成長する米国&世界に投資する最強のFIRE計画(プロジェクト)

いい会社の株価が暴落しても、中長期で大丈夫なら、大きなリスクが実はチャンスになる! 下がることは、上がることを得るための入場料みたいなもの

2023年9月22日公開(2023年9月22日更新)
ポール・サイ
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事

リスクを過剰に怖がる必要はない! 大きなリスクがやってきたときに株価は暴落するものの、リスクがないとリターンも得られない

 2023年9月19日(火)、米国・シアトルからメルマガ&オンラインサロン「米国株&世界の株に投資しよう!」で情報配信をしている元フィデリティ投信トップアナリストのポール・サイさんが、ストックボイス社が手掛ける経済・マーケット番組「WORLD MARKETZ」(TOKYO MX 月~金 22時~23時)に生出演した

ポール・サイさんプロフィール

 前回の放送では、中国政府は中国の景気減速に対処するため、個人ではなく企業、特にハイテク企業に注力していると語ったポールさん。同じテック会社なのに、アメリカ株なのか、中国株なのかで評価が矛盾しているところを利用すれば、儲けられる可能性が高いようだ。
【※関連記事はこちら!】
アップルが実質中国株だから投資できないという人はいない! 同じテック会社でも、中国株というだけで評価の矛盾が拡大しているところが、実は儲けどころ!

 今回の放送では、金融市場におけるリスクを「知っている」「知らない」で4つの窓に分類。大きなリスクがやってきたときに株価は暴落するものの、リスクがないとリターンも得られず、リスクを過剰に怖がる必要はないことを教えてくれたので、さっそくチェックしていこう。

シアトルで子供の数が減少。多くの人はトレンドが続くと思うが、実際にはブームとバーストがサイクルする

 番組冒頭、アシスタントの木村カレンさんに、最近のシアトルで話題になっていることを聞かれたポールさん。

 シアトルでは昨年(2022年)、小学校閉鎖の話題が出て、以前の放送でも触れたのだが、今年(2023年)になって、今度は中学校閉鎖の話題が出ているようだ。
【※関連記事はこちら!】
テスラの上昇を的中! 次の上昇銘柄はアマゾン? グーグル? メタ? ChatGPTが将来、グーグル検索を代替する恐れアリ!?

 番組MCの渡部一実さんが「学校の閉鎖というのは、子どもとか人口が減ってるということですか」と聞くと、ポールさんは子供や学生が減ってきている理由を2つ語り始めた。

 理由の1つは、アメリカの人口増加を支えていた移民が、コロナによって減ったこと。もう1つは、コロナ対策で親が子供をホームスクールにしたり、私立の学校に子供を転校させたことだという。

 ポールさん曰く、アメリカの公立学校の予算は、固定資産税で支えられている部分もあるものの、一番大きいのは子供の人数で、1人あたりいくらかのお金が、州や国から下りてくるのだそう。つまり、公立学校に通う子供の数が減ると、予算も減って、学校自体も減っていくということのようだ。

 公立学校に通う子供が減っている2つの要因は、ポールさんから見ると一時的な要因なのだが、多くの人は今までのトレンドが続くと思っているのだという。

 株価も上がれば延々と上がると見て、下がれば延々と下がると見る。そんな予想は小学生もできるけれど、そういう予想をすると、やっぱり人は安心できるとポールさんは語った。

 間違えたとしても、これは予想できなかったとか、ターニングポイントだったけれど、誰も予想できなかったと言い訳できることが、安心につながるようだ。

 けれど、株にしろ、子供の数にしろ、実際には上げ下げどちらかに偏り続けることはなく、ブーム(暴騰)とバースト(暴落)がサイクルする傾向があるとポールさんは教えてくれた。

株価が結構上昇した後に、下落すると言うメディアの人たちが増える。株式投資では、リスクだけでなくリワードも意識してバランスを取る必要がある

 続いて、エヌビディアやアップル、アルファベット(旧グーグル)などのハイテク株は直線的に上昇しているけれど、バーストについてはどう考えたらいいのかと、渡部さんは質問した。

エヌビディア 週足 (出所:TradingView)

 ポールさんはまず、エヌビディアなどのテクノロジー株、株式市場全体はわりと上昇して、株価がこのまま持つとは限らないけれど、AIの中長期のトレンドは本物だと思うと語った。

 加えて、ポールさんが言いたかったのが、株価が結構上昇した後に、下落すると言うメディアの人たちが増えるということだ。

 人間はリスクのほうが感じるし、メディアは話を聞いてもらいたいため、リスクを言った方が注目されるとポールさん。

 リスクを言った人が例え間違えたとしても、この人は常に心配していて、賢いんだと思われがちで、人間は少し悲観しがちなところもあるようだ。

 ただ、株式投資をするのに、そういうマインドは調整する必要があるとポールさんは語った。

 リスクは意識したほうがいいけれど、意識しすぎるのはよくないため、リワード(利益)も意識して、バランスを取るのが大事だそうだ。

 いい会社でも、株価が下がる時はもちろんあり、下がることは、上がることを得るための支払い、入場料みたいなものとのこと。

 ずっと右肩上がりで安心、おいしいというタダ飯はないので、バーストが来ても、それを耐えることによって長期のリターンを取るというのが、ポールさんのやり方のようだ。

ポールさんは1年間でS&P500に50%超の大差をつけて圧勝! 妥当なリターンは金利と比較すればわかる

 そんなポールさんは、メルマガ&オンラインサロン「米国株&世界の株に投資しよう!」で、会員に推奨ポートフォリオを公開しているのだが、1年間でS&P500に50%超の大差をつけて圧勝している。
【※関連記事はこちら!】
1年間で米国株でS&P500に50%超の大差圧勝! エヌビディア株を底値近くで買っていた投資家が語る「悪いニュースはいいニュース」ってどういうこと?

 ただ、毎年そこまでのリターンを見込めるわけではなく、ある程度のリターンのレベルに戻ってくることを頭の中に入れておかないといけないと、ポールさんは自分を戒めている。

 それでは、妥当なリターンはどれくらいかというと、それは金利と比較すればわかるという。

 今の金利は5、6%ほどで、株をやるなら最低それくらいのリターンを出さないと意味がないとポールさん。10%くらいだと、ある程度合理的で、20%くらいのリターンを目指すならば、相当なリスクを取る必要があり、上下も相当するようだ。

 だからこそ、ポールさんが1年間で得た50%超のリターンというのは、10%と比べると明らかに大きく、リスクの取りすぎを意識しないといけないということだった。

いい会社の株価が暴落しても、中長期では大丈夫になってくることを考えると、大きなリスクが実はチャンスになる

 最後に、ポールさんは、金融市場におけるリスクを「知っている」「知らない」で4つの窓に分類したものを紹介してくれた。

(出所:WORLD MARKETZ)

 例えば、金利が高い状態のときに、現金をたくさん保有していれば、利息収入が増えて恩恵を受ける。

 これはKnown knowns(「知っている」と知っていること)にあたり、問題がなく、Known Unknowns(「知らない」と知っていること)についても、特に問題はないのだという。

 ただ、Unknown Unknowns(「知らないこと」を知らないこと)はリスクが大きく、ウクライナ戦争がいい例だそう。

 いきなり戦争は絶対やらないだろうとみんな思ったけれど、ウクライナ戦争は起こったし、台湾戦争があると今は予想されていないけれど、中国が明日台湾に侵攻するということになれば、それは完全にUnknown Unknownsになってしまうということに、渡部さんも納得していた。

 ただ、そういうリスクが、実はチャンスなのだとポールさんは力説する。

 津波やリーマンショックの時は、人間的には大変だけれど、投資家としては、株価の暴落でチャンスが広がるようだ。

 津波の際、ポールさんは香港にいて、東京の同僚と電話して、自分や身の回りの人の安全を確認した後に、株はどれを買った方がいいかという話をしたそう。

 結局、災害や金融危機でいい会社の株価が暴落しても、中長期では大丈夫になってくるため、Unknown Unknownsのリスクがあっても大丈夫だし、リスクがないとリターンも得られないので、そんなに過剰に怖がる必要はないと、ポールさんは結論付けた。 

 ここまで、9月19日(火)放送の「WORLD MARKETZ」に電話出演した、ポールさんのマーケット解説を中心にお届けした。

 冒頭でも紹介したとおり、ポールさんはメルマガ&オンラインサロン「米国株&世界の株に投資しよう!」で情報配信をしている。登録後10日間は無料だ。米国株投資をしてみたい、すでにしているけどもっと現地からの情報が欲しい、ポールさんが推奨する個別銘柄やポートフォリオを見てみたいという人は、こちらをぜひ登録してみてほしい。

(ザイ投資戦略メルマガ)

●ポール・サイ  ストラテジスト。外資系資産運用会社・フィデリティ投信にて株式アナリストとして活躍。上海オフィスの立ち上げ、中国株調査部長、日本株調査部長として株式調査を12年以上携わった後、2017年に独立。40代でFIREし、現在は、不動産投資と米国株式を中心に運用。UCLA機械工学部卒、カーネギーメロン大学MBA修了。台湾系アメリカ人、中国語、英語、日本語堪能。米国株などでの資産運用を助言するメルマガ「米国株&世界の株に投資しよう!」を配信中


【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2023年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2022年の最強クレジットカード(全8部門)を公開!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2023年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

攻めと守りの高配当株
NISAの攻略法
高配当株トップ300

9月号7月20日発売
定価780円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[攻めと守りの高配当株]
◎巻頭企画
誌上初対談!
優待株で5億円超!桐谷広人さん×累計利益100億円!テスタさん

「どんな相場でも勝てる戦略で年後半に挑む」

◎第1特集
インフレに強い!NISAにもピッタリ!
攻めと守りの高配当株
●守り:持ちっぱなしOK!ド安定高配当株63

・過去最高に稼ぐ高配当株
・減配しない10年配当株

●攻め:配当と値上がり益を両取り!

欲バリ高配当株29
・さらに増配する高配当株
・稼ぐチカラがある高配当株
・中小型の増配株

●高配当株の達人 かんちさんの投資術
●隠れ高配当株に注目!
●武藤十夢のアガる高配当株教えて!


◎第2特集
勝ち組8人のリアルバイ!
8人8色の攻略法を大公開!NISAで何買ってる?
●成長投資枠は投信・ETFメイン
米高配当ETFをスポット購入/高配当株投信を積立など
●成長投資枠は株メイン
割安&高成長の配当株を長期保有/優良IPO株の当選待ち!など


◎第3特集
つみたて投資枠投信の6カ月の通信簿
●積立てた時の成績上位50本ランキング
●好成績で発進した8本を分析!

 

◎第4特集
株主総会2024-37社の突撃レポート!
●桐谷さんも参戦!要注目のお騒がせ株
ダイドーリミテッド/日産自動車/ニデック
●みんなが持ってる人気株
東京エレクトロン/ソフトバンクG/ソニーグループほか
●気になる高配当&金融株
三井住友FG/三菱HCキャピタル/オリックス
●ザイの新人記者がNTTの総会に初参加!
●2024年株主総会の4つの特徴


【別冊付録】
買いか売りかをズバリ判定!
利回り4.1%以上ぜんぶ載せ!
高配当株トップ300大診断

 

◎連載も充実!

◆おカネの本音!VOL.25ジャスティンさん
「働き方の常識を更新 エジプトで暮らせば月収5万円で悠々自適」
◆10倍株を探せ!IPO株研究所2024年6月編
「新興株市場の底打ちでIPO株も取引が活発化」
◆株入門マンガ恋する株式相場!VOL.93
「サイバー攻撃でヤりたい放題!?」
◆マンガどこから来てどこへ行くのか日本国
「困った場合の救済策も!奨学金を人生の重しにしない方法」
◆人気毎月分配型100本の「分配金」速報データ


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!


「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2023】 クレジットカードの専門家が選んだ 2023年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 太田忠の日本株「中・小型株」アナリスト&ファンドマネジャーとして活躍。「勝つ」ための日本株ポートフォリオの作り方を提案する株式メルマガ&サロン

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報

ザイFX!のお役立ち情報

ダイヤモンドZAiオンラインαのお役立ち情報