最強カード」との呼び名が高いクレジットカード。対象航空会社・旅行会社28社で航空券代金やツアー代金を決済すると通常の3倍のポイントが貯まるので、航空会社発行のカードよりもマイルが貯まりやすいのが魅力。さらに、貯まったポイントは提携航空会社15社のマイルに自由に交換可能で、しかもポイントは無期限で貯められるのも大きなメリット! 「長距離+ビジネスクラス」の特典航空券に交換すれば、還元率は1.5%よりも高くなる!
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全7部門の“2019年の最優秀カード”を詳しく解説!(マイル系カード部門)
航空・旅行アナリストがおすすめ!貯めたポイントを航空会社15社で自由に使える万能型のマイル系クレジットカードとは?
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの公式サイトはこちら
 ◆dカード
1.0~3.0% 永年無料 VISA
Master
iD
dカードの公式サイトはこちら
【dカードのおすすめポイント】
テレビCMでもおなじみの「NTTドコモ」のカードだが、auやソフトバンク利用者でもお得!通常還元率1%と高還元で、2019年9月16日以降の申し込み分から年会費が永年無料になり、ますますお得なカードに進化! さらに、ローソンでの利用分は請求時に3%オフになり、ポイント付与と合計すると常時5%の超高還元が実現!「dカード」で貯まる「dポイント」は携帯電話料金に充当できるほか、「Ponta」にも交換可能となり、ドコモユーザー以外でもお得なクレジットカードだ。
関連記事
◆「dカード」は「dポイント」を貯める最強カード! ドコモ利用者以外は年会費実質無料の「dカード」、ドコモ利用者は「dカード GOLD」がおすすめ!
◆「dカード」はドコモユーザー以外にもおすすめの「高還元+実質年会費無料」クレジットカード!ドコモユーザーなら「dカード GOLD」を使い倒せ!
NTTドコモ「dカード」の公式サイトはこちら

 ◆JCB CARD W(ダブル)

1.0~3.0% 永年無料 JCB QUICPay
JCB CARD W(ダブル)の公式サイトはこちら!
【JCB CARD W(ダブル)のおすすめポイント】
2017年10月24日に、JCBから年会費無料&高還元のエントリーカードが登場! 年会費無料で通常還元率は1.0%、さらに「ORIGINAL SERIESパートナー加盟店」のイトーヨーカドーやセブン-イレブン、Amazonなどでは還元率2.0%、スターバックスでは還元率3.0%と、驚異的な還元率に! しかも、大手カード会社のクレジットカードだけあって、ポイントの汎用性も抜群!
【関連記事】
「JCB CARD W」は「楽天カード」などとほぼ同じ、年会費無料+還元率1~3%のJCBの入門用カード!Amazonやスタバをよく利用する20~30代は注目!
「JCB CARD W」は、年会費無料で還元率1%以上のお得な高還元クレジットカード!「JCB CARD W」のメリット・デメリットを他のカードと比較して検証!
JCB CARD W(ダブル)のメリットを解説!「年会費無料」「常に還元率1.0%以上」「ポイントの使い勝手が良い」と三拍子そろった高還元クレジットカード!
JCB CARD Wの公式サイトはこちら

【SPGアメリカン・エキスプレス・カード】
「ホテル宿泊券」+「マリオットの上級会員資格」が
もらえて得するホテル系カード⇒関連記事はこちら

SPGアメリカン・エキスプレス・カード公式サイトはこちら

【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
じぶん銀行住宅ローン 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

人気株500診断
全銘柄の理論株価
3000円でできる投資

11月号9月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

人気株500診断/3000円でできる投資

月3000円からできる投資大全集!
・日本株ー1株や金額指定で積立も可
・米国株ー1株から買え手数料も激下げに
・投信ー1本だけで分散もできる優れモノ
・金ー
景気の後退懸念で人気沸騰中
・FX-外貨投資でコツコツ金利を稼ぐ
・仮想通貨ー低コストでできる新しい投資対象

人気の株500+Jリート14の激辛診断
・2019年秋の
イチオシ株
10万円株7銘柄
高配当株7銘柄
・気になる人気株
儲かる株の見つけ方 

全上場3739銘柄の最新理論株価
・必見!理論株価より株価が割安な株ベスト10

オススメ投信リスト&証券会社徹底比較
iDeCoで買うのはこの投信1本だけでOK!

●自腹でガチンコ投資! AKB48「株」ガチバトル
●株入門マンガ/恋する株式相場! 
●本誌崖っぷち部員の同時進行ドキュメント
定年退職までのロードマップ[特別編]

【別冊付録】
株価10倍は当り前!米国株はスゴイ!
いま買いの米国株10!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

【重要なお知らせ】
>>定期購読の価格改定について


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2019】 クレジットカードの専門家が選んだ 2019年おすすめ「法人カード」を発表! 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ)

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報