ネット証券会社比較
2018年11月29日公開(2018年11月29日更新)
バックナンバー 著者・コラム紹介
久保田正伸

貸株は、ほぼノーリスクで「年利0.1~10%超」を
稼げるお得なサービス! 貸株の仕組みから活用法、
貸株しながら株主優待や配当をもらう方法まで紹介!

「貸株」は保有する現物株を証券会社に貸すことで
「貸株料(貸株金利)」がもらえるお得なサービス!

 2018年10月20日、松井証券が「貸株サービス」の提供を開始した。

 そもそも「貸株」とは、個人投資家が保有する現物株式を証券会社に貸し出して、銘柄に応じた貸株料(貸株金利)を受取るサービスのこと。貸し出した株式は貸株市場で証券会社から機関投資家に貸し出され、そこで得た金利が貸株料として個人投資家に支払われるので、個人投資家にとってはほぼノーリスクで利益が得られるお得なサービスだ。

 そんな「貸株サービス」を開始した松井証券だが、実は2002年に「貸株サービス」の前身にあたる「預株」というサービスをいち早く導入していた。しかしその後、いくつものネット証券が「貸株」のサービスを提供し始め、現在ではSBI証券やマネックス証券など、ほとんどの大手ネット証券で「貸株」を利用できるようになっている。そこで今回、松井証券は従来の「預株」のサービスをバージョンアップして、より使い勝手のいい「貸株サービス」を改めてスタートさせた形になる。

 ちなみに、貸出の期間は特に設けられておらず、「貸株サービス」の利用中であっても、売り注文を出せば自動的に貸株が解除され、売却することができる。売却時に貸株を解除する手続きは特に必要ないので、貸株中であっても普段と同じように自由に売却することができるのは便利だろう。

 ただし、「貸株サービス」を利用中の証券会社が倒産した場合、一般的には貸した株が戻ってこない。「貸株サービス」を利用して貸し出された株式は、投資者保護基金による保護対象にはなっていないからだ。現時点では「貸株サービス」を提供しているネット証券は大手に限られているので、破綻リスクはかなり低いが、「貸株サービス」を利用するなら、念のために覚えておいたほうがいいだろう。

 なお、「貸株サービス」では株を他人に貸し出してしまうため、NISA口座で保有している株では「貸株サービス」を利用できない。また、信用取引口座を開いていると「貸株サービス」が利用できない証券会社があるので要注意だ。

 いまや大手ネット証券のほとんどで利用できる「貸株サービス」だが、個人投資家の中には実際に利用したことがない人も多いはず。そこで今回は、「貸株」の基本的な仕組みからメリット・デメリット、上手な活用法、さらには具体的な証券会社ごとの「貸株サービス」の違いなどを紹介していこう。

貸株金利は高いもので10%以上の高金利!
ただし、貸株金利の高さで銘柄を選ぶのはNG

 貸株で受け取れる貸株金利は、貸株市場での需要をもとに各証券会社が決めており、銘柄によって異なっている。ほとんどの場合は0.1~0.2%程度だが、高い銘柄になると、なんと年利10%を超える銘柄もある。

 一般的に、値動きの大きい新興市場銘柄のほうが貸株金利が高くなる傾向にある。大手ネット証券で貸株金利の高い順に3位までまとめた以下の表を見ると、高金利がもらえるのは新興市場銘柄が多いのがわかるだろう。ちなみに、各証券会社の貸株金利は毎週更新される。

■証券会社ごとの貸株金利の高い銘柄トップ3(2018年11月26日時点)
証券会社 1位 2位 3位
松井証券 PKSHA Technology
13%
イグニス
9%
ASJFFRI
ブランジスタ
5%
楽天証券 PKSHA Technology
14%
イグニス
12%
JIG-SAW
エムティジェネックス
10%
SBI証券 PKSHA Technology
15%
イグニス
12%
JIG-SAW
10%
マネックス証券 ダブルスコープ歯愛メディカルHEROZ
中村超硬 、エムティジェネックス
10%
カブドットコム証券 PKSHA Technology
13%
JIG-SAWイグニス
10%
GMOクリック証券 PKSHA Technology
18%
イグニス
15%
JIG-SAWASJ
アスカネット
11%

 ただし、貸株金利の高い銘柄は、値動きも大きく、株価も値下がり傾向にあることが多い。というのも、株を借りた投資家は、それを空売りに利用するため。つまり、「貸株金利が高い=空売りしたい投資家が多い」ということで、それだけ売り圧力がかかっているというサインでもあるのだ。

 実際、上の表でもっとも高金利な銘柄はPKSHA Technology(3993)だが、チャートを見ると、1日の値動きだけで10%を超える日もあるハイボラティリティ銘柄であり、さらに株価も右肩下がりなことがわかる。

■PKSHA Technology(3993)チャート/日足・6カ月
PKSHA Technology(3993)チャート/日足・6カ月PKSHA Technology(3993)チャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
拡大画像表示

 いくら貸株金利が高くても、それ以上に株価が下落しては意味がない。貸株金利の高さだけに目を奪われて銘柄を選ぶと、貸株料以上に損失を被る可能性が高いことがあるので気をつけよう。

 つまり、「貸株金利が高いから、この銘柄を買おう」「どうせ買うなら、貸株金利の高い銘柄にしよう」という考えで銘柄を選ぶのは大間違いということ。保有する銘柄は、あくまでも値上がり期待や配当・株主優待狙いといった投資方針で選ぶのが大前提であり、その上で、「せっかく株を保有しているのだから、少しでもプラスαの利益も得よう」「保有銘柄の貸株金利が、たまたま高かったらラッキー」くらいの意識で貸株サービスを利用するのが正解だ。

貸株料は日割りで計算されるので、貸出期間は自由!
短期間でも貸株金利の高い銘柄ならそれなりの利益に

 では、貸株サービスを利用をすると、どのくらい儲かるのだろう。100万円分の株を貸株したときに受け取れる貸株料を、貸株金利と期間ごとに試算してみた(貸株料は税引前)。

■100万円相当の株を貸し出した場合に受け取れる貸株料
貸株金利 受け取れる貸株料(税引前)
1年間 1日
0.1% 1000円 2円
0.5% 5000円 13円
1% 1万円 27円
10% 10万円 273円
※貸株の期間、株価の値動きがなかったと仮定して計算。1円未満は切り捨て。

 当然、長期にわたって貸株するほど受け取れる貸株料は多くなるので、例えば、配当・株主優待狙いで株式を長期保有している人、株に含み損が出たまま塩漬け株を持ち続けている人にとって、貸株サービスはうってつけだ。

 とはいえ、貸株は長期保有の投資家のためだけのサービスではない。貸株料は日割りで計算されるので、仮に1日しか貸株をしなくても、その分はきちんと支払われる。例えば、貸株金利10%の株100万円分を5日間貸した場合、受け取れる金額は1369円になる(税引前)。

 100万円×10%×(5日÷365日)=1369円(※1円未満切り捨て)

 株の貸し出しや返却は自動的に行われるので、数日単位の短期間で売買を繰り返す人でも、なんの手間もなく貸株のメリットを享受できる。

「貸株サービス」の利用手続きはネット申し込みで完結!
あとは普通に売買するだけで、自動的に株が貸し出される

 貸株の申し込み方法は簡単で、基本的には各証券会社の公式サイトから貸株サービスのいくつかの設定を決めて申し込み手続きをするだけだ。証券会社によって異なるが、「保有している株をすべて貸し出す」「新規に買った株は自動的に貸し出す」などの設定のほか、「特定の銘柄だけ貸し出す」「複数単元の一部だけを貸し出す」など、さまざまな設定もできる。

 そして、最初に設定をしておけば、あとは何も考えずに、従来どおりに株を売買するだけで「貸料」という“プラスα”の利益を手にすることができるようになるのだ。

 貸株サービスは申し込み終了後、証券会社によっては即日、あるいは翌営業日から貸株サービスが利用可能になる。下には一例として、SBI証券の貸株サービスの申込画面を掲載しておこう(画面の中の「優待優先」「金利優先」の設定については後述)。

SBI証券「貸株サービス」申し込み画面SBI証券の貸株サービス申込み画面。閲覧書類を確認し、「優待優先」「金利優先」のどちらかを選んで申込みを行う。
拡大画像表示

「株主優待や配当が受け取れない」という貸株のデメリットは
証券会社のサービスを利用すれば回避できる!

 そんな貸株にもデメリットがある。それは、貸株をすると株の名義が貸出先に移るため、株を貸し出した状態で権利確定日を迎えると、配当や株主優待がもらえないことだ。株主総会の議決権もなくなるので、株主総会に出席してお土産物をもらったりすることもできない。

 配当に関して言えば、配当の権利確定日に貸株をしていた場合、配当金の代わりに、税引後の配当金と同額の「配当金相当額」というお金を受け取ることができる。ただ、一見、配当と配当金相当額は同じようだが、税金の扱いの面で異なっている。

 貸株料や配当相当額は「雑所得」となり、他の所得と合算のうえ、総合課税の対象となる。一方で、配当金は「配当所得」。配当控除が受けられ、さらに上場株式等の譲渡損失(株取引で確定した損失)との損益通算ができるため、確定申告をすれば節税になる場合がある。また、配当金相当額は、税引後の配当金と同額が支払われたあと、所得税も取られるので、そのまま申告すると2重課税になって余計な税金を納めることになるリスクもある。

 配当でも配当金相当額でも金額的な違いはそれほど大きくはないが、少しでも損をしないためには配当金として受け取りたいところだ

■「配当金」と「配当金相当額」の違い
  配当金 配当金相当額
税区分 配当所得 雑所得
株式などの譲渡損との損益通算 できる できない
配当控除 対象 対象外
※配当金相当額で支払われる金額は、所得税が源泉徴収された配当金の額と同額となります。

 実際、こうしたデメリットを嫌がって「私は貸株はやらない!」と考える個人投資家もいるようだ。しかし、こうした貸株のデメリットは、証券会社のサービスを利用することで回避することができる

 具体的には、各証券会社で用意された「優待取得設定」とか「配当取得設定」といった設定を利用すればOKだ。

 例えば、松井証券で貸株をする場合、以下のような設定を選ぶことができる。

■松井証券の「貸株サービス」で利用できる設定
設定の種類 内容
貸株金利優先 権利確定日でも、貸株を継続。配当は、すべて配当金相当額として受け取る。
株主優待優先 株主優待の権利確定日の前に貸株を一時的に解除し、株主優待を受け取れるようにする。配当のみの権利確定日は、貸株を継続。
権利取得優先 株主優待の有無にかかわらず、権利確定日前は貸株を一時的に解除。株主優待だけでなく、配当もすべて受け取れる。
※ 株主優待の有無は、QUICK社の優待情報をもとに判断。

 「貸株金利優先」を選ぶと、権利確定日など関係なく貸株を続けるため、配当金も株主優待も受け取れず、配当金相当額を受け取ることになる。ただし、権利確定日も貸株料が発生するので、受け取れる貸株料は3つの設定の中でもっとも多くなる。

 「株主優待優先」を選ぶと、株主優待がある権利確定日になると貸株が一時的に解除され、株主優待を受け取ることができる。配当については、株主優待と配当の権利確定日が同じケースでは、貸株サービスが停止され、配当金が受け取れる。優待と配当の権利確定日が異なるケースでは、配当権利確定日に貸株サービスが停止されないので、配当金は配当金相当額として受け取ることになる。

 「権利取得優先」は、株主優待の有無に関わらず、すべての権利確定日で自動的に貸株が解除される。そのため、株主優待はもちろん配当金や株主総会での議決権など、株主としてのすべての権利を受けることができる。

 つまり、「株主優待優先」や「権利取得優先」を選んでおけば、「株主優待が受け取れない」「配当金を配当金相当額として受け取ることになるので、税金的に不利」といった貸株のデメリットを回避することができるのだ。一時的に貸株が解除される分、受け取れる貸株料は少なくなるが、1年間に数日程度なので金額的にはそれほど気にすることもないだろう。

 もちろん「自分の保有銘柄は株主優待のない銘柄ばかりだし、配当金相当額で受け取ってもまったく問題ない」という人は、少しでももらえる貸株料を増やすため「貸株金利優先」を選んでもいいだろう。

 こうした設定は銘柄ごとに選択できるので、株主優待銘柄や配当がある銘柄は「株主優待優先」か「権利取得優先」に、どちらもない銘柄は「貸株金利優先」を設定することもできる。

 なお、「優待取得設定」は貸株サービスを提供しているすべての証券会社で利用できるが、「配当金取得設定」は松井証券、マネックス証券、楽天証券の3社でしか提供されていない。「配当金取得設定」を利用したい人は、3社の中から自分がメインで使う証券会社を選ぶといいだろう。

「一部だけ貸し出ししない」など、細かく設定すれば
株主優待の長期保有優遇制度も受け取れる!

 「優待取得設定」や「配当取得設定」を利用するときに注意したいのが、株主優待の取得に条件がある場合だ。

 例えば、サッポロホールディングス(2501)は、「3年以上の継続保有で受け取れる株主優待が5割増し」という長期継続保有優遇制度がある。しかし貸株をすると、その間は株の名義が貸出先に移ってしまうため、「優待取得設定」や「配当取得設定」で権利確定日だけ貸株を解除しても、長期継続保有とは認められない。

 こうした銘柄の場合、株主優待を受けるのに必要な株数を残して貸株をすればいい。貸株では、銘柄ごとに「一部だけ貸し出しをしない」という設定ができるのだ

 例えば、株主優待を受けるのに必要な株数が100株で、1000株保有している場合は、900株だけ貸株をして、100株は貸し出さない設定にすればOK。そうして保有を続ければ100株はずっと保有していると見なされるので、長期保有の優遇を受けながら、残り900株で貸株料を受け取ることができる。

 なお、信用取引と併用できる証券会社の場合は、「一部だけ貸し出しをしない」という設定ができないケースがあるので、証券会社ごとにチェックしておこう。

証券会社ごとの貸株サービスの違いを発表!
米国株で貸株のできる証券会社も登場

 貸株サービスは証券会社ごとにそれぞれ特徴がある。各社の特徴を下の表にまとめた。

■大手ネット証券の「貸株サービス」比較 (※2018年10月18日時点)
証券会社 貸株金利1%以上
の銘柄数
優待取得設定
/配当取得設定
信用口座併用 公式サイト
松井証券 587銘柄 ×
公式サイトはこちら!
貸株金利が最低0.2%と他社より高い分、対象銘柄は約1300銘柄に絞られる。株主優待と配当金両方を受け取ることができる「権利取得優先」が便利。
楽天証券 585銘柄
公式サイトはこちら!
「金利優先」設定では、権利確定日の貸株金利が通常の5倍に。その場合、配当金ではなく配当金相当額が支払われる。株主優待を取得しながら貸株金利も享受できる「一部貸出しない設定」が便利。
SBI証券 393銘柄 / ×
公式サイトはこちら!
日本株に加えて、米国株約1400銘柄の貸株(米国貸株サービス=カストック【Kastock】)も利用可能。
マネックス証券 180銘柄 ×
公式サイトはこちら!
株主優待設定は銘柄ごと設定できるが、配当金自動取得サービスは銘柄ごとの設定ができず、全銘柄に設定される。
カブドットコム証券 200銘柄 / ×
公式サイトはこちら!
信用取引で代用有価証券の貸株ができる「代用貸株」を提供。
GMOクリック証券 665銘柄 / ×
公式サイトはこちら!
貸株金利が高く、金利1%以上の銘柄数が他社より目立って多い点が特徴。

◆貸株金利が高い証券会社は?

 前出の「証券会社ごとの貸株金利の高い銘柄トップ3」を見ると、全体的にGMOクリック証券は貸株金利が高い傾向にあることがわかる。また、「金利1%以上の銘柄数」の表を見ても、GMOクリック証券が一歩抜きんでて多い。

 また楽天証券の場合、「金利優先」の設定にしていると、配当の権利確定日(1日分)の貸株金利が通常の5倍となるのでお得だ。1日分の金利が5倍になっても投資額が少なければ大した額にならないかもしれないが、「貸株金利の高い銘柄を権利確定日前後だけ短期保有する」といった投資アイデアはあるかもしれない。

 最低金利が高いのは、松井証券だ。多くの証券会社の貸株サービスは、整理銘柄などを除くほとんどの銘柄(国内3000銘柄以上)が貸株の対象銘柄で、最低金利は0.1%となっている。それに対して松井証券は、最低金利が0.2%以上だが、貸株の対象銘柄は約1300銘柄に限定される。つまり、メジャーな大型株で少ない貸株金利をコツコツ稼ぐ作戦は取れない。ただし、金利1%以上の銘柄数はGMOクリック証券に次いで多い。

 なお、松井証券では、貸株サービスの開始を記念して、マザーズ・JASDAQに上場する貸株サービス対象銘柄の最低金利(年利)を2%まで引き上げるキャンペーンを実施している。お得なキャンペーン期間は2018年12月28日(金)までだ。

◆貸株サービスと信用取引を併用できたり、米国株で貸株ができる証券会社は?

 貸株サービスを利用したいと思っても、松井証券とマネックス証券は、信用取引口座を開設していると貸株サービスが利用できないので注意が必要だ。

 一方、信用取引と併用した場合の貸株サービスを進化させたのがカブドットコム証券で、2018年10月から「代用貸株」というサービスを提供している。貸株と信用取引が併用できる場合でも、一般的に信用建玉の保証金の代わりとして利用する「代用有価証券」は貸株サービスに利用できない。しかし、「代用貸株」を利用すれば、信用取引の代用有価証券の貸株が可能となるのだ。

 また、一般的に外国株で貸株金利を受け取ることはできないが、SBI証券だけは別で、「カストック(Kastock)」の名称で米国貸株サービスを提供している。米国株(ADR、ETF含む)約1400銘柄が貸株対象銘柄であり、2018年11月26日時点において、貸株金利は0.01~2%で提供されている。

貸株はノーリスクで利益を増やせるお得なサービス
「値上がり益」「配当」「株主優待」に次ぐ4番目の収入源を確保しよう!

 以上、今回は貸株の仕組みからメリット・デメリット、上手な活用法、そして証券会社ごとの貸株サービスの違いなどを解説した。

 繰り返しになるが、貸株金利の高さで銘柄を選ぶと株価の下落で大損するリスクが高くなるので、貸株サービスは「せっかく株を持っているのだから、貸株料ももらっておこう」という程度、つまり、“おまけの利益”という感覚で利用するのがいいだろう

 こうしたスタンスで貸株をするのであれば、貸株をすることで増えるリスクは証券会社の倒産リスクくらいで済む。しかも、株主優待や配当が受け取れないデメリットは、「配当優先設定」などでたいていは回避できる。つまり、実質的にはほぼノーリスクで貸株料だけをもらうことができるのだ

 株式投資で得られる利益と言えば、一般的に「値上がり益」「配当金」「株主優待」の3つが挙げられるが、ここに加わる株式投資4番目の収入源が貸株サービスで得られる「貸株料」だ。貸株料は、ほかの3つにくらべると儲けが少ないのは確かだが、実質的にはほとんどノーリスクという大きなメリットがある。少しでも株式投資での利益を増やすため、貸株サービスを利用しない手はないだろう。

株主優待名人の桐谷さんお墨付きのネット証券!最新情報はコチラ!
ネット証券口座人気ランキングはコチラ!
NISA口座を徹底比較!はコチラ
株主優待おすすめ情報はコチラ!
株主優待名人・桐谷さんの株主優待情報はコチラ!
【2018年12月5日時点】
【証券会社おすすめ比較】
 手数料、取引ツールetc.で総合比較! おすすめネット証券はココだ!
株式売買手数料(税抜) 投資信託
※1
外国株
1約定ごと 1日定額
10万円 30万円 50万円 50万円
◆松井証券⇒詳細情報ページへ
0円 300円 500円 500円/日 620本
【おすすめポイント】
1日定額制プランしかないが、最大のメリットは、なんといっても1日の約定金額の合計が10万円以下であれば売買手数料が無料という点。資金が少なく、複数の銘柄に分散投資する初心者の個人投資家にはおすすめだ。さらに、2016年度JCSI(日本版顧客満足度指数)調査で、証券業種の第1位を獲得! その使い勝手は、チャート形状で銘柄を検索できる「チャートフォリオ」を愛用している株主優待名人・桐谷さんも「初心者に特におすすめ」と太鼓判を押す。また、デイトレード限定で手数料が無料になる「一日信用取引」、手数料が激安になる「一日先物取引」など、専業デイトレーダーにとって利便性の高いサービスも充実している。
※1日定額制の場合
【関連記事】
◆松井証券はどうして投資信託の取扱数が少ないのか? あえて取扱数で勝負せず、松井証券が「顧客に無駄なコストを使わせない」という理念にこだわる理由とは
◆【松井証券のおすすめポイントは?】10万円以下の株取引は手数料0円!その他無料サービスと個性派投資情報も満載
◆「株初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこ?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・松井証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券⇒詳細情報ページへ
90円 250円 250円 429円/ 2658本
米国、中国
、アセアン
【おすすめポイント】
2016年5月からスタートした「超割コース」は、手数料が低水準のうえ、手数料の1〜3%をポイント還元! また、2017年9月より、1日定額コースの料金を引き下げ、1日10万円以下なら手数料が無料に! さらに、楽天カードで投信積立を行うと1%分のポイントが付与されるうえ、投資信託を持っているだけでポイントが貯まるので、長期的に積立投資を考えている人にはおすすめだろう。貯まったポイントは、楽天スーパーポイントやJALマイルに交換可能だ。また、取引から情報収集、入出金までできるトレードツールの元祖「マーケットスピード」が有名で、数多くのデイトレーダーも利用。ツール内では日経新聞の記事も無料で読むことができる。さらに、投資信託数が2000本以上と多く、米国や中国、アセアンなどの海外株式、海外ETF、金の積立投資もできるので、長期的な分散投資がしやすいのも便利だ。
【関連記事】
◆「楽天証券」や「SBI証券」など、5つの証券会社が売買手数料を大幅値下げ! 「1日最高40万円」の取引まで無料で売買できるお得なネット証券も登場!
◆楽天証券おすすめのポイントはココだ!~使いやすいトレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!
◆「日経新聞」「会社四季報」を無料で読める証券会社を解説! 利用料0円ながら、紙媒体では読めない独自記事や先行情報を掲載し、記事の検索機能も充実
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・楽天証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券⇒詳細情報ページへ
90円 250円 250円 429円/日 2650本
米国、中国、
韓国、ロシア
、アセアン
【おすすめポイント】
ネット証券最大手。手頃な手数料はもちろん、痒いところに手が届くような豊富なサービスにも注目したい。投資信託の数は2500本超。投資信託が100円以上1円単位で買えるので、投資初心者でも気軽に始められる。IPOの取扱い数は、大手証券会社を抜いてトップPTS取引(私設取引システム)も利用可能で、一般的な取引所より有利な価格で株取引できる場合もある。海外株式は、米国、中国、ロシアのほか、アセアン株式も取り扱うなど、とにかく商品の種類が豊富だ。米国株は、最低5ドルの手数料から取引可能。低コストで幅広い金融商品に投資したい人には、必須の証券会社と言えるだろう。「2018年 オリコン日本顧客満足度ランキング ネット証券」では、11度目の1位を獲得
【関連記事】
◆「楽天証券」や「SBI証券」など、5つの証券会社が売買手数料を大幅値下げ! 「1日最高40万円」の取引まで無料で売買できるお得なネット証券も登場!
◆【SBI証券のおすすめポイントは?】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実!
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・SBI証券の公式サイトはこちら
1約定ごと(税抜) 1日定額(税抜) 投資信託
※1
外国株
10万円 30万円 50万円 50万円
◆マネックス証券⇒詳細情報ページへ
100円 250円 450円 2500円/日 1163本
米国、中国
【おすすめポイント】
1注文30万円までなら手数料の安さはトップクラス。小型株中心に売買する人には、魅力的な値段設定と言える。米国株も最低手数料5ドル(税抜)から買えるので、非常にお手軽だ。多彩な注文方法や板発注が可能な高機能無料ツール「マネックストレーダー」など、トレードに役立つツールもそろっている。中でも、日本株、米国株、先物取引についてロボットの投資判断を日々配信する「マネックスシグナル」は、スイングトレードのときに参考にしたい。毎月5000円の掛金から始められる低コストなiDeCoサービスも行っている。
【関連記事】
◆マネックス証券のNISA口座は手数料が一番お得! 国内株は無料、外国株も買付が無料のうえ、外国株やIPOの銘柄数も多いので、投資初心者におすすめ!
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実!
◆「トレードステーション」の多彩な機能から手数料、おすすめの使い方まで徹底解説! マネックス証券が提供する「高機能トレードツール」を使いこなそう!
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・マネックス証券の公式サイトはこちら
◆野村證券⇒詳細情報ページへ
139円 300円 477円 836本
米国、中国、
欧州、アセアン
【おすすめポイント】
国内最大手の証券会社なので、安心感は抜群! 最近ではインターネットにも力を入れており、ネット取引専用口座「野村ネット&コール」は、店頭での窓口取引にくらべて売買手数料が大幅にお得になっている。また、大手証券会社だけあって、投資情報や銘柄分析レポートが充実しており、専門家による数多くの調査レポート動画も視聴可能。さらに、IPO取り扱い数がトップクラスなのも大きなメリット。特に主幹事数が多いので、本気でIPO投資をするならぜひ口座を持っておきたい証券会社だ。会社やレジャーなどの外出先でも株価のチェックや取引をしたい人には、スマホ用株アプリ「野村株アプリ」が便利。
【関連記事】
◆【証券会社比較】野村證券の「現物手数料」「信用取引コスト」から「取扱商品」、さらには「最新のキャンペーン情報」までまとめて紹介!
◆IPO(新規公開株)の主幹事数・取扱銘柄数で選ぶ! より多くの当選が期待できるおすすめ証券会社
◆「野村證券が主幹事のIPOは公募割れなし」は本当? イベント投資の達人・夕凪氏が過去のデータを分析し、IPO投資に役立つ「アノマリー」を徹底検証!
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・野村證券の公式サイトはこちら
◆DMM.com証券(DMM株)⇒詳細情報ページへ
80円 180円 180円 0本
【おすすめポイント】
国内株式のトレードに特化したネット証券で、最大のメリットは売買手数料の安さ。1約定5万円までなら50円(税抜)で売買可能! 大手ネット証券と比較すると、約定金額が大きいほど割安度が高い。また、売買手数料の1%分のポイントが貯まるのもメリットだ。取引ツールは、シンプル機能の「DMM株 STANDARD」と高機能な「DMM株 PRO」の2種類。スマホ用アプリも「かんたんモード」と「ノーマルモード」を使い分ける形になっており、初級者から中上級者まで、あらゆる個人投資家にとってトレードしやすい環境が整っている。新規口座開設で3カ月間手数料無料。また、口座開設完了者の中から抽選で毎月10名に2000円がキャッシュバックされる。
【関連記事】
◆DMM.com証券「DMM株」は、売買手数料が安い! 大手ネット証券との売買コスト比較から申込み方法、お得なキャンペーン情報まで「DMM株」を徹底解説!
◆【証券会社比較】DMM.com証券「DMM株」は、国内株式のトレードに特化したオンライントレードサービス。業界最安値水準の売買手数料が最大の魅力!
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・DMM.com証券(DMM株)の公式サイトはこちら
※手数料などの情報は定期的に見直しを行っていますが、更新の関係で最新の情報と異なる場合があります。最新情報は各証券会社の公式サイトをご確認ください。※1 投資信託の取扱数は、各証券会社の投資信託サーチ機能をもとに計測しており、実際の購入可能本数と異なる場合が場合があります。

1日の約定代金10万円以下なら売買手数料は0円!
優待名人の桐谷さんもおすすめする、初心者にも
やさしい証券会社!⇒関連記事はこちら

ザイ・オンラインおすすめのネット証券会社!松井証券の公式サイトはこちら

 

売買手数料を大幅値下げ! 1日最大40万円まで手数料0円 1約定ごとの手数料がお得!
楽天証券の公式サイトはこちら!
楽天証券
日本株は、1日10万円までの
取引なら売買手数料が0円!
岡三オンライン証券の口座開設はこちら!
岡三オンライン証券
1日定額プランで
手数料を大幅値下げ!
カブドットコム証券証券の口座開設はこちら!
カブドットコム
証券

大手ネット証券の中で
手数料が最安値水準!
取引ツールで日経新聞が無料で読めるメリット大!関連記事 2017年の秋からIPO取扱数がトップクラスに!関連記事 手数料が安いだけでなく、口座開設も迅速!関連記事
Special topics pr


ZAiオンライン Pick Up
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2018]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2018年版、クレジットカードのおすすめはコレ! ダイナースクラブカード」の全15券種の  付帯特典を調査して“実力”を検証 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 じぶん銀行住宅ローンの金利が業界トップクラスの低金利!じぶん銀行住宅ローン 投資初心者必見!桐谷さんおすすめの証券会社はココダ! http://diamond.jp/articles/-/120666?utm_source=z&utm_medium=rb&utm_campaign=id120666&utm_content=recCredit ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

コツコツ成長株!
IPO株で10倍ゲット
ふるさと納税

1月号11月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!お得な定期購読の詳細はコチラ!

 

急落チャンスが到来!コツコツ成長株! 】

ブレずに上がるコツコツ成長株! 10倍株67
小型成長株株価10倍を狙え
街ブラ投資の達人藤川さんお宝株を発掘! 
・大逆転の1万円株
時価総額小さい株
・参入障壁が高い株
株で資産を増やす方法

IPO株10倍ゲット
IPO当選効率を最大化!証券会社の選び方
IPO直後の株を割安に買える秘計算式
・買い&売り判断&適正株価も! 
上場2年以内のIPO160銘柄の激辛診断

夢の毎月配当金生活
高配当株で安定収入を得る5つの極意!
・権利確定月別高配当株カレンダ
・書込み式1~12月銘柄管理シート

28年ぶり高値更新から、3度の急落リアルな声
読者130人の2018年大反省会
桐谷さんの5大ニュース

【別冊付録1】
ポイント制
が大集合! ふるさと納税220自治体

【別冊付録2】
ポイント
で始める超投資入門

定期購読を申し込むと500円の図書カードをプレゼントクリスマスキャンペーン開催中!


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! 新築マンションランキング