貯金のプロが教えるネット銀行活用術
【第4回】 2015年9月8日 八ツ井慶子

個人投資家は「証券系」ネット銀行を使わないと損!
「金利が上がる」「手数料が無料になる」など
ネット証券と連携すれば得するネット銀行を紹介!

「住信SBIネット銀行」のサービス内容をチェックすると、以下のようになります。

【住信SBIネット銀行の商品・サービス】
○普通預金
○定期預金
○外貨預金
×公共料金の口座引き落とし
(少しずつ増えているが、まだ引き落とせないものが多い)
○住宅ローン
○金融商品の販売


「住信SBIネット銀行」の場合、「セブン銀行」よりは商品もサービスも充実しています。ただ、個人の取引に限定して都銀と比較すると、公共料金の口座引き落としがしづらいのがネックです。これは「住信SBIネット銀行」に限らず、多くのネット銀行の共通点です。ちなみに、「住信SBIネット銀行」の場合、公共料金で今のところ口座引き落としができるのは、以下の通りです。

◆NHK
◆NTT
◆中部電力
◆TOKAI(ガス)
◆東京ガス
◆東邦ガス


 多くの電力会社やガス会社、水道局で口座引き落としができないと、メイン口座として使うにはかなり不便です。恐らく銀行サイドも、メインで自行の口座を使ってもらおうとも考えていないのでしょう。

銀行は1つだけではなく、2つ以上使い分けるのが普通の時代です。おすすめしたいのは、給与振込や公共料金の引き落としに、都銀など店舗のあるデパート型の銀行を指定し、預貯金はネット銀行などの金利が高い別の銀行で管理するという分け方。都銀がメインバンク、ネット銀行がサブバンクという位置付けです。そう考えると「住信SBIネット銀行」はサブバンクとして利用すればよく、公共料金の引き落としが難しいという欠点は、何ら関係がなくなります。

「SBI証券」と連携する「ハイブリッド預金」なら
預金金利が0.02%から0.07%と3倍以上にアップ!

 さて、そんな「住信SBIネット銀行」は「SBI証券」と連携しています。

SBI証券【詳細情報⇒SBI証券の紹介ページ
株式売買手数料(指値) 口座開設
10万円 30万円 50万円
139円 272円 272円
ネット証券比較!人気のSBI証券の公式サイトはこちら!
【SBI証券のメリット】  
口座開設数300万超はネット証券で1位。手数料も最安値水準。株主優待情報やチャート、投資情報も充実。有料トレードツール「HYPER SBI」は、月に現物株取引1回以上、または信用口座か先物・オプション口座を開設していれば無料で利用可能。ネット証券では珍しくリアル店舗も有する。住信SBIネット銀行と連携したサービスも展開する。
【関連記事】【SBI証券のおすすめポイントはココだ!】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実のネット証券最大手
SBI証券の口座開設はこちら!


「SBI証券」と連携することによって利用できる特徴的なサービスに「SBIハイブリッド預金」があります。

「SBIハイブリッド預金」は円の普通預金ですが、通常の口座とは別に、改めて「住信SBIネット銀行」のサイトから口座開設を申し込む必要があります。事前に「住信SBIネット銀行」と「SBI証券」の口座を持っていれば、簡単に開設できます。入金するには、通常の普通預金口座から振替すればOKです。

 この「SBIハイブリッド預金」の一つ目のメリットは、普通預金よりも金利が高くなる点です。2015年8月10日現在、「住信SBIネット銀行」の通常の円普通預金金利は0.02%ですが、「SBIハイブリッド預金」の金利は0.07%と3倍以上です。しかも、普通預金金利が通常年2回だけ利息が振り込まれるのに対し、「SBIハイブリッド預金」の金利は毎月振り込まれます。

「SBIハイブリッド預金」の二つ目のメリットは、預金しているお金を「SBI証券」で即時に使えることです。わざわざ証券口座に入金する必要がありません。そのため、「SBIハイブリッド預金」は、次の条件にあてはまる人に向いています。

◆「SBI証券」で株式や投資信託の売買をしたい人
◆近々使う可能性のあるまとまったお金を、有利な金利で預けておきたい人


 長期的に使う可能性のないお金は、定期預金に預けておいたほうが高金利です。ただ、近々使うお金――たとえば数カ月後に支払う学費や、旅行代などのまとまったお金――は、定期預金にするまでもなく、普通預金にしておく場合が多いでしょう。とりあえず定期預金にしておいて、中途解約する人もいるかもしれませんが、その場合はペナルティーとして低い金利が適用されてしまうため、あまり意味がありません。

 それよりは、普通預金よりも金利が高く、途中で簡単に引き出すこともできる「SBIハイブリッド預金」のほうが便利です。現時点では株などに投資をする予定がなくても、いつでも少しだけ高い金利が享受できるので、「住信SBIネット銀行」と「SBI証券」の口座を開設して「SBIハイブリッド預金」を利用してもいいでしょう。

 その他の「住信SBIネット銀行」のメリットといえば、振込手数料やATM手数料が安いところです。

 まず、振込手数料は、「住信SBIネット銀行」間であれば常に無料です。さらに、「住信SBIネット銀行」から他行に振り込む際にも、月1~15回までは手数料が無料です。

 ATMの引き出し手数料はイオン銀行、セブン銀行、ビューアルッテ(ビューカードのATM)、ゆうちょ銀行、イーネット、ローソンATMなどで月2~15回まで無料となります。

【2016年2月1日、追記】
住信SBIネット銀行」は2016年2月から、預金残高や金融商品の保有の有無などの取引実績に応じてランク1~4に振り分け、ATM手数料や振込手数料などの無料回数を変更する「スマートプログラム」を導入。最新情報は下記の記事で確認してください。
◆住信SBIネット銀行「スマートプログラム」を攻略!「SBIカード」の保有で最大限ランクアップすれば、振込手数料が月15回まで無料の最強のネット銀行に!?
【2016年2月2日、追記終わり】

 このように振込手数料もATM手数料も無料の回数が多いので、「住信SBIネット銀行」を利用すれば、かなりの確率で振込手数料やATM手数料を支払わずに済みます。私自身、「住信SBIネット銀行」を利用していますが、ほとんど手数料を支払ったことがありません。

 住信SBIネット銀行
コンビニATM出金手数料 振込手数料
セブン-
イレブン
ローソン ファミリー
マート

(E-net)
ミニストップ
(イオン銀行)
月2回~15回無料(※)、以降は100円  同行あて:無料
 他行あて:
月1回~15回無料
  (※)、以降は142円
【住信SBIネット銀行のメリット】コンビニATM出金手数料と他行あての振込手数料がそれぞれ最大15回まで無料(ランク4の場合)。さらに、「SBI証券」の証券口座と連動する「SBIハイブリッド預金」をつくれば、普通預金金利が大幅にアップ!
※「スマートプログラム」のランクによって、無料出金回数および無料振込回数は異なります。
住信SBIネット銀行の公式サイトはこちら

 

【証券系ネット銀行その(2)】大和ネクスト銀行
大和証券の口座開設が必須でハードルは高いが
他行への振込手数料が月3回無料になる!

 私の場合、自宅の家賃を筆頭に、毎月何件かの振込が発生します。そのため、振込手数料が月3回まで無料の「住信SBIネット銀行」を利用しているのですが、場合によっては、月3回以上振込をしなければならないこともあります。

 そこで、併用しているのが大和ネクスト銀行です。「大和ネクスト銀行」は「大和証券」のグループですので、やはり「証券系」のネット銀行と言えます。

 大和ネクスト銀行
コンビニATM出金手数料(税抜) 振込手数料
(税抜)
セブン-
イレブン
ローソン ファミリー
マート

(E-net)
ミニストップ
(イオン銀行)
0~100円
(※1)
100円
(※1)
 同行あて:無料
 他行あて:自分名義の口座あては無料
(※2)。他人名義の口座あては月3回無料、4回目以降200円
【大和ネクスト銀行のメリット】大和証券の口座と連動させることで、預入総額に応じて金利が優遇、大和証券のダイワ・カードを使って全国のATMで入出金可能になる、など利便性がアップ! 自分名義の口座なら他行あて振込手数料が何回でも無料、他行の他人名義あての振り込みも月3回まで無料!
 ※ 口座開設には、大和証券の口座が必要。※1 大和証券のダイワ・カードを利用。※2 楽天銀行と新生銀行を除く。楽天銀行、新生銀行の自分名義口座は、他人名義口座と同じ扱いになります。
大和ネクスト銀行の公式サイトはこちら


大和ネクスト銀行」は、「住信SBIネット銀行」と同じく他行への振込手数料が月3回無料なので、この2つの銀行を併用すれば、合計で月6回まで無料で振込ができるようになります。ネットショッピングやネットオークション好きの人などにもおすすめです。

 振込手数料については後で詳しく説明するとして、まずは「大和ネクスト銀行」のサービス内容をチェックしてみましょう。