iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2019年]

3つの「NISA」と「iDeCo」の違いやメリットを解説!
資産形成には税制優遇が受けられる「NISA・つみたて
NISA・ジュニアNISA」と「iDeCo」を活用しよう!

2019年5月30日公開(2019年7月23日更新)
ザイ・オンライン編集部
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示

「NISA(少額投資非課税制度)」や「iDeCo(イデコ・個人型確定拠出年金)」の仕組みやメリットを解説! 資産形成で1億円を目指すなら、節税効果のある「NISA」や「iDeCo」を活用しよう!

ダイヤモンド・ザイ>の大特集は「株・投信・貯金で実現! 人生で必要な1億円の作り方!」。人生で必要なお金の内訳や、上手にお金を貯めるためのルールを紹介するほか、投資に抵抗感がある人にもわかりやすく、株や投資信託の運用効果を解説している。また、株や投資信託で資産を大幅に増やした個人投資家のワザも紹介しているので、投資初心者も投資経験者も必見だ!

今回はこの特集から、資産形成に役立つ制度「NISA」と「iDeCo」について解説した記事を抜粋。資産形成の基本は、”出費を減らし、収入を増やす”こと。出ていくお金のうち、税金は「NISA」や「iDeCo」を活用することで大幅に減らせる。ここでは、そんな「NISA」や「iDeCo」の仕組みやメリットについて解説するので、これまで活用できていなかった人は、参考にしてほしい!

iDeCo(イデコ)の最大の特徴は税金が優遇されること!
掛金が「所得控除」の対象となり、所得税や住民税が安くなる!

iDeCoとNISAの仕組みとは?

 まずは、「iDeCo(イデコ)」の仕組みやメリットから紹介していこう。

 「iDeCo(イデコ)」の愛称で知られる「個人型確定拠出年金」は、老後資産を作るための私的年金の制度。同じ「年金」である厚生年金や国民年金と違い、拠出する金額や投資先を自分で決め、毎月積み立てて運用する。

 そんな「iDeCo」の最大の特徴は、さまざまな「税制優遇」があることだ。具体的には「掛金を拠出するとき」「運用で利益が出たとき」「60歳以降に運用した年金を受け取るとき」の3段階で優遇が受けられる

 順に解説していこう。まず、「掛金を拠出するとき」の税制優遇についてだが、「iDeCo」で毎月積み立てる掛金は、全額が所得から控除される仕組みだ。結果として課税所得が減る形になるため、所得税や住民税が安くなる。

 上の図にあるように、掛金の所得控除による節税効果は見逃せないほど大きい。具体的な金額は年収や扶養家族の有無で違ってくるが、掛金のうち15~30%は取り戻せる計算になる。例えば、年収600万円で扶養家族が2人、掛金額が月2万円なら、年間4万8000円の節税になる。それだけで、実質20%の利回りが得られるのと同じだ。
【※関連記事はこちら!】
⇒「個人型確定拠出年金(iDeCo)」を活用すれば、多くの人が運用利回り15~30%の“天才投資家”に!「iDeCo」のお得な仕組みと節税メリットを解説!

iDeCoの運用で得た利益は全額非課税!
さらに、運用したお金を受け取るときも控除が受けられる

 続いて、「運用で利益が出たとき」の税制優遇について。通常、投資の運用益に対しては約20%の税金が課されるが、「iDeCo」の運用で得た分については、どれだけ利益が出ても非課税になる。税金として出て行くはずだった利益を運用に回せるため、複利効果をより強く活かしながらの長期運用が可能だ。

 さらに、「60歳以降に運用した年金を受け取るとき」にも優遇が受けられる。「iDeCo」で積み立てたお金の受取方法は、一括で受取る「一時金」か、毎月支払いのある「年金形式」の2種類ある(※金融機関によっては、2つの方法を組み合わせることも可能)。一時金として受け取る場合、退職金と合算して「退職所得控除」が受けられる。年金として分割で受け取る場合、公的年金などと合算して「公的年金等控除」が受けられるのだ。

iDeCoで運用できる商品や掛金の設定方法は?
iDeCoに加入できないのはどんな人?

 ここからは、「iDeCo」の運用方法や注意点について説明しよう。金融機関を介して「iDeCo」で投資できる商品は「投資信託」「定期預金」「保険」の3種類。商品の数や種類は金融機関ごとに違うので、よく確認してから口座を開く必要がある。
【※関連記事はこちら!】
⇒「iDeCo」を始めるなら、おすすめ金融機関はココ! 口座管理料が無料になり、投資信託のラインナップが充実している「SBI証券」と「楽天証券」を比較!

 掛金は月々最低5000円からで、上限額は加入者の属性により異なる。毎月定額払いのほか、ボーナス月などに増額指定をすることもできる。なお、途中で指定した掛金の金額を変えたくなった場合は、年1回に限り変更できる(掛金額は1000円単位で設定)。

 「iDeCo」には注意点もある。まず、「iDeCo」は日本に住む20~60歳のほとんどの人が加入できるが、国民年金や厚生年金の保険料が未納の場合は加入できない。また、会社員で「マッチング拠出(※会社が拠出する掛金に、加入者本人が掛金を上乗せして拠出する制度)」を採用している「企業型DC」に加入済みの場合、「iDeCo」と併用できないので、勤務先に確認しよう。
【※関連記事はこちら!】
iDeCoに入るべき人、入らないほうがいい人は?積極的にiDeCoを利用すると得をする3つのタイプと、iDeCoに入らないほうがいい4つのケースを紹介!

 コストについても注意が必要だ。「iDeCo」では、口座開設時に手数料2777円、月々の口座管理手数料が国民年金基金連合会に103円、事務委託先の金融機関に64円が必ずかかる。さらに、加入する金融機関によって毎月最大500円の口座管理手数料がかかってくる。ただ、口座管理手数料無料の金融機関もあるので要チェックだ。

 ■「iDeCo」の口座管理手数料0円の9社が取り扱う投資信託の本数は?
金融機関名 インデックス型
投資信託の本数
アクティブ型
投資信託の本数
 SBI証券 ⇒詳細記事へ  オリジナルプラン 23本 11本
 セレクトプラン 20本 13本
 楽天証券 ⇒詳細記事へ 15本 14本
 マネックス証券 ⇒詳細記事へ 16本 8本
 大和証券 ⇒詳細記事へ 10本 11本
 松井証券 ⇒詳細記事へ 10本 1本
 イオン銀行 ⇒詳細記事へ 14本 7本
 野村證券 11本 9本
 みずほ銀行 12本 2本
 au 2本 2本
 ※2019年4月末時点。SBI証券の「iDeCo」は2つプランがあり、商品ラインナップが異なる。

【※関連記事はこちら!】
⇒SBI証券のiDeCo口座は、超低コストの投信が揃う「セレクトプラン」がおすすめ!「セレクトプラン」と「オリジナルプラン」の品揃えと信託報酬を比較!

NISA(少額投資非課税制度)はiDeCoと違って
資金の引き出しが自由! 中期の目的に活用しやすいのが魅力

NISAとつみたてNISA、どちらを選ぶ?

 さて、ここまで「iDeCo」について解説してきた。続いては「NISA(少額投資非課税制度)」を紹介してみよう。

 「NISA」の特徴は、配当を含めた運用益がまるまる非課税になる点だ。ただし、「iDeCo」と違って掛金は控除されないため、節税メリットはやや落ちる。

「iDeCo」にない「NISA」の魅力は、資金の引出しが自由なこと(ジュニアNISAを除く)。60歳まで引き出せない「iDeCo」に比べ、教育資金づくりなど中期の目的にも活用しやすい。また、年齢制限がないため、60歳以上の人でも利用できる。

 NISAには「NISA」「つみたてNISA」「ジュニアNISA」の3種類がある。「NISA」と「つみたてNISA」は同時に開設できないので、いずれかを選ぶ必要がある。
【※関連記事はこちら!】
まだ「つみたてNISA」を始められない人が抱えがちな“8つの疑問”をわかりやすく解説! 金融機関&投信の選び方や「iDeCo」との併用方法などにズバリ回答!

 「NISA」は3種類から目的にあった制度を選べる!
NISAの種類 NISA つみたてNISA ジュニアNISA
運用期間 5年間 20年間 5年間
上限額 年120万円 年40万円 年80万円
商品 投資信託・ETF・
個別株・リート
投資信託・ETF 投資信託・ETF・
個別株・リート
投資の形 積立・一括 積立 積立・一括
利用資格 20歳以上 20歳以上 19歳以下
(※未婚に限る)
どんな人に
向いている?
◆個別株に投資したい
◆多種の商品から選びたい
◆まとまった額を投資したい
◆投資資金にあまり余裕がない
◆長期でコツコツ運用したい
◆近々まとまったお金が必要
◆投資は初めて
◆手間をかけずに投資したい
◆子どものための運用を 
   考えている親権者
関連記事 NISA(少額投資非課税制度)は、いったい何がお得?投資初心者向けにNISAを使うメリットとデメリット、実際に運用する際の3つの注意すべきポイントも解説! まだ「つみたてNISA」を始められない人が抱えがちな“8つの疑問”をわかりやすく解説! 金融機関&投信の選び方や「iDeCo」との併用方法などにズバリ回答! マンガでジュニアNISAのメリットと概要がわかる!有名FPに聞いた、投資枠80万円の有効活用法や祖父母からの資金贈与など上手な使い方とは?

 まずは「NISA」と「つみたてNISA」について違いを見ていこう。「NISA」の特徴は、投資の自由度が高いこと。非課税になる投資の上限額が年120万円と大きく、個別株やリートにも投資できる。

 一方、「つみたてNISA」は上限額が年40万円と「NISA」の3分の1だが、運用期間は20年間と長い。「つみたて」という名前からもわかるように投資スタイルは「積立投資」に限られるが、時間を味方にできるので投資初心者でも取り組みやすい。投資できる商品は投資信託とETFの2種類だ。
【※関連記事はこちら!】
⇒「つみたてNISA」(積立NISA)の8つのメリットを紹介! 少額から長期の積立ができて損しづらく、利益は非課税になるなど、初心者におすすめの理由を解説

 3つのNISA、どの制度でも運用時に注意するべきは、非課税になる投資の上限額を翌年に持ち越せない点だ。また、損が出た場合でも、他の証券口座などと損益通算はできない。

 NISAを始めるには、証券会社にNISA専用の口座を開設する必要がある。金融機関によって商品の品ぞろえは異なるが、投資信託の本数はネット証券が充実している。なお、NISA口座の配当受取を銀行や郵便局にしていると、配当に課税されてしまう。非課税にするためには、配当の受取方式は「株式数比例配分方式」を選択しておこう。
【※関連記事はこちら!】
⇒【NISA口座おすすめ比較】みんなに人気のNISA口座から選ぶ! NISAで得する「おすすめ証券会社」はココだ!

「iDeCo」や「NISA」を活用しながら資産1億円を目指そう!
ダイヤモンド・ザイ7月号をチェック

ザイ7月号

 今回は、ダイヤモンド・ザイの特集「株・投信・貯金で実現! 人生で必要な1億円の作り方!」から、資産運用をするうえで必ず利用したい、「iDeCo」や「NISA」の制度について解説した。特集内では、株や投資信託で資産を順調に殖やしている個人投資家の実例も多数紹介! 資産1億円を目指すためのヒントが満載なので、本誌も併せてチェックしてほしい。

 その他の特集は、あの株主優待名人・桐谷さんも登場する「株主優待や高配当から大化け期待の値上がりまで  いま買いの5万円株」「個人投資家1万人アンケートでわかった“億を作った563人の勝ち組”の必勝法! 損し続ける負け組との違いは?」、マンガ「詐欺・怪しい勧誘……親の資産が危ない!」「最新決算でわかった! 儲かる好業績株32」「スマホ証券に新サービスが続々登場!」など、今月もお得な情報が盛りだくさん。

 別冊付録は、株主総会の基本やおみやげ情報を網羅した「2019年版 株主総会に行こう!」と、資産を守りながら運用する考え方を解説した「おかねをまもる教科書」の豪華二本立て!

ダイヤモンド・ザイは、全国の書店や楽天ブックスAmazonで好評発売中!

「iDeCo」を始めるなら、おすすめ金融機関はココ!ザイ・オンライン編集部おすすめの証券会社はこちら!
「iDeCo」のお得な仕組みと節税メリットを解説!「個人型確定拠出年金(iDeCo)」を活用すれば、多くの人が運用利回り15~30%の“天才投資家”に!詳しくはコチラ!
【iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較】「手数料(口座管理料)の安さ」で選ぶ!iDeCoの各種手数料が無料のおすすめ金融機関はこちら!
iDeCo(個人型確定拠出年金)4つのデメリットとは?
はじめる前に必ずチェックしないと失敗する、口座開設や運用商品、解約に関する注意点を解説!詳しくはこちら!
【iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較】「運用商品の本数」を比較して選ぶ!投資信託&元本確保型が多いおすすめiDeCo金融機関はココだ!
「iDeCo」「NISA」「つみたてNISA」の中で、最も優先すべきなのは節税メリットが高い「iDeCo」だ!60歳までに必要ない資金は必ずiDeCoで運用しよう!詳しくはこちら!
iDeCoで人気の投資信託ランキング!SBI証券「iDeCo口座」の購入金額ランキングと、積み立てできる投資信託の騰落率ランキングも発表!詳しくはこちら!
iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説こちら!
【2019年9月6日時点】
【iDeCoおすすめ証券会社&銀行 比較】
どの金融機関でiDeCo口座を開設した場合でも、別途、国民年金基金連合会へ支払う加入時手数料2777円、国民年金基金連合会と信託銀行へ支払う手数料合計167円(毎月)かかる。受取時は給付手数料432円(1回毎)を信託銀行に支払う。還付時には、国民年金基金連合会と信託銀行への還付時手数料として合計1461円(1回毎)がかかる。運営機関変更時の手数料は「他の金融機関から」変更の場合で、「他の金融機関に」変更する場合は4320円の手数料が発生する場合がある。下記の金額は掛金を拠出する場合(すべて税込)。
◆SBI証券⇒iDeCo詳細ページへ
口座管理料(月額) 手数料 投資信託
加入・移換時 運営機関変更時
0円 0円 0円 36本
(セレクトプラン)
  37本*
(オリジナルプラン)
【おすすめポイント】投資信託の品揃えが豊富な2つのコースから選択!  口座管理料は誰でも無料!
2018年11月から、「セレクトプラン」と「オリジナルプラン」の2つのコースからどちらかを選んで選択する形になった。口座管理料はどちらのコースでも、誰でも0円だ。従来の「セレクトプラン」も魅力的な品揃えだったが、新しく設定された「セレクトプラン」は、ほとんどの投資対象で信託報酬が“最安”のインデックス型投信が揃えられており、バリエーションも豊富と、さらに強力なラインナップになっている。人気のアクティブ型投信「ひふみ年金」や「ジェイリバイブ」は両コースに用意。保有運用商品はPC画面に加え、スマートフォン上でも管理できる。資産残高や損益状況の確認、掛金の配分設定の変更やスイッチング等が可能だ。
【信託報酬が低いおすすめ投資信託】
・eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)(信託報酬:0.1512%以内)<セレクトプラン>
・SBI・全世界株式インデックス・ファンド[雪だるま(全世界株式)](信託報酬:0.109%※2019年9月26日より)<セレクトプラン>
・DCインデックスバランス(株式80)(信託報酬:0.216%)<オリジナルプラン>
【関連記事】
◆【SBI証券のiDeCo、手数料・メリットは?】 投信のラインナップが豊富な2つのコースから選択!口座管理料は、どちらのコースも誰でもずっと無料!
◆SBI証券のiDeCo口座は、超低コストの投信が揃う「セレクトプラン」がおすすめ!「セレクトプラン」と「オリジナルプラン」の品揃えと信託報酬を比較!
iDeCo申込み(個人型401kプラン)SBI証券の公式サイトはこちら
◆マネックス証券⇒iDeCo詳細ページへ
口座管理料(月額) 手数料 投資信託
加入・移換時 運営機関変更時
0円 0円 0円 24本
【おすすめポイント】口座管理料が誰でも無料! インデックス型投信の信託報酬は最安水準!
口座管理料が誰でもずっと「無料」で、コスト面から最もお得な金融機関の1つ。投資信託の本数は24本と標準的だが、内容は充実。「eMAXIS Slim」シリーズなど信託報酬が最安水準のインデックス型投資信託が揃えられている。加えて、「ひふみ年金」「jrevive」など好成績のアクティブ型投信も豊富だ。
【信託報酬が低いおすすめ投資信託】
・DIAM DC 国内株式インデックスファンド(信託報酬:0.162%)
・eMAXIS Slim先進国株式インデックス(信託報酬:0.107892%)
【関連記事】
◆【マネックス証券のiDeCo、手数料・メリットは?】 口座管理料と加入時手数料が誰でも無料でお得!超低コスト&好成績の投資信託24本をラインナップ!
iDeCo申込み マネックス証券の公式サイトはこちら
マネックス証券のiDeCoは、口座管理料が無料!  低コスト投信24本をラインアップ!
マネックス証券のiDeCo
◆楽天証券⇒iDeCo詳細ページへ
口座管理料(月額) 手数料 投資信託
加入・移換時 運営機関変更時
0円 0円 0円 31本
【おすすめポイント】口座管理料が誰でも無料! 信託報酬の低い投信を多数ラインナップ!
口座管理料は残高を問わず誰でも0円で、コスト面から最もお得な金融機関の1つ。投資信託のラインナップは31本と豊富。信託報酬の低いインデックス型が揃っている。超低コストで全世界や米国に投資できる「楽天・全世界株インデックス・ファンド」「楽天・全米株式インデックス・ファンド」は注目だ。「MHAM日本成長株ファンド」など好成績のアクティブ型も用意
【信託報酬が低いおすすめ投資信託】
・三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンド(信託報酬:0.1728%)
・たわらノーロード先進国株式(信託報酬:0.216%以内)
・楽天・全世界株式インデックスファンド楽天・バンガード・ファンド(全世界株式)(信託報酬:0.1596%程度)
【関連記事】
◆【楽天証券のiDeCo、手数料・メリットは?】 口座管理料が誰でもずっと「無料」でお得!運用コストを抑えた投資信託を多数ラインナップ
◆「iDeCo」を始めるなら、おすすめ金融機関はココ! 口座管理料が無料になり、投資信託のラインナップが 充実している「SBI証券」と「楽天証券」を比較!
iDeCo・楽天証券の公式サイトはこちら
楽天証券のiDeCoなら、口座管理料(運営管理手数料)が条件なしで誰でも無料!
楽天証券のiDeCo
◆イオン銀行⇒iDeCo詳細ページへ
口座管理料(月額) 手数料 投資信託
加入・移換時 運営機関変更時
0円 0円 0円 23本
【おすすめポイント】口座管理料が誰でも無料! 銀行の中では最も条件がいい!
投資信託は信託報酬の低い商品が揃っている。イオン銀行は受付金融機関で、みずほ銀行が運営管理機関となるが、みずほ銀行の口座管理料が0円となるのは条件付きなのに対し、無条件で0円とより有利。無条件で口座管理料が0円なのは銀行で唯一だ。さらに低コストのバランス型投資信託があるのも魅力
【信託報酬が低いおすすめ投資信託】
・DIAM DC 国内株式インデックスファンド(信託報酬:0.162%)
・たわらノーロード 先進国株式(信託報酬:0.216%以内)
・マイバランス70(確定拠出年金向け)(信託報酬:0.1512%)
【関連記事】
◆【イオン銀行のiDeCo、手数料・メリットは?】口座管理料が無条件で誰でも無料なのは銀行で唯一!投資信託は低コスト商品を中心に23本をラインナップ
iDeCo申込みイオン銀行の公式サイトはこちら
◆大和証券⇒iDeCo詳細ページへ
口座管理料(月額) 手数料 投資信託
加入・移換時 運営機関変更時
0円 0円 0円 21本
【おすすめポイント】大手対面型証券会社の中で唯一、口座管理料が誰でも無料!
手の対面型証券会社の中で唯一、口座管理料が誰でもずっと無料。投資信託のラインナップは2018年10月から新たに6本を追加し計21本に拡充。インデックス型投資信託の信託報酬がさらに安くなり、アクティブ型では好成績で人気の「ひふみ年金」も取扱を開始。品揃えの魅力度が大幅にアップした
【信託報酬が低いおすすめ投資信託】
ダイワつみたてインデックス日本株式(信託報酬:0.1512%)
・ダイワつみたてインデックス外国株式(信託報酬:0.1512%
【関連記事】
◆【大和証券のiDeCo、手数料・メリットは?】口座管理料が誰でも無料! 超低コストの投信信託や「ひふみ年金」の追加で品揃えの魅力が大幅アップ!
大和証券のiDeCo公式サイトはこちら
◆松井証券⇒iDeCo詳細ページへ
口座管理料(月額) 手数料 投資信託
加入・移換時 運営機関変更時
0円 0円 0円 11本
【おすすめポイント】口座管理料が誰でも無料! 投資信託は11本厳選で選びやすい!
口座管理料は残高を問わず誰でもずっと無料投資信託は厳選された11本を用意している。信託報酬が低いインデックス型に絞り込んでおり、アクティブ型は人気の「ひふみ年金」と金に投資する投信の2本のみという思い切ったラインナップ。投資初心者でも迷わず選べる
2019年6月30日までにiDeCoの資料請求をした人全員に、200円分のAmazonギフト券をプレゼントするキャンペーン
を実施中。
【信託報酬が低いおすすめ投資信託】
・DIAM DC 国内株式インデックスファンド(信託報酬:0.162%)
・eMAXIS Slim先進国株式インデックス(信託報酬:0.107892%)
【関連記事】
◆【松井証券のiDeCo、手数料・メリットは?】口座管理料と加入時手数料が誰でも無料でお得!信託報酬が最安クラスの投信を11本厳選で選びやすい
大和証券のiDeCo公式サイトはこちら
松井証券のiDeCoは、口座管理料が無料! 低コスト投信11本をラインアップ!
松井証券のiDeCo
◆カブドットコム証券
口座管理料(月額) 手数料 投資信託
加入・移換時 運営機関変更時
0円 0円 0円 26本
【おすすめポイント】2019年4月27日(土)より「カブコムのiDeCo」取扱い開始。KDDIアセットマネジメントが運営管理機関となりサービスが提供される。スマートフォンから操作できるiDeCo専用アプリにより、節税効果のシミュレーションや申し込み、運用商品の選択などが直感的に行える。取扱商品は、信託報酬が業界最低水準となるインデックス投資信託を中心に、株式、債券、不動産(REIT)の投信や定期預金など幅広く27本。若いうちはリスク資産に投資し、老後は安定運用を目指す「ターゲットイヤーファンド」も選択が可能だ。
【信託報酬が低いおすすめ投資信託】
・つみたて日本株式(日経平均)・(TOPIX)(信託報酬:0.1944%)
・つみたて先進国株式(信託報酬:0.216%
大和証券のiDeCo公式サイトはこちら
◆野村證券
口座管理料(月額) 手数料 投資信託
掛金1万円以上or
残高100万円以上
掛金1万円未満で
残高100万円未満
加入時 移換時
0円 283円 0円 0円 26本
【おすすめポイント】掛金が月1万円以上なら口座管理料0円!低コストの投信が豊富!
掛金が月1万円以上もしくは残高100万以上なら、口座管理料が0円“掛金が月1万円以上”という条件は、多くの人が当てはまるはずだ。投資信託はバランス型を含め主な投資対象で信託報酬が低いインデックス型が用意されている2019年6月~7月にさらなる信託報酬引き下げを予定アクティブ型投信では人気の「ひふみ年金」もラインナップ
【信託報酬が低いおすすめ投資信託】
・野村DC国内株式インデックスファンド・TOPIX(信託報酬:0.1512% )
・野村DC外国株式インデックスファンド・MSCI-KOKUSAI(信託報酬:0.1512%
・マイバランスDC70(信託報酬:0.1512%)
iDeCo・野村證券の詳細記事はこちら
注目の iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較一覧はこちら!

【楽天証券のiDeCo】
誰でも無条件で口座管理料や各種手数料が無料!
無料セミナーで初心者も安心⇒関連記事はこちら

ザイ・オンラインおすすめのideco!楽天証券の公式サイトはこちら
SBI証券は投資信託が最多! マネックスは品揃えが充実! 大和証券は口座管理料が無料!
iDeCo申込み(個人型401kプラン)SBI証券の公式サイトはこちら
iDeCo申込み マネックス証券の公式サイトはこちら
iDeCo申込み(個人型401kプラン)大和証券の公式サイトはこちら
口座管理料が無料、iDeCoの投信数は最多!関連記事はコチラ! 口座管理料が無料、投信の品揃えが充実!関連記事はコチラ! 口座管理料が誰でも無料、投信は
21本を用意
関連記事はコチラ!

 iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2019年]
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード じぶん銀行住宅ローンの金利が業界トップクラスの低金利!じぶん銀行住宅ローン わずか10円以下から株が買えるうえ、Tポイントも使える「新世代ネット証券」が登場! ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ! SBI証券の公式サイトはこちら!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

最強日本株76
サラリーマンの
副業トレード術

10月号8月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

最強日本株/サラリーマンの副業トレード術

配当利回り4%超ゴロゴロ!最強日本株
・「10万円株の乱北の達人 VS オリンパスほか
・「
高配当株の陣ソフトバンク VS JTほか
・「
大型株の変ソニー VS 村田製作所ほか
世界景気は底打ち! 2019年秋以降に反転し、
日本株は買い場
株主優待の神桐谷さん推す株主優待

●忙しいサラリーマンの副業トレード
会社員が勝つためのキモは時間の上手な使い方 
・「2〜3カ月に一度の売買」は売り時を逃さない指値注文がカギ
株仲間を作ろう! 東京、大阪、名古屋、ほか
全国9カ所の「
株のオフ会」突撃取材! 

●そろそろ仮想通貨をはじめよう
●毎月分配型投信100本の本当の利回り
老後のおかねの設計図を作ろう
●自腹でガチンコ投資! AKB48「株」ガチバトル
●株入門マンガ/恋する株式相場! 
本誌崖っぷち部員の同時進行ドキュメント
定年退職までのロードマップ

【別冊付録】
元手0円で投資家デビュー! ポイント運用&投資
・6つのポイントの貯めワザ&増やし方! 

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!


【重要なお知らせ】
>>定期購読の価格改定について


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2019】 クレジットカードの専門家が選んだ 2019年おすすめ「法人カード」を発表! 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ)

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報