FP花輪陽子のシンガポール移住日記

「老後資金」として必要な金額や準備方法を、日本と
海外で比較! 個人年金保険などが充実している香港、
シンガポールと違い、日本では自力での運用が必要!

【第40回】 2018年12月1日公開(2018年12月1日更新)
花輪陽子
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示

日本で本当に必要な「老後資金」はいくら?
単身で2000万円、夫婦で3000万円という金額は読みが甘い?

 ファイナンシャル・プランナーの花輪陽子です。今回は、香港やシンガポールといったアジアの先進国において、「老後資金はどれだけ必要か」というテーマでお話しします。

 長期的なマネープランを考えるうえでは、「資産形成の目標」を明確にすることが大切です。目標というと「住宅の購入資金」や「子どもの教育費」に加えて、「老後資金」を挙げる人も多いでしょう。

 日本では、年金不安が取り沙汰されていることもあり、老後資金に不安を抱える人が大勢います。それは今、私が住んでいるシンガポール、それに香港などでも同様で、現役時代から「老後資金」を作る算段に頭を悩ませている人は珍しくありません。北欧のように、老後の保障が手厚い“大きな政府”の国を除いて、「老後資金」の問題はほぼ万国共通の悩みと言っても過言ではないでしょう。

 「老後資金」を計画的に準備しておくのは重要なことですが、実際問題として、いくら備えがあれば、本当に不安のない状態で老後を迎えることができるのでしょうか?

 日本のファイナンシャル・プランナーのアドバイスとしてよく耳にするのは、「(日本で定年後の生活費をまかなうには)夫婦で3000万円、単身の場合は2000万円程度あれば安心」といったもの。

 決して間違ったアドバイスではありませんが、これは「年金は現行制度のまま支払われる」という大前提が崩れなければ、の話です。前回もお話ししましたが、現行の年金制度は決して盤石ではないので、将来的に支給額が減らされたり、支給開始年齢が後ろに倒されたりする可能性は高いと言えます。
【※関連記事はこちら!】
⇒日本の公的年金は世界的に見ても低評価で、持続性に不安あり! 日本の公的年金の改善策や香港やシンガポールで利用されている「年金保険」の内容も紹介!

 年金の支給額が減らされたり、支給開始年齢が遅くなったりする可能性を想定するなら、自分で蓄える老後資金は、前述した金額より多く必要になります。世代によっては、2000万円程度を上乗せして備えたほうがよいかもしれません。

 もちろん、60歳や65歳で引退せずにもっと長く働き続ければ、そこまで用意する必要はないとも考えられます。しかし、今後は少子高齢化によって、医療、介護などもろもろの自己負担が膨らむ可能性もあり、本当に困らない「老後資金」を想定するなら、前述のファイナンシャル・プランナーの一般的なアドバイスは、楽観的すぎるということになります。

香港やシンガポールにおける「老後資金」の目安は
「年間300万円」程度というのが一般的な認識

 ちなみに、香港やシンガポールでは、「老後資金」をいくらくらい用意すべきだと考えられているのでしょうか。

 保険会社のカタログに載っているシミュレーションなどでは、よく「老後の生活費=年間300万円」という記述が出てきます。この辺りの感覚は、日本とあまり変わらないかもしれません。ただ、年間300万円が必要となると、老後を65歳から100歳までの35年間と仮定した場合、用意しておくべき老後資金は1億円以上にも及びます。

 もちろん、香港やシンガポールにも公的年金制度はありますが、日本よりももっと保障が薄いので、相当な金額を自分で準備しておかなければなりません。そのため、多くの人は個人年金保険に加入しています。個人年金保険に加入しておくと、保険会社が経費控除後5%前後の高い利回りで資金を運用してくれるので、若いうちから準備をしておけば、老後資金をそれほど無理なく貯めることができるのです。

 具体的な例を挙げてみましょう。たとえば、現在29歳の人が、香港やシンガポールで一般的な個人年金保険に加入し、毎年80万円程度を5年間払い込んで運用していくとします。捻出する金額は400万円になりますが、5年で払い済みにして放っておいたとしても、62歳のときには長期運用+複利の効果で資産が大幅に増え、1400万円超にも達します(※保険会社のシミュレーションより。経費控除後5%前後で運用したと仮定)。

 ちなみに「5年で払い済みにする」というのは、少額の保険料を長期間にわたって支払い続けるよりも、一時払いなどで保険料をドカンと支払って、なるべく保険料の支払い回数を減らしたほうが、利回りが有利になることが多いためです。

 62歳のときにまだ働いていて、資金を引き出す必要がなければ、そのまま置いておくことで資産をさらに増やせます。年利5%を維持すれば、80歳のときには2800万円程度にも達するので、老後の生活費として大いに頼れる存在になるでしょう。

 これは29~33歳の間に捻出した資金を運用した例ですが、その後また資金的な余裕ができたら、別口で個人年金保険に加入し、同じように5年で払い済みにしておくこともできます。これを繰り返すと“安心のカゴ”をいくつも持つ状態になります。ずっと少額の保険料を支払い続けることが多い日本とは異なりますが、シンガポールや香港では、わりとポピュラーな加入の仕方です。

 余裕資金をすべて保険につぎこむのは不安に感じるかもしれませんが、香港やシンガポールの個人年金保険は、中途での資金の引き出しをフレキシブルにできるプランが多いので、気軽に始めることができるのです。

 私の周囲でも、多くの人が早いうちから「老後資金」の準備を始めており、特に個人年金保険は大変な人気があります。ちなみに、10月や11月は、多くの保険会社が決算直前ということで、売上ノルマを達成するためにプロモーションを実施します。このプロモーションを利用すると、利回りの優遇などが受けられるため、この時期に大きな契約に踏み切る人が多いです。

シンガポールの私立病院でがんの治療を受けると
3000万円くらいの高額な治療費が必要になることも!

 個人年金保険に加えて、シンガポールでは医療保険に加入する人も多いです。シンガポールは医療費が高く、自己負担率は6割程度にも及ぶため、医療保険に入っていなければ気軽に病院にかかれない環境です。高齢になれば、おのずと病院に通ったり、入院したりする機会は増えますが、医療保険がなければ湯水のようにお金が出ていくことになってしまうのです。

 なかでも、近年評価が高いのは「重病保険(クリティカルイルネス)」と呼ばれる医療保険です。「重病保険」は、特定の重病の診断を受けたときに、一時金が支給される仕組み。カバーする病気の範囲が広いのが特徴です。

 病気の進行度合いに応じて、支払われる金額は異なりますが、多くは一時金として数千万円程度受け取れるプランになっているので、そのお金を利用して好きな場所で治療を受けることができます。

 日本人の感覚からすると、一時金として数千万円も受け取れるというのは、法外な条件のように思われるでしょう。日本でも、「がん保険」は診断を受けるだけで一時金が出る商品が一般的ですが、受け取れる金額はせいぜい100万円程度です。

 しかし、シンガポールに住む人にその話をすると、「それだけしか出ないの? 絶対足りない!」と言われます。実際、医療費の高いシンガポールでは、がんの治療費として100万円くらいでは心もとないのが実状。仮に1年間がんで闘病するとなると、私立病院では入院と通院治療で医療費が3000万円くらいかかってしまうのも普通だからです。

 公立病院ならもっと安価ですが、そのぶん患者数が非常に多いため、かなりの期間にわたって順番待ちをしなければなりません。治療を急ぐ病気の場合、悠長に待ってなどいられませんから、重病のときほど私立病院を利用する場合が多く、その治療費をカバーする「重病保険」が必要になるわけです。

予定利率が低い日本では、年金保険には頼れない!
勉強して自力で年5%程度の運用利回りを目指そう!

 香港やシンガポールで不安のない老後を過ごすためには、個人年金保険や重病保険といった「保険」がカギを握ることがおわかりいただけたでしょうか。逆に言うと、若いうちから準備し、「保険」をうまく活用していれば、社会保障が薄くても、それほどお金の心配をしないで済む、ということになります。

 もし、将来的に香港やシンガポールで老後の生活を送ってみたいと考えるのなら、生活費の目安は前述のとおり、年間300万円ほど。加えて、現地で医療保険に加入するべきでしょう。香港やシンガポールの保険はグローバルなので、現地在住であれば外国人でも比較的簡単に加入できます。

 老後を日本で過ごすにしても、海外移住するにしても、現役時代から「老後資金」の準備は必要になります。香港やシンガポールの保険のような高い利回りが期待できない日本では、保険会社に運用をお任せしても、資産はほぼ増えないので、自分で運用するしかありません。

 自分で運用して、毎年5%程度の利回りを目指すというのはなかなかハードルが高くなりますが、パフォーマンスの良い投資信託を選択するなど、やり方次第で達成は可能でしょう。ただし、それなりに勉強は必要になるので、「個人年金保険」や「重病保険」などの「保険」にお任せできる香港やシンガポールの人たちよりも、置かれている環境は厳しいと言えるかもしれません。

FP・花輪陽子さんの新刊が発売中!
『少子高齢化でも老後不安ゼロ シンガポールで見た日本の未来理想図』(講談社プラスα新書)
『図解でわかる!投資信託』

経済成長率3.5%で、定年退職は67歳。人口減少に影響されない社会保障制度が完備され、優秀な外国人労働者を優遇し、なおかつ教育環境も高水準な国・シンガポール。日本もお手本にしたい、少子高齢化でも老後不安がゼロのシンガポールが実行している合理的で賢い政策を、現地在住のファイナンシャルプランナーならではの視点で紹介! 

※クレジットカードの専門家2人が選んだ、2021年の最強カードは?
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2021年版】
「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!
全8部門の“2021年の最優秀カード”を詳しく解説!

【クレジットカードおすすめ比較】還元率でクレジットカードを選ぶ!還元率ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】ービス充実の「おすすめゴールドカード」はコレ!ページへ
ETCカードでクレジットカードを選ぶ!ETCカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】人気ランキングでクレジットカードを選ぶ!人気ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】プラチナカードでクレジットカードを選ぶ!プラチナカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス)を比較して選ぶ!
【クレジットカードおすすめ比較】マイルでクレジットカードを選ぶ!マイルランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】海外旅行保険でクレジットカードを選ぶ!海外旅行保険ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】法人カードで選ぶ!法人カードでおすすめクレジットカードはコレだ!
【クレジットカードおすすめ比較】年会費無料でクレジットカードを選ぶ!年会費無料ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】最短即日発行~翌日発行で選ぶを比較して選ぶ!今すぐ入手できる、お得なクレジットカードはコレだ!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2021年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開!

【2021年3月1日時点・最新情報】
還元率、年会費etc.で比較! 人気のおすすめクレジットカード

還元率 年会費
(税抜)
ブランド 電子マネー対応
(ポイント付与対象)
カード
フェイス

 ◆OricoCard THE POINT (オリコカード・ザ・ポイント)

1.0~2.5% 永年無料 JCB
Master
Suica
ICOCA
OricoCard THE POINTカード公式サイトはこちら
【OricoCard THE POINTのおすすめポイント】
年会費無料ながら新規入会後6カ月は2.0%の高還元率で、7カ月以降も通常還元率が1.0%の高還元クレジットカード「オリコモール」活用で「Amazon」では還元率2%になるほか、各サイトで貯まるポイントも含めれば「楽天市場」では還元率2.5%「Yahoo!ショッピング」では還元率3.0%、サイトによっては還元率15%以上に達するなど、ネットショッピングでは最強レベル。また、「iD」と「QUICPay」を搭載しているので少額決済でも便利。貯めたポイントは「Amazonギフト券」「iTunesギフトコード」なら即時交換ができるので、ポイントの使い勝手も◎!
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2021年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全8部門の“2021年の最優秀カード”を詳しく解説!(最優秀年会費無料カード部門)
年会費無料カードの還元率競争が激化!「Orico Card THE POINT」はネット通販に強く、還元率1.5~2.5%も狙える注目の新登場カード!
「Orico Card THE POINT」は、還元率1.0%、年会費が永年無料のお得な高還元率カード。入会6カ月間は最大還元率がなんと3.0%に!
OricoCard THE POINTの公式サイトはこちら
 ◆dカード
1.0~3.0% 永年無料 VISA
Master
iD
dカード公式サイトはこちら
【dカードのおすすめポイント】
テレビCMでもおなじみの「NTTドコモ」のカードだが、auやソフトバンク利用者でもお得! 通常還元率1%と高還元で、2019年9月16日以降の申し込み分から年会費が永年無料になり、ますますお得なカードに進化! さらに「dカード」で貯まる「dポイント」は携帯電話料金に充当できるほか、JALのマイルなどにも交換可能で、ドコモユーザー以外でもお得なクレジットカードだ。
関連記事
◆「dカード」は「dポイント」を貯める最強カード! ドコモ利用者以外は年会費実質無料の「dカード」、ドコモ利用者は「dカード GOLD」がおすすめ!
◆「dカード」はドコモユーザー以外にもおすすめの「高還元+実質年会費無料」クレジットカード!ドコモユーザーなら「dカード GOLD」を使い倒せ!
NTTドコモ「dカード」の公式サイトはこちら

 ◆アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

1.5%~ 1万円 AMEX Suica
ICOCA
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード公式サイトはこちら
【アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードのおすすめポイント】
マイル系最強カード」との呼び名が高いクレジットカード。対象航空会社・旅行会社28社で航空券代金やツアー代金を決済すると通常の3倍のポイントが貯まるので、航空会社発行のカードよりもマイルが貯まりやすいのが魅力。さらに、貯まったポイントは提携航空会社15社のマイルに自由に交換可能で、しかもポイントは無期限で貯められるのも大きなメリット! 「長距離+ビジネスクラス」の特典航空券に交換すれば、還元率は1.5%よりも高くなる!
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2021年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全8部門の“2021年の最優秀カード”を詳しく解説!(マイル系カード部門)
航空・旅行アナリストがおすすめ!貯めたポイントを航空会社15社で自由に使える万能型のマイル系クレジットカードとは?
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの公式サイトはこちら

 ◆楽天カード

1.0~3.0% 永年無料 VISA
JCB
Master
楽天Edy
(楽天Edyへの
チャージ分は
還元率0.5%)
楽天カード公式サイトはこちら
【楽天カードのおすすめポイント】
楽天市場や楽天ブックス、楽天トラベルを利用している人はもちろん、楽天ユーザー以外にもおすすめの「年会費無料&高還元」クレジットカードの代表格。通常還元率は1.0%だが、楽天市場や楽天ブックスでは最低でも還元率が3.0%以上に! また、「楽天ポイントカード」や電子マネーの「楽天Edy」との併用で、楽天グループ以外でも還元率は1.5~2.0%以上になる! ゴールドカードの「楽天プレミアムカード」も格安の年会費で「プライオリティ・パス」がゲットできてコスパ最強
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2021年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全8部門の“2021年の最優秀カード”を詳しく解説!(最優秀メインカード部門)
「楽天カード」よりも「楽天プレミアムカード」のほうが得をする“損益分岐点”が判明! 楽天市場で年36万円を利用しない限り、年会費無料の「楽天カード」で十分!
「楽天カード」にメリット追加で還元率もアップ!さらに「楽天カード」と「楽天モバイル」の兼用でスマホ代の節約+楽天ポイントがザクザク貯まる!
楽天カードの公式サイトはこちら

 ◆JCB CARD W(ダブル)

1.0~3.0% 永年無料 JCB QUICPay
JCB CARD W(ダブル)公式サイトはこちら
【JCB CARD W(ダブル)のおすすめポイント】
年会費無料で通常還元率は1.0%、「ORIGINAL SERIESパートナー加盟店」のセブン-イレブンやAmazonなどでは還元率2.0%、スターバックスでは還元率3.0%になるお得なカード。しかも、大手カード会社のクレジットカードだけあって、ポイントの汎用性も抜群!
【関連記事】
「JCB CARD W」は「楽天カード」などとほぼ同じ、年会費無料+還元率1~3%のJCBの入門用カード!Amazonやスタバをよく利用する20~30代は注目!
「JCB CARD W」は、年会費無料で還元率1%以上のお得な高還元クレジットカード!「JCB CARD W」のメリット・デメリットを他のカードと比較して検証!
JCB CARD W(ダブル)のメリットを解説!「年会費無料」「常に還元率1.0%以上」「ポイントの使い勝手が良い」と三拍子そろった高還元クレジットカード!
JCB CARD Wの公式サイトはこちら
 ◆イオンカードセレクト

0.5~1.0%

永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
WAON
イオンカードセレクトのカードフェイス
【イオンカードセレクトのおすすめポイント】
一般的な「イオンカード」ではポイントがつかない「WAON」チャージでポイントが貯まり、「ポイント2重取り」ができるのが最大のメリット。また、「イオンカードセレクト」の保有+月1回のカード(または搭載のWAON)決済+ネットバンキングに登録という3つの条件を満たすだけで「イオン銀行Myステージ」の「シルバーステージ」に到達し、「イオン銀行」の普通預金金利が通常の30倍=0.03%になるこちらの記事を参照)。メガバンクの定期預金金利が0.002%の今、普通預金金利が0.03%になるのはお得!「イオンカードセレクト」以外の「イオンカード」保有者はすぐ切り替えよう!
関連記事
イオンカードを作るなら「イオンカードセレクト」が一番お得! WAONチャージでのポイント2重取り&イオン銀行で預金金利が優遇されやすくなる特典も!
【イオン銀行の金利・手数料・メリットは?】イオン銀行利用者は「イオンカードセレクト」が必須!簡単に普通預金が定期預金並みの金利0.05%にアップ!
イオンカードセレクトの公式サイトはこちら

【SPGアメリカン・エキスプレス・カード】
「ホテル宿泊券」+「マリオットの上級会員資格」が
もらえて得するホテル系カード⇒関連記事はこちら

SPGアメリカン・エキスプレス・カード公式サイトはこちら

 
 

【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2021年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2021年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

買いの10万円株
本当に強い株
老後のダンドリ

4月号2月19日発売
定価780円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[買いの10万円株/本当に強い株/老後のダンドリ]

◎巻頭企画
最新決算で判明! 本当に強い株36銘柄
●追い風継続
●不況でも成長
●高配当好業績

◎第1特集
5万円株は48銘柄!
いま買いの10万円株132銘柄

高配当の5万円株ベスト100銘柄
複数持って利回り安定!
ほとんど利回り3%以上!

桐谷さんオススメの高利回りな優待株
高成長のテーマ株24銘柄
●過去10年で最高益の好業績株
●業績が急回復中の株
●10倍期待のIPO株

◎第2特集
旬の食材を旬の時期に!
ふるさと納税2021年年間計画
●品切れ必至の人気フルーツ&野菜先回り計画カレンダー
●ラクラク旬が届く定期便8
●返礼品カタログ33
果物・野菜・果物・魚介類・肉
●おうち時間が充実の返礼品10

◎第3特集
6タイプの利回りが改善!
毎月分配型投信100本の本当の利回り

◎第4特集
2021年絶対定価で買わない!宣言
すぐできるオトクワザ88
・クレカとスマホを整える
・情報はマメにチェック!
・商品券も組み合わせる!ほか

◎【別冊付録】
老定年前後の不安を解消!
800万円も差がつく! 老後のダンドリ確認BOOK
手取りを増やすワザが満載
退職金・失業手当・年金・健康保険・税金

裏はチェックリストに!

◎連載にも注目!
●AKB48株ガチバトル
●AKB48武藤十夢のわくわくFX生活!
●株入門マンガ恋する株式相場!


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2021】 クレジットカードの専門家が選んだ 2021年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ)

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報