iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2019年]

「iDeCo」運用時に株価が急落した場合の、もっとも
有利な投資戦略は“売却”ではなく“継続”すること!
株価下落局面での「iDeCo」の賢い投資戦略を解説!

2019年2月16日公開(2019年2月15日更新)
山崎 俊輔
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示
iDeCoのおすすめ金融機関

 ここしばらく、世界の株価が不安定な局面に入っています。日本でも数カ月前には「一時、バブル後の最高値を記録!」と盛り上がっていましたが、もはやそうした雰囲気は消えてしまい、「2020年には株価は下がる」「いやいや2019年下半期には下がる」などと、中長期的な予想でも消極的な意見を述べる人が増え始めています。

 もちろんここからまた回復する可能性もあります。しかし10年もマーケットとつきあっていれば、ざっくり2回くらいは相場の大きな上下動があるものですから、2012年末からこれだけ株価が上昇したあととなれば、下げ局面になっても何もおかしいことではありません。

 株価が上がるか下がるかは分かりません。こうした相場読みに「iDeCo」の利用者が無理に参加する必要はありません。「iDeCo」には別の、とるべき運用方針、投資戦略があります(しかもとても簡単に実行できます!)。今回は、株価が急落したときに「iDeCo」ではどうすべきかという話をしてみましょう。
【※関連記事はこちら!】
iDeCoで失敗しない「資産配分」と「運用方法」を3つのステップで紹介! 定期預金と投資信託への適切な資産配分とおすすめの投資信託の種類とは?

「何度も売り買い」や「短期で損切り」はNG!
「iDeCo」の投資戦略は個別株やFXとは違う

 読者の中には、個別株の売買やFXを経験している人もいるかもしれませんが、それらの投資戦略には、いくつか「iDeCo」ではマネするべきではない要素があります。

 たとえば「頻繁な売買」「機動的な売買」などはまったく「iDeCo」向きではありません。そもそも「iDeCo」で投資する場合は投資信託での運用になりますから、どんなに急いでも基準価額は1日に一度しか変わりません 。つまり1日に複数回の売買注文を出しても意味がありません。

 また売買に際しては、一定期日までに申し込んだものをとりまとめて翌日以降に処理されることが多く、下手をすれば「急騰しているから急いで数パーセントの利益を確定しよう」と思って売ったものが、株価が大幅に下落した翌日に約定されて損をする結果になった、なんてこともありえます。

 投資信託を売って別の投資信託を買おうとすると、最初の投資信託の売却についての資金の受け渡しが完了するまで待たされますので、3~4営業日くらいのタイムラグが必ず出ます。オンライントレードでイメージされる“リアルタイム”は、「iDeCo」にはないのです。

「損失確定して仕切り直し」も「iDeCo」向きではありません。短期売買においては売りから入ったりレバレッジをかけたりすることも多いため、損失が大きくなりすぎないよう短期で損失確定することはよくあります。「リスク管理が重要だ」と、損切りの重要性を説く専門家や投資家も多いはずです。

 ところが、「iDeCo」ではレバレッジはかけられませんし(ブルベア型ファンドも基本的にない)、「iDeCo」で購入可能な投資信託はインデックス型が多いうえ、売りから入ることもできませんから、元本を全損するリスクはほとんどありません。

 むしろ初心者が、株価急落に焦って「iDeCo」で保有している投資信託の損失確定をしてしまうと、最悪のケースに陥る可能性もあります。

株価が下がったときに焦って売ってしまうと
損失を取り戻せない「最悪のケース」になることも!

 企業型確定拠出年金を例に見てみましょう。企業年金専門誌「年金情報」(格付投資情報センター発行)では、半年ごとに加入者の運用利回りについて分析をしているのですが、アベノミクスが最高潮に達した2017~2018年頃でも 、1~2%程度の人は元本割れとなっていました。

 私の推測では、この1~2%は、株価が下がっているときに焦って損失確定し、その後の再投資がうまくできなかった人たちの可能性が高いと思います。

 しかしそれを責めるのは酷な話です。過去の退職給付制度から確定拠出年金へ移換した資産が1000万円くらいあって、そのうち投資信託に半分くらい回していた人がいたとします。株価が下がって含み損が100万円を超えていたとき、投資に対する理解が浅い人があわてて売ってしまったことを、誰がとがめられるでしょうか。

 ただ、その人が狼狽売りしたときの株価水準に戻ってもなお投資に手が出せず、さらに株価が上がってからようやく再投資をしたとしても、確定した損失は消えることはありません。かくして「最悪の1%の人」になってしまう、というわけです。

 ちなみに「iDeCo」の場合、「今がチャンスだから100万円くらい一気に入金して買う」というようなこともできません。毎月一定額の掛金しか新規入金できないため、損失を一気に取り戻すことも難しいのです。
【※関連記事はこちら!】
iDeCo(個人型確定拠出年金)4つのデメリットとは?はじめる前に必ずチェックしないと失敗する、口座開設や運用商品、解約に関する注意点を解説!

投資初心者は「含み損」という考え方にまず慣れること!
売らずに待っていれば、運用成績はいずれプラスに戻る

 「iDeCo」の場合、利用者には投資初心者が多いと思われますが、重要なのは「含み損」に慣れることです。

 投資信託を買ったときの値段を、現時点での値段が下回っている場合、「iDeCo」の口座を作っている金融機関(運営管理機関)のサービスにログインすると、赤字の状態になっていることが示されます。これは時価で表示する仕組みがあるからです。しかしこの赤字は、“もし今売ったらそれだけの損失になる”という「含み損」であって、現実に確定した「実現損」ではありません。つまり、売却して損失確定をしていないのであれば、それほど焦る必要はありません。 

 含み損であるのなら、株価の回復に応じて自然と解消されていくからです。日経平均2万2000円のときに投資信託を購入して、今の株価が2万円前後でうろうろしていたり、あるいは今後1万8000円以下に落ち込んだりしたとしても、いずれ株価が上向けば、運用成績はプラスに戻ります。

 もちろん株価の回復には何年もの時間がかかることがあります。2008年のリーマン・ショックで、日経平均は直前の高値の約1万4000円から、最悪時には約7000円まで下落しました。そこから日経平均が1万4000円の水準に戻るまで、約5年がかかっています。 

 しかしその間、「売らずに待つ」ことができた人は、何もしなくても今はプラスの運用状況です。しかも当時目指していたのは日経平均1万4000円台 の回復でしたから、昨年10月の2万4000円から今のように2万円台に下がっても、なおプラスなのです。

「iDeCo」の積立投資では株価が下がっているときこそ
むしろ運用利回りをアップさせるチャンス!

「iDeCo」の投資戦略においては、むしろ下げ局面にこそチャンスがあります

 「iDeCo」は積立投資ですから、最初の段階では運用資産は必ずゼロです(企業型確定拠出年金からの移換があった場合を除く)。機動的に100万円を入金することも不可能です。

 毎月一定額の掛金を拠出していくしか追加入金の方法はありません。しかも売買タイミングは狙いにくい。だとすると運用利回りを向上させる方法はひとつしか残されていません。

 それは「下げ局面で新規投資資金を追加し続けること」です。といっても何も難しいことはありません。ただ積立投資を継続するだけでいいのです。

 株価指数に連動するインデックス型ファンドの簡単なモデルで考えてみましょう。株価が一定のペースで値下がりし、大底を打ち、一定のペースで戻ったとします。

 値下がり前と下落時の水準をどう置くかにもよりますが、積立投資を続けていた場合、含み損が解消されるのは、「下落前の株価水準に戻ったとき」ではなく、おおむね「下落幅の半値が戻ったとき 」です。

 下落幅の半値が戻ったときに運用成績がプラスになる理由は簡単で、下がり続けているあいだも一定額の積立投資を継続することで、“安く買える”からにつきます。毎月一定額での購入を続ける積立投資では、高値のときには投資信託を買う量(口数)が少なくなり、安値のときには買う量が多くなります。つまり、平均購入単価を引き下げることができるのです。 

 経済が好調と不調の波を繰り返しつつも、 いつかは回復するということだけ信じられるのであれば(経済の成長を信じられない人はそもそも投資しなくてよい)、「iDeCo」では株価が下がっているときこそ、当初の方針を変えず、そのまま積立投資を継続してください

下げ局面での「iDeCo」の投資戦略は単純明快!
株価に一喜一憂せず「今の投資をそのまま続ける」こと

 ここまで読んだ人は、「iDeCo」の下げ局面での投資戦略が見えてきたと思います。

 それは「今の投資をそのまま続けること」です。

 より積極的に、「下げ局面がきたら投資を増やす(掛金額を増やす、iDeCo内の保有資産の投資割合を高める)」という方法もありますが、今まで投資をあまりしてこなかった人が合理的に判断し、株価下落時に投資割合を多く変更することは難しいでしょう。

 ですから、今の投資割合だけは維持して、毎月の掛金で投資し続けてみてください。いつ下げ相場が始まるかは分かりませんし、いつまで下げ局面が続くかも誰にも分かりません。

 相場の予想をなりわいとした人たちが必死に考えても、当たる人と外れる人が相半ばするわけですから、素人である普通の個人が「下落前に投資信託を売却して現金でプールしておき、大底から積立投資を再開する 」ような考え方はしないことです。

 私はリーマン・ショックの以前から、ただ掛金全額をバランス型ファンドに振り向けるだけで、売買注文など一切出していないにもかかわらず、年率6%くらいは稼いでいます(ピーク時は年率10%に達していました)。特に注目してほしいのは「何度も売買も繰り返してはいない」ということです。そして、これから相場が上がろうと下がろうと、積立投資を続けていく予定です。

「今のまま何もしない」のもまた投資戦略になります。それはある意味、下げ相場における「iDeCo」の賢い投資方法を「選択」していることでもあるのです
【※関連記事はこちら!】
iDeCoでは「バランス型投信」に任せて“ほったらかし投資”が正解! メンテ不要&低コストの「バランス型投信」を賢く選ぶ4つの条件とおすすめの商品を紹介!
iDeCo(個人型確定拠出型年金)の金融機関を比較!口座管理手数料や投資信託の取扱数などで比較した、iDeCo口座を開設できる、証券会社・銀行を紹介

山崎俊輔(やまさき・しゅんすけ)[ファイナンシャルプランナー]
1995年株式会社企業年金研究所入社後、FP総研を経て独立。ファイナンシャル・プランナー(2級FP技能士、AFP)、1級DCプランナー(企業年金総合プランナー)、消費生活アドバイザー。若いうちから老後に備える重要性を訴え、投資教育、金銭教育、企業年金知識、公的年金知識の啓発について執筆・講演を中心に活動を行っている。新刊『読んだら必ず「もっと早く教えてくれよ」と叫ぶお金の増やし方』(日経BP社)が好評発売中。
「iDeCo」を始めるなら、おすすめ金融機関はココ!ザイ・オンライン編集部おすすめの証券会社はこちら!
「iDeCo」のお得な仕組みと節税メリットを解説!「個人型確定拠出年金(iDeCo)」を活用すれば、多くの人が運用利回り15~30%の“天才投資家”に!詳しくはコチラ!
【iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較】「手数料(口座管理料)の安さ」で選ぶ!iDeCoの各種手数料が無料のおすすめ金融機関はこちら!
iDeCo(個人型確定拠出年金)4つのデメリットとは?
はじめる前に必ずチェックしないと失敗する、口座開設や運用商品、解約に関する注意点を解説!詳しくはこちら!
【iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較】「運用商品の本数」を比較して選ぶ!投資信託&元本確保型が多いおすすめiDeCo金融機関はココだ!
「iDeCo」「NISA」「つみたてNISA」の中で、最も優先すべきなのは節税メリットが高い「iDeCo」だ!60歳までに必要ない資金は必ずiDeCoで運用しよう!詳しくはこちら!
iDeCoで人気の投資信託ランキング!SBI証券「iDeCo口座」の購入金額ランキングと、積み立てできる投資信託の騰落率ランキングも発表!詳しくはこちら!
iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説こちら!
【2019年12月4日時点】
【iDeCoおすすめ証券会社&銀行 比較】
どの金融機関でiDeCo口座を開設した場合でも、別途、国民年金基金連合会へ支払う加入時手数料2829円、国民年金基金連合会と信託銀行へ支払う手数料合計171円(毎月)かかる。受取時は給付手数料440円(1回毎)を信託銀行に支払う。還付時には、国民年金基金連合会と信託銀行への還付時手数料として合計1488円(1回毎)がかかる。運営機関変更時の手数料は「他の金融機関から」変更の場合で、「他の金融機関に」変更する場合は4400円の手数料が発生する場合がある。下記の金額は掛金を拠出する場合(すべて税込)。
◆SBI証券⇒iDeCo詳細ページへ
口座管理料(月額) 手数料 投資信託
加入・移換時 運営機関変更時
0円 0円 0円 36本
(セレクトプラン)
  37本*
(オリジナルプラン)
【おすすめポイント】投資信託の品揃えが豊富な2つのコースから選択!  口座管理料は誰でも無料!
2018年11月から、「セレクトプラン」と「オリジナルプラン」の2つのコースからどちらかを選んで選択する形になった。口座管理料はどちらのコースでも、誰でも0円だ。従来の「セレクトプラン」も魅力的な品揃えだったが、新しく設定された「セレクトプラン」は、ほとんどの投資対象で信託報酬が“最安”のインデックス型投信が揃えられており、バリエーションも豊富と、さらに強力なラインナップになっている。人気のアクティブ型投信「ひふみ年金」や「ジェイリバイブ」は両コースに用意。保有運用商品はPC画面に加え、スマートフォン上でも管理できる。資産残高や損益状況の確認、掛金の配分設定の変更やスイッチング等が可能だ。
【信託報酬が低いおすすめ投資信託】
・eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)(信託報酬:0.154%以内)<セレクトプラン>
・SBI・全世界株式インデックス・ファンド[雪だるま(全世界株式)](信託報酬:0.1102%)<セレクトプラン>
・DCインデックスバランス(株式80)(信託報酬:0.22%)<オリジナルプラン>
【関連記事】
◆【SBI証券のiDeCo、手数料・メリットは?】 投信のラインナップが豊富な2つのコースから選択!口座管理料は、どちらのコースも誰でもずっと無料!
◆SBI証券のiDeCo口座は、超低コストの投信が揃う「セレクトプラン」がおすすめ!「セレクトプラン」と「オリジナルプラン」の品揃えと信託報酬を比較!
iDeCo申込み(個人型401kプラン)SBI証券の公式サイトはこちら
◆マネックス証券⇒iDeCo詳細ページへ
口座管理料(月額) 手数料 投資信託
加入・移換時 運営機関変更時
0円 0円 0円 24本
【おすすめポイント】口座管理料が誰でも無料! インデックス型投信の信託報酬は最安水準!
口座管理料が誰でもずっと「無料」で、コスト面から最もお得な金融機関の1つ。投資信託の本数は24本と標準的だが、内容は充実。「eMAXIS Slim」シリーズなど信託報酬が最安水準のインデックス型投資信託が揃えられている。加えて、「ひふみ年金」「jrevive」など好成績のアクティブ型投信も豊富だ。「つみたてNISA」と「iDeCo」、どちらの制度が各個人の投資目的に適しているかアドバイスが受けられる「つみたてNISA・iDeCoシミュレーション」が便利。
【信託報酬が低いおすすめ投資信託】
・DIAM DC 国内株式インデックスファンド(信託報酬:0.154%)
・eMAXIS Slim先進国株式インデックス(信託報酬:0.10989%)
【関連記事】
◆【マネックス証券のiDeCo、手数料・メリットは?】 口座管理料と加入時手数料が誰でも無料でお得!超低コスト&好成績の投資信託24本をラインナップ!
iDeCo申込み マネックス証券の公式サイトはこちら
マネックス証券のiDeCoは、口座管理料が無料!  低コスト投信24本をラインアップ!
マネックス証券のiDeCo
◆楽天証券⇒iDeCo詳細ページへ
口座管理料(月額) 手数料 投資信託
加入・移換時 運営機関変更時
0円 0円 0円 31本
【おすすめポイント】口座管理料が誰でも無料! 信託報酬の低い投信を多数ラインナップ!
口座管理料は残高を問わず誰でも0円で、コスト面から最もお得な金融機関の1つ。投資信託のラインナップは31本と豊富。信託報酬の低いインデックス型が揃っている。超低コストで全世界や米国に投資できる「楽天・全世界株インデックス・ファンド」「楽天・全米株式インデックス・ファンド」は注目だ。「MHAM日本成長株ファンド」など好成績のアクティブ型も用意。電話で問い合わせができる「個人型確定拠出年金(iDeCo)ダイヤル」は土日も受付を行っている。
【信託報酬が低いおすすめ投資信託】
・三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンド(信託報酬:0.176%)
・たわらノーロード先進国株式(信託報酬:0.10989%以内)
・楽天・全世界株式インデックスファンド楽天・バンガード・ファンド(全世界株式)(信託報酬:0.222%程度)
【関連記事】
◆【楽天証券のiDeCo、手数料・メリットは?】 口座管理料が誰でもずっと「無料」でお得!運用コストを抑えた投資信託を多数ラインナップ
◆「iDeCo」を始めるなら、おすすめ金融機関はココ! 口座管理料が無料になり、投資信託のラインナップが 充実している「SBI証券」と「楽天証券」を比較!
iDeCo・楽天証券の公式サイトはこちら
楽天証券のiDeCoなら、口座管理料(運営管理手数料)が条件なしで誰でも無料!
楽天証券のiDeCo
◆イオン銀行⇒iDeCo詳細ページへ
口座管理料(月額) 手数料 投資信託
加入・移換時 運営機関変更時
0円 0円 0円 23本
【おすすめポイント】口座管理料が誰でも無料! 銀行の中では最も条件がいい!
投資信託は信託報酬の低い商品が揃っている。イオン銀行は受付金融機関で、みずほ銀行が運営管理機関となるが、みずほ銀行の口座管理料が0円となるのは条件付きなのに対し、無条件で0円とより有利。無条件で口座管理料が0円なのは銀行で唯一だ。さらに低コストのバランス型投資信託があるのも魅力
【信託報酬が低いおすすめ投資信託】
・DIAM DC 国内株式インデックスファンド(信託報酬:0.154%)
・たわらノーロード 先進国株式(信託報酬:0.10989%以内)
・マイバランス70(確定拠出年金向け)(信託報酬:0.1540%)
【関連記事】
◆【イオン銀行のiDeCo、手数料・メリットは?】口座管理料が無条件で誰でも無料なのは銀行で唯一!投資信託は低コスト商品を中心に23本をラインナップ
iDeCo申込みイオン銀行の公式サイトはこちら
◆大和証券⇒iDeCo詳細ページへ
口座管理料(月額) 手数料 投資信託
加入・移換時 運営機関変更時
0円 0円 0円 21本
【おすすめポイント】大手対面型証券会社の中で唯一、口座管理料が誰でも無料!
手の対面型証券会社の中で唯一、口座管理料が誰でもずっと無料。投資信託のラインナップは2018年10月から新たに6本を追加し計21本に拡充。インデックス型投資信託の信託報酬がさらに安くなり、アクティブ型では好成績で人気の「ひふみ年金」も取扱を開始。品揃えの魅力度が大幅にアップした
【信託報酬が低いおすすめ投資信託】
ダイワつみたてインデックス日本株式(信託報酬:0.154%)
・ダイワつみたてインデックス外国株式(信託報酬:0.154%
【関連記事】
◆【大和証券のiDeCo、手数料・メリットは?】口座管理料が誰でも無料! 超低コストの投信信託や「ひふみ年金」の追加で品揃えの魅力が大幅アップ!
大和証券のiDeCo公式サイトはこちら
◆松井証券⇒iDeCo詳細ページへ
口座管理料(月額) 手数料 投資信託
加入・移換時 運営機関変更時
0円 0円 0円 11本
【おすすめポイント】口座管理料が誰でも無料! 投資信託は11本厳選で選びやすい!
口座管理料は残高を問わず誰でもずっと無料投資信託は厳選された11本を用意している。信託報酬が低いインデックス型に絞り込んでおり、アクティブ型は人気の「ひふみ年金」と金に投資する投信の2本のみという思い切ったラインナップ。投資初心者でも迷わず選べる
【信託報酬が低いおすすめ投資信託】
・DIAM DC 国内株式インデックスファンド(信託報酬:0.154%)
・eMAXIS Slim先進国株式インデックス(信託報酬:0.10989%)
【関連記事】
◆【松井証券のiDeCo、手数料・メリットは?】口座管理料と加入時手数料が誰でも無料でお得!信託報酬が最安クラスの投信を11本厳選で選びやすい
大和証券のiDeCo公式サイトはこちら
松井証券のiDeCoは、口座管理料が無料! 低コスト投信11本をラインアップ!
松井証券のiDeCo
◆auカブコム証券(旧:カブドットコム証券)
口座管理料(月額) 手数料 投資信託
加入・移換時 運営機関変更時
0円 0円 0円 26本
【おすすめポイント】2019年4月27日(土)より「カブコムのiDeCo」取扱い開始。KDDIアセットマネジメントが運営管理機関となりサービスが提供される。スマートフォンから操作できるiDeCo専用アプリにより、節税効果のシミュレーションや申し込み、運用商品の選択などが直感的に行える。取扱商品は、信託報酬が業界最低水準となるインデックス投資信託を中心に、株式、債券、不動産(REIT)の投信や定期預金など幅広く27本。若いうちはリスク資産に投資し、老後は安定運用を目指す「ターゲットイヤーファンド」も選択が可能だ。
【信託報酬が低いおすすめ投資信託】
・つみたて日本株式(日経平均)・(TOPIX)(信託報酬:0.198%)
・つみたて先進国株式(信託報酬:0.22%
auカブコム証券(旧:カブドットコム証券)のiDeCo公式サイトはこちら
◆野村證券
口座管理料(月額) 手数料 投資信託
掛金1万円以上or
残高100万円以上
掛金1万円未満で
残高100万円未満
加入時 移換時
0円 283円 0円 0円 26本
【おすすめポイント】掛金が月1万円以上なら口座管理料0円!低コストの投信が豊富!
掛金が月1万円以上もしくは残高100万以上なら、口座管理料が0円“掛金が月1万円以上”という条件は、多くの人が当てはまるはずだ。投資信託はバランス型を含め主な投資対象で信託報酬が低いインデックス型が用意されているアクティブ型投信では人気の「ひふみ年金」もラインナップ
【信託報酬が低いおすすめ投資信託】
・野村DC国内株式インデックスファンド・TOPIX(信託報酬:0.154% )
・野村DC外国株式インデックスファンド・MSCI-KOKUSAI(信託報酬:0.154%
・マイバランスDC70(信託報酬:0.154%)
iDeCo・野村證券の詳細記事はこちら
注目の iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較一覧はこちら!

【楽天証券のiDeCo】
誰でも無条件で口座管理料や各種手数料が無料!
無料セミナーで初心者も安心⇒関連記事はこちら

ザイ・オンラインおすすめのideco!楽天証券の公式サイトはこちら
SBI証券は投資信託が最多! マネックスは品揃えが充実! 大和証券は口座管理料が無料!
iDeCo申込み(個人型401kプラン)SBI証券の公式サイトはこちら
iDeCo申込み マネックス証券の公式サイトはこちら
iDeCo申込み(個人型401kプラン)大和証券の公式サイトはこちら
口座管理料が無料、iDeCoの投信数は最多!関連記事はコチラ! 口座管理料が無料、投信の品揃えが充実!関連記事はコチラ! 口座管理料が誰でも無料、投信は
21本を用意
関連記事はコチラ!

つみたてNISA(積立NISA)を始めるなら、おすすめの 証券会社はココだ!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード ふるさと納税なら「ふるなび」!公式サイトはこちら ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ! SBI証券の公式サイトはこちら!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

連続増配株&高配当株
年金世代1万人大調査
IPO株 トレード術

1月号11月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

増配株&高配当株であんしん老後

何歳からでも始められる
増配株&高配当株であんしん老後
[Prologue]目指せ! じぶん年金づくり
[投資先1]日本の高配当株43銘柄
●高利回り株●連続増配株●10年配当株
[投資先2]Jリート5銘柄
[投資先3]米国の高配当株20銘柄
[投資先4]毎月分配型投信13銘柄

仕組み化するだけ!IPO申込み&売買ワザ
儲け方[1]上場前の株の当選を目指す
儲け方[2]上場後の株の再上昇を取る
10倍期待の株は64銘柄!
2018年~2019年上場の全151銘柄の買売を分析

年金生活のリアル
金持ち老後と貧乏老後の差を徹底解剖!

年末までラストスパート
駆け込み!ふるさと納税72
上限額や災害支援のことなどふるさと納税のキホン
カニ・おせち・温泉など冬の3大返礼品!
おいしいものだけ!返礼品別カタログ

●自腹でガチンコ投資! AKB48「株」ガチバトル
●AKB48武藤十夢のわくわくFX生活
●株入門マンガ/恋する株式相場! 
●本誌崖っぷち部員の同時進行ドキュメント
定年退職までのロードマップ

【別冊付録】
毎月配当カレンダー2020年1月⇒12月

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

【重要なお知らせ】
>>定期購読の価格改定について


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2019】 クレジットカードの専門家が選んだ 2019年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ)

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報