ふるさと納税おすすめ特産品情報
2017年6月8日 ザイ・オンライン編集部

ふるさと納税「定期便&頒布会」の自治体ベスト3!
旬のフルーツや魚介類などが、1回の申し込みで
何度も特産品がもらえる、おすすめの自治体とは?

ふるさと納税の返礼品として、「定期便」や「頒布会」方式を採用しているお得な自治体ベスト3を紹介!

「返礼品を寄付額の3割以下に」という総務大臣の通知によって、返礼品の内容が寂しくなることを懸念している人も多いはず。実際、「過剰」と言われかねない返礼品合戦を行なっていた自治体の中には、自粛を始めたところも多い。ただし、「名・実・節度」と3拍子揃う自治体はまだまだ健在だ!

ダイヤモンド・ザイでは、特集「早いモノ勝ち!ふるさと納税ベスト自治体55」の中で、ジャンル別にまだお得感のある返礼品を用意している自治体をピックアップ。なかには、一度にドカンと届けられるのではなく、定期的に適度な分量で旬の商品が届けられる、魅力的な「定期便」「頒布会」方式を採用する自治体もある。今回は、そんな便利でお得な自治体ベスト3を紹介しよう!

1回の申し込みで定期的に旬の特産品を楽しめる!

 自粛ムードのふるさと納税だが、変わらずお得な返礼品を用意している自治体はまだまだある。

 今回取り上げるのは、「定期便」「頒布会」タイプの返礼品を用意している自治体だ。ふるさと納税の定期便、頒布会とは、いずれも決まった回数だけ、定期的に特産品などが届けられる方式のこと。たとえば、フルーツの定期便を選択すると、年に4~6回程度、その時々の旬のフルーツを届けてもらうことができる。

 通常のふるさと納税とは違い、複数回届く分だけ寄付金額はやや高額になる。ただし、結果的にはお値打ちなものばかりで魅力は十分だ。ダイヤモンド・ザイでは、定期便・頒布会方式の返礼品を用意している自治体をランキング形式で紹介しているが、ここではベスト3までを紹介していこう。(※なお、情報は2017年5月10日時点のもの。返礼品の内容・寄附金額等は変更の可能性あり)

 まず、第1位は山形県酒田市の「酒田の季節のフルーツ頒布会」だ。

 2万円の寄附で、季節の果物が4回届く豪華セット。メロン2玉、柿7.5kgなど、他の自治体なら1回分が1万円の寄附扱いでもおかしくないラインナップ。6月末が申込締切なのでお急ぎを。

 第2位は、北海道増毛郡増毛町の「ぐるめ食品 季節の定期便」。

 従来から、えびやいくらなどで大人気の増毛町。常に返礼品のブラッシュアップを続ける当町だが、今回紹介する5万円で6回も届く定期便は甘えび、塩うに、いくらなど大人気の海の幸がこれでもかと詰まっている。年末に届くたらこ2kgは圧巻。

 第3位には、鳥取県米子市の「大山Gビール&大山ハムコースA」がランクイン。

 従来から人気トップ級の大山ハムと大山Gビールがセットになって登場。その月に送るビールの銘柄とつまみの相性を、プロが吟味したうえで届けてくれる。

 ここまで、定期便&頒布会方式の特産品を紹介してきた。なお、通常の特産品選びには、ザイ・オンラインで紹介している「ふるさと納税おすすめ特産品ランキング」もおすすめ。牛肉ビールパソコンなど人気の特産品ごとに、お得な自治体をランキング形式で掲載中だ。

【※関連記事はこちら!】
■ふるさと納税で「牛肉」がもらえる自治体ベスト5!総務大臣の厳しい「返礼率規制」通知後でも、お得な返礼品を用意しているおすすめ自治体を紹介!
福井県の自治体の「ふるさと納税」返礼品ベスト3! 総務省の「返礼率規制」の通知に異議を唱えている福井県は、カニ・エビ・フグなど海産物が超充実!