成長する米国&世界に投資する最強のFIRE計画(プロジェクト)

男は黙って成長株の長期投資! 回転率が高い
ファンドマネージャーはパフォーマンスが悪い。
ファンダメンタルズに変化ない限り保有せよ!

2023年8月10日公開(2023年8月10日更新)
ポール・サイ
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事

欧州旅行を終えたポールさん。今度はなぜか、カリブ海のグレナダから映像付きで経済番組に生出演!

 元フィデリティ投信トップアナリストで、米国・シアトルからメルマガ&オンラインサロン「米国株&世界の株に投資しよう!」で情報配信をしているポール・サイさんが、東京MX2で毎週月曜~金曜22時から放送されている、「WORLD MARKETZ」に電話でゲスト出演した。

ポール・サイさんプロフィール

 前回の放送では、欧州各国への旅行を続けているポールさんが、フランスのパリから生電話出演。アメリカのハイテクセクターや、銀行の決算について総括しつつ、欧州の歴史を振り返り、これからの欧州や世界の強国がどうなっていくのかを推測してくれた。
【※関連記事はこちら!】
日本は住み心地が世界一で、イノベーションがない!アメリカは社会に問題があり、イノベーションが世界一。日本に住んで、投資はアメリカがいい!

 そして、今回の放送では、欧州旅行を終えたポールさんが今度はなぜか、カリブ海のグレナダから映像付きで生出演! 上昇が続いている米国の株式市場や、米国の不動産業界の話を交えながら、世界を転々とするポールさんが自身のポートフォリオをどのように管理しているのか、詳しく語ってくれたのでさっそくチェックしていこう。

カリブ海のグレナダに泊めてある、ヨットのコックピットから生出演

 前回の放送で、ポールさんの欧州旅行が終盤に差し掛かり、フランスのパリからイギリスのロンドンに移動して、ポールさんが在住するシアトルに帰るという流れが紹介されたことから、今回はシアトルからの出演になると、記者はてっきり思い込んでいた。
【※関連記事はこちら!】
日本は住み心地が世界一で、イノベーションがない!アメリカは社会に問題があり、イノベーションが世界一。日本に住んで、投資はアメリカがいい!

 ところが、蓋を開けてみると、なにやら船の上からポールさんのまぶしい笑顔と、キラキラした海が生中継されているではないか。

(出所:WORLD MARKETZ) 左はアシスタントの木村カレンさん

 以前の放送で、ポールさんはカリブ海のグレナダにヨットを泊めていて、そこからカリブ海の島々を航海したという回があったが、今回もグレナダのヨットのコックピットから、映像付きで出演してくれたようだ。
【※関連記事はこちら!】
米金利が上昇してハイテク株が下落しているときは、むしろチャンス! エヌビディアは暴落したら買って長期で持つ銘柄。テスラ株の旬は過ぎ、中国株は大型ハイテク株を買うべし

経済番組に、カリブ海のヨットから生出演! スペースXの衛星サービス「スターリンク」で、世界中どこでもインターネットができる

 以下は、今回の放送で紹介されなかったものの、ポールさんが提供してくれたグレナダの写真だ。カリブ海のリゾート地の雰囲気がビンビン伝わってくる。

陸上げした船をトラクターで海に移動
プリクリー・ベイという停泊地を見ながら食事
船を海に降ろした後、マリーナのレストランで食事

市場の織り込みに反して、大きなリセッションが起きず、米国の株式市場は中長期で心配することがかなり減ってきた

 ここで、番組MCの渡部一実さんから、「ヨットの上で無粋ながら」との前置きが入りつつ、米国の株式市場が高い背景について、どう見ているのか質問が飛んだ。

 ポールさんはまず、米国の利上げペースや金利の高さが史上最高に近く、市場は今まで大きなリセッションを織り込んでいたけれど、実際にはそうはならなかったと指摘。現在の市場は、NVIDIAなどAIの革命が起こる可能性を織り込みに行っているようだ。

 市場の織り込みに反して、大きなリセッションがなぜ起きなかったのか。それは、コロナ禍で政府が個人に富の移転を行ったことが関係しているという。

 給付金などを個人へばらまいたことで、政府と中銀のバランスシートは悪くなっったけれど、個人のバランスシートが思ったより健全になり、個人の需要が下支えして、景気も思ったより悪くならなかったようだ。

 また、インフレも落ち着いてきており、FRBのさらなる利上げがあったとしても、数%というより、強すぎる景気に対する微調整の利上げとなるため、米国の株式市場は中長期で心配することがかなり減ってきた、とポールさんは教えてくれた。

 ムーディーズが最近、商業用不動産のリスク増大などで、米中小銀行10行を格下げしたということはあったものの、それは3カ月、4カ月前からわかっていた話で、株式市場自体は大丈夫という方向になっているそうだ。

悪かったオフィスビルのトレンドに変化の兆しアリ!

 続いては、米国の不動産業界の話に。

 米国が利上げすると、住宅ローンを借りている人たちは困るけれど、その人たちは低金利の時代に、固定ローンに切り替えていたのかということが、渡部さんは気になるようだ。

 ポールさん曰く、個人で見ると、持ち家の人は低金利のときに借り換えをした人が多かったとのこと。さらに、リーマンショックのような投機的な動きも最近はなかったため、今回のFRBの利上げが個人にもたらした影響は特になかったという。 

 そして、利上げの影響が出たのは、どちらかというと、個人よりも商業用不動産、オフィスビル、アパートだそうだ。

 オフィスビルがこれまで悪かった理由は、利上げの影響に加えて、コロナでリモートワークに移ったこと。ただ、ポールさんは、オフィスビルのトレンドに変化があるかもしれないと注目し始めている

 というのも、働く人がオフィスにいないと、チームとして成り立ちにくいし、若い人の教育もリモートワークだとやりづらいから、企業からオフィスに戻りなさいという話が出始めてきているというのだ。

 また、最近、雇用が少し弱くなっており、リモートワークで働きたい人の抵抗力も減ってきたという。

 エコノミストなども新聞の記事で、リモートワークに対して批判的な話を展開することが増えてきていることから、もしかしてオフィスビルの入居率は改善するのでは、とポールさんは思うようになり始めたのだった。

 商業用不動産、アパート、ロジスティクス、オフィスビルなどが含まれるETFの、XLRE(不動産セレクト・セクター)を見ると、ある程度叩かれており、オフィスビルの空室率改善をきっかけに、上昇してくる可能性があって、実際に少しリバウンドし始めたので、そこにはポールさんも注目しているそうだ。

XLRE 日足 (出所:TradingView)

回転率が高いファンドマネージャーは、パフォーマンスが悪くなる傾向。人間に勝ち目があるやり方は、中長期の投資しかない!

 最後は、世界を転々とするポールさんが、自身のポートフォリオをどう管理しているかの話題に。

 まず、ポールさんが世界を飛び回っていても、今はスターリンクのおかげで、世界中どこでもハイスピードのインターネットができるようになったため、自宅のシアトルでトレードする環境とそんなに変わりがないという。
【※関連記事はこちら!】
米金利が上昇してハイテク株が下落しているときは、むしろチャンス! エヌビディアは暴落したら買って長期で持つ銘柄。テスラ株の旬は過ぎ、中国株は大型ハイテク株を買うべし

経済番組に、カリブ海のヨットから生出演! スペースXの衛星サービス「スターリンク」で、世界中どこでもインターネットができる

 仮に、スターリンクがなくても、携帯で相場は追えるし、フィデリティで働いていたころは、世界のいろいろな会社に出張していて、その時もポジション、ニュース、情報管理はノートパソコンと携帯でやっていたため、今も昔もやっていることはそんなに変わりがないそうだ。

 もう1つ、ポールさんがポートフォリオを管理する上で重要なのが、ポートフォリオをコロコロ回転するスタイルではないことだ。

 ポールさんはフィデリティに長くいた経験から、ファンドマネージャーをいろいろ見てきており、回転率が高いファンドマネージャーは、全員ではないものの、パフォーマンスが悪くなる傾向があるという。

 フィデリティでは、回転率の高さは注目されるところで、すごく回転率が高いとCIOから注意されるそう。

 回転率が高くても、パフォーマンスが出せる人はいるものの、そういう人はなにか特別なスキルを持っているし、高い回転率で稼ぐやり方は、スーパーパソコンや金融工学の人を相手にしているようだ。

 一般的に、人間の脳は、短期のトレンドや大量の数値を処理するのは不得意で、電卓より計算できる人はなかなかいないとポールさん。

 逆に、パソコンは長期トレンドは掴みづらく、不確定要素があるデータを取り込んでしまったり、いいデータだけを選別して取り込むことはできないという。

 そして、人間に勝ち目のあるやり方は、中長期の投資しかないとポールさんは断言した。

 AIはインターネットからたくさんの情報を取ってきて、ゴミも取り込むけれど、人間はある程度情報を選別できて、そこから大きなトレンドを抽出できるところが優っているようだ。

 そういう意味で、ポールさんは毎日ニュースは見ているけれど、毎分毎秒パソコンの前にはいないし、1分、5分、1時間以内のチャンスを取るよりは、中長期のチャンスを取ることに徹している。

無駄な課税を避けるためにも、成長株は保有し続けろ! 

 そんなポールさんが、ポートフォリオを入れ替えるのはいつかというと、四半期ごとに必ず入れ替えるわけではなく、ファンダメンタルズのトレンドが変化があるときだという。

 人間は心理的に、下がると売りたくなる、上がると買いたくなるけれど、そういう心理に負けると、損をするとポールさん。

 できるだけ、自分が何の理由で株を買ったのかを決めておき、その理由がまだ正しいかどうかを判断し、値段の動きだけを見ないで、トレンドが思いどおりに動いていれば、特に成長株は保有し続けるそうだ。

 それは、ウォーレン・バフェットにも言えることで、もともとはバリュー投資家だったけれど、今はバリュー株と成長株を混合していて、成長株は基本的に株価が上がったからといって売らないのだという。

 成長株を保有し続ける、もう1つの考え方は税金だ。

 株価が2~3倍になって売ると、税金を払う必要があるが、売らなければ無税で成長していくため、無駄な課税を避けるためにも、短期で動くより、長期保有のほうが、複利の効果が効いてくるとポールさんは力説。大きなトレンドの変化がない限り、短期の売買は行わないという方針を貫いているのだった。

 ここまで、8月8日(火)放送の「WORLD MARKETZ」に電話出演した、ポールさんのマーケット解説を中心にお届けした。

 冒頭でも紹介したとおり、ポールさんはメルマガ&オンラインサロン「米国株&世界の株に投資しよう!」で情報配信をしている。登録後10日間は無料だ。米国株投資をしてみたい、すでにしているけどもっと現地からの情報が欲しい、ポールさんが推奨する個別銘柄やポートフォリオを見てみたいという人は、こちらをぜひ登録してみてほしい。

(ザイ投資戦略メルマガ)

●ポール・サイ  ストラテジスト。外資系資産運用会社・フィデリティ投信にて株式アナリストとして活躍。上海オフィスの立ち上げ、中国株調査部長、日本株調査部長として株式調査を12年以上携わった後、2017年に独立。40代でFIREし、現在は、不動産投資と米国株式を中心に運用。UCLA機械工学部卒、カーネギーメロン大学MBA修了。台湾系アメリカ人、中国語、英語、日本語堪能。米国株などでの資産運用を助言するメルマガ「米国株&世界の株に投資しよう!」を配信中

※メルマガ「ポール・サイの米国株&世界の株に投資しよう!」募集中! 米国株&世界の株分析毎週届き、1年で50%以上上昇している珠玉のポートフォリオ提示も! 登録から10日以内の解約無料。Youtubeチャンネルも開始。


太田忠の勝者のポートフォリオはこちら!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2023年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

株主優待ランキング
半導体株の儲け方
金投資の入門書

7月号5月21日発売
定価780円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[株主優待ランキング/半導体株]
◎巻頭企画
最新決算でわかった今買いの株48銘柄
2024年度に上がる株を早出し!


◎第1特集
達人24人のガチ推し株が集結!
NISAでも買い!
2024年6月≫12月権利確定月の株主優待カタログ113銘柄

桐谷さんの優待満喫生活&NISA戦略・オススメ株
●目的別の2大ランキング

・「優待+配当」利回りベスト15銘柄
・「少額でえ買える」優待株ベスト15銘柄

●最新情報
・優待の「新設」「廃止」銘柄一覧

●キソ知識

◎第2特集
AI時代の勝ち組筆頭をまるっと図解!
半導体株で儲ける!

●基本を図解
・用途や種類を知れば儲かる会社が見えてくる
・半導体の製造フロー!装置と素材の盟主はココだ!
●儲かる株!
・各製造フローのエースが集結!日本の半導体株ベスト
・素材の注目銘柄/装置の注目銘柄/パワーの注目銘柄/米国株の注目銘柄


◎第3特集
藤野英人さんが運用責任者に復帰して1年
足元3年間は苦戦が続くひふみ投信は復活なるか?


◎第4特集
めざせ!FXで1億円!年億稼ぐトレーダーの神トレ大公開! Y.Iさん/ジュンさん

◎【別冊付録】

最高値更新が止まらない!
「金投資」入門
 

◎連載も充実!
◆おカネの本音!VOL.23北澤 功さん
「パンダやコアラを飼ったらいくらかかる?ペットのおカネガイド」
◆10倍株を探せ!IPO株研究所2024年4月編
「金利上昇などで株価低調も長い目で見れば期待十分!」
◆株入門マンガ恋する株式相場!VOL.91
「経済圏作りは“銀行がポイント”に?」
◆マンガどこから来てどこへ行くのか日本国
「利上げ後のローン戦略 住宅ローンはまだ変動がいい理由」
◆人気毎月分配型100本の「分配金」速報データ!
「人気の100本中22本の本当の利回りが10%超に!」


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!
>>
【重要】サーバーメンテナンスに伴うサービスの一時停止のお知らせ


「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2023】 クレジットカードの専門家が選んだ 2023年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 太田忠の日本株「中・小型株」アナリスト&ファンドマネジャーとして活躍。「勝つ」ための日本株ポートフォリオの作り方を提案する株式メルマガ&サロン

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報

ザイFX!のお役立ち情報

ダイヤモンドZAiオンラインαのお役立ち情報