クレジットカード活用術

「NTTグループカード」と「DCMX」はどちらが得?
固定電話、携帯電話、プロバイダーなど
NTT利用者が得するクレジットカードを徹底比較!

【第13回】 2014年4月16日公開(2018年7月27日更新)
菊地祟仁
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示

【※編集部追記】
2015年11月に「DCMX」は「dカード」に名称が変更され、サービス内容などもリニューアルされました。「dカード」の詳細については、下記の記事をご確認ください。
「dカード」は「dポイント」を貯める最強カード!ドコモ利用者以外は年会費実質無料の「dカード」、ドコモ利用者は「dカード GOLD」がおすすめ!


 前回まで「NTTドコモ」「ソフトバンク」と、携帯電話のポイントやクレジットカードを紹介してきました。そして今回は「au」のポイントを取り上げると予告していましたが、5月から開始される「au WALLETポイントプログラム」に関しての情報がなかなか出てこないため、今回は違う内容に変更させていただきます。

 前々回、「NTTドコモ」のドコモポイントを貯めるには、ドコモが発行するクレジットカード「DCMX」「DCMX GOLD」がいいということを書きましたが、「NTTファイナンス」が発行している「NTTグループカード」と「DCMX」はどちらがお得なのか?という質問を読者からいただきましたので、今回は「NTTグループカード」と「DCMX」の比較を行いたいと思います。

「NTTファイナンス」が発行するクレジットカード
「NTTグループカード」とは、どんなカード?

 まずは、「NTTグループカード」について説明します。

 「NTTグループカード」には、ウェブで明細を確認できる「MyLink」に登録すると年会費が無料になる「NTTグループカードレギュラー」(紙の明細を希望する場合は1200円、税抜)と、年会費が5000円(税抜)で旅行傷害保険が付く「NTTグループカードゴールド」の2種類があります。「NTTグループカードゴールド」は、年間利用額が100万円以上で年会費が無料となるゴールドカードですので、100万円以上利用する場合はレギュラーよりもゴールドの方がおすすめです。

NTTグループカード
 還元率  0.6~1.5%
NTTグループカードフェイス
NTTグループカードの公式サイトはこちら
 発行元  NTTファイナンス
 国際ブランド  VISA、Master
 年会費(税抜)  1200円(ただし、ウェブ明細サービス「MyLink」登録で年会費無料)
 家族カード  あり(年会費無料)
 ポイント付与対象の
 電子マネー
 モバイルSuica、ICOCA、
 楽天Edy

 

NTTグループカードゴールド
 還元率  0.6~1.5
NTTグループカードゴールドフェイス
NTTグループカードゴールド公式サイトはこちら
 発行元  NTTファイナンス
 国際ブランド  VISA、Master
 年会費(税抜)  5000円(ただし、年100万円利用で次年度以降も無料)
 家族カード  あり(年1500円、税抜。ただし、年150万円以上利用で次年度以降も無料)
 ポイント付与対象の
 電子マネー
 モバイルSuica、ICOCA、
 楽天Edy


 どちらのカードにも2種類のポイントコースが用意されており、「ポイント・プレゼントコース」と「キャッシュバックコース」があります。「NTTグループカードゴールド」ならポイントやキャッシュバックが優遇される、ということはありませんので、以降はそれぞれのコースの説明だけをしていきます。

「NTTグループカード」の
「ポイント・プレゼントコース」のお得度は?

 まずは、「NTTグループカード」の「ポイント・プレゼントコース」を見てみましょう。

「ポイント・プレゼントコース」の場合は、カード利用額に応じてポイントが付与されます。通常は、ショッピング利用1000円につき10ポイントとなります。ただし、「NTT東日本」「NTT西日本」「NTTドコモ」「NTTコミュニケーションズ」「NTTファイナンスおまとめ請求」「tabalまるごと決済」の場合は、利用額200円につき2ポイント貯まります。

 また、「NTTグループカード」には、年間利用額に応じてボーナスポイントが設定されています。

 「NTTグループカード」では、毎年2月から翌1月引き落とし分のポイントが累計5000ポイント達成ごとに、ボーナスポイントが500ポイント獲得できます。年間100万円利用するとカード利用金額100万円に対して付与される1万ポイントと、別途ボーナスポイントとして1000ポイントが貯まるという仕組みです。

 貯まったポイントは、5000ポイントを3000ドコモポイントに交換したり、4000ポイントを800 ANAマイルに交換することができます。

 例えば、年間100万円利用したとすると、ボーナスポイントも含めて1万1000ポイント獲得できます。このポイントをドコモポイントに交換すると6600ドコモポイントとなります。「1ドコモポイント=1円」で利用できるので、還元率は0.66%になります。

 前々回の記事で書いたように、「DCMX」は1000円ごとに10ドコモポイントなので還元率は1%。さらに「DCMX」の場合は月額利用金額1000円につき10ポイントですので、「NTTグループカード」の「ポイント・プレゼントコース」よりも端数が無駄になりません。

 また、「NTTグループカード」のポイントの有効期限は2年です。2年間で5000ポイント貯められなければドコモポイントに交換できません。そのため、年間25万円以上の利用がなければドコモポイントに交換できないことになります。

 ドコモポイントを貯めたいのであれば、「NTTグループカード」の「ポイント・プレゼントコース」よりも「DCMX」を使ったほうが断然お得でしょう。

【※編集部追記】
2015年11月に「DCMX」は「dカード」に名称が変更され、サービス内容などもリニューアルされました。「dカード」の詳細については、下記の記事をご確認ください。
「dカード」は「dポイント」を貯める最強カード!ドコモ利用者以外は年会費実質無料の「dカード」、ドコモ利用者は「dカード GOLD」がおすすめ!

「ポイント・プレゼントコース」より高還元!
「キャッシュバックコース」のメリットとは?

 次に、「NTTグループカード」の「キャッシュバックコース」を見てみます。

 こちらは、「ポイント・プレゼントコース」とは違い、毎月のショッピングの利用金額合計からキャッシュバック率が決まり、対象の通信料金にキャッシュバック率をかけることでキャッシュバック額が決まるというシステムです。

 対象となる通信料金は「NTT東日本」「NTT西日本」「NTTコミュニケーションズ」「NTTドコモ」「OCN」「WAKWAK」「plala」「ひかりTV」「@nifty」「BIGLOBE」「おまとめ請求」の合計金額となります。これらの合計金額が1万5000円を超える場合は、1万5000円がキャッシュバック対象の上限となります。

◆表1.毎月の利用額に対するキャッシュバック率
月間カード利用金額 月間カード利用金額 月間カード利用金額 キャッシュバック率
 0~2万円未満  0% 20万~30万円未満 18%
 2万~4万円未満 1.5% 30万~40万円未満 28%
 4万~6万円未満 3.0% 40万~50万円未満 38%
 6万~8万円未満 4.5% 50万~60万円未満 50%
 8万~10万円未満 6.0% 60万円以上 60%
 10万~20万円未満 8.0%    


 おそらく、上記の内容で理解できた人は少ないのではないでしょうか? 非常に理解し難いシステムで、意味がわからなかった方も多いと思います。では、具体的に説明していきます。

 例えば、「NTTグループカード」で月間8万5000円を利用したとします(表1の黄色の部分に該当)。そのうち、NTTドコモの利用料金が8000円、NTT東日本が7000円、OCNが1000円でした。

 月間利用額が8万5000円ですので、キャッシュバック率は6.0%となります。対象となる通信料金は8000+7000+1000=1万6000円ですが、キャッシュバックが適用される上限は1万5000円ですので、キャッシュバック額は1万5000円×6.0%=900円となります。そのため、実際の請求額は8万5000円から900円を引いた8万4100円となります。

 8万5000円の利用で900円還元されるわけですから、還元率としては1.06%。1%を超えていますし、「キャッシュバックコース」は月額利用料金を考慮するため、端数もありません。この場合は還元率1%の「DCMX」よりも「NTTグループカード」のほうがお得になります。

 ただし、「キャッシュバックコース」を選ぶには、対象通信料金が上限の1万5000円とならなければ旨味が出ません。「NTTグループカード」を検討するのであれば、対象となる通信料金を計算して、1万5000円以上になっているかどうかを確認しましょう。

 また、今回の例では還元率が1.06%となりましたが、毎月の月額利用料金に幅があるため、還元率にも幅が出ます。

 例えば、毎月の利用料金が9万9999円でもキャッシュバック額は900円ですので、この場合の還元率は0.9%。「DCMX」よりも還元率が悪くなりますね。逆に、8万円ちょうどのときは還元率が1.125%と、「NTTグループカード」のほうが「DCMX」を大きく上回ります。

 「NTTグループカード」の月間カード利用額とキャッシュバック額、還元率の幅を表にすると、以下のようになります。

表2.対象通信料金が1万5000円の場合の月額利用金額に対する還元率
月間カード利用金額 キャッシュバック額 還元率
最小値 最大値
 0~2万円未満 0円  0% 0%
 2万~4万円未満 225円  0.638% 1.125%
 4万~6万円未満 450円  0.750% 1.125%
 6万~8万円未満 675円  0.844% 1.125%
 8万~10万円未満 900円  0.900% 1.125%
 10万~20万円未満 1200円  0.600% 1.200%
 20万~30万円未満 2700円  0.900% 1.350%
 30万~40万円未満 4200円  1.050% 1.400%
 40万~50万円未満 5700円  1.140% 1.425%
 50万~60万円未満 7500円  1.1250% 1.500%
 60万円以上 9000円  1.500%


 この表をグラフにすると以下のようになり、利用金額によって還元率にブレがあるのがわかります。

 「キャッシュバックコース」は、ドコモポイントに交換できませんので、あくまでも還元率だけで見た場合には、「DCMX」より「NTTグループカード」のほうがお得になる場合がある、ということになります。

DCMX」よりも「NTTグループカード」のほうが確実にお得になるのは、月間利用金額が30万円以上の場合です。正直、対象者は非常に少ないでしょう。毎月同じ金額を利用する、ということは少ないと思いますので、還元率の"ブレ"を考えると「NTTグループカード」の「キャッシュバックコース」よりも、「DCMX」の方がおすすめです。

 特に、月額10万~20万円利用する場合で、還元率が0.6~1.2%と幅が広くなります。毎月15万円程度利用する方であれば、「DCMX」の方が有利です。

【※編集部追記】
2015年11月に「DCMX」は「dカード」に名称が変更され、サービス内容などもリニューアルされました。「dカード」の詳細については、下記の記事をご確認ください。
「dカード」は「dポイント」を貯める最強カード!ドコモ利用者以外は年会費実質無料の「dカード」、ドコモ利用者は「dカード GOLD」がおすすめ!

「NTTグループカード」を保有しておけば
「楽天Edy」や「Suica」など電子マネーへのチャージで得をする!

 では、「NTTグループカード」はおすすめできないかというと、そうではありません。「NTTグループカード」のメリットはどこにあるのでしょうか?

NTTグループカード」が「DCMX」より優れているのは、電子マネーに強いという点です。前回、「 SoftBankカード」はさまざまな電子マネーにチャージしてもポイントが貯まる数少ないカードと紹介しましたが、「NTTグループカード」も「楽天Edy」「モバイルSuica」「Smart ICOCA」へのチャージでポイントが付与されます(「キャッシュバックコース」の場合は、チャージ分が月間利用額に含まれる)。

 今までの連載で、電子マネーのチャージでポイントが付く、と紹介してきたカードは、各社に確認したり、実際に使ってポイントが付くことを確認したものですが、「NTTグループカード」は、公式ホームページで「電子マネーチャージでもポイント加算・キャッシュバック率算定対象」と謳っています。

 そのため、突然「電子マネーチャージがポイント付与対象から外れる」ということもないでしょう。安心して電子マネーチャージに利用できるクレジットカードとなっています。

 結論としては、ドコモポイントを貯めるのであれば「DCMX」をメインカードとして、「NTTグループカード」の「キャッシュバックコース」をサブカードにする。ドコモの携帯料金、「楽天Edy」のチャージを「NTTグループカード」の「キャッシュバックコース」にし、それ以外を「DCMX」で支払うというのがおすすめです。ただし、「キャッシュバックコース」は月額2万円未満の場合はキャッシュバックがありませんので「楽天Edy」をよく使う場合のみ有効な方法です。

 また、ドコモポイントは貯まりませんが、毎月のクレジットカード利用額が10万円前後の利用者の場合、「NTTグループカードゴールド」を利用して「キャッシュバックコース」を選ぶのもいいでしょう。

NTTグループカードゴールド
 還元率  0.6~1.5
NTTグループカードゴールド
NTTグループカードゴールド公式サイトはこちら
 発行元  NTTファイナンス
 国際ブランド  VISA、Master
 年会費(税抜)  5000円(ただし、年100万円利用で次年度以降も無料)
 家族カード  あり(年1500円、税抜。ただし、年150万円以上利用で次年度以降も無料)
 ポイント付与対象の
 電子マネー
 モバイルSuica、ICOCA、
 楽天Edy


 この場合は、「NTTグループカードゴールド」をメインカードとして、電子マネーのチャージを含むすべての支払で利用します。そうすることで、還元率が1.0%前後で年会費が無料(年間利用額が100万円を超えるため)、さらに最高5000万円の海外旅行保険も自動付帯という、なかなか好条件のクレジットカードとなります。

NTTグループカード」「NTTグループカードゴールド」は、固定電話や携帯電話、プロバイダーなどでNTTグループを利用していて、合計金額が月1万5000円前後の方なら、検討に値するクレジットカードといえるでしょう。

【※編集部追記】
2015年11月に「DCMX」は「dカード」に名称が変更され、サービス内容などもリニューアルされました。「dカード」の詳細については、下記の記事をご確認ください。
「dカード」は「dポイント」を貯める最強カード!ドコモ利用者以外は年会費実質無料の「dカード」、ドコモ利用者は「dカード GOLD」がおすすめ!

※クレジットカードの専門家2人が選んだ、2021年の最強カードは?
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2021年版】
「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!
全8部門の“2021年の最優秀カード”を詳しく解説!

【クレジットカードおすすめ比較】還元率でクレジットカードを選ぶ!還元率ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】ービス充実の「おすすめゴールドカード」はコレ!ページへ
ETCカードでクレジットカードを選ぶ!ETCカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】人気ランキングでクレジットカードを選ぶ!人気ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】プラチナカードでクレジットカードを選ぶ!プラチナカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス)を比較して選ぶ!
【クレジットカードおすすめ比較】マイルでクレジットカードを選ぶ!マイルランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】海外旅行保険でクレジットカードを選ぶ!海外旅行保険ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】法人カードで選ぶ!法人カードでおすすめクレジットカードはコレだ!
【クレジットカードおすすめ比較】年会費無料でクレジットカードを選ぶ!年会費無料ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】最短即日発行~翌日発行で選ぶを比較して選ぶ!今すぐ入手できる、お得なクレジットカードはコレだ!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2021年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開!

【2021年5月1日時点・最新情報】
還元率、年会費etc.で比較! 人気のおすすめクレジットカード

還元率 年会費
(税込)
ブランド 電子マネー対応
(ポイント付与対象)
カード
フェイス

 ◆楽天カード

1.0~3.0% 永年無料 VISA
JCB
Master
楽天Edy
(楽天Edyへの
チャージ分は
還元率0.5%)
楽天カード公式サイトはこちら
【楽天カードのおすすめポイント】
楽天市場や楽天ブックス、楽天トラベルを利用している人はもちろん、楽天ユーザー以外にもおすすめの「年会費無料&高還元」クレジットカードの代表格。通常還元率は1.0%だが、楽天市場や楽天ブックスでは最低でも還元率が3.0%以上に! また、「楽天ポイントカード」や電子マネーの「楽天Edy」との併用で、楽天グループ以外でも還元率は1.5~2.0%以上になる! ゴールドカードの「楽天プレミアムカード」も格安の年会費で「プライオリティ・パス」がゲットできてコスパ最強
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2021年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全8部門の“2021年の最優秀カード”を詳しく解説!(最優秀メインカード部門)
「楽天カード」よりも「楽天プレミアムカード」のほうが得をする“損益分岐点”が判明! 楽天市場で年36万円を利用しない限り、年会費無料の「楽天カード」で十分!
「楽天カード」にメリット追加で還元率もアップ!さらに「楽天カード」と「楽天モバイル」の兼用でスマホ代の節約+楽天ポイントがザクザク貯まる!
楽天カードの公式サイトはこちら
 ◆dカード
1.0~3.0% 永年無料 VISA
Master
iD
dカード公式サイトはこちら
【dカードのおすすめポイント】
テレビCMでもおなじみの「NTTドコモ」のカードだが、auやソフトバンク利用者でもお得! 通常還元率1%と高還元で、2019年9月16日以降の申し込み分から年会費が永年無料になり、ますますお得なカードに進化! さらに「dカード」で貯まる「dポイント」は携帯電話料金に充当できるほか、JALのマイルなどにも交換可能で、ドコモユーザー以外でもお得なクレジットカードだ。
関連記事
◆「dカード」は「dポイント」を貯める最強カード! ドコモ利用者以外は年会費実質無料の「dカード」、ドコモ利用者は「dカード GOLD」がおすすめ!
◆「dカード」はドコモユーザー以外にもおすすめの「高還元+実質年会費無料」クレジットカード!ドコモユーザーなら「dカード GOLD」を使い倒せ!
NTTドコモ「dカード」の公式サイトはこちら

 ◆アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

1.5%~ 1万1000円 AMEX Suica
ICOCA
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード公式サイトはこちら
【アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードのおすすめポイント】
マイル系最強カード」との呼び名が高いクレジットカード。対象航空会社・旅行会社28社で航空券代金やツアー代金を決済すると通常の3倍のポイントが貯まるので、航空会社発行のカードよりもマイルが貯まりやすいのが魅力。さらに、貯まったポイントは提携航空会社15社のマイルに自由に交換可能で、しかもポイントは無期限で貯められるのも大きなメリット! 「長距離+ビジネスクラス」の特典航空券に交換すれば、還元率は1.5%よりも高くなる!
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2021年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全8部門の“2021年の最優秀カード”を詳しく解説!(マイル系カード部門)
航空・旅行アナリストがおすすめ!貯めたポイントを航空会社15社で自由に使える万能型のマイル系クレジットカードとは?
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの公式サイトはこちら

 ◆JCB CARD W(ダブル)

1.0~3.0% 永年無料 JCB QUICPay
JCB CARD W(ダブル)公式サイトはこちら
【JCB CARD W(ダブル)のおすすめポイント】
年会費無料で通常還元率は1.0%、「ORIGINAL SERIESパートナー加盟店」のセブン-イレブンやAmazonなどでは還元率2.0%、スターバックスでは還元率3.0%になるお得なカード。しかも、大手カード会社のクレジットカードだけあって、ポイントの汎用性も抜群!
【関連記事】
「JCB CARD W」は「楽天カード」などとほぼ同じ、年会費無料+還元率1~3%のJCBの入門用カード!Amazonやスタバをよく利用する20~30代は注目!
「JCB CARD W」は、年会費無料で還元率1%以上のお得な高還元クレジットカード!「JCB CARD W」のメリット・デメリットを他のカードと比較して検証!
JCB CARD W(ダブル)のメリットを解説!「年会費無料」「常に還元率1.0%以上」「ポイントの使い勝手が良い」と三拍子そろった高還元クレジットカード!
JCB CARD Wの公式サイトはこちら
 ◆イオンカードセレクト

0.5~1.0%

永年無料 VISA
JCB
Master
Suica
ICOCA
WAON
イオンカードセレクトのカードフェイス
【イオンカードセレクトのおすすめポイント】
一般的な「イオンカード」ではポイントがつかない「WAON」チャージでポイントが貯まり、「ポイント2重取り」ができるのが最大のメリット。また、「イオンカードセレクト」の保有+月1回のカード(または搭載のWAON)決済+ネットバンキングに登録という3つの条件を満たすだけで「イオン銀行Myステージ」の「シルバーステージ」に到達し、「イオン銀行」の普通預金金利が通常の30倍=0.03%になるこちらの記事を参照)。メガバンクの定期預金金利が0.002%の今、普通預金金利が0.03%になるのはお得!「イオンカードセレクト」以外の「イオンカード」保有者はすぐ切り替えよう!
関連記事
イオンカードを作るなら「イオンカードセレクト」が一番お得! WAONチャージでのポイント2重取り&イオン銀行で預金金利が優遇されやすくなる特典も!
【イオン銀行の金利・手数料・メリットは?】イオン銀行利用者は「イオンカードセレクト」が必須!簡単に普通預金が定期預金並みの金利0.05%にアップ!
イオンカードセレクトの公式サイトはこちら
 ◆au PAY カード

1.0~2.0%

初年度無料
次年度以降も
条件次第で無料(※)
VISA
Master
au PAY カードのカードフェイス
【au PAY カードのおすすめポイント】
通常還元率1.0%でPontaポイントが貯まり、マツモトキヨシやかっぱ寿司などの「au PAY ポイントアップ店」では還元率1.5~2.0%以上に達する、auユーザー以外も得するクレジットカード! さらに、スマホ決済の「au PAY」へのチャージでも1.0%分のポイントが貯まり、「au PAY(コード払い)」の利用時に0.5%分のポイントが貯まるので、合計還元率1.5%でPontaポイントを2重取りできる! しかも、初年度は年会費無料、2年目以降は年会費1375円(税込)だが、年に1回でもカード決済、もしくは携帯電話などのauのサービスを利用していれば次年度以降の年会費も無料に
(※ 2年目以降1375円。ただし、年一回でも利用した場合、もしくは「au ID」に「au PAY カード」を紐付けて、携帯電話などのauサービスを利用している場合は次年度無料)
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2021年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全8部門の“2021年の最優秀カード”を詳しく解説!(スマホ決済+クレジットカード部門)
「au PAY カード」が“ローソンで一番得するクレジットカード”に進化! 年会費“実質”無料、通常還元率1%、ローソンで最大12%還元、auユーザー以外もお得に!
Pontaポイントが貯まりやすいクレジットカードは?「ローソンPontaプラス」や「au PAYカード」「リクルートカード」など4枚の年会費や還元率を比較して検証!
au PAY カードの公式サイトはこちら

【SPGアメリカン・エキスプレス・カード】
「ホテル宿泊券」+「マリオットの上級会員資格」が
もらえて得するホテル系カード⇒関連記事はこちら

SPGアメリカン・エキスプレス・カード公式サイトはこちら

 
 

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの公式サイトはこちら!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2021年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードならヒルトンホテルで朝食無料になる「ゴールド」会員になれるほか、カード利用で無料宿泊も可能に! SPGアメリカン・エキスプレス・カード 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードならヒルトンホテルで朝食無料になる「ゴールド」会員になれるほか、カード利用で無料宿泊も可能に! 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

「史上最高」の株
リッチ老後VS貧乏老後
大反響!米国株

6月号4月21日発売
定価780円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[「史上最高」の株/リッチ老後VS貧乏老後]

◎巻頭企画
プロ12人に聞く
いつ? リスクは? きっかけは何?

日経平均は4万円になりますか

◎別冊付録
大反響!米国株入門の第2弾!
安定老後にピッタリだった!!
桐谷さん米国の高配当株でリッチ老後を目指す!

●なぜ高配当&増配株が多いのか
●高配当をもらい続ける銘柄選びポイント
●安定配当&増配が続くオススメ高配当株

◎第1特集
コロナ禍でも自己ベストを更新した
絶好調の厳選株!
最高益など絶好調の「史上最高」の株

●過去最高売上&最高利益を更新!
「史上最高の好業績株」
●増配記録や配当最高額を更新!
「史上最高の高配当株」
●上場来の高値を更新した旬の株!
「史上最高の高値株」

◎第2特集
リッチと貧乏のリアルな数字が見える!
1万人の老後アンケート
リッチ老後VS貧乏老後

●どう違う?老後の天国と地獄
●リッチVS貧乏「現役時代の過ごし方」
●昭和VS令和「おかねの世代間ギャップ」
●リッチVS貧乏「老後の収支を大公開!」
●老後の生活&金ぶっちゃけナマ告白
●豊かな老後を送るための心がけ

◎第3特集
純資産約1兆円のバカ売れ投信
「未来の世界(ESG)」を解剖!!

買って大丈夫? ESG投信
ESGやSDGsがわかる!

◎第4特集
基礎のキソから誰でもわかる金利のQ&A
●金利の決まり方
●長期&短期金利の違い
●住宅ローンは固定か変動か
●株と金利の関係

◎連載も充実
●10倍株を探せ!IPO株研究所
●自腹でガチンコ投資!AKB48株ガチバトル
●AKB48武藤十夢のわくわくFX生活!
●株入門マンガ恋する株式相場!

●人気毎月分配型100本の「分配金」速報データ!


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2021】 クレジットカードの専門家が選んだ 2021年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ)

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報