成長する米国&世界に投資する最強のFIRE計画(プロジェクト)

FTXが巨額の顧客資産を流用したあげく破綻!
情報格差によって、多くの人が騙された。
金融の情報格差はどうやって埋めればいい?

2022年11月17日公開(2022年11月16日更新)
ポール・サイ
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
1

 前回の連載では、会社と株主の間にある利益相反問題について書きました。今回は、投資家のあなたと金融機関(とその営業マン)の間にある利益相反問題についてお話したいと思います。

[参考記事]
●なぜ日本企業は株価を気にせず、イノベーションも起きないのか? 私が日本株ではなく世界株に投資する理由とは?
 

金融という分野は一般人と専門家の間にある情報格差が大きい。さらにプロのことを信頼しづらい世界でもある

 一般の人が投資をしようとするとき、金融の専門家と比べると、どうしても情報や知識という点で負けてしまいます。ただ、一般人と専門家の間で知識の格差が大きいことは一般的によくあることとも言えます。

 また、誰が専門家であり、誰が専門家ではないことを見極めるのも難しいことです。そして、誰がいい投資家なのかを見分けることは、それ自体が1つの深い学問・職業になるレベルのスキルになります。

 一般的に言って、情報格差があってもプロを信頼しやすい分野とプロを信頼しづらい分野があります。金融という分野は、一般人と専門家の間に情報格差があり、さらにプロを信頼しづらい分野の1つだと思います。

医療の分野なら、情報格差があったとしてもプロは頼れる存在

 ここで、一般人と専門家の間に情報格差があったとしても、プロを頼れる例を挙げてみましょう。それは医療の分野です。

 病気になって医者にかかると、患者より医者の方が医療に関する知識を持っていますから、患者は医者の言うとおりにします。患者は医者を信頼します。

 また、医者は患者を健康にすることに対して最大限の努力をすると誓っていますので、患者は医者を信じます。

 そして、患者が死ぬと、医者は精神的に申し訳ないと感じるのと、責任追及される可能性もあるので、これもある程度、インセンティブとして働きます。

 けれど、能力のない医者、悪い医者もいたりしますから、自分がある程度は医療の知識を持っていて、ある程度は医者と議論ができないと、一番いい治療は受けられないかもしれません。

自分で勉強せず、金融機関の営業マンの話を鵜呑みにするのは危険

 今度は一般人と専門家の間に情報格差がない例を挙げてみます。それはスーパーでの買い物です。

 品物がいいかどうか、その値段は妥当かどうか、消費者はだいたいのところはわかります。スーパーの店員にさほどアドバイスしてもらわなくても問題ないのです。私はスーパーでの買い物で騙されたと感じたことはあまりありません。

 一方、金融商品は顧客と金融機関の情報格差が大きい場合が多いです。

 お金は人生でとても重要なものなのに、大学の専攻が金融関係でない限り、学校ではほとんど経済・金融・投資について教えてはくれません。

 さらに、金融は不確定要素が多く、学校の先生が金融について教えてくれるのは、それを分析するツール止まりです。答えは自分で見つけなければいけません。

 そして、自分で考えず、誰かのお奨めを鵜呑みにして投資して損しても、責任を取るのは自分だけです。言い換えると、投資は他の仕事と同じく、労力を注がなければ、儲かるわけがないのです。

 自分で勉強せず、営業マンに頼りすぎるのは危険です。

 金融商品を販売する人たちにはさまざまな人がいますが、インセンティブが短期的なものとなっている場合が多いです。金融商品を売って、手数料をもらったら終わりです。

 しかし、投資はほとんど長期の視点でないと儲からないので、そこはズレてしまいます。金融マンはセールストークがうまいので、自分が知識を持っていなければ、金融マンからお奨めされている金融商品が本当に良いものかどうか、見分けがつきません。

 こういった情報の格差はどうやって埋めていけばいいのでしょうか?

※メルマガ「ポール・サイの米国株&世界の株に投資しよう!」募集中! 米国株&世界の株分析毎週届き、珠玉のポートフォリオの提示も! 登録から10日以内の解約無料。


「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2023年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

新NISAで1億円
投信格付283本
2024年の主役株

4月号2月21日発売
定価780円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[新NISAで1億円/信格付283本]
◎巻頭特集
第3四半期決算でわかった!
2024年の主役株40

株主還元策がカギ!人気20銘柄を診断!


◎第1特集
買いの株は55銘柄!
14人の億り人の実例&4人のプロの提案・銘柄!新NISAで1億円

・株で80億円の利益テスタさんからの提言「億り人を目指す心構えとは?」
新NISAで1億円作るには?達成目標年別8つの運用シミュレーション
高配当株で1億円!実例3+買いの株
割安株で1億円!実例2+買いの株
成長株で1億円!実例3+買いの株
米国株で1億円!実例2+買いの株
投信・ETFで1億円!実例4


◎第2特集
NISAは☆☆☆3つ星を買え!
ザイ独自の判断!投信格付283本

新NISAで買う投信の選び方
つみたて投資枠で買える「格安」インデックス型46
・成績のよる格付け&6つの視点で分析!アクティブ型60
・資産配分や運用の効率性を徹底分析!バランス型24
・利回り2ケタの投信が大幅増加!毎月分配型100
・前回のオススメ投信9本の成績は?
・iDeCoで最安投信44
・投信の「買い」「売り」判断の方法
・初心者はココで理解できる!投信のキホン


◎【別冊付録】

株のイメージを変える新しい入門本!
夫婦で親子で一緒に読んで家族円満!
投資にまつわる誤解を撃退!
株の食わず嫌い克服BOOK


◆おカネの本音!医師・作家鎌田實さん「累積赤字4億円の地方病院を再生!海外医療支援も」
◆株入門マンガ恋する株式相場!「夢じゃない!? 日経平均5万5000円」
◆マンガどこから来てどこへ行くのか日本国「何で解約できない!?ネットに潜むワナと仕掛けに注意」


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!



「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2023】 クレジットカードの専門家が選んだ 2023年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 太田忠の日本株「中・小型株」アナリスト&ファンドマネジャーとして活躍。「勝つ」ための日本株ポートフォリオの作り方を提案する株式メルマガ&サロン

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報

ザイFX!のお役立ち情報

ダイヤモンドZAiオンラインαのお役立ち情報