超成長株投資で資産10倍計画!

コロナワクチン、米国の大統領選挙が転換点に
日本の景気敏感株が相場上昇の「主役」に交代か。
今はバブルではない。利食いせず、長期保有すべき山本潤の超成長株投資の真髄 第86回

2020年11月11日公開(2020年11月11日更新)
山本 潤
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示

いよいよ相場のトレンド転換か

 月曜日、DFR会員向けに緊急メッセージを送りました。新型コロナワクチンの開発が現実的になった今、相場のトレンドが激変する可能性があります。その兆しを感じ取っている個人投資家も多いでしょう。

 今後、アンダーパフォームする可能性が高い銘柄群は、次の3つが考えられます。1つ目が巣ごもり需要で伸びているITサービスやPERが異常に高い銘柄(1年以上の低迷)、2つ目がドラッグストアやスーパー、マスクなど特需に沸いた銘柄(1~2年の低迷)、3つ目がITシステム関連(1年ほどの低迷)です。

 一方、上記以外の銘柄はアウトパフォームが期待できます。日本株は世界景気に敏感に反応します。ワクチンが開発され、経済活動が正常化に向かい、世界景気の回復が見込めると、日本株には追い風です。特に出遅れが顕著だった設備投資関連銘柄は注目です。

今はバブルではない。拙速に利食いしないで

 日経平均株価が2万5000円台に突入してバブルだという人がいますが、それは違うと思います。確かに指数は高いものの、まだ多くの銘柄が評価不足です。私が助言するDFR銘柄の多くも同様で、今後アップサイドの余地は大きいでしょう。

 なぜ、バブルとは言えないか。理由は業績が赤字だったり、利益率が低いとき、多数の人々はリスクテイクに慎重になるからです。利益率が1%だと今後もっと悪くなるのではないか、赤字になると資本が毀損されるのではないか、そう思うとなかなか株を保有できません。

 VIX指数(ボラティリティ・インデックス)も25と依然として高い水準にあります。今後、VIX指数が低下することで一段の株価上昇が見込めるでしょう。VIX指数が20を切るまでは、安易な利食いはやめてください。今はまだキャッシュ化したり、ヘッジしたりする時期ではないのです。 

なぜ、ここまで株価は上がったのか?

 バブルでないなら、なぜ、ここまで株価が上昇したのでしょうか? 理由は、先行き不透明感が低下したことが大きいです。今後がよく見通せる状況を「ビジブル(visible)」とよびますが、日本株市場は随分と「ビジブル」になりました。

 ワクチン開発の見通しが立ち、コロナ感染対策も大きく改善しました。日本のみならず、例えば、スウェーデンでは冬になって感染者数は過去最高を記録したにもかかわらず、死者は数人にとどまっています。もうコロナを必要以上に恐れることはないのです。

 米国の大統領選挙も大きいです。相場のかく乱要因だったトランプ大統領が敗れ、バイデン氏が次の大統領になることがほぼ確定となったことで、米国の国際協調路線が復帰するでしょう。さらに環境への配慮や公正な貿易を重視する姿勢も追い風です。

日本株は世界で最も注目される市場になる

 日本企業の設備投資意欲は旺盛です。理由としては、トランプ大統領が引き起こした米中摩擦で約2年間投資を抑制してきたこと、コロナウイルス感染拡大でBCP(企業が危機的な状況下でも事業が継続できるように計画すること)の観点からサプライチェインを複数並立する思想が生まれたことがあります。私は、日本株が今後世界で最も期待される市場の1つになると考えます。設備投資の再開と世界景気の拡大で業績向上する設備投資関連銘柄が多くあり、しかもキャッシュリッチです。

 業績が悪いにもかかわらず、株価だけ上がっていることを危惧する考えが市場の多数派だとすれば、賢明な投資家はそれに耳を傾ける必要はありません。なぜなら、そうした考えは既に市場が織り込んでいるからです。利益が飛躍的に回復する、これからが株価上昇の本番です。日本の景気敏感株は、米国株をアウトパフォームすると考える投資家の比率が高まり、日本株市場は活況となるでしょう。

(DFR投資助言者 山本潤)

 この連載は、長期投資で資産10倍を目指す個人のための資産運用メルマガ『山本潤の超成長株投資の真髄』で配信された内容の一部を抜粋・編集の上お送りしています。メルマガに登録すると、週2回のメルマガの他、無料期間終了後には会員専用ページでさらに詳しい銘柄分析や、資産10倍を目指すポートフォリオの提案と売買アドバイスもご覧いただけます。山本潤氏の新刊が発売『初心者でも勝率99%の株ポートフォリオ戦略』


ダイヤモンドZAi 最新号
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2021年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードならヒルトンホテルで朝食無料になる「ゴールド」会員になれるほか、カード利用で無料宿泊も可能に! SPGアメリカン・エキスプレス・カード 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードならヒルトンホテルで朝食無料になる「ゴールド」会員になれるほか、カード利用で無料宿泊も可能に! 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

人気の株500激辛診断
米国株オススメ&激辛診断
株主優待のきほん

11月号9月21日発売
定価780円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[人気の株500激辛診断/米国株激辛診断]

◎第1特集
日経平均は3万円突破! 上昇の波に乗れ!
人気の株500激辛診断【2021年秋版】

●儲かる株の見つけ方
・旬の3大テーマから見つける
・第1四半期で上方修正した株
・赤字から脱却し黒字に転換した株
・脱炭素社会を支える技術株
・5大ランキング
・第1四半期の進捗率が高い株
・2アナリストが強気な株
・配当利回り高い株
・初心者必見の少額で買える株
・理論株価よりも割安な株


●2021年秋のイチオシ株を公開
・10万円株/高配当株/株主優待株

●気になる人気株
・大型株/新興株/Jリート

◎第2特集
10倍株や利回り6%超の株も
米国株150オススメ&激辛診断

●代表株8銘柄を定点観測!
・GAFAM+α
(テスラ、ネットフリックスほか)
・いま買いのオススメ株
・高成長株&高配当株

●だれもが気になる人気株
・ナスダック株
・ニューヨーク証券取引所株

●3カ月先の相場をプロが先読み! 
NYダウ&ナスダック指数予測

◎第3特集
SNSで注目の
個人投資家21人と桐谷さんが激オシ!
株主優待 ベスト94銘柄

●優待のきほん
●2021年10月ー22年3月各月に
権利確定のオススメ優待株

◎第4特集
こんな営業トークに要注意!
投資信託のウソに騙されるな!


◎別冊付録
割安・割高が一発でわかる!!
全上場3806銘柄の最新理論株価!

◎連載も充実!
●10倍株を探せ! IPO株研究所
●自腹でガチンコ投資! AKB48
●武藤十夢のわくわくFX生活!ライフ
●株入門マンガ恋する 株式相場!
●どこから来てどこへ行くのか日本国

 


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2021】 クレジットカードの専門家が選んだ 2021年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ) 【全41口座徹底調査】スプレッドやスワップポイントがお得なFX会社は? FX会社比較!

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報