クレジットカード活用術
【第5回】 2013年12月24日 菊地祟仁

「楽天カード」の還元率はもっと上がる!
限定キャンペーン&会員ランクアップを狙って
還元率2%以上も達成可能な「楽天カード」の使い方

【楽天カードの最新情報はこちらでチェック!】
⇒「楽天カード」にメリット追加で還元率もアップ!さらに「楽天カード」と「楽天モバイル」の兼用でスマホ代の節約+楽天ポイントがザクザク貯まる!

 共通ポイントの貯め方・使い方を解説してきましたが、最終回は「Rポイントカード」です。

「Rポイントカード」とは、楽天が2014年秋から本格展開する「共通ポイント」カードです。まだまだ不明な点も多いため、今回はお得な貯め方・使い方ではなく、「Rポイントカードとは何か」と「楽天スーパーポイントを上手に貯めるための『<楽天カード』の使い方」について書きたいと思います。

2014年秋から展開される「Rポイントカード」とはいったい何?

 まず、「Rポイントカード」はどんなポイントカードなのでしょうか?

楽天市場サイト画像「楽天市場」や「楽天ブックス」などで貯まる・使える「楽天スーパーポイント」が街中でも利用可能に

 基本的には従来の「楽天スーパーポイント」を「楽天市場」や「楽天ブックス」「楽天トラベル」などのネット上のサービスだけでなく、街中でも貯めたり、使ったりできるようになる「ポイントカード」サービスで、「Pontaポイント」や「Tポイント」と同じような「共通ポイント」として普及させたい意向のようです。

 では、「Rポイントカード」はどこで手に入るのでしょうか?

「Rポイントカード」は台紙に貼り付けられている状態で、加盟店で配布されます。現在のところ加盟店は「タマホーム」のみですが、9月にはコンビニ業界4位の「サークルKサンクス」が加盟すると発表されたので、いずれは「サークルKサンクス」でも配布されるはずです。

Rポイントカードとてもシンプルなデザインが印象的な「Rポイントカード」。「楽天Edy」搭載バージョンも登場予定

 加盟店で手に入れた「Rポイントカード」は台紙から取り外して提示することで、すぐにポイントを貯めることができます。

「Rポイントカード」と楽天会員IDを紐付けるためには「利用登録」ページ「Rポイントカード」と楽天会員IDを紐付けるためには「利用登録」が必要になる

 ただし、「Rポイントカード」の有効期限はポイントを最初に貯めた日から6ヶ月ですので、6ヶ月以内に楽天会員IDでログインし、「Rポイントカードの利用登録」を行う必要があります。「Rポイントカードの利用登録」は、「Rポイントカード」に記載されている16桁の「Rポイントカード番号」と7桁の「セキュリティコード」を入力するだけです。

 利用登録をすることで、楽天会員IDとRポイントカード番号が紐付けされて、「楽天スーパーポイント」をネットでもリアルでも利用できるサービスとなるのです。利用登録をしなければ貯めたポイントは使うことができませんので、「Rポイントカード」取得後は早めに利用登録をしましょう。

 また、1つの楽天会員IDに3枚の「Rポイントカード」を登録することができるので、家族で貯めたポイントを1つの楽天会員IDに集約するということもできますね。ポイントカードの配布方法、複数のカードのポイントを集約できる点などは「Pontaカード」のいいところを採用しているように感じます。

 ただし、「楽天市場」などのキャンペーンで貯めた「楽天スーパーポイント」の「期間限定ポイント」をリアル店舗で利用できるのか、「楽天市場」で設定されている「1回の利用で3万ポイントまで」という上限がリアル店舗でも設定されるのかなど、まだまだ不明な点も多いので、「Rポイントカード」の詳細な利用方法は本格的なサービス開始まで注目しておきましょう。

「Rポイントカード」+「楽天カード」でポイント2重取りが可能に!

 「Rポイントカード」の利用登録をすれば「楽天スーパーポイント」が街中でも貯まる・使えるようになるということは、「Tカード」や「Pontaカード」のように加盟店で「Rポントカード」を「提示するだけ」でポイントが貯まるということになり、「Rポイントカード」を提示して、代金を「楽天カード」で支払うと「楽天スーパーポイント」の2重取りが可能になるわけです。

「楽天スーパーポイント」を効率よく貯めるクレジットカードとしては「<楽天カード」しかありません。

 「<楽天カード」は年会費が永年無料で、どこで使っても100円(税込)につき、1ポイントの「楽天スーパーポイント」が貯まる、非常に使いやすいカードとして人気を集めています。

 しかし、「<楽天カード」を保有している人でも、実は「<楽天カード」の本当の実力を発揮させることができている人は少ないのではないでしょうか。