クレジットカード研究

【レックスカードライト(REX CARD Lite)】
「最強の年会費無料カード」の座を奪った新カードは
還元率1.25%、海外旅行保険も自動付帯で死角なし!「レックスカードライト(REX CARD Lite)」のメリットとは?

2014年5月22日公開(2018年9月28日更新)
ザイ・オンライン編集部
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示
レックスカードライト(REX CARD Lite)
 還元率  1.25
レックスカードの詳細はこちら
 発行元  ジャックス
 国際ブランド  VISA
 年会費(税抜)  永年無料
 家族カード  あり(年会費無料)
 ポイント付与対象の
 電子マネー
 モバイルSuica、ICOCA
 ETCカード追加発行  ○(年会費無料)
 海外旅行保険  最大2000万円
(自動付帯)
 国内旅行保険  最大1000万円
(利用付帯)
特長①
年会費無料ながら還元率は1.25%で、一般的なクレジットカードの2.5倍
高還元カードとして有名なレックスカード」の“年会費無料版”として、2014年2月に誕生した「レックスカードライト」。年会費無料ながら還元率は1.25%と、「リクルートカード」の還元率1.2%を0.05%上回り、「最強の年会費無料クレジットカード」に! 一般的なクレジットカードの還元率は0.5%なので、年会費無料ながらその実力は一般的なクレジットカードの2.5倍という驚異的なスペックを実現している。
特長②
貯めたポイントは「カード利用代金」に充当できて、節約効果が絶大
「レックスカードライト」を利用する「レックスポイント」が貯まり、「レックスカードライト」の請求金額に充当することが可能。つまり、ポイントを貯めれば貯めるほど、カード請求金額が安くなる仕組み。商品に交換したり、買い物に利用できる一般的なポイントと異なり、確実に「支出が減らせる」ので節約効果が高くなる
特長③
最大2000万円の「海外旅行傷害保険」が自動付帯と、付帯サービスも充実!
「レックスカードライト」の魅力は還元率の高さだけではない! なんと、年会費無料ながら、最大2000万円の「海外旅行傷害保険」が自動付帯(「レックスカードライト」で旅行代金などを支払わなくても補償対象となる)なのだ。さらに、最大1000万円の「国内旅行傷害保険」も利用付帯となっており、付帯サービスでもライバルの「リクルートカード」を上回っている
特長④
「JACCSモール」を経由すれば、還元率は最大13.25%に!
「レックスカードライト」を発行する「ジャックス」が運営するオンラインショッピングモール「JACCSモール」を活用すれば、「Amazon」「楽天市場」「Yahoo!ショッピング」などで還元率が0.5%アップ、「セブンネットショッピング」では1.5%アップ、そのほかのショップでは最大で12%も還元率がアップ! 合計還元率は最大13.25%になる。
特長⑤
入会キャンペーンでカード到着後3カ月は最大4.55%還元に!
現在実施中の「入会キャンペーン」では、「レックスカードライト」が到着後、3カ月間の利用代金が「5万円以上~7万円未満」で1000円分、「7万円以上~10万円未満」で2000円分、「10万円以上」で3000円分のポイントがもらえる。さらに、「Web明細サービス」への登録で300円分がもらえるので、入会後3カ月で10万円利用した場合、最大で3300円がもらえ、利用代金が10万円だった場合は還元率4.55%という驚異的な還元率に!(※さらに「リボ払いサービス」に登録すると1000円分がもらえるが、金利がかかるためにおすすめはしない)

2014年2月、「最強の年会費無料カード」の座は
「リクルートカード」から「レックスカードライト」へ!

 「レックスカードライト」は、2014年3月に登場した新しいクレジットカード。名前からわかるとおり、還元率1.75%の高還元クレジットカードとして有名な「レックスカード」を発行する「価格.com」が新たに発行を開始した“年会費無料”のクレジットカードだ。

 年会費無料のクレジットカードとしては、2013年5月に登場した「リクルートカード」が還元率1.2%で「最強の年会費無料カード」として人気を博していたが、この「レックスカードライト」は年会費無料ながら還元率1.25%と、「リクルートカード」を0.05%上回ることになり、「最強の年会費無料カード」の座を「レックスカードライト」が奪う形となった。

 この「レックスカードライト」の登場は、もともとレストラン情報サイト(価格.com=食べログ、リクルート=ホットペッパー)や宿泊予約サイト(価格.com=フォートラベル、リクルート=じゃらん.net)、不動産情報サイト(価格.com=スマイティ、リクルート=SUUMO)など、さまざまな分野で競合していた「価格.com」と「リクルート」が、クレジットカード事業でも全面対決の様相を呈すことになった。

 つまり、クレジットカード利用額が多い客層では「価格.com」が発行する年会費2500円(税抜)で還元率1.75%の「レックスカード」と「リクルート」が発行する年会費2000円(税抜)で還元率2%の「リクルートカードプラス」、クレジットカード利用額が少ない客層では「価格.com」が発行する年会費無料で還元率1.25%の「レックスカードライト」と「リクルート」が発行する年会費無料で還元率1.2%の「リクルートカード」が、それぞれ高還元カードとして鎬を削る格好になったのだ。

 それぞれのカードに細かな違いはあるものの、「年会費無料カード」としては「リクルートカード」よりも「レックスカードライト」のほうがメリットは多く、「最強の年会費無料カード」と考えて間違いはないだろう。

 では、具体的に「レックスカードライト」のメリットを見ていこう。

年会費無料で1.25%の破格の高還元率に加え、
貯めたポイントで確実に支出を抑えられる!

 「レックスカードライト」の一番のメリットは、前述のとおり、高い還元率だ。

 年会費無料ながら1.25%という還元率は、一般的なクレジットカードの還元率0.5%の2.5倍で、「リクルートカード」の還元率1.2%も0.05%上回っており、「年会費無料カード」としてはカード業界最高で文句なし。

 しかも、「リクルートカード」を利用して貯まる「リクルートポイント」が「リクルート」が運営するサイト内でしか使えないのに対し、「レックスカードライト」を利用して貯まる「レックスポイント」はクレジットカードの請求額に充当することができる「キャッシュバック型」なので自由度が高く、確実に「支出を抑えられる」ために節約効果は絶大だ。


 還元率の差はもちろんだが、貯まるポイントの使い道に関しても「リクルートカード」よりも「レックスカードライト」のほうに軍配が上がる。

年会費無料ながら最大2000万円の「海外旅行傷害保険」が
自動付帯と、付帯サービスも充実の「レックスカードライト」

 また、還元率以外の面でも「レックスカードライト」は「リクルートカード」や、他の年会費無料カードを上回るメリットを持っている。

レックスカードライト」では、最大2000万円の「海外旅行傷害保険」が「自動付帯」で、旅行代金などを「レックスカードライト」で支払っていなくても、補償の対象になるのだ。

 最大2000万円という金額的にも、「自動付帯」という付帯条件的にも、この付帯サービスは他の年会費無料カードでは見られない充実度だ。「リクルートカード」も最大2000万円の「海外旅行傷害保険」が付帯しているが、「利用付帯」なので条件的には「レックスカードライト」が勝っている。

 さらに、最大1000万円の「国内旅行傷害保険」も「利用付帯」。年会費無料カードだと「国内旅行傷害保険」が付帯していないカードも多いので、付帯サービスとしてはもっとも需要が高い「旅行保険」が充実している年会費無料カードと言えるだろう。

「JACCSモール」を活用すれば「Amazon」などで還元率1.75%、
加盟ショップによっては還元率が最大13%超に!

 「レックスカードライト」は「価格.com」が「ジャックス」と提携して発行されている。そのため、「ジャックス」が運営するオンラインショッピングモール「JACCSモール」を利用することができる。

「JACCSモール」を活用すれば、500以上のショップで還元率がアップする!

 「JACCSモール」には、「Amazon」や「楽天市場」「Yahoo!ショッピング」のほか、「セブンネットショッピング」「ディノスオンラインショップ」「ニッセンオンライン」「ポンパレモール」など、著名なサイトが全500ショップも加盟しており、「レックスカードライト」利用者は「JACCSモール」を経由して、それらの加盟ショップで買い物をすることで、還元率が0.5%から最大で12%もアップする。

 もちろん、「楽天市場」で買い物をすれば1%分の「楽天スーパーポイント」、「Yahoo!ショッピング」なら1%の「Tポイント」など、各ショップで加算されるポイントも加算される。

 上昇する還元率はショップによって異なるが、「Amazon」「楽天市場」「Yahoo!ショッピング」などの超大手サイトでもプラス0.5%、「セブンネットショッピング」「ポンパレモール」ではプラス1.5%、「ケンコーコム」ではプラス2.5%など、よく利用されるサイトでも0.5~2.5%も還元率が上がる。

 もともと高還元率の「レックスカードライト」だが、「JACCSモール」を上手に活用することで、さらにお得に使えるので、ネットショッピングをするときには必ず「JACCSモール」を利用しよう。

ただし、年間カード利用額が50万円以上の人は
年会費を払っても「レックスカード」のほうが得!

 さて、ここまで「レックスカードライト」のメリットを見てきたが、「最強の年会費無料カード」とはいえ、利用する人によっては「最強」ではなくなってしまう。

 というのも、実は「レックスカード」は初年度年会費が無料で、さらに年間カード利用額が50万円以上だと次年度以降も年会費が無料になる「実質」年会費無料カードのため、年間カード利用額が安定して50万円を超える人にとっては「レックスカードライト」よりも「レックスカード」を利用したほうが得をするのだ。その差は年間カード利用額50万円の場合は1500円、100万円の場合は5000円にもなる。

レックスカード(REX CARD)
還元率 1.25%
「レックスカード(REX CARD)」のカードフェイス
発行元 ジャックス
国際ブランド VISA、Master
年会費 無料
家族カード あり(年会費無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
モバイルSuica、ICOCA
関連記事 海外旅行保険が「自動付帯」にもかかわらず、年会費無料のお得なクレジットカードはコレだ!「利用付帯」と「自動付帯」のカード活用法
「レックスカード(REX CARD)」の公式サイトはこちら

 年間カード利用額が50万円ということは、1カ月平均で4万1667円。電気やガスなどの光熱費、携帯電話やプロバイダーなどに支払う通信費、さらに飲食店やスーパーでの出費などをすべて「レックスカード」に集中させれば、決して難しい金額ではないだろう。

 現在は現金で支払っている支出をカード払いにできないかを見直して、年間カード利用額が50万円を超えれば、「レックスカード」も「レックスカードライト」も年会費は無料で、還元率が1.75%と1.25%となり、どう考えても「レックスカード」のほうが得をする。

「レックスカード」は「キャッシュバック型(貯めたポイントをカードの請求金額に充当できたり、カード請求代金が自動的に割り引かれたりして、現金に還元できる節約効果が高いタイプ)」としては還元率が業界最高水準の「最強のクレジットカード」の一つ。

 自分のクレジットカード利用額をもとに、「レックスカード」と「レックスカードライト」のどちらが得かを見極めてから入会するのがおすすめだ。

キャンペーンを利用すれば「レックスカードライト」は最大4.55%、
「レックスカード」は最大5.05%という驚異的な還元率に!

 現在、「レックスカード」と「レックスカードライト」は入会キャンペーンを実施中で、カード到着後の3カ月間の利用金額が「5万円以上~7万円未満」で1000円分、「7万円以上~10万円未満」で2000円分、「10万円以上」で3000円分のポイントがもらえる。

 さらに、「Web明細サービス」への登録で300円分がもらえるので、入会後3カ月で10万円利用した場合、最大で3300円がもらえる。利用代金が10万円だった場合、「レックスカードライト」なら4.55%、「レックスカード」なら5.05%という驚異的な還元率になる。

 年間カード利用額が50万円未満なら「最強の年会費無料カード」の「レックスカードライト」、50万円以上なら「業界最高水準の還元率1.75%」を誇る「ックスカード」を選んでおけば、どちらにしても現時点ではほぼ最良の選択となるのは間違いない。すぐにでも「レックスカードライト」、または「レックスカード」に切り替えよう!

 


 【関連記事】


【2014年度版】お得なクレジットカード選び!(2)
高還元カードの「還元率」「年会費」を徹底比較!
年間利用金額別「最強のメインカード」はコレだ!

 前回の「基礎知識編」では、「クレジットカードを活用して本当に得する方法」を紹介したが、今回からは具体的にお得なクレジットカードを紹介する。

 まず、今回はもっとも重要な「最強のメインカード」を選んでみよう!

 「メインカード」を選ぶ際に重要なのは、単純に「還元率」や「年会費」でクレジットカードを選ぶのではなく、自分の「年間クレジットカード利用額」を把握し、「還元率」と「年会費」を考慮して、その「年間クレジットカード利用額」でもっとも得するクレジットカードを選ぶことだ。

 というのも、クレジットカード会社としては利用額が多ければ多いほど、店舗などから得られる「手数料」が増えるため、利用額が多い顧客を優遇し、「年間●万円以上の利用で年会費は無料」、もしくは「年間●万円以上の利用でボーナスポイント付与」とするカード会社も多いのだ。…続きはこちら!


マネー誌編集者が自戒の念を込めて
新社会人に贈る「お金が貯まる7カ条」

 桜もチラホラ咲き始めて、いよいよ今年も新社会人が働き始める季節になりました。

 今回は、「マネー誌編集者」として、就職祝いの代わりに新社会人の皆さんに「効率よくお金を貯められるアドバイス」を贈りたいと思います。

 しかし、これは「自分がこうやって成功したから」という自慢話ではありません。むしろ、「なぜ、自分は社会人になったときに、こういうことに気付かなかったのか」という自戒を込めたアドバイスです。

 なぜなら、これからアドバイスする内容を実践していれば「10~20年で、ある程度まとまったお金を貯めることができたはずだ」と、今になって心底、後悔しているからです……。

「マネー誌編集者」としての自分が効果的だと思う「効率よくお金が貯められるアドバイス」は全部で7つ。すべてを実践することが理想ですが、難しければ、このうちのいくつかでも構いません。決して無駄にはならないと思うので、本格的に仕事が忙しくなる前に一読いただければ幸いです。…続きはこちら!


新登場の「レックスカードライト」が募集開始!
「年会費無料」+「高還元」のクレジットカードで
「価格.com」と「リクルート」の全面対決に!


   4月に消費税増税を控えて、新たな高還元率のクレジットカードが登場した。

 その名も「レックスカードライト」。

 名前からもわかるとおり、高還元率の代表的なクレジットカードとして知られている「レックスカード」を発行する「価格.com」が、新たに「年会費無料」のクレジットカードとしては破格の「還元率1.25%」というスペックの「レックスカードライト」の募集を2月19日に開始したのだ。

 年会費無料のクレジットカードとしては、2013年5月末に「リクルート」が「還元率1.2%」の「リクルートカード」を発行し、人気の「楽天カード」を上回る還元率に注目が集まった。

 今回、その「リクルートカード」の還元率を「0.05%」上回る還元率の「レックスカードライト」を「価格.com」が発行したことで、レストラン情報サイト(リクルート=ホットペッパー、価格.com=食べログ)や宿泊予約サイト(リクルート=じゃらん.net、価格.com=フォートラベル)、不動産情報サイト(リクルート=SUUMO、価格.com=スマイティ)など、さまざまな分野で競合していた「リクルート」と「価格.com」が、クレジットカードの分野でも「価格.com」と「リクルート」の全面対決が始まった格好だ。…続きはこちら!

※クレジットカードの専門家2人が選んだ、2019年の最強カードは?
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】
「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!
全7部門の“2019年の最優秀カード”を詳しく解説!

【クレジットカードおすすめ比較】還元率でクレジットカードを選ぶ!還元率ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】ービス充実の「おすすめゴールドカード」はコレ!ページへ
ETCカードでクレジットカードを選ぶ!ETCカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】人気ランキングでクレジットカードを選ぶ!人気ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】プラチナカードでクレジットカードを選ぶ!プラチナカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス)を比較して選ぶ!
【クレジットカードおすすめ比較】マイルでクレジットカードを選ぶ!マイルランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】海外旅行保険でクレジットカードを選ぶ!海外旅行保険ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】法人カードで選ぶ!法人カードでおすすめクレジットカードはコレだ!
【クレジットカードおすすめ比較】年会費無料でクレジットカードを選ぶ!年会費無料ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】最短即日発行~翌日発行で選ぶを比較して選ぶ!今すぐ入手できる、お得なクレジットカードはコレだ!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開!

【2019年8月1日時点・最新情報】
還元率、年会費etc.で比較! 人気のおすすめクレジットカード

還元率 年会費
(税抜)
ブランド 電子マネー対応
(ポイント付与対象)
カード
フェイス

 ◆OricoCard THE POINT (オリコカード・ザ・ポイント)

1.0~2.5% 永年無料 JCB
Master
Suica
ICOCA
OricoCard THE POINTカード公式サイトはこちら
【OricoCard THE POINTのおすすめポイント】
年会費無料ながら新規入会後6カ月は2.0%の高還元率で、7カ月以降も通常還元率が1.0%の高還元クレジットカード。ネットショッピングでは「オリコモール」活用で「Amazon」で還元率2%になるほか、「楽天市場」や「Yahoo!ショッピング」でも還元率2.5%(各ショップのポイント含む)になるなど、ネットショッピングでは最強レベル。また、「iD」と「QUICPay」を搭載しているので少額決済でも便利。貯めたポイントは「Amazonギフト券」「iTunesギフトコード」なら即時交換ができるので、ポイントの使い勝手も◎!
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全7部門の“2019年の最優秀カード”を詳しく解説!(最優秀年会費無料カード部門)
年会費無料カードの還元率競争が激化!「Orico Card THE POINT」はネット通販に強く、還元率1.5~2.5%も狙える注目の新登場カード!
「Orico Card THE POINT」は、還元率1.0%、年会費が永年無料のお得な高還元率カード。入会6カ月間は最大還元率がなんと3.0%に!
OricoCard THE POINTの公式サイトはこちら

 ◆楽天カード

1.0~3.0% 永年無料 VISA
JCB
Master
楽天Edy
(楽天Edyへの
チャージ分は
還元率0.5%)
楽天カード公式サイトはこちら
【楽天カードのおすすめポイント】
楽天市場や楽天ブックス、楽天トラベルを利用している人はもちろん、楽天ユーザー以外にもおすすめの「年会費無料&高還元」クレジットカードの代表格。通常還元率は1.0%だが、楽天市場や楽天ブックスでは最低でも還元率が3.0%以上に! また、「楽天ポイントカード」や電子マネーの「楽天Edy」との併用で、楽天グループ以外でも還元率は1.5~2.0%以上になる! ゴールドカードの「楽天プレミアムカード」も格安の年会費で「プライオリティ・パス」がゲットできてコスパ最強
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全7部門の“2019年の最優秀カード”を詳しく解説!(最優秀メインカード部門)
「楽天カード」よりも「楽天ゴールドカード」を使ったほうが確実に得をする“損益分岐点”が判明!楽天市場での利用額次第で「楽天カード」よりお得!
「楽天カード」にメリット追加で還元率もアップ!さらに「楽天カード」と「楽天モバイル」の兼用でスマホ代の節約+楽天ポイントがザクザク貯まる!
楽天カードの公式サイトはこちら

 ◆アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

1.5%~ 1万円 AMEX Suica
ICOCA
高還元クレジットカードおすすめランキング!アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの公式サイトはこちら
【アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードのおすすめポイント】
マイル系最強カード」との呼び名が高いクレジットカード。対象航空会社・旅行会社28社で航空券代金やツアー代金を決済すると通常の3倍のポイントが貯まるので、航空会社発行のカードよりもマイルが貯まりやすいのが魅力。さらに、貯まったポイントは提携航空会社15社のマイルに自由に交換可能で、しかもポイントは無期限で貯められるのも大きなメリット! 「長距離+ビジネスクラス」の特典航空券に交換すれば、還元率は1.5%よりも高くなる!
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全7部門の“2019年の最優秀カード”を詳しく解説!(マイル系カード部門)
航空・旅行アナリストがおすすめ!貯めたポイントを航空会社15社で自由に使える万能型のマイル系クレジットカードとは?
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの公式サイトはこちら
 ◆dカード
1.0~3.0% 初年度無料(※)
次年度以降も
条件次第で無料
VISA
Master
iD
dカードの公式サイトはこちら
【dカードのおすすめポイント】
テレビCMでもおなじみの「NTTドコモ」のカードだが、auやソフトバンク利用者でもお得! 初年度年会費は無料で、年1回でも利用すれば次年度以降も年会費無料の「実質年会費無料」カードながら、通常還元率1%と高還元。さらに、ローソンでの利用分は請求時に3%オフになり、ポイント付与と合計すると常時5%の超高還元が実現!「dカード」で貯まる「dポイント」は携帯電話料金に充当できるほか、「Ponta」にも交換可能となり、ドコモユーザー以外でもお得なクレジットカードだ。
(※ 年会費は初年度無料、2年目以降1250円。ただし、年1回でも利用すれば次年度以降も無料)
関連記事
◆「dカード」は「dポイント」を貯める最強カード! ドコモ利用者以外は年会費実質無料の「dカード」、ドコモ利用者は「dカード GOLD」がおすすめ!
◆「dカード」はドコモユーザー以外にもおすすめの「高還元+実質年会費無料」クレジットカード!ドコモユーザーなら「dカード GOLD」を使い倒せ!
NTTドコモ「dカード」の公式サイトはこちら

 ◆JCB CARD W(ダブル)

1.0~3.0% 永年無料 JCB QUICPay
JCB CARD W(ダブル)の公式サイトはこちら!
【JCB CARD W(ダブル)のおすすめポイント】
2017年10月24日に、JCBから年会費無料&高還元のエントリーカードが登場! 年会費無料で通常還元率は1.0%、さらに「ORIGINAL SERIESパートナー加盟店」のイトーヨーカドーやセブン-イレブン、Amazonなどでは還元率2.0%、スターバックスでは還元率3.0%と、驚異的な還元率に! しかも、大手カード会社のクレジットカードだけあって、ポイントの汎用性も抜群!
【関連記事】
「JCB CARD W」は「楽天カード」などとほぼ同じ、年会費無料+還元率1~3%のJCBの入門用カード!Amazonやスタバをよく利用する20~30代は注目!
「JCB CARD W」は、年会費無料で還元率1%以上のお得な高還元クレジットカード!「JCB CARD W」のメリット・デメリットを他のカードと比較して検証!
JCB CARD W(ダブル)のメリットを解説!「年会費無料」「常に還元率1.0%以上」「ポイントの使い勝手が良い」と三拍子そろった高還元クレジットカード!
JCB CARD Wの公式サイトはこちら

【SPGアメリカン・エキスプレス・カード】
「ホテル宿泊券」+「マリオットの上級会員資格」が
もらえて得するホテル系カード⇒関連記事はこちら

SPGアメリカン・エキスプレス・カード公式サイトはこちら

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードの公式サイトはこちら!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 SPGアメリカン・エキスプレス・カード じぶん銀行住宅ローン 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

最強日本株76
サラリーマンの
副業トレード術

10月号8月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

最強日本株/サラリーマンの副業トレード術

配当利回り4%超ゴロゴロ!最強日本株
・「10万円株の乱北の達人 VS オリンパスほか
・「
高配当株の陣ソフトバンク VS JTほか
・「
大型株の変ソニー VS 村田製作所ほか
世界景気は底打ち! 2019年秋以降に反転し、
日本株は買い場
株主優待の神桐谷さん推す株主優待

●忙しいサラリーマンの副業トレード
会社員が勝つためのキモは時間の上手な使い方 
・「2〜3カ月に一度の売買」は売り時を逃さない指値注文がカギ
株仲間を作ろう! 東京、大阪、名古屋、ほか
全国9カ所の「
株のオフ会」突撃取材! 

●そろそろ仮想通貨をはじめよう
●毎月分配型投信100本の本当の利回り
老後のおかねの設計図を作ろう
●自腹でガチンコ投資! AKB48「株」ガチバトル
●株入門マンガ/恋する株式相場! 
本誌崖っぷち部員の同時進行ドキュメント
定年退職までのロードマップ

【別冊付録】
元手0円で投資家デビュー! ポイント運用&投資
・6つのポイントの貯めワザ&増やし方! 

定期購読を申し込むと500円の図書カードをプレゼントキャンペーン開催中!


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2019】 クレジットカードの専門家が選んだ 2019年おすすめ「法人カード」を発表! 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ) 一番売れてる月刊マネー雑誌ザイが作った「老後のおかねの教科書」

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報