「お宝銘柄」発掘術!

「RPA」関連銘柄の中でも注目すべき7銘柄を紹介!
“クラウド”と“サブスクリプション”で、急速に普及が
進む「RPA」は、株価に影響する重要な投資テーマ!

2019年7月4日公開(2019年7月4日更新)
村瀬 智一
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示

人間の代わりにデスクワークなどの業務を行う「RPA」は、
企業にとって今後ますます重要に!

 今回は、最近注目を集めている「RPA関連銘柄」を取り上げたいと思います。

 RPAとは、Robotic Process Automation(ロボティック・プロセス・オートメーション)の略で、ルールエンジン(組織のビジネスルールの運用を自動化するソフトウエア)やAI(人工知能)などのソフトウエアを利用して、デスクワークなどのホワイトカラー業務を自動化・効率化する仕組みのことです。具体的には、経理業務や人事業務、データ分析、顧客対応などの業務がRPAによる自動化に向いていると考えられています。

 RPAは、業務内容によっては人間の何倍もの速度で仕事をこなすことができて、しかも人間とは違って1日24時間の稼働が可能です。例えば、人間の3倍の速度でパソコン操作を行えるRPAが1日24時間可動すれば、そのRPAは、1日8時間勤務の人間と比べて9倍(3倍の速度×3倍の時間)の生産性があると言えます。

 データ入力のような定型業務を膨大に行っている現場では、それらを自動で行えるRPAは、人件費削減や生産性向上にとって欠かせないものとなるでしょう。人手不足や働き方改革が騒がれる中、RPAを導入する企業は今後ますます増えてくると考えられます

「クラウド」と「サブスクリプション」によって、
RPA導入のハードルが低下し、普及が加速!

 日本企業のIT設備投資は世界に比べて相当遅れており、新たな設備投資を行うよりも、従来の老朽化したシステムの保守に費用をかける企業が多いのが現状です。そんなIT設備投資が遅れている日本だからこそ、効率化を促すRPAの需要は大きいと見られています。

 企業のRPA導入を阻む大きな理由のひとつが“コスト”です。新たにRPAを利用したくても、本格的に導入するには専門知識を持つエンジニアが時間をかけてサーバーを構築する必要があるため、高額なコストがかかるのが従来の課題でした。

 しかし最近では、ソフトウエアのクラウド化とサブスクリプション(定額課金)方式の普及により、コスト面の問題はかなり改善されてきました。

 RPAのソフトウエアを自社のサーバー上で運用するのではなく、クラウド上に置かれたソフトウエアを利用することで、大金をかけてサーバーを構築する必要がなくなりました。さらに、ソフトウエアを購入するのではなく、サブスクリプション方式で定額の利用料を支払う形にすることで、高額な初期投資を抑えることができるようになったのです

 その結果、大手企業から中小企業、地方自治体まで、企業規模の大小に関わらず、RPAの導入は今後ますます進んでいくと思われます。

株価の方向性やテクニカル面も考慮して、
注目すべき「RPA関連銘柄」を5社紹介!

 日本でRPAを手掛けている企業は、100社近くあります。その中から注目すべき企業をピックアップするため、業務内容に加え、株価の方向性をチェックしてテクニカル面である程度まで銘柄を絞りました。さらに、信用取引による需給面も重要となるので、信用倍率(買い残高÷売り残高)が低い銘柄に絞りました。ファンダメンタル面としては、最低でも増収増益、もしくは黒字転換でV字回復した企業を選びました。

 こうした要素を検討して浮かび上がってきた「RPA関連銘柄」として、注目しておきたい5銘柄を紹介します。

デジタル・インフォメーション・テクノロジー(3916)

 デジタル・インフォメーション・テクノロジー(3916)は、独立系のシステム開発会社です。RPAテクノロジーズ(6572)Minoriソリューションズ(3822)などと業務提携しており、業務自動化プラットフォーム「xoBot(ゾボット)」とのサービス連携により、顧客ニーズを取り込んでいます。

 今期は2ケタ増収増益の見込みです。テクニカル的には、足元での上値抵抗ラインとなっていた1900円のもち合いを上に抜けてきましたので、需給状況は大きく改善しています。

⇒デジタル・インフォメーション・テクノロジー(3916)の最新株価はこちら!

■デジタル・インフォメーション・テクノロジー(3916)チャート/日足・6カ月
デジタル・インフォメーション・テクノロジー(3916)チャート/日足・6カ月デジタル・インフォメーション・テクノロジー(3916)チャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
拡大画像表示

インフォコム(4348)

 インフォコムは、医療・企業・公共機関向けにシステム構築やパッケージ製品を提供するITサービスと、一般消費者向けに電子コミック配信を手掛ける企業です。また、AI/IoTをはじめとする新規技術の研究も実施しています。RPA関連事業としては、国内ERPとして導入実績が増えている「GRANDIT」にRAPを活用することで、周辺で発生する様々な業務をソフトウェアロボットが代行できるようにしています。

 インフォコム(4348)の今期業績については、2ケタ増収増益の見込みです。株価を見ると、4月の安値を底値としたリバウンドが継続しており、昨年12月高値に接近しています。心理的には「二点天井(ダブルトップ)」が意識されやすいですが、これを上に抜けてくると、テクニカル的に4月までの下落幅を倍返しするトレンドの形成が期待できます。

⇒インフォコム(4348)の最新株価はこちら!

■インフォコム(4348)チャート/日足・1年
インフォコム(4348)チャート/日足・1年インフォコム(4348)チャート/日足・1年(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
拡大画像表示

パーソルホールディングス(2181)

 パーソルホールディングスは、総合人材サービス企業であり、人材派遣サービスの「テンプスタッフ」、転職サービスの「doda」、アルバイト求人情報サービスの「an」などを運営しています。

 RPA関連では、グループ会社のパーソルプロセス&テクノロジーが、RPA導入支援サービスを提供し、人事や経理、営業事務などのバックオフィス業務の効率化を支援しています。

 業績的には増収増益基調が継続しており、今期の売上高は1兆円の大台を計画しています。一方、株価は4月以降、強いリバウンドが続いています。長期のチャートを見ても、昨年4月の高値から続いていた下落トレンドラインを上に突破しており、トレンドが好転しています。

⇒パーソナルホールディングス(2181)の最新株価はこちら!

■パーソルホールディングス(2181)チャート/週足・2年
パーソルホールディングス(2181)チャート/週足・2年パーソルホールディングス(2181)チャート/週足・2年(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
拡大画像表示

NECネッツエスアイ(1973)

 NECネッツエスアイはNECグループのコミュニケーション・システムインテグレーターです。働き方改革関連分野やホテルなどのサービス業向けネットワーク構築などを中心に、企業ネットワークおよびキャリアネットワーク分野が好調です。

 RPA関連の事業としては、AI inside社の文書読取ツール「DX Suite」とRPAを組み合わせたサービスの販売を開始しおり、紙文書のデータ読取と入力の自動化を実現しています。

 業績については、増収増益基調が継続中です。株価は、緩やかな上昇が続いています。短期的には下値支持線となる75日移動平均線まで調整しており、反転のタイミングとして意識されています。

⇒NECネッツエスアイ(1973)の最新株価はこちら!

■NECネッツエスアイ(1973)チャート/日足・6カ月
NECネッツエスアイ(1973)チャート/日足・6カ月NECネッツエスアイ(1973)チャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
拡大画像表示

SCSK(9719)

 SCSKは、コンサルティングやシステム開発、ITインフラ構築、さらにはITハード・ソフト販売など、ビジネスに求められる多くのITサービスを提供しています。

 PC操作を自動化するWinActor」は、ユーザーが行った端末操作を記録し、それを元に自動操作を行うRPAツールです。データベースとの連携やExcel操作、メール作成など、豊富な機能に対応しています。

 株価は、今年に入って順調なリバウンドが継続中です。2016年以降、5500円の上値抵抗線に抑えられていますが、今後、ここを突破することが期待されます。

⇒SCSK(9719)の最新株価はこちら!

■SCSK(9719)チャート/週足・5年
SCSK(9719)チャート/週足・5年SCSK(9719)チャート/週足・5年(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
拡大画像表示

米国でRPA関連銘柄として注目のマイクロソフトと提携する
2つの国内企業も見逃せない!

 また、RPA関連銘柄を語る上で重要となるのがマイクロソフト(MSFT)です。米国では、マイクロソフトがRPAの関連銘柄として挙げられています。

 近年のマイクロソフトは、基本ソフト「ウィンドウズ」の販売鈍化を背景に、他分野への進出を図っており、その一環としてクラウドコンピューティングプラットフォームの「Microsoft Azure」に注力しています。マイクロソフトは自社ではRPAを提供していませんが、他社と連携することで「Microsoft Azure」をプラットフォームとしたRPAサービスが次々に誕生しています

⇒マイクロソフト(MSFT)の最新株価はこちら!

 そのひとつがソフトバンクグループ(9984)で、現在、マイクロソフトとの戦略的協業関係を強化しています。最近では、ソフトバンクグループ傘下のソフトバンク・ビジョン・ファンドが出資する米国大手RPAベンダーのオートメーション・エニウェアが、自社製品のRPAプラットフォームとして「Microsoft Azure」と連携しています。ソフトバンクグループとマイクロソフトの各種製品が連携することにより、RPAとAIを組み合わせたデジタルワークフォース(デジタル労働力)の活用がますます広がるでしょう。

 ソフトバンクグループは、今期計画を発表していないため、前出の「おすすめ銘柄」の中には入れませんでしたが、マイクロソフトとの連携を考えるとRPA関連銘柄として要チェックです。

⇒ソフトバンクグループ(9984)の最新株価はこちら!

 また、RPAホールディングス(9572)も、子会社のRPAテクノロジーズがRPA・AI分野でマイクロソフトと協業しています。今期大幅増収・増益を見込んでいるものの、現在の株価の方向性が弱いので「おすすめ銘柄」からは除きましたが、今後の値動きを注目しておきたい銘柄です。

⇒RPAホールディングス(9572)の最新株価はこちら!

 以上、今回は「RPA関連銘柄」を紹介しました。人材不足や働き方改革が話題となる中、労働生産性の向上やコスト削減が期待できる「RPA」は、見逃せない投資テーマであることは間違いないので、注目しておきましょう。

【※今週のピックアップ記事はこちら!】
過去5年で「株価10倍」になった約170銘柄の上昇率ランキングベスト15を公開!“じっくり型”と“急騰型”の2種類の「10倍株」のうち、狙うべきは“じっくり型”

株初心者でも1分でわかる「株」の基礎知識! そもそも「株式投資」って何ですか? ゼロから始める株入門【第1回】株の基礎知識

株主優待名人の桐谷さんお墨付きのネット証券!最新情報はコチラ!
証券会社(ネット証券)比較!売買手数料で比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!取引ツールで比較ページへ
 つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説ページへ
証券会社(ネット証券)比較!人気の証券会社で比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!株アプリで比較ページへ
 iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説!詳しくはこちら!
ネット証券会社(証券会社)比較!最短で口座開設できる証券会社で比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!外国株で比較ページへ
桐谷さんの株主優待銘柄ページへ
証券会社(ネット証券)比較IPO(新規上場)比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!キャンペーンで比較ページへ
証券会社(ネット証券)比較!総合比較ページへ
【2020年8月1日時点】
【証券会社おすすめ比較】
 手数料、取引ツールetc.で総合比較! おすすめネット証券はココだ!
株式売買手数料(税抜) 投資信託 外国株
1約定ごと 1日定額
10万円 20万円 50万円 50万円
◆松井証券⇒詳細情報ページへ
0円
(1日定額)
0円
(1日定額)
0円
(1日定額)
0円/日 1256本
【松井証券のおすすめポイント】
1日定額制プランしかないが、最大のメリットは、なんといっても1日の約定金額の合計が50万円以下であれば売買手数料が無料という点。資金が少なく、複数の銘柄に分散投資する初心者の個人投資家にはおすすめだ。さらに、2016年度JCSI(日本版顧客満足度指数)調査で、証券業種の第1位を獲得! その使い勝手は、チャート形状で銘柄を検索できる「チャートフォリオ」を愛用している株主優待名人・桐谷さんも「初心者に特におすすめ」と太鼓判を押す。また、デイトレード限定で手数料が無料になる「一日信用取引」、手数料が激安になる「一日先物取引」など、専業デイトレーダーにとって利便性の高いサービスも充実している。
※ 株式売買手数料に1約定ごとのプランがないので、1日定額制プランを掲載。
【関連記事】
松井証券はどうして投資信託の取扱数が少ないのか? あえて取扱数で勝負せず、松井証券が「顧客に無駄なコストを使わせない」という理念にこだわる理由とは
◆【松井証券のおすすめポイントは?】1日50万円以下の株取引は手数料0円(無料)! その他の無料サービスと個性派投資情報も紹介
◆「株初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこ?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・松井証券の公式サイトはこちら
【期間限定のお得なキャンペーンを実施中!】
松井証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券⇒詳細情報ページへ
0円
(1日定額)
0円
(1日定額)
0円
(1日定額)
0円/日 2651本
米国、中国、
韓国、ロシア
、アセアン
【SBI証券のおすすめポイント】
ネット証券最大手で、1日定額制コースだと現物・制度信用・一般信用取引がそれぞれ1日50万円まで、合計で1日最大150万円まで売買手数料が0円と非常に低コスト。投資信託の数は約2700本と業界トップクラス。投資信託が100円以上1円単位で買えるので、投資初心者でも気軽に始められる。さらに、IPOの取扱い数は、大手証券会社を抜いてトップPTS取引(私設取引システム)も利用可能で、一般的な取引所より有利な価格で株取引できる場合もある。海外株式は、米国、中国、ロシアのほか、アセアン株式も取り扱うなど、とにかく商品の種類が豊富だ。米国株が、2019年7月の値下げにより売買手数料が最低0米ドルから取引可能になったのも魅力。低コストで幅広い金融商品に投資したい人には、必須の証券会社と言えるだろう。「2020年 オリコン顧客満足度ランキング ネット証券」では、5年連続13度目の1位を獲得
【SBI証券の関連記事】
◆【SBI証券の特徴とおすすめポイントを解説!】株式投資の売買手数料の安さは業界トップクラス! IPOや米国株、夜間取引など、商品・サービスも充実
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・SBI証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券⇒詳細情報ページへ
0円
(1日定額)
0円
(1日定額)
0円
(1日定額)
0円/日 2694本
米国、中国
、アセアン
【楽天証券のおすすめポイント】
1約定ごとプラン5は、手数料が低水準のうえ、手数料の1〜3%をポイント還元! また、2019年12月より、1日定額コースの料金が引き下げられ、1日50万円以下なら手数料が無料に! さらに、楽天カードで投信積立を行うと1%分のポイントが付与されるうえ、投資信託を持っているだけでポイントが貯まるので、長期的に積立投資を考えている人にはおすすめだろう。貯まったポイントは、楽天スーパーポイントやJALマイルに交換可能。楽天スーパーポイントは、国内現物株式や投資信託の購入にも利用できる。また、取引から情報収集、入出金までできるトレードツールの元祖「マーケットスピード」が有名で、数多くのデイトレーダーも利用。ツール内では日経新聞の記事も無料で読むことができる。さらに、投資信託数が2000本以上と多く、米国や中国、アセアンなどの海外株式、海外ETF、金の積立投資もできるので、長期的な分散投資がしやすいのも便利だ。
【関連記事】
◆「楽天証券」や「SBI証券」など、5つの証券会社が売買手数料を大幅値下げ! 「1日最高40万円」の取引まで無料で売買できるお得なネット証券も登場!
◆楽天証券おすすめのポイントはココだ!~使いやすいトレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!
◆「日経新聞」「会社四季報」を無料で読める証券会社を解説! 利用料0円ながら、紙媒体では読めない独自記事や先行情報を掲載し、記事の検索機能も充実
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・楽天証券の公式サイトはこちら
1約定ごと(税抜) 1日定額(税抜) 投資信託
※1
外国株
10万円 20万円 50万円 50万円
◆マネックス証券⇒詳細情報ページへ
100円 180円 450円 2500円/日 1163本
米国、中国
【マネックス証券のおすすめポイント】
1注文30万円までなら手数料の安さはトップクラス。小型株中心に売買する人には、魅力的な値段設定と言える。米国株も最低手数料5ドル(税抜)から買えるので、非常にお手軽だ。多彩な注文方法や板発注が可能な高機能無料ツール「マネックストレーダー」など、トレードに役立つツールもそろっている。中でも、日本株、米国株、先物取引についてロボットの投資判断を日々配信する「マネックスシグナル」は、スイングトレードのときに参考にしたい。毎月5000円の掛金から始められる低コストなiDeCoサービスも行っている。
【関連記事】
◆マネックス証券のNISA口座は手数料が一番お得! 国内株は無料、外国株も買付が無料のうえ、外国株やIPOの銘柄数も多いので、投資初心者におすすめ!
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実!
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・マネックス証券の公式サイトはこちら
◆LINE証券⇒詳細情報ページへ
80円
90円
220円
28本
【LINE証券のおすすめポイント】
サービス開始時は単元未満株と投資信託のみだったが、2020年5月から、1単元単位で売買する通常の現物株取引もスタート。買付時の売買手数料が無料というユニークな料金プランで、買付+売却のトータルで比較すると業界最低水準の売買手数料となっている。スマホに特化した証券会社でパソコンから取引には対応していない、その分、アプリの取引画面はシンプルで初心者でも直感的にわかりやすいデザインになっている。また、300銘柄に限って1株単位での売買が可能で、その売買手数料が日中なら約定金額の0.05%と単元未満株取引の売買手数料としては格安なのも大きなメリット。
※  売買手数料は買付時が無料で売却時のみ発生するので、他社と比較しやすいように売却時の売買手数料を1/2にしたものを掲載。
【関連記事】
◆LINE証券の「初株チャンスキャンペーン」で株の購入代金がもらえる!【マンガで読む「LINE証券」お手軽投資体験記】
◆【LINE証券の特徴とおすすめポイントを解説!】1株から株が売買できるうえに、売買手数料も激安! “株初心者の使いやすさ”にこだわった「スマホ証券」
◆1株(単元未満株)から株が買える証券会社を比較! 株初心者でも“少額で株式投資を始められる”証券会社の売買手数料や取扱商品、おすすめポイントを解説!
◆株初心者は「1株=数百円」から始めるのがおすすめ! “1株単位”で株が買える「5つのサービス(LINE証券・ネオモバ・S株など)」の手数料や銘柄数、注文時間を解説
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・LINE証券の公式サイトはこちら
◆ライブスター証券⇒詳細情報ページへ
80円 97円 180円 400円/ 2本
【ライブスター証券証券のおすすめポイント】
取引手数料は、現物株、信用取引ともにネット証券最安レベル。現物株は、1約定ごとの「一律(つどつど)プラン」でなら、約定代金5万円以下なら売買手数料が50円。さらに、信用取引の売買手数料はなんと0円で、その手数料の安さは株主優待名人・桐谷さんのお墨付き。口座開設から40営業日(約2カ月)までは、現物株、先物・オプションの取引手数料が無料になるキャンペーンも長年にわたって実施中。無料の取引ツール「livestarR2」は高機能化が進んおり、特殊注文機能も完備。低コストで株や先物取引をアクティブにトレードしたい人にはもちろん、売買頻度の少ない初心者や中長期の投資家にもおすすめの証券会社と言えるだろう
【関連記事】
◆【ネット証券おすすめ比較・2019年版】株の売買手数料を比較したらあのネット証券会社が安かった!

◆株主優待名人の桐谷さんお墨付きのネット証券は? 手数料、使い勝手で口座を使い分けるのが桐谷流!
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・ライブスター証券の公式サイトはこちら
1約定ごと(税抜) 1日定額(税抜) 投資信託
※1
外国株
10万円 20万円 50万円 50万円
◆GMOクリック証券⇒詳細情報ページへ
88円 98円 241円 399円/日 115本
【GMOクリック証券のおすすめポイント】
売買手数料は、1約定ごと、1日定額制ともに最安レベルで、コストにうるさい株主優待名人・桐谷広人さんも利用しているとか。信用取引の売買手数料と買方金利・貸株料も最安値レベルで、一般信用売りも可能だ! 近年は、各種ツールや投資情報の充実度もアップしており、売買代金では5大ネット証券に食い込むほど急成長している。商品の品揃えは、株式、先物・オプション、FXのほか、CFDまである充実ぶり。CFDでは、各国の株価指数のほか、原油や金などの商品、外国株など多彩な取引が可能。この1社でほぼすべての投資対象をカバーできると言っても過言ではないだろう。頻繁に売買しない初心者やサラリーマン投資家はもちろん、信用取引やCFDなどのレバレッジ取引も活用する専業デイトレーダーまで、幅広い投資家におすすめ!
【関連記事】
◆「株主優待のタダ取り(クロス取引)」で得するなら、GMOクリック証券がおすすめ! 一般信用の「売建」を使って、ノーリスクで優待をゲットする方法を解説!
◆GMOクリック証券を「無料」で利用する裏ワザとは? グループ会社の株主優待を効率よく利用することで、1年間に「最大375回分」の売買手数料が0円に!
◆億トレーダーが初心者におすすめの証券会社を紹介! NISA口座の売買手数料無料のSBI証券と、株主優待で売買手数料が無料になるGMOクリック証券がおすすめ
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・GMOクリック証券の公式サイトはこちら
◆DMM.com証券(DMM株)⇒詳細情報ページへ
80円 97円 180円
米国
【DMM.com証券のおすすめポイント】
国内株式と外国株のトレードに特化したネット証券で、最大のメリットは売買手数料の安さ。1約定5万円までなら50円(税抜)で売買可能! 大手ネット証券と比較すると、約定金額が大きいほど割安度が高い。また、売買手数料の1%分のポイントが貯まるのもメリットだ。取引ツールは、シンプル機能の「DMM株 STANDARD」と高機能な「DMM株 PRO」の2種類。スマホ用アプリも「かんたんモード」と「ノーマルモード」を使い分ける形になっており、初級者から中上級者まで、あらゆる個人投資家にとってトレードしやすい環境が整っている。2019年2月からIPOの取り扱いもスタート。委託販売のみなので割当数は少なめだが、口座に資金がなくてもIPOの抽選に申し込めるのは大きなメリットだ。新規口座開設で1カ月間手数料無料。また、口座開設完了者の中から抽選で毎月10名に2000円がキャッシュバックされる。口座開設手続きが期間に迅速で、最短で申し込んだ当日に取引が可能になる点も便利
【関連記事】
◆DMM.com証券「DMM株」は、売買手数料が安い! 大手ネット証券との売買コスト比較から申込み方法、お得なキャンペーン情報まで「DMM株」を徹底解説!
◆【証券会社比較】DMM.com証券「DMM株」は、国内株式のトレードに特化したオンライントレードサービス。業界最安値水準の売買手数料が最大の魅力!
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・DMM.com証券(DMM株)の公式サイトはこちら
◆野村證券⇒詳細情報ページへ
139円 300円 477円 1121本
米国、中国、
欧州、アセアン
【野村證券のおすすめポイント】
国内最大手の証券会社なので、安心感は抜群! 最近ではインターネットにも力を入れており、ネット取引専用口座「野村ネット&コール」は、店頭での窓口取引にくらべて売買手数料が大幅にお得になっている。また、大手証券会社だけあって、投資情報や銘柄分析レポートが充実しており、専門家による数多くの調査レポート動画も視聴可能。さらに、IPO取り扱い数がトップクラスなのも大きなメリット。特に主幹事数が多いので、本気でIPO投資をするならぜひ口座を持っておきたい証券会社だ。会社やレジャーなどの外出先でも株価のチェックや取引をしたい人には、スマホ用株アプリ「野村株アプリ」が便利。
【関連記事】
【証券会社比較】野村證券の「現物手数料」「信用取引コスト」から「取扱商品」、さらには「最新のキャンペーン情報」までまとめて紹介!
◆IPO(新規公開株)の主幹事数・取扱銘柄数で選ぶ! より多くの当選が期待できるおすすめ証券会社
◆「野村證券が主幹事のIPOは公募割れなし」は本当? イベント投資の達人・夕凪氏が過去のデータを分析し、IPO投資に役立つ「アノマリー」を徹底検証!
【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・野村證券の公式サイトはこちら
※手数料などの情報は定期的に見直しを行っていますが、更新の関係で最新の情報と異なる場合があります。最新情報は各証券会社の公式サイトをご確認ください。※1 投資信託の取扱数は、各証券会社の投資信託サーチ機能をもとに計測しており、実際の購入可能本数と異なる場合が場合があります。

【SBI証券×ザイ・オンライン】タイアップ企画
新規口座開設+条件クリアした人全員に
現金2000円プレゼント!関連記事はこちら

ザイ・オンラインおすすめのネット証券会社!SBI証券の公式サイトはこちら

 

1約定ごとの手数料がお得! もれなく2500円プレゼント 株の売買手数料がお得!
SBI証券の公式サイトはこちら!
SBI証券
日本株は、1日50万円までの
取引なら売買手数料が0円!
岡三オンライン証券の口座開設はこちら!
岡三オンライン証券
1日定額プランで
手数料を大幅値下げ!
松井証券の口座開設はこちら!
松井証券
1日50万円までの取引
なら売買手数料0円!
ネット証券最大手で、ザイ・オンラインでも人気NO.1関連記事 2017年の秋からIPO取扱数がトップクラスに!関連記事 優待名人・桐谷さんも「便利でよく使う」とおすすめ関連記事

【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2020年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2020年の最強クレジットカード(全8部門)を公開!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2020年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2020年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 LINE証券で口座開設+クイズに正解すれば無料で3株ゲット! 資金ゼロで株主になれる! 初株チャンスキャンペーン実施中! LINE証券の詳細はこちら! 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード SPGアメリカン・エキスプレス・カード 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 LINE証券で口座開設+クイズに正解すれば無料で3株ゲット! 資金ゼロで株主になれる! 初株チャンスキャンペーン実施中! LINE証券の詳細はこちら! 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

10年連続株
コロナ時代の株主優待
株主総会事件簿

9月号7月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!


[10年連続株&コロナ時代の株主優待]

震災もコロナもへっちゃら!
継続こそ企業の実力!10年連続株

●今まで&この先減配しない株!
10年配当株ベスト50銘柄
●配当が増え続ける株はコロナ禍で圧勝!
10年増配株全52銘柄
●10期以上売上を伸ばし続けるスゴイ株!
10年成長株全63銘柄
●現金を持つイザという時強い株!
10年金持ち株全62銘柄

●上場10年以内で5年以上連続増配の未来の10年増配株を探せ!
●10年連続でROEが2ケタの稼ぎ方が上手い株を探せ!

Withコロナ時代の株主優待ー新常識カタログ47
優待投資家たちのぶっちゃけ座談会7銘柄
●勝ち負けが鮮明に!
外食優待157銘柄
Withコロナで大活躍優待カタログ327銘柄
食品/買物/日用品
●必見!桐谷さんのコロナ籠城生活

2020年株主総会事件簿
●お騒がせ株
・日産自動車/日本郵政
●注目のM&A株
・大戸屋HD/Zホールディングス
●気になる人気株
・ソフトバンクG/オリエンタルランド

●10年ずっと成績がいい投信ベスト15

【別冊付録】
●データで判明!勝つための秘策!?
自分でやらないFX


【重要なお知らせ】
>>西日本を中心とする大雨の影響による定期購読誌配達への影響について


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2020】 クレジットカードの専門家が選んだ 2020年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ)

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報