クレジットカード活用術
【第35回】 2015年4月28日 菊地祟仁

「Yahoo! JAPANカード」はTポイント利用者必携!
年会費無料で還元率1%、Tカード機能も搭載し、
Yahoo!ショッピングではポイント3倍の高スペック!

 今回は2015年4月1日から募集開始された「Yahoo! JAPANカード」について解説します。

Yahoo! JAPANカード」の新規募集開始により、従来発行されていた「Yahoo! JAPAN JCBカード」、「Yahoo! JAPANカードSuica」の新規募集は停止しています。「Yahoo! JAPAN JCBカード」は今後も保有者には継続されますが、「Yahoo! JAPANカードSuica」の場合は更新カードも発行されません。両カードの保有者は「Yahoo! JAPANカード」への切り替えをおすすめします。

「Yahoo! JAPANカード」の国際ブランドはJCB、Master、VISAの3種類、それぞれ黒と赤が用意されている

 では、今回新しくなった「Yahoo! JAPANカード」は何がお得なのでしょうか? 筆者も募集開始直後に申し込み、いくつか気になるポイントは問い合わせて確認したので、その結果も踏まえて紹介していきましょう。

「Yahoo! JAPANカード」はどこでも還元率1%なのに加えて
「Yahoo!ショッピング」と「LOHACO」ではポイント3倍!

 まず、基本的なスペックは「Yahoo! JAPAN JCBカード」などと同じで、年会費は永年無料。どこで利用してもショッピング利用100円(税込)につきTポイントが1ポイントは必ず貯まります。

Yahoo! JAPANカード
還元率 1.0~3.0%
「Yahoo! JAPANカード」のカードフェイス
発行元 ワイジェイカード
国際ブランド VISA、Master、JCB
年会費 永年無料
家族カード あり(年会費永年無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
モバイルSuica、ICOCA、
nanaco
(還元率0.5%)
au WALLET
(Masterのみ)
「Yahoo! JAPANカード」の公式サイトはこちら

 従来の「Yahoo! JAPAN JCBカード」との大きな違いは、「Yahoo!ショッピング」、「LOHACO」で「Yahoo! JAPANカード」を使って決済するとポイントが3倍になるという点です。

「Yahoo! JAPANカード」なら「Yahoo!ショッピング」や「LOHACO」では常時還元率1.5%に!

 「ポイントが3倍」の内訳は以下のとおりです。

 通常、「Yahoo!ショッピング」や「LOHACO」で貯まるポイントは100円(税込・送料抜き)につきTポイントが1ポイントです。そして、「Yahoo! JAPANカード」で決済した場合はどこでも100円(税込)につき1ポイント獲得できます。ここまでは「Yahoo! JAPAN JCBカード」と同じですが、最後に「Yahoo! JAPANカード」で「Yahoo!ショッピング」「LOHACO」を利用したときのボーナスポイントとして、別途100円(税込・送料抜き)につき1ポイント貯まり、ポイント3倍ということになります。

「Yahoo!ショッピング」と「LOHACO」での買い物では、従来の「Yahoo! JAPAN JCBカード」、「Yahoo! JAPANカードSuica」を利用するよりも「Yahoo! JAPANカード」のほうが1%分お得になったということです。

 ちなみに、2015年3月31日(火)までは「Yahoo!ショッピング」や「LOHACO」で貯まるポイントは「100円(税抜・送料抜き)につき1ポイント」の付与でしたが、「100円(税込・送料抜き)につき1ポイント」と、ポイント付与の条件が「税込」に変わり、地味に4月から改善されていました。気が付きましたか?

新生「Yahoo! JAPANカード」には「Tカード」機能も搭載!
ネットでも街中でも、この1枚でTポイントが効率よく貯められる!

 以前にTポイントを貯めるクレジットカードとして「Yahoo! JAPAN JCBカード」を紹介したことがありますが、「Yahoo! JAPAN JCBカード」の欠点はTカード機能が搭載されていないことでした。そのため、以前の記事では別途Tカードが必要なため、「Yahoo! JAPAN JCBカード」保有者は「ファミマTカード(クレジット機能なし)」の2枚のカードを保有することをおすすめしていました。

 しかし、今回新たに登場した「Yahoo! JAPANカード」はTカード機能が搭載されているため、「Yahoo! JAPANカード」1枚で「Tカード提示+Yahoo! JAPANカードでの決済」による「ポイント2重取り」が可能になっています。TSUTAYAでもENEOSでも「Yahoo! JAPANカード」1枚で提示によるTポイントの獲得、決済時のTポイントの獲得ができるようになったのです。

Yahoo! JAPANカード
還元率 1.0~3.0%
「Yahoo! JAPANカード」のカードフェイス
発行元 ワイジェイカード
国際ブランド VISA、Master、JCB
年会費 永年無料
家族カード あり(年会費永年無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
モバイルSuica、ICOCA、
nanaco
(還元率0.5%)
au WALLET
(Masterのみ)
「Yahoo! JAPANカード」の公式サイトはこちら

 ただし、ファミリーマートの「ファミマTカード」の場合は、火曜日・土曜日にファミリーマートで決済すると「ポイント3倍」ですが、それ以外のTカードの場合は火曜日・土曜日は3倍になりません。従って、ファミリーマートをよく使う場合は、やはり別途「ファミマTカード」を保有したほうがポイントを多く獲得できます。

 ちなみに、従来はTカードの保有制限として、1人1枚でしたが、最近は1人複数枚保有していても問題ありません。現在は複数枚のTカードのポイントを移行する仕組みが用意されていますので、ファミリーマートでは「ファミマTカード」、ENEOSでは「ENEOS Tカード」、通常は「Yahoo! JAPANカード」と使い分けることも可能となっています。

「Yahoo! JAPANカード」はTポイント付与に関する制限なし。
JCBならnanaco、Masterならau WALLETでポイント2重取りも!

 「Yahoo! JAPANカード」に申し込む前に、カード決済時に何らかの制限があるのかを問い合わせました。このときに確認したかったのは電子マネーのチャージでポイントが貯まるかどうか、についてです。