配当【増配・減配】最新ニュース!
2020年3月2日 ザイ・オンライン編集部

ハークスレイ(7561)、記念配当の実施で、配当利回り
が3.1%⇒4.9%にアップ! 2020年3月期の配当額は
普通配当35円+記念配当20円の「1株あたり55円」に!

ハークスレイが、2020年3月期の期末配当で「1株あたり20円」の「創立40周年記念配当」を実施すると、2020年3月2日の11時に発表した。普通配当は前期(2019年3月期)と同額の「35円」のため、記念配当が実施される分、前期比で20円の「増配」となる見込みだ。

ハークスレイは持ち帰り弁当「ほっかほっか亭」などのフランチャイズチェーンを統括している会社。
ハークスレイは持ち帰り弁当「ほっかほっか亭」などのフランチャイズチェーンを統括している会社。
拡大画像表示

 ハークスレイは、2020年3月期の中間配当(9月・実施済み)は「17円(普通配当17円)」、期末配当(3月)の予想は「38円(普通配当18円+特別配当20円)」、合計の年間配当額は「1株あたり55円」と発表した。

 2019年3月期の配当は「1株あたり35円」だったので、前期比で「20円」の増配となる。今回の増配発表により、ハークスレイ配当利回り(予想)は3.13%⇒4.92%にアップしている。
【※関連記事はこちら!】
「高配当株」と「増配株」では、どちらに投資すべきか?「増配」は業績やビジネスモデルの“裏付け”があるが、「高配当」は株価や配当額に左右される不安定なもの!

 ハークスレイは「創立40周年記念配当」の実施を本日(2020年3月2日)11時に開示した。そのため、ハークスレイの株価は一時、当日安値の1010円から15.04%も高い1162円を記録し、終値は1116円で引けている。

 なお、ハークスレイは今回の記念配当を実施する理由として、ハークスレイが本年3月18日に創立40周年を迎えることのほかに、「連結子会社における固定資産の譲渡に伴う特別利益の計上もあり、2020年3月期の連結業績における親会社株主に帰属する当期純利益が増加する見込である」ことを挙げている。

ハークスレイの過去5期の配当の推移は?

ハークスレイの年間配当額の推移
  2016年3月期 2017年3月期 2018年3月期 2019年3月期 2020年3月期
配当額
(年)
45円 32円 35円 35円 55円(※)
(予想)
※2020年3月期の年間配当額は「普通配当35円」に「記念配当20円」が加算され、合計で「55円」の予想。

ハークスレイの配当利回り、配当+株主優待利回りは?

 ハークスレイの2020年3月2日時点の株価(終値)は1116円なので、記念配当を加味した場合の配当利回り(予想)は以下のようになる。

【※ハークスレイの配当利回り】
株価:1116円
年間配当額:普通配当35円+記念配当20円=55円
配当利回り=55円÷1116円×100=4.92%

 ハークスレイの配当利回りは4.92%(記念配当を加味しない場合は3.13%)。2020年2月の東証1部の平均利回りは2.31%(配当実施企業のみ)なので、ハークスレイの配当利回りは「かなり高め」と言えるだろう。
【※関連記事はこちら!】
「配当利回りが高い株」に投資するより重要なのは、「増配傾向にある株」を選んで投資をし続けること! 実現間近の「配当でモトを取る」途中経過も大公開!

 また、ハークスレイは保有株数に応じて「QUOカード」がもらえる株主優待を実施している。株主優待の内容は、「300株以上~500株未満保有で500円分、500株以上~1000株未満保有で1000円分、1000株以上保有で2000円分のQUOカードを贈呈」というもの。

 ハークスレイの2020年3月2日時点の株価(終値)は1116円、配当利回りは4.92%なので、「配当+株主優待利回り」を計算すると、以下のようになる。

【※ハークスレイの配当+株主優待利回り(300株保有時)】
投資金額:300株×1116円=33万4800円
優待品(QUOカード):500円分
株主優待利回り=500円÷33万4800円×100=0.14%
配当+株主優待利回り=4.92%+0.14%=5.07%

【※ハークスレイの配当+株主優待利回り(500株保有時)】
投資金額:500株×1116円=55万8000円
優待品(QUOカード):1000円分
株主優待利回り=1000円÷55万8000円×100=0.17%
配当+株主優待利回り=4.92%+0.17%=5.10%

【※ハークスレイの配当+株主優待利回り(1000株保有時)】
投資金額:1000株×1116円=111万6000円
優待品(QUOカード):2000円分
株主優待利回り=2000円÷111万6000円×100=0.17%
配当+株主優待利回り=4.92%+0.17%=5.10%

 ハークスレイの株主優待利回りは300株保有時で0.14%と決して高い水準ではないが、配当利回りが4.92%なので、「配当+株主優待利回り」は5%を超える高水準になる。ただし、株主優待の権利を獲得するには最低「300株以上」の保有が必要なので要注意。
【※関連記事はこちら!】
株主優待+配当利回りが“10%超”の「高利回り銘柄」を紹介! 優待名人・桐谷さんや優待ブロガーの“おすすめ優待株”で作成した「高利回りランキング」ベスト3!

ハークスレイは持ち帰り弁当「ほっかほっか亭」などのフランチャイズチェーンを統括する会社。ベーカリーやコインランドリーも展開している。2020年3月期(通期)の連結業績予想は、売上高2.3%増、営業利益36.6%増、経常利益15.0%増、当期利益0.1%増と堅調(すべて前期比)。

ハークスレイ
業種 コード 市場 年間配当額
小売業 7561 東証1部 55円
株価(終値) 単元株数 最低投資金額 配当利回り
1116円 100株 11万1600円 4.92%
【※ハークスレイの最新の株価・配当利回りはこちら!】
最新の株価。株主優待内容はこちら!
※株価などのデータは2020年3月2日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。