クレジットカードおすすめ最新ニュース[2020年]
2016年8月16日 ポイ探ニュース(菊地崇仁)

「ダイナースクラブ プレミアムカード」の保有で、
宿泊料金3%オフなどの豪華特典が無条件で使える!
「一休.com」の最上級会員になれる裏ワザを解説!

「一休.com」のダイヤモンド会員になれる裏ワザ

 筆者は、宿泊予約サイト「一休.com」のダイヤモンド会員となっている。ダイヤモンド会員は、ポイント還元率が高いだけでなく、対象のホテルや旅館のタイムセールプランを1時間早く予約できるなどの特典が用意されている。

 今回は、「一休.com」のダイヤモンド会員の特典内容と、ダイヤモンド会員を継続的に利用できる裏ワザを紹介したい。

「一休.com」では、半年間の利用金額によって
会員ステージが決まる

 「一休.com」の会員ステージは、毎年4月~9月、10月~翌3月の6カ月間に、「一休.com」の関連サービスでの利用金額を算出し、次の6カ月間の会員ステージが決まるという仕組みだ。

 対象サービスは、「一休.com」「一休.com海外」「一休.comレストラン」「一休.comビジネス」「一休.comキラリト」だ。これらサービスの利用金額で会員ステージが決定する。それぞれの会員ステージになるための利用金額は、下記の通り。

「一休.com」の会員ステージ判定方法
会員ステージ 4月~9月、10月~翌3月の
6カ月間の利用実績
レギュラー会員 5万円未満
 ゴールド会員 5万円以上、10万円未満
プラチナ会員 10万円以上、30万円未満
 ダイヤモンド会員 30万円以上

 夏休みと冬休みの家族旅行を「一休.com」や「一休.com海外」で予約すれば、ゴールド会員レベルまでは到達できるのではないだろうか。

「一休.com」のプラチナ会員・ダイヤモンド会員になると、
国内宿泊の予約をした際に、3%分のポイントを獲得可能!

 それぞれのステージに応じてポイントの付与率が異なり、「一休.com」「一休.com海外」「一休.comレストラン」でのポイント付与率は以下のように変わる。

■「一休.com」のポイント付与率
  国内宿泊予約 海外宿泊予約 レストラン予約
現地決済 クレジット
カード決済
現地決済 コース料理 席のみ
レギュラー会員 1.0% 2.0% 1.0% 1.0% 25または50ポイント
ゴールド会員 1.5% 2.5% 1.5% 1.5% 37または75ポイント
プラチナ会員 2.0% 3.0% 2.0% 2.0% 50または100ポイント
ダイヤモンド会員

 例えば、「一休.com」で国内宿泊予約をする場合、プラチナ会員・ダイヤモンド会員がオンラインカード決済すると、3%分のポイントを獲得可能だ。獲得したポイントは、1ポイント=1円として利用できる。

 なお、獲得予定のポイントは、貯めることもすぐに使うこともできる。例えば、1万円の宿泊予約をオンラインカード決済すると、ダイヤモンド会員の場合は300ポイントを獲得できる。獲得予定のポイントをすぐに使うと、300円引きとなり、9700円の支払いになる。つまり、プラチナ会員以上であれば、通常の3%オフで宿泊できるのだ。
(関連記事⇒星野リゾートに安く泊まれる裏ワザを解説!「アメックス・プラチナ・カード」の特典を使えば、夕朝食付きプランの宿泊料金が2万円も安くなる!

 ポイント以外の特典としては、ゴールド会員以上の場合、宿泊・レストランのプライベートセールを予約することが可能となる。さらに、ダイヤモンド会員の場合は、1時間早くプライベートセールを予約することが可能だ。

 また、ダイヤモンド会員の限定特典としては、対象のホテル・旅館で特別なサービスを無料で受けることも可能となっている。例えば、部屋のアップグレード、レイトチェックアウト、ウェルカムギフト、スパの割引などだ。

 「一休.com」のダイヤモンド会員であれば、ホテルの会員プログラムの上級会員のような特典を受けることも可能なのだ。

「ダイナースクラブ プレミアムカード」を保有するだけで、
「一休.com」のダイヤモンド会員になれる!

 「一休.com」のWebサイトを確認すると、現在の利用実績を確認することが可能だ。筆者の利用実績を確認したところ、2016年4月1日(金)から2016年9月30日(金)の実績は0円だった(2016年7月20日に確認)。つまり、1度も利用していない。

 このままでは、次回の会員ステージはレギュラー会員になってしまうが、筆者の場合は、次回もダイヤモンド会員を継続できる。

 その理由は、筆者が「ダイナースクラブ プレミアムカード」を保有しているからだ。2015年7月15日(水)から、「ダイナースクラブ プレミアムカード」の本会員と家族会員は、「一休.com」の利用状況にかかわらず、キャンペーン専用サイトからエントリーするだけで、永続的にダイヤモンド会員になれる特典が開始されたのだ。

ダイナースクラブ プレミアムカード
還元率 0.4%~(非公表。データは編集部調べ)
ダイナースクラブカード公式サイトはこちら
発行元 三井住友トラストクラブ
国際ブランド Diners
年会費(税抜) 13万円
家族カード あり(年会費無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
ダイナースクラブカード公式サイトはこちら

(関連記事⇒「ブラックカード」の最高峰の付帯サービスとは?年会費5万円超の「ブラックカード」級の中でもインビテーション不要のおすすめカードを紹介!

 「ダイナースクラブ プレミアムカード」のライバルにあたるクレジットカードとして、「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」がある。どちらのクレジットカードも年会費は13万円で、明確な利用限度額が設定されていない。

 「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」には、SPGのゴールド会員、ヒルトンHオーナーズのゴールド会員になれる特典が用意されている。それぞれのホテルの宿泊時に、部屋のアップグレード特典などを受けることが可能だ(ホテルプログラムの特典は、申し込みが必要)。

 一方、「ダイナースクラブ プレミアムカード」は、ホテルの会員プログラムに弱い。その弱点を補うために「一休.com」と提携し、ダイヤモンド会員の特典を利用できるようにしたのではないか、と筆者は考えている。

 以上、今回は、「一休.com」のダイヤモンド会員の特典内容と、ダイヤモンド会員を継続的に利用できる裏ワザを紹介した。次回は、実際に「一休.com」でダイヤモンド会員の優遇特典があるホテルを予約し、部屋のアップグレード特典やレイトチェックアウト特典などを利用できるのか検証したい。