チャートではわからない相場解説

「日経平均構成ウエイト」が高く、1〜3月に大きく
下落した銘柄ほど、今後の買い戻しが期待できる!?
裁定解消売りなどの「需給要因」から相場を解説!

2018年4月5日公開(2018年4月5日更新)
岡村友哉
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示

2017年度で日経平均株価が下げたのは
2018年1-3月期だけ

 今週から4月。ということで、名実ともに新年度(2018年度)相場入りです。

 証券業界の風物詩ではありますが、その手前の相場が悪いと「新年度入りとともに、機関投資家がポートフォリオ見直しで新規資金を流入させる」と期待感を煽ります。こうした話は、何か裏付けがあるものでもないので、とくに気に留めておく必要はないでしょう。

 そうした新年度への明るい展望を語る前に、まずは2017年度の日経平均株価を振り返ることが大事です。

 2017年度の日経平均株価を四半期ごとに分けると、2017年の4-6月期は+5.9%、7-9月期は+1.6%、10-12月期は+11.8%、そして最後の2018年1-3月期が▲5.8%。四半期別で下げたのは、直近の1-3月期だけでした。

■日経平均株価チャート/日足・1年
日経平均株価チャート/日足・1年日経平均株価チャート/日足・1年(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
拡大画像表示

 その1-3月期は、「適温相場」という名の静寂を切り裂く米国株の急落(2月5日)から始まり、米中貿易戦争への懸念などの「トランプリスク」、円高に伴う「ガイダンスリスク(2019年3月期予想のコンセンサスが今後切り下がるリスク)」、森友問題発の「政局リスク」などが売り材料(売りネタ?)になっていました。

 その過程で、日経平均株価が何度か急落しながら安値を切り下げました。その売りの犯人は“外国人”であったことが知られています

1-3月期の外国人売りを分解すると
日経平均先物の割合が高かった

 下げた1-3月期の外国人売り。これは、現時点で公表されている3月第3週(3月19日~23日)分までを累計すると、現物株と先物を合わせ、差引で約7.8兆円の巨額売り越しです

 ちなみに、日銀の爆裂ETF買いは年間で6兆円。それを超える売り圧力が1-3月期の短期に集中してかかったわけで、「そりゃ下がるわ」としか言えません。

 さらに、この外国人売りを現物と先物で分けてみると、下のようになります。

■外国人の年初来の売越額を現物と先物で分けると(2018年1月第1週~3月第3週)
種類 売越額
現物 2兆6222億円
先物 5兆1575億円

 配分でいえば、売り越し額の3分の2(約66%)が先物売りです。2月から発生している急落相場は、犯人が外国人で売っているものが先物。ここまではよく知られていますよね。

 ここから、さらに分解してみましょう。

 この期間で約5.1兆円も売り越しとなった先物を、種類別で分けると下のようになります。

■外国人の年初来の先物売越額を種類別で分けると(2018年1月第1週~3月第3週)
種類 売越額
日経平均先物(ラージ、ミニ) 3兆1991億円
TOPIX先物(ラージ、ミニ) 1兆9375億円
JPX日経400先物 182億円
マザーズ先物 27億円

 5.1兆円の先物の売り越しのうち、62%に相当する約3.2兆円分は「日経平均先物」だったことが分かります

 外国人売りが先物で、かつ日経平均。JPX日経400やマザーズは大きく売りに傾いていないことを見ても、先物でも流動性が高いものを狙って売りまくっていたことが窺えます。例えば、一気に100億円売ろうとしたときに、流動性が高くないと自分で価格を崩してしまうためですね。

 それだけに、「先物がこれだけ売られたので、そろそろ買い戻しが入るのではないか?」という声はよく聞かれます。先物売りは、いわゆる「仮需の売り(反対売買することを前提とした売り。信用取引の空売りも仮需の売り)」です。

 「手持ちの日本株を売ってサヨウナラ」的な売りではなく、「売りから入ったら儲かりそうだから売る」という投機の売りが大半とみられます。それだけに、お役御免となったら買戻しが入る(=上昇要因)ことも、想定しておくべきシナリオです

下がっていたNT倍率が
足元でやや買い戻される兆しが

 外国人による先物売り(しかも6割強が日経平均先物売り)で日経平均株価が下げる局面において、同時進行していたのがNT倍率(日経平均株価÷TOPIX)の低下でした

 これは当然ですよね。N(日経平均株価)もT(TOPIX)も売られていたとして、その比率が6:4であれば、NのほうがTより下げます(いわゆる「NTショート」の形)。

 そのNT倍率が、足元でやや上向き始めています。2月や3月に作られた先物売りポジションが、足元でやや買い戻され始めている兆しかもしれません。

 とりわけ今回の場合、先物売りが強烈過ぎたため、買戻しが進んだときのリバーサル(反騰)も強烈になる公算が立ちます

 これが、希望的観測を排除した、新年度相場の最大の焦点であって、現実的なシナリオといえます。日本株への新しい資金の流入ではなく、手前で積まれた売り建玉のアンワインド(巻き戻し)です。

裁定買い残の急速な減少に加え、
史上初の裁定売り残の1兆円超え!

 日経平均先物が強烈に売られると、自然と減少するポジションがあります。これは裁定買い残です。

 先物に強い売りバイアスがかかると、その瞬間、現物の日経平均株価に比べて、日経平均先物が理論値より安くなります(割安になる)。その「割安化した日経平均先物を買い/割高化した日経平均の現物株バスケット(=裁定買い残)を売る」のが裁定取引で、“裁定解消売り”と言われます

 実際、今年の年初には3兆4267億円まで増加していた裁定買い残は、3月23日時点で2兆円強も減少した1兆3321億円と、2016年11月以来の低水準になっています。外国人の先物売りで、裁定解消売りが急速に執行されたことが読み取れます。

 さらに今回、こんな珍しい現象も起きていました。裁定買い残を解消する売りのほかに、新規の裁定売り(日経平均の現物株バスケットを全部空売りで組成)が急増していたのです

 データが取得可能な2010年以降でみても、足元の裁定売り残が異常なほど多いことは一目瞭然でしょう。

 この裁定売り残も完全に仮需ですので、いずれ反対売買されます。こんな言葉は過去に使われていませんが、まさに「裁定(売り残)解消買戻し」です。

 さて、先ほども述べたように、「安い先物を買う/高い現物(裁定)を売る」形で裁定売りが入るわけですが、これ自体が日経平均株価に与える影響はほぼゼロです。例えば、裁定売りで日経平均採用銘柄を100億円分売っても、反対に日経平均先物が100億円買われるためです。

 ただこのときに、流動性の高い日経平均先物での100億円の買い分は、相場にあまりインパクトを与えずに買えます。その一方で、裁定売りで日経平均株価採用の銘柄を売るときには、ファーストリテイリング(9983)キッコーマン(2801)東京ドーム(9681)といった流動性の低い銘柄は、あまり板が厚くないため値段が崩れてしまいます

 この力がどこでかかるのか、この影響が何に出るのか、を知っておくことが、今後の銘柄選びに大いに役立つと思われます。

日経平均構成ウエイトの高い銘柄ほど
1-3月期のパフォーマンスが悪化

 個別の株価は、業績の好不調などで銘柄ごとに違う動きをします。ただ、業績材料の少ない1-3月期において、基本的に同じ業種で同じような規模の株は、同じような動きをします。

 わかりやすい例で、鉄鋼株の大手2社、新日鉄住金(5401)JFEHD(5411)を見てみましょう。

 上のチャートからも。この2銘柄の株価には基本的に強い相関関係があることがわかると思います。

 今年に入り、最も需給面で影響力を有していたのは、外国人の日経先物売りですよね。この先物売りに伴い、日経平均株価に採用される銘柄に限れば、裁定解消売りを経由して個別株ベースで売りインパクトが発生します。この影響がどの程度なのかは、日経平均構成ウエイトを見るとわかります。

 日経平均株価における指数構成ウエイトを見ると、新日鉄住金が0.04%、JFEHDが0.04%。日経平均構成ウエイトが同じですので、裁定解消売りによるマイナスの影響も同じだったことがわかります。

 この事例は、裁定解消売りの影響が同じ同業の2銘柄で見たパターンです。では、ウエイトが違う銘柄ではどういった差が生じたかを他の業種で見てみましょう。

 まずは、空運株でJAL(9201)ANA(9202)の比較です。

 時価総額も1.5兆円前後で規模的にも同じ空運株ですが、1-3月におけるパフォーマンスに大きな差が生じていることが分かります。この違いについて、日経平均構成ウエイトから見えることがあります。

 JALは、まだ日経平均株価に採用されていないことから、日経平均先物売りに伴う裁定解消売りの影響がゼロでした。この差が、JALとANAのパフォーマンス差に影響した部分が窺えます

 同じことは、通信キャリア3社でも言えます。

 日経平均株価の高ウエイト株であるソフトバンク(9984)KDDI(9433)に対し、ウエイトが低いNTTドコモ(9437)がアウトパフォームする形になっています。パフォーマンスも、日経平均株価のウエイトが低い順となっています。こうした傾向は、他の業種でも幅広く確認することができます。

裁定売り解消(買戻し)の恩恵を最大限受けるためには
日経平均構成ウエイトが高い銘柄を狙え!

 相場が悪くなると、「今後は業績がいい株を探しましょう」的な、わかるようでわかりにくい解説が聞かれます。

 ただ、下げた1-3月期の需給要因を振り返ると、そうしたファンダメンタルズの理由で崩れた相場では無いことが明らかです。そうなると、ここからの物色も、ファンダメンタルズとは距離を置いて考えるほうが現実的だと思われます。

 クドいようですが、今回の下げは外国人の(とくに日経平均)先物売り⇒裁定解消売りによって、日経平均採用銘柄ほどパフォーマンスが悪化した経緯があります。例えば、1-3月期に上昇していた任天堂(7974)キーエンス(6861)オリエンタルランド(4661)は、日経平均株価に採用されていません。

 この「裁定売りの解消に伴う買戻し」という強いリバーサルを狙うならば、日経平均構成ウエイトが高く、かつ流動性が高くないことで、1-3月期に同業種と比べてパフォーマンスが悪かった銘柄ということになります

 この発想は、ファンダメンタルズが全く関係ない話です。ファンダメンタルズが機能しない日本株市場の憂鬱は、2018年度も続くでしょう。

【今週のピックアップ記事!】
ひふみ投信・藤野英人さんが"波乱相場"で勝つための投資術を伝授! ひふみ投信は、組み入れ銘柄をすでに「中小型株」から「大型割安株」にシフトしていた!
日経平均株価が週足で「デッドクロス」を形成! 7〜9月まで調整が長引くリスクが高まった今は、「高値を更新中」「信用需給が良好」の銘柄を狙え!
株主優待名人の桐谷さんお墨付きのネット証券!最新情報はコチラ!
ネット証券口座人気ランキングはコチラ!
NISA口座を徹底比較!はコチラ
株主優待おすすめ情報はコチラ!
株主優待名人・桐谷さんの株主優待情報はコチラ!
【2019年11月1日時点】
【証券会社おすすめ比較】
 手数料、取引ツールetc.で総合比較! おすすめネット証券はココだ!
株式売買手数料(税抜) 投資信託
※1
外国株
1約定ごと 1日定額
10万円 20万円 50万円 50万円
◆松井証券⇒詳細情報ページへ
0円 300円 500円 500円/日 1136本
【松井証券のおすすめポイント】
1日定額制プランしかないが、最大のメリットは、なんといっても1日の約定金額の合計が10万円以下であれば売買手数料が無料という点。資金が少なく、複数の銘柄に分散投資する初心者の個人投資家にはおすすめだ。さらに、2016年度JCSI(日本版顧客満足度指数)調査で、証券業種の第1位を獲得! その使い勝手は、チャート形状で銘柄を検索できる「チャートフォリオ」を愛用している株主優待名人・桐谷さんも「初心者に特におすすめ」と太鼓判を押す。また、デイトレード限定で手数料が無料になる「一日信用取引」、手数料が激安になる「一日先物取引」など、専業デイトレーダーにとって利便性の高いサービスも充実している。
※1日定額制の場合
【関連記事】
松井証券はどうして投資信託の取扱数が少ないのか? あえて取扱数で勝負せず、松井証券が「顧客に無駄なコストを使わせない」という理念にこだわる理由とは
◆【松井証券のおすすめポイントは?】10万円以下の株取引は手数料0円!その他無料サービスと個性派投資情報も満載
◆「株初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこ?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・松井証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券⇒詳細情報ページへ
90円 105円 250円 429円/日 2654本
米国、中国、
韓国、ロシア
、アセアン
【おすすめポイント】
ネット証券最大手で、アクティブプランなら1日合計10万円以下の売買手数料が現物・信用ともに0円とお得。投資信託の数は約2700本と業界トップクラス。投資信託が100円以上1円単位で買えるので、投資初心者でも気軽に始められる。さらに、IPOの取扱い数は、大手証券会社を抜いてトップPTS取引(私設取引システム)も利用可能で、一般的な取引所より有利な価格で株取引できる場合もある。海外株式は、米国、中国、ロシアのほか、アセアン株式も取り扱うなど、とにかく商品の種類が豊富だ。米国株が、2019年7月の値下げにより売買手数料が最低0米ドルから取引可能になったのも魅力。低コストで幅広い金融商品に投資したい人には、必須の証券会社と言えるだろう。「2019年 オリコン日本顧客満足度ランキング ネット証券」では、4年連続12度目の1位を獲得
【SBI証券の関連記事】
◆「楽天証券」や「SBI証券」など、5つの証券会社が売買手数料を大幅値下げ! 「1日最高40万円」の取引まで無料で売買できるお得なネット証券も登場!
◆【SBI証券のおすすめポイントは?】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実!
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・SBI証券の公式サイトはこちら
◆マネックス証券⇒詳細情報ページへ
100円 180円 450円 2500円/日 1181本
米国、中国
【おすすめポイント】
1注文30万円までなら手数料の安さはトップクラス。小型株中心に売買する人には、魅力的な値段設定と言える。米国株も最低手数料5ドル(税抜)から買えるので、非常にお手軽だ。多彩な注文方法や板発注が可能な高機能無料ツール「マネックストレーダー」など、トレードに役立つツールもそろっている。中でも、日本株、米国株、先物取引についてロボットの投資判断を日々配信する「マネックスシグナル」は、スイングトレードのときに参考にしたい。毎月5000円の掛金から始められる低コストなiDeCoサービスも行っている。
【関連記事】
◆マネックス証券のNISA口座は手数料が一番お得! 国内株は無料、外国株も買付が無料のうえ、外国株やIPOの銘柄数も多いので、投資初心者におすすめ!
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実!
◆「トレードステーション」の多彩な機能から手数料、おすすめの使い方まで徹底解説! マネックス証券が提供する「高機能トレードツール」を使いこなそう!
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・マネックス証券の公式サイトはこちら
1約定ごと(税抜) 1日定額(税抜) 投資信託
※1
外国株
10万円 20万円 50万円 50万円
◆楽天証券⇒詳細情報ページへ
90円 105円 250円 429円/日 2642本
米国、中国
、アセアン
【楽天証券のおすすめポイント】
1約定ごとプランの「超割コース」は、手数料が低水準のうえ、手数料の1〜3%をポイント還元! また、2017年9月より、1日定額コースの料金を引き下げ、1日10万円以下なら手数料が無料に! さらに、楽天カードで投信積立を行うと1%分のポイントが付与されるうえ、投資信託を持っているだけでポイントが貯まるので、長期的に積立投資を考えている人にはおすすめだろう。貯まったポイントは、楽天スーパーポイントやJALマイルに交換可能。楽天スーパーポイントは、国内現物株式や投資信託の購入にも利用できる。また、取引から情報収集、入出金までできるトレードツールの元祖「マーケットスピード」が有名で、数多くのデイトレーダーも利用。ツール内では日経新聞の記事も無料で読むことができる。さらに、投資信託数が2000本以上と多く、米国や中国、アセアンなどの海外株式、海外ETF、金の積立投資もできるので、長期的な分散投資がしやすいのも便利だ。
【関連記事】
◆「楽天証券」や「SBI証券」など、5つの証券会社が売買手数料を大幅値下げ! 「1日最高40万円」の取引まで無料で売買できるお得なネット証券も登場!
◆楽天証券おすすめのポイントはココだ!~使いやすいトレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!
◆「日経新聞」「会社四季報」を無料で読める証券会社を解説! 利用料0円ながら、紙媒体では読めない独自記事や先行情報を掲載し、記事の検索機能も充実
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・楽天証券の公式サイトはこちら
◆GMOクリック証券⇒詳細情報ページへ
88円 98円 241円 399円/日 116本
【おすすめポイント】
売買手数料は、1約定ごと、1日定額制ともに最安レベルで、コストにうるさい株主優待名人・桐谷広人さんも利用しているとか。信用取引の売買手数料と買方金利・貸株料も最安値レベルで、一般信用売りも可能だ! 近年は、各種ツールや投資情報の充実度もアップしており、売買代金では5大ネット証券に食い込むほど急成長している。商品の品揃えは、株式、先物・オプション、FXのほか、CFDまである充実ぶり。CFDでは、各国の株価指数のほか、原油や金などの商品、外国株など多彩な取引が可能。この1社でほぼすべての投資対象をカバーできると言っても過言ではないだろう。頻繁に売買しない初心者やサラリーマン投資家はもちろん、信用取引やCFDなどのレバレッジ取引も活用する専業デイトレーダーまで、幅広い投資家におすすめ!
【関連記事】
◆「株主優待のタダ取り(クロス取引)」で得するなら、GMOクリック証券がおすすめ! 一般信用の「売建」を使って、ノーリスクで優待をゲットする方法を解説!
◆GMOクリック証券を「無料」で利用する裏ワザとは? グループ会社の株主優待を効率よく利用することで、1年間に「最大231回分」の売買手数料が0円に!
◆億トレーダーが初心者におすすめの証券会社を紹介! NISA口座の売買手数料無料のSBI証券と、株主優待で売買手数料が無料になるGMOクリック証券がおすすめ
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・GMOクリック証券の公式サイトはこちら
◆ライブスター証券⇒詳細情報ページへ
80円 97円 180円 400円/ 1本
【ライブスター証券証券のおすすめポイント】
取引手数料は、現物株、信用取引ともにネット証券最安レベル。1約定ごとの「一律(つどつど)プラン」では、約定代金5万円以下なら売買手数料が50円とお得だ。その手数料の安さは株主優待名人・桐谷さんのお墨付き。口座開設から40営業日(約2カ月)までは、現物株、信用取引、先物・オプションの取引手数料が無料になるキャンペーンも長年にわたって実施中。無料の取引ツール「livestarR2」は高機能化が進んおり、特殊注文機能も完備。低コストで株や先物取引をアクティブにトレードしたい人にはもちろん、売買頻度の少ない初心者や中長期の投資家にもおすすめの証券会社と言えるだろう
【関連記事】
◆【ネット証券おすすめ比較・2019年版】株の売買手数料を比較したらあのネット証券会社が安かった!

◆株主優待名人の桐谷さんお墨付きのネット証券は? 手数料、使い勝手で口座を使い分けるのが桐谷流!
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・ライブスター証券の公式サイトはこちら
1約定ごと(税抜) 1日定額(税抜) 投資信託
※1
外国株
10万円 20万円 50万円 50万円
◆野村證券⇒詳細情報ページへ
139円 300円 477円 1027本
米国、中国、
欧州、アセアン
【野村證券のおすすめポイント】
国内最大手の証券会社なので、安心感は抜群! 最近ではインターネットにも力を入れており、ネット取引専用口座「野村ネット&コール」は、店頭での窓口取引にくらべて売買手数料が大幅にお得になっている。また、大手証券会社だけあって、投資情報や銘柄分析レポートが充実しており、専門家による数多くの調査レポート動画も視聴可能。さらに、IPO取り扱い数がトップクラスなのも大きなメリット。特に主幹事数が多いので、本気でIPO投資をするならぜひ口座を持っておきたい証券会社だ。会社やレジャーなどの外出先でも株価のチェックや取引をしたい人には、スマホ用株アプリ「野村株アプリ」が便利。
【関連記事】
【証券会社比較】野村證券の「現物手数料」「信用取引コスト」から「取扱商品」、さらには「最新のキャンペーン情報」までまとめて紹介!
◆IPO(新規公開株)の主幹事数・取扱銘柄数で選ぶ! より多くの当選が期待できるおすすめ証券会社
◆「野村證券が主幹事のIPOは公募割れなし」は本当? イベント投資の達人・夕凪氏が過去のデータを分析し、IPO投資に役立つ「アノマリー」を徹底検証!
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・野村證券の公式サイトはこちら
※手数料などの情報は定期的に見直しを行っていますが、更新の関係で最新の情報と異なる場合があります。最新情報は各証券会社の公式サイトをご確認ください。※1 投資信託の取扱数は、各証券会社の投資信託サーチ機能をもとに計測しており、実際の購入可能本数と異なる場合が場合があります。

【SBI証券×ザイ・オンライン】タイアップ企画
新規口座開設+条件クリアした人全員に
現金2000円プレゼント!関連記事はこちら

ザイ・オンラインおすすめのネット証券会社!SBI証券の公式サイトはこちら

 

1約定ごとの手数料がお得! もれなく2500円プレゼント 1約定ごとの手数料がお得!
SBI証券の公式サイトはこちら!
SBI証券
日本株は、1日10万円までの
取引なら売買手数料が0円!
岡三オンライン証券の口座開設はこちら!
岡三オンライン証券
1日定額プランで
手数料を大幅値下げ!
カブドットコム証券証券の口座開設はこちら!
カブドットコム
証券

大手ネット証券の中で
手数料が最安値水準!
ネット証券最大手で、ザイ・オンラインでも人気NO.1関連記事 2017年の秋からIPO取扱数がトップクラスに!関連記事 手数料が安いだけでなく、口座開設も迅速!関連記事

ダイヤモンドZAi 2019年12月号
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード じぶん銀行住宅ローン SPGアメリカン・エキスプレス・カード 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

ずーっともらえる
株主優待
今から買って大丈夫?

12月号10月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

改悪・廃止を回避せよ!ずーっともらえる優待

ずーっともらえる株主優待
【スペシャル座談会】
投資歴20年超のツワモノ達が語りつくす
「株主優待のオモテとウラ」
【安心度をスコア化してランキング!】
・10年続く優待株ベスト50銘柄
【桐谷さん&優待の達人15人が推薦!】
ずっと持ちたい優待カタログ90銘柄

●ベストな買い時は?もう売るべき?
今から買って大丈夫?
タイプ1-価格が上がりすぎ!
オリエンタルランド、Jリート、金
タイプ2-価格が下がりすぎ!
ゆうちょ銀、東証マザーズ、串カツ田中
タイプ3-配当の利回り高すぎ!
JT、日産自動車、銀行株
タイプ4-赤丸急上昇の話題沸騰株!
Zホールディングス、ZOZO、楽天

残り2カ月!NISA売買戦略
・高配当株、安定成長株、10倍期待株

スペシャル対談
デヴィ夫人×本田健さん
逆境にめげずにチャンスを活かす!
「豊かな人生をつくるお金の使い方のヒント」

●自腹でガチンコ投資! AKB48「株」ガチバトル
●AKB48武藤十夢のわくわくFX生活
●株入門マンガ/恋する株式相場! 
●本誌崖っぷち部員の同時進行ドキュメント
定年退職までのロードマップ[番外編]

【別冊付録】
●FXで勝つための自動売買入門


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

【重要なお知らせ】
>>定期購読の価格改定について


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2019】 クレジットカードの専門家が選んだ 2019年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ)

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報