世界投資へのパスポート

バブルの様相を見せる米国市場で、値上がり期待の
「ゲノム創薬」に注目! ゲノム解析の急激なコスト
低下により、「ヒトゲノム・ブーム」が再燃する!

2020年2月10日公開(2020年2月11日更新)
広瀬 隆雄
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示

先週の米国市場は急反発!
主要3指数がそろって過去最高値を更新

 先週の米国株式市場は急反発しました。2月6日の木曜日にS&P500指数が過去最高値の3347.96を付けたほか、ナスダック総合指数もザラ場で過去最高値の9575.66を記録、ダウ工業株価平均指数(NYダウ)も過去最高値の2万9408.05に達しました。

■S&P500指数チャート/日足・3カ月
S&P500指数チャート/日足・3カ月S&P500指数チャート/日足・3カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
拡大画像表示

 その後、2月7日の金曜日は、週末を前にしてさすがに利食いが出たものの、結局、先週1週間の騰落率はS&P500指数が+3.2%、ナスダック総合指数が+4%、ダウ工業株価平均指数が+3%でした。これは、週間パフォーマンスとしては2018年11月以来最も良い成績です。

ドットコムブームと酷似する現在の米国株式市場では、
当時と同様に「ゲノム創薬」が注目される流れに!?

 現在の米国の株式市場は、1990年代後半のドットコムブームのときに酷似しています

 当時は米国経済のひとり勝ちでした。その反面、それ以外の国の経済は、アジア通貨危機や日本の金融機関の破綻など全般的に厳しい環境でした。その関係で各国は金利を低く維持し、それがアメリカの株式市場のバブル相場を助長しました。そうした状況は、現在の株式市場に非常によく似ています。

 その当時は、最初インターネット株から熱狂が始まり、その後にゲノム株へ物色が広がりを見せました。つまり、先端技術のストーリーが片端から買われたのです。その流れで考えると、今回もドットコムブームのときと同様に、「ゲノム創薬」が注目される可能性があります

 そこで「ゲノム創薬って、何だ?」ということを復習しておきましょう。

人間の遺伝子情報をもと薬をつくる「ゲノム創薬」は、
一時ブームになるもののコストの高さが実用化の壁に!

 人間のカラダは、もともと1個の受精卵からつくられます。受精卵は、それ自体が細胞で、2個⇒4個⇒8個⇒16個⇒32個……と、どんどん分裂して増殖。その後、特定の機能を持った細胞に分化し、心臓の細胞、皮膚細胞、神経細胞……という風にだんだん人間のカラダになっていきます。

 成人のカラダには、約40兆個もの細胞があり、それぞれの細胞には、染色体と呼ばれる23対の棒状の構造体があります。23対の染色体に入っているゲノム(遺伝情報)を、ひとまとめに「ヒトゲノム」と言います。そこには、人が一生を終えるまでの命のロードマップが入っています。

 各染色体には、折りたたまれた長いDNAが1分子ずつ入っています。DNAは、アデニン(A)、チミン(T)、グアニン(G)、シトシン(C)という4種類の塩基から構成された分子で、それらの並びで遺伝情報を記録しています。23本の染色体の中にあるDNAを全部一列に並べると長さ1メートルにもなり、そこに書かれた情報は合計すると30億文字になります。

 1999年頃、「ヒトゲノム計画により、ひとりの人間のゲノムを全部解読するぞ!」というゲノム・ブームが起きましたが、その大きな目的のひとつが「ゲノム創薬」でした。

 人の遺伝子には、文字配列がズレてしまいうまく働かなくなった“ニセ遺伝子”や、過去にウイルスに感染したときの残骸、その他のバグがあります。それらが原因で起こる疾患が「遺伝子疾患」と呼ばれるものです。ヒトゲノムの解析によってそのメカニズムを解き明かせば、そうした遺伝子疾患による病気を治すことができるのです。

 ゲノム創薬とは、解析されたヒトゲノムの情報をもとに、遺伝子疾患に対してより効果の高い新しい薬をつくることを言います

 ただ、1990年代のヒトゲノム計画では、たったひとりの人間のゲノムを全部解読するために約30億ドルもの費用がかかりました。当時、「これでゲノム創薬が可能になる!」と我々はエキサイトしましたが、ハッキリ言ってコストがバカ高いので、個人の遺伝子に合わせたカスタムメードの治療、すなわち「パーソナライズド・メディスン」は「夢のまた夢」でした

 その後、ゲノム解析のコストが大幅に下がり、現在ヒトゲノムを全部解読するのに必要なコストは10万円を切っています。あと数年もすれば、1万円くらいには値下がりするでしょう。このドラマチックなコストの低下こそ、ゲノム創薬が現実味を帯びてきた理由です

「テンエックス・ゲノミクス」は、
「ゲノム創薬」に欠かせない高性能DNAシークエンサーを製造

 ゲノム創薬で一番期待が持たれているのは、腫瘍、癌など血液にまつわる病気の分野です。その理由として、血液は全身を自由に循環しているので、遺伝子のバグを人工的に訂正した後、体内で自然にその間違いを治して行くことが行われやすいからです。

 それを実現する際にまず必要になるのは、「DNAシークエンサー(遺伝子塩基配列高速読出し装置)」という機器です。現在、その市場の年間売上高は35億ドルですが、4年以内に200億ドルになると言われています。つまり、年率+40%で成長することが見込まれているのです

 今後、癌などの診断では、医者が当てずっぽうに判断をすることはどんどん減り、臨床で分子診断を活用することが一般化すると予測されます。そこでは血液サンプル生検(Liquid biopsy)が一般化すると思われます。また、癌細胞や組織に生じる遺伝子の変化を検出する固形腫瘍プロファイリングも行われるようになるでしょう。

 つまり、癌の臨床判断が試行錯誤的な予測からエビデンスに基づくものへと変化するわけです。この変化は、すでに現実のものとして起こりつつあります。

 そうした診断で重要になるのが、DNAシークエンサーの性能です。

 かつてのDNAシークエンサーは「解像度」が低かったです。1990年代にブームとなったヒトゲノム計画は、言ってみればDNAの「部品リスト」をカタログ化したものに過ぎず、「その部品が具体的にどういう働きをするのか?」という問題までは踏み込めませんでした。

 しかし、ゲノム創薬を実現するには、もっと高い解像度で分析しなければなりません。そのような解像度の高いDNAシークエンシングを「ディープ・シークエンシング」と言います

 テンエックス・ゲノミクス(ティッカーシンボル:TXG)は、その高い解像度での分析を可能にしたDNAシークエンサーの機器ならびにソフトウェアのメーカーです

 テンエックス・ゲノミクスの製品が世界の研究者の手元に届き始めたことで、この最新鋭ツールを使った学術論文が爆発的に増えています。これにより、従来の方法では困難だったゲノムの構造変異(欠失、挿入、転座、融合)などがきめ細かく分析できるようになり、パーソナルなゲノム療法が可能となってきています。

⇒テンエックス・ゲノミクス(TXG)の最新株価はこちら!

遺伝子を編集するための最新技術を持つ、
「クリスパー・セラピューティックス」に注目

 ディープ・シークエンシングを臨床に活用する場合、同一領域を複数回、時には数百回もシークエンシングします。その際にDNAシークエンサーと同じく重要になるのは、遺伝子のバグを訂正する技術です。それに関しては、現在、「クリスパー・キャスナイン(CRISPR-Cas9)」と呼ばれるタンパク質を利用して遺伝子を編集する手法が注目を浴びています

 クリスパー・キャスナインを使用すると、驚くべき正確さでターゲットの遺伝子のバグを訂正することができます。

 クリスパー・キャスナインは「細胞が過去にどんなウイルスに遭遇したのか?」を記録にとどめ、後々の世代までそれを継承します。すると、一度そのウイルスを克服したら、後々の世代まで細胞を保護することができるのです。例えて言えば、過去に受けた予防接種記録のようなものです。

 体内にウイルスのDNAが挿入されると、細胞はRNAと呼ばれる分子のコピーをつくり、クリスパー・キャスナインと1セットになって外敵に対して目を光らせる歩哨(ほしょう)のような働きをします。そしてこの歩哨の集団が、ウイルスのDNAの2重らせん構造を、ちょうどハサミで切るように切断して撃退するわけです。

 クリスパー・キャスナインは事前にプログラム可能であり、DNAの特定の場所を捜索、発見、切断するように仕向けることができます。この性質を利用すれば、遺伝子を編集することができます。これは、例えて言えば、ワード・ソフトウェアでミススペルがアンダーラインされたら、その箇所だけを修正するのに似ています。

 一旦、バグのある2重らせん部分をクリスパー・キャスナインを利用して切断、除去すれば、後は細胞が2重らせんを再生する能力によって自然に正しいDNAが勝手に再生されます。その際、修復されるべき箇所に新しい遺伝子情報を挿入することも可能です。

 この分野での注目企業にはクリスパー・セラピューティックス(ティッカーシンボル:CRSP)があります

⇒クリスパー・セラピューティックス(CRSP)の最新株価はこちら!

「ガーダント・ヘルス」は、
血液サンプル生検などによる包括的なサービスを提供

 その他のゲノム創薬関連としては、血液サンプル生検(Liquid biopsy)などのツールを包括的に活用し、腫瘍の疾病をトータルに管理・治療してゆく包括的サービスを提供するガーダント・ヘルス(ティッカーシンボル:GH)という企業がありますガーダント・ヘルスは、末期癌患者だけでなく、癌のリスクがある健常者のテストも行っています。

⇒ガーダント・ヘルス(GH)の最新株価はこちら!

【今週のまとめ】
米国株式市場がバブルの様相を見せる今こそ、
「ゲノム創薬」関連銘柄をチェック!

 先週の米国株式市場はしなやかに反発し、米国の主要株価指数はいずれも過去最高値を更新しました。マーケットの底堅さが確認されたわけです。新型コロナウイルスの脅威がいまだ存在することから世界各国は今後も低金利を維持しないわけにはいかず、それがバブルを誘発しやすい状況をつくっています。

 1990年代後半にも今と酷似する状況があり、そのときは物色の矛先がインターネット株からゲノム株へと広がりました。

 いまゲノム創薬は、DNAシークエンシングにかかる費用が低下したことで、コスト的にも実現可能になりました。このため、今後は続々とゲノム創薬やゲノムを活用した疾病のモニター、加療が実現すると思われます。

 具体的な銘柄としては、テンエックス・ゲノミクスクリスパー・セラピューティックスガーダント・ヘルスに注目してください。

【※今週のピックアップ記事はこちら!】
“新型コロナウイルス”収束後に株式市場で注目されるのは「高配当株」だ! 「ソフトバンク」「あおぞら銀行」など、高配当&好業績のおすすめ銘柄を紹介!

【証券会社おすすめ比較】外国株(米国株、中国株、ロシア株、韓国株など)の取扱銘柄数で選ぶ!おすすめ証券会社

DMM.com証券はこちら

【※米国株を買うならこちらの記事もチェック!】
米国株投資で注意が必要な「為替」と「税金」とは?「特定口座(源泉徴収あり)」か「NISA口座」で投資をして、口座内に「米ドル」を残さないのがポイント!

証券会社(ネット証券)比較!売買手数料で比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!取引ツールで比較ページへ
 つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説ページへ
証券会社(ネット証券)比較!人気の証券会社で比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!株アプリで比較ページへ
 iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説!詳しくはこちら!
ネット証券会社(証券会社)比較!最短で口座開設できる証券会社で比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!外国株で比較ページへ
桐谷さんの株主優待銘柄ページへ
証券会社(ネット証券)比較IPO(新規上場)比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!キャンペーンで比較ページへ
証券会社(ネット証券)比較!総合比較ページへ
【2020年11月1日時点】

「米国株」取扱数が多いおすすめ証券会社

◆DMM.com証券(DMM株) ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
約1100銘柄 無料
【DMM.com証券おすすめポイント】
2019年12月に米国株の売買手数料を完全に無料化したことで、取引コストに関しては一歩リード!ただし、配当金が円に両替される際の為替スプレッドが1ドルあたり1円と高いので、割り狙いで長期保有する人は注意が必要だ。取扱銘柄数は少なめだが、FAANGなどの有名IT株やバンガードなどの人気ETFは、きちんと網羅されている。他社と違う点としては、外貨建ての口座がなく、売却時の代金や配当が自動的に受け付けから円に交換されること。その後で持っておきたい人にはデメリットだが、すべて円で取引されるため初心者にとってはわかりやすいシステムと言えるだろう。また、米国株式と国内株式が同じ無料取引ツールで一元管理できるのもわかりやすい。米国株の情報として、米国株式コラムページを設置。ダウ・ジョーンズ社が発行する「バロンズ拾い読み」も掲載されている。
【関連記事】
◆DMM.com証券「DMM株」は、売買手数料が安い!大手ネット証券との売買コスト比較から申込み方法、お得なキャンペーン情報まで「DMM株」を徹底解説!
◆【証券会社比較】DMM.com証券(DMM株)の「現物手数料」「信用取引コスト」から「取扱商品」、さらには「最新のキャンペーン情報」までまとめて紹介!
【米国株投資おすすめ証券会社】DMM.com証券の公式サイトはこちら
【米国株の売買手数料がなんと0円!】
DMM.com証券(DMM株)の公式サイトはこちら
◆マネックス証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
3800銘柄以上 約定代金の0.45%
最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル
【マネックス証券のおすすめポイント】
3600銘柄以上の米国株、2400銘柄以上の中国株を取り扱っており、外国株式の取り扱い銘柄数が圧倒的に多い。さらに、中国株の手数料は2017年7月末に値下げされ、約定金額の0.25%(下限45香港ドル~上限450香港ドル、税抜)に。米国株なら最低手数料0ドル(税抜)から購入可能。買付時の為替手数料0円(売却時は1ドルあたり25銭)なので、実質的な取引コストを抑えることができる。さらに、外国株取引口座に初回入金した日から20日間は、米国株取引手数料(税抜)が最大3万円がキャッシュバックされる。また、米国ETFの中で「USAプログラム」対象銘柄は実質手数料無料(キャッシュバック)で取引が可能。しかもNISA口座なら、日本株の売買手数料が無料なのに加え、外国株(海外ETF含む)の購入手数料も全額キャッシュバックされ、実質無料になるのもメリット! 企業分析機能も充実しており、銘柄分析ツール「銘柄スカウター米国株」「銘柄スカウター中国株」が無料で利用できる。
【関連記事】
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実しているネット証券大手
【米国株投資おすすめ証券会社】マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
3600銘柄以上 約定代金の0.45%
最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル
【SBI証券のおすすめポイント】
ネット証券最大手だけあって、米国、中国(香港)、韓国、ロシアからアセアン各国(ベトナム、インドネシア、シンガポール、タイ、マレーシア)まで、外国株式のラインナップの広さはダントツ! 米国株は手数料が最低0米ドルから取引可能で、一部米国ETFは手数料無料で取引できる。米ドルの為替レートは「片道25銭」と他の証券会社と同じレベルだが、住信SBIネット銀行の外貨預金口座から入金すれば「片道4銭」で両替可能。差額の21銭は1ドル=108円なら約0.19%に相当するので、かなりお得だ。あらかじめ設定した金額か株数(口数)で定期的に買付する「米国株式・ETF定期買付サービス」が便利。 NISA口座なら、日本株の売買手数料だけでなく、海外ETF(米国・中国・韓国)の買付手数料も無料に。米国企業情報のレポート「One Pager」、銘柄検索やソートに使える「米国株式決算スケジュールページ」や「米国テーマ・キーワード検索」、上場予定銘柄を紹介する「IPOスピードキャッチ!(米国・中国)」など情報サービスも多彩。インドネシアやタイなどのアセアン各国に関しては、主要約70銘柄の個別企業レポート「ASEANアナリストレポート」を提供している。
【関連記事】
◆【SBI証券の特徴とおすすめポイントを解説!】株式投資の売買手数料の安さは業界トップクラス! IPOや米国株、夜間取引など、商品・サービスも充実
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【米国株投資おすすめ証券会社】SBI証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
3400銘柄以上 約定代金の0.45%
最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル
【楽天証券おすすめポイント】
米国、中国(香港)、アセアン各国(シンガポール、タイ、マレーシア、インドネシア)と、幅広い銘柄がそろっているうえ、海外ETFの取り扱い数も、米国ETF約300本を含む、約370本と業界No.1! 所定の米国ETF9銘柄については買付手数料が無料で取引ができる。米国株式の注文は、最大90日先まで指値注文が有効で、「約定通知メール」サービスとあわせて利用すると便利。米国株の注文受付時間が、土日、米国休場を含む日本時間の朝8時~翌朝6時と長いので、注文が出しやすいのもメリット。アセアン株式の情報も充実。財務分析でよく使われるPERなどの主な指標、過去5年間の業績推移や今後2年間の業績予想もチェックが可能だ。NISA口座なら買付手数料が無料(売却時の手数料は必要)なのもメリットだ。取引から情報収集までできるトレードツールの元祖「マーケットスピード」が有名。さらに、スマホ向けトレードアプリ「iSPEED」でも米国株取引が可能になった。ツール内では日経新聞の記事を無料で読むこともできる。
【関連記事】
【楽天証券おすすめのポイントは?】トレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!投資信託や米国や中国株などの海外株式も充実!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が見やすい!
【米国株投資おすすめ証券会社】楽天証券の公式サイトはこちら
本記事の情報は定期的に見直しを行っていますが、更新の関係で最新の情報と異なる場合があります。最新の情報は各社の公式サイトでご確認ください。

「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2020年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2020年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 LINE証券で口座開設+クイズに正解すれば無料で3株ゲット! 資金ゼロで株主になれる! 初株チャンスキャンペーン実施中! LINE証券の詳細はこちら! 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード SPGアメリカン・エキスプレス・カード 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 LINE証券で口座開設+クイズに正解すれば無料で3株ゲット! 資金ゼロで株主になれる! 初株チャンスキャンペーン実施中! LINE証券の詳細はこちら! 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

大化け10倍株
じぶん年金づくり
ふるさと納税

1月号11月20日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[大化け10倍株/毎月配当カレンダー]

◎第1特集
目指せ1億円!大化け10倍株を発掘する
5つの鉄則&注目株68

2020年に当たった株・外れた株は?
ザイの大反省会
時流のテーマに乗る株20銘柄
最新の好決算で強い株22銘柄
増配トレンドの株12銘柄
高成長の米国株14銘柄
今年儲けた「億り人」8人の勝ちワザ
桐谷さんの「2020年の勝ち株&負け株」

◎第2特集
「じぶん年金」で実現! 毎月配当生活
成功者が教える「じぶん年金」の作り方
高配当株72銘柄が勢ぞろい!
権利確定月別・高配当株カレンダー
【2大付録その1】
確定月別・銘柄管理シート

◎第3特集
収入が増える! 人生が変わる! 副業のススメ
●ちきりんさん
「好きや特技で副業に挑戦!」
●スキマ時間で稼ぐ! 
●特技やモノを売る! 
●本業のスキルを活かす!
●表現力を磨く
●副業で知っておきたい税金の話

◎第4特集
上がる米国株を投信でまとめ買い!
●GAFAM中心のIT株をまとめ買い
●米国の成長株全般をまとめ買い
●未来のGAFAMをまとめ買い

◎【2大付録その2】
駆け込み! ふるさと納税 大カタログ
今年の目玉は「訳アリ」返礼品

◎連載にも注目!
●10倍株を探せ! IPO株研究所
●AKB48株ガチバトル
●AKB48武藤十夢のわくわくFX生活!
●株入門マンガ恋する株式相場!


【重要なお知らせ】
>>高速道路の集中工事に伴う定期購読誌配達への影響について


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2020】 クレジットカードの専門家が選んだ 2020年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ)

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報