投資信託おすすめ比較[2022年]

2015年上期にもっとも成績のよかった投資信託は?
中国の株式市場急落や日本株の好調などを反映した
ベスト20とその中身を詳しく紹介!

2015年7月24日公開(2022年3月29日更新)
ザイ・オンライン編集部
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事

今回は2015年上半期の投資信託の騰落率ランキング20位までを掲載。(純資産総額10億円以上)。相変わらず好調な日本株と5月まで好調だった中国株を投資対象とした投資信託が上位を独占しています。各ファンドについて解説します。

 2015年上半期(1月~6月)の世界の株式市場は、中国の上海市場が一人勝ちの様相を呈していましたが、6月中旬以降、同市場は急落。上半期でみると日経平均株価の上昇率を下回る状況となっています。

 期間がずれるため、やや正確性を欠きますが、2014年末から2015年7月3日までの主な株価の上昇率は、アルゼンチン37.1%、日本17.7%、ロシア16.3%、上海14.0%、ベトナム13.0%、ドイツ12.8%、フランス12.5%、香港10.4%などが二桁以上となっています。これに対して、米国(NYダウ)は0.5%の下落となっています。

 翻って投資信託(ETFは除く)の上半期の騰落率ランキングを見ると、日本株を対象としたブル・ベアファンド、中国A株を投資対象とする商品が上位を占めています。

「株式市場が好調=投資信託の運用成績も良好」という図式だったようです。

日本株ブル・ベア型ファンドが上位に。
中国市場急落前だったので中国株A株型もランクイン

 下図は上半期の騰落率ベスト20(純資産総額10億円以上)の投資信託です。

◆2015年の上半期(1~6月)の投資信託の騰落率ベスト20
  ファンド名 (運用会社) 上半期の騰落率
1位 野村3.5倍ブル・ベア(日本株3.5倍ブル)
(野村アセットマネジメント)
60.07%
2位 楽天日本株トリプル・ブル
(楽天投信投資顧問)
51.27%
3位 SBI日本株トリプル・ブルベアオープン(SBI日本株トリプル・ブル)
(SBIアセットマネジメント)
51.09%
4位 中国A株オープン
(岡三アセットマネジメント)
42.44%
5位 ブル2.5倍日本株ポートフォリオⅢ(ダイワ・ブルベアファンド3)
(大和証券投資信託委託)
42.11%
6位 野村ハイパーブル・ベア4(日本ハイパーブル4)
(野村アセットマネジメント)
42.03%
7位 ダイワ深センA株ファンド
(大和証券投資信託委託)
35.63%
8位 チャイナ・ロード
(岡三アセットマネジメント)
33.97%
9位 ハイパー・ウェイブ(日本トレンド・セレクト)
(日興アセットマネジメント)
33.76%
10位 新光Wブル・日本株オープンⅢ
(新光投信)
33.33%
11位 225ブル型オープン3
(岡三アセットマネジメント)
33.09%
12位 日経225ダブル・ブルファンド
(新光投信)
32.98%
13位 日興UBS中国A株ファンド
(UBS・グローバル・アセット・マネジメント)
32.45%
14位 日興フォルティス中国A株ファンド
(BNPパリバインベストメント・パートナーズ)
31.60%
15位 大和住銀中国株式ファンド
(大和住銀投信投資顧問)
28.99%
16位 国際・キャピタル日本株オープン(通貨選択型)ロシア・ルーブル(毎月決算型)三菱UFJ国際投信) 27.63%
17位 三井住友・メインランド・チャイナ・オープン
(三井住友アセットマネジメント)
26.41%
18位 京都・滋賀インデックスファンド
(野村アセットマネジメント)
25.67%
19位 三井住友・中国A株・香港株オープン/三井住友アセットマネジメント
(三井住友アセットマネジメント)
25.47%
20位 ダイワ金融新時代ファンド
(大和証券投資信託委託)
25.45%
 ※2015年1月1日~6月30日の騰落率。純資産総額10億円以上のファンド

 

  10億円未満を含めるとゴールドマン・サックス・アセット・マネジメントが運用する「ゴールドマン・サックス米国株式マーケットニュートラル・ファンド」が半期で+210.12%と驚異的な運用成績を上げトップでしたが、同ファンドは7月9日に繰り上げ償還となってしまいました。

 では、個々のファンドをランキング順に見ていくことにしましょう。

 唯一騰落率が60%を超えたのは、1位の野村アセットマネジメント「野村3.5倍ブル・ベア(日本株3.5倍ブル)」です。わが国の株式市場全体の日々の値動きの概ね3.5倍程度になる投資成果を目指して運用が行われます。取扱いは野村証券の野村ネット&コールだけになります。

 ちなみにSBIアセットマネジメントには「SBI日本株3.7ブル」とさらにレバレッジをかけた投資信託もあるのですが、運用が開始されてから半年経過していないことから、ランキングの対象とはなりませんでした。

 2位の楽天日本株トリプル・ブル、3位のSBI日本株トリプル・ブルベアオープン(SBI日本株トリプル・ブル)は、ともに日本の株式市場全体の日々の値動きの、概ね3倍程度の投資成果を目指して運用されます。両者とも公開販売商品であることから、複数の金融機関で売買することが可能です。

 4位の中国A株オープンは、中国A株市場の上場株式の中から、利益成長やバリュエーションから見て、中長期的に株価の上昇が見込まれる銘柄を選定して、ポートフォリオを構築します。上海A株、深セン株へは概ね半々前後に配分されているようです。

 5位のブル2.5倍日本株ポートフォリオ3(ダイワ・ブルベアファンド3)、6位の野村ハイパーブル・ベア4(日本株ハイパーブル4)は、ともに日本の株式市場全体の日々の値動きの概ね2.5倍程度の投資成果を目指して運用されます。販売会社は、両者とも親会社の証券会社だけとなっています。

 7位のダイワ深センA株ファンドは、中国の深セン証券取引所の中国A株を投資対象とする投資信託です。深センA株だけを投資対象とするファンドは数が少ないようです。

 8位のチャイナ・ロードは、中国A株、B株のほか、香港H株、香港レッドチップなども投資対象としています。ただ、投資対象の中心は中国A株(上海A株、深センA株)となっています。金融株への資産配分が多いようです。

 9位のハイパー・ウェイブ(日本トレンド・セレクト)、10位の新光Wブル・日本株オープン3、11位の225ブル型オープン3、12位の日経225ダブル・ブルファンドの4ファンドは、日本の株式市場全体の日々の値動きの概ね2倍程度の投資成果を目指して運用されています。

 13位の日興UBS中国A株ファンドは、中国A株の中でも、各セクターを代表するリーディング企業や、その予備軍の企業の株式を中心に投資されます。資産の9割前後は消費、ヘルスケア、金融株の3業種に投資されています。

 14位の日興フォルティス中国A株ファンドは、世界経済を牽引する中国経済の発展を支える、今後の成長が期待できる中国企業の株式に投資される投資信託です。2015年6月1日から新規の申し込みを一時停止しています。

 15位の大和住銀中国株式ファンドは、中国経済の発展にともない、成長が見込まれる中国、香港市場に上場している株式を投資対象としています。現在は、香港H株、レッドチップ、香港株中心の運用となっています。

 16位の国際・キャピタル日本株式オープン(通貨選択型)ロシア・ルーブルコース(毎月決算型)は、唯一の通貨選択型の投資信託。日本株の上昇に加え、ロシアルーブルが緩やかな値動きでありながらも高くなったことが好成績の背景と考えられます。

 17位の三井住友・メインランド・チャイナ・オープンは、主に上海証券取引所、深セン証券取引所のB株市場に上場している大型株を中心に運用される投資信託です。時には、A株の値動きに連動する証券(A株リンクノート等)にも投資が行われます。

 18位の京都・滋賀インデックスファンドは、日本の株式のうち、京都府および滋賀県を中心に事業を展開している企業の株式を投資対象としています。村田製作所、任天堂、日本電産など、上半期に株価が上昇した銘柄が組み入れ上位となっています。

 19位の三井住友・中国A株・香港株オープンは、上海、深セン・香港等の取引所に上場されている株式に投資されます。利回り株による安定的な分配とリーディングカンパニーなど成長性に着目した銘柄にも投資されるのが特徴です。

 20位のダイワ金融新時代ファンドは、日本の株式の中から、金融ビジネス拡大で、成長が期待できる企業を投資対象としています。銀行株への資産配分が6割前後なので、運用成績は銀行株の動向が左右します。

 かけ足で上半期の騰落率ベスト20のファンドを見てきました。ランキングは好調な株式市場を投資対象とした投資信託が上位に入るといった、ある意味素直な結果になりました。中国株(香港株)は急落後も大きく持ち直してはいないため、下半期あるいは1年を通した騰落率では中国株ファンドが姿を消すかもしれません。代わって入ってくるのは他の新興国なのか、はたまた下値不安が少ないと言われている日本株が上位をすべて占めてしまうのか。興味はつきません。

【ピックアップ記事!】
【2021年 最新版】「インデックスファンド」コスト比較ランキング! 信託報酬・実質コストがもっとも安いファンドは?
つみたてNISA(積立NISA)を始めるなら、おすすめの証券会社はココだ! 手数料や投資信託の取扱数などで比較した「つみたてNISA」のおすすめ証券会社とは?
インデックス投資で運用利益1000万円オーバー! 資産配分からポートフォリオ、積立方法まで、個人投資家・吊られた男さんの手法のすべてを公開!
証券会社(ネット証券)比較!売買手数料で比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!取引ツールで比較ページへ
 つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説ページへ
証券会社(ネット証券)比較!人気の証券会社で比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!株アプリで比較ページへ
 iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説!詳しくはこちら!
ネット証券会社(証券会社)比較!最短で口座開設できる証券会社で比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!外国株で比較ページへ
桐谷さんの株主優待銘柄ページへ
証券会社(ネット証券)比較IPO(新規上場)比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!キャンペーンで比較ページへ
証券会社(ネット証券)比較!総合比較ページへ

【2022年7月1日時点】
◆【証券会社比較】投資信託取り扱い数 最新ランキング

順位 投資信託本数 ※1 最低積立金額
全体 ノーロード
(手数料無料)
積立対応
1位 ◆SBI証券⇒詳細情報ページへ
2658本 2658本 2490本 100円
【特徴・メリット】
投資信託の販売手数料はすべて無料! 投資信託本数の取扱本数はネット証券でトップクラス! 投資信託専用のスマホサイトが新設され、取引や検索、ランキングなどがスマホから閲覧しやすくなった。また、スマホアプリ「かんたん積立 アプリ」を利用すれば、投資信託をスマホで管理可能。また、投資信託の月間平均保有額に応じてTポイントやPontaポイント、dポイントが貯まる「投信マイレージサービス」もメリット。保有額が1000万円以上なら獲得ポイントが2倍になる(通常銘柄の場合)ので、投資信託が本格的に資産形成を考えている人には、かなりお得だ。買付&積立が100円以上1円単位に引き下げられ、初心者でも気軽に始めやすくなった。投信の買付には、TポイントやPontaポイントが利用できる投信積立は三井住友カードによるクレジットカード決済「クレカ積立」がお得。決済額の0.5%のポイントと投信マイレージによるTポイントが両方貯まる。最近では、低コストなiDeCo(個人型確定拠出年金)にも力を入れており、無条件で運営管理手数料を無料にしている。
【証券会社比較】投資信託 取扱い最新ランキング・SBI証券の公式サイトはこちら
2位 ◆楽天証券⇒詳細情報ページへ
2645 2645本 2512 100円
【特徴・メリット】
投資信託の販売手数料はすべて無料! 投資信託の保有残高が一定の金額を超えるごとに「楽天ポイント」が貯まるサービスもお得。また、投信積立の際に楽天カードを使うと0.2〜1%分※1、楽天キャッシュを使うと0.5%分※2の楽天ポイントが付与される。ポイントは投資信託の買付や投信積立の代金にも利用できる。投資信託の最新事情がわかる「楽天証券レポート&コラム」や、最大5銘柄の基準価額の推移を比較できる「投信スーパーサーチ」など、投資信託選びのサポートもバッチリ。2016年7月からは、ロボ・アドバイザーが銘柄選択や売買タイミングまで判断してくれる「楽ラップ」や、スマホ専用のロボ・アドバイザー「ロボのぶくん」を利用可能。さらに、2021年6月には、専用バランスファンドで手軽に積立投資ができるロボ・アドバイザー「らくらく投資」が登場した。
※1 2022年9月買付分より。※2 2022年8月買付分より。2022年12月末までは最大1%分の楽天ポイントを付与。
【証券会社比較】投資信託 取扱い最新ランキング!SBI証券の公式サイトはこちら
3位 ◆松井証券⇒詳細情報ページへ
1617本 1617本 1599本 100円
【特徴・メリット】
2016年11月に投資信託の販売をスタートしてから、取り扱い本数が急速に増えており、現在はランキング3位まで上昇。他社に先駆けて投資信託の販売手数料無料を打ち出したのも高評価だ。さらに信託報酬のうち販売会社(松井証券)が受け取る分の上限を0.3%にして、上回る部分は現金またはポイントで還元する「投信毎月ポイント・現金還元サービス」を行っている。ポイント還元を選ぶと現金還元より10%増量される。投資信託ページは、人気の投信や好成績の投信がすぐにわかる各種ランキング装備、スマホでの見やすさ、直接発注など機能が充実。さらに、投資信託の組み合わせに頭を悩ませる人のために「投信工房」「投信提案ロボ」「投信見直しロボ」という3つの高機能ロボアドバイザーを用意。無料のロボアドバイザーとしては、どれも非常に高い機能を備えている。
【証券会社比較】投資信託 取扱い最新ランキング・松井証券の公式サイトはこちら
順位 投資信託本数 ※1 最低積立金額
全体 ノーロード 積立対応
4位 ◆auカブコム証券(旧:カブドットコム証券)⇒詳細情報ページへ
1572本 1572本 1546本 100円
【特徴・メリット】
投資信託の販売手数料はすべて無料! 信託報酬控除前のトータルリターンが見られるので、実態に合った取引コストや運用パフォーマンスがわかるのも魅力だ。また「プレミアム積立」は100円から可能。au PAYカード決済による積立なら1%ポイント還元、さらにau、UQ mobile(5G)利用者は12カ月間ポイント最大4%還元なのも非常にお得だ。投資について気軽に話し合えるSNS「ファンドスクエア」も魅力。積立の銘柄選びに役立つ「セレクション」は、ジャンルごとの代表的な銘柄が複数紹介されている。ファンド探しはランキングやファンド検索から。月間保有金額100万円で1ポイントがもらえる「毎月ポイント」は100ポイントで1万円の現金プレゼント。保有額が3000万円以上ならポイントが2倍になる。
【証券会社比較】投資信託 取扱い最新ランキング・カブドットコム証券の公式サイトはこちら
5位 ◆マネックス証券⇒詳細情報ページへ
1260本 1260本 1218本 100円
【特徴・メリット】
投資信託の購入時手数料はすべて無料! もちろん、NISA口座での取引や「投信つみたて」による購入も手数料0円だ。積立頻度は、一般的な「毎月」積立のほか「毎日」も選ぶことができる。ファンド探しに迷ったら、自分のライフプランに合ったファンド選びを手助けする「投信ポートフォリオ診断」を参考にするといいだろう。また、ポートフォリオの分析やリターン予測、アドバイスなどの機能がある「MONEX VISION」も便利だ。ロボアドバイザーサービスは、1000円から始められる投資一任型の「ON COMPASS」と、最低投資金額が5万円で国内ETFで運用を行うアドバイス型の「Monex Advisor」が利用可能。なお、投資信託の保有金額の最大0.08%分(年率)のマネックスポイントがもらえるのもお得! さらに、マネックスカードを使えば投信積立のポイント還元率が1.1%になる。
【証券会社比較】投資信託 取扱い最新ランキング・マネックス証券の公式サイトはこちら
 ※手数料などの情報は定期的に見直しを行っていますが、更新の関係で最新の情報と異なる場合があります。最新情報は各証券会社の公式サイトをご確認ください。※1 投資信託本数は、各証券会社の投資信託サーチ機能をもとに計測しており、実際の購入可能本数と異なる場合があります。

iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2021年]
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2022年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 SBI証券の公式サイトはこちら! ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードならヒルトンホテルで朝食無料になる「ゴールド」会員になれるほか、カード利用で無料宿泊も可能に! 【マイルの貯まりやすさで選ぶ!高還元でマイルが貯まるおすすめクレジットカード!
SBI証券の公式サイトはこちら! 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードならヒルトンホテルで朝食無料になる「ゴールド」会員になれるほか、カード利用で無料宿泊も可能に! 【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2022年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

人気株500激辛診断
米国株150診断
全上場銘柄の理論株価

8月号6月21日発売
定価780円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[人気株500激辛診断/米国株150]

◎巻頭特集

2022年後半の日本株&為替大予測

●日本株:秋に底入れ年末3万円へ
●為替:1ドル130円の時代に突入


◎第1特集
10万円未満で買える株は111銘柄!
人気の株500+Jリート14激辛診断

●2022年夏のイチオシ株
・10万円株/高配当株/株主優待株/Jリート
●気になる人気株
・大型株/新興株/Jリート
●儲かる株の見つけ方
旬の3大テーマ円安メリット株」「株主還元強化株」「会社予想が保守的な株
5大ランキング今期最新予想が大幅増収」「アナリストが強気
高配当利回り株」「少額で買える株

●投資判断に異変アリ!
日本通運、住友不動産が「買い」に格上げ
東急、新生銀行、シャープが「弱気」に転落

◎第2特集
高利回り&割安株を狙え
波乱相場ならではの狙い目株が続々!
人気株500以外からセレクトした「買いの株100」

●桐谷さんオススメ株主優待株
●増配かつ高配当な株
●初心者オススメ5万円株
●上方修正に期待大の株
●波乱に負けない高成長株

◎第3特集
人気の米国株150診断

●どうなる米国株?
「インフレなどで波乱は続くが10月末から上昇へ転じる!」
●注目銘柄
「有力定番IT株」「高配当割安株」「ディフェンシブ株」
●定点観測
GAFAM+αテスラ、エヌビディア、ネットフリックスなど

伝説のスゴ腕投資家バフェットが10年ぶりに株をオトナ買い
バフェットはいまの米国株をこう見てる&バフェットが買った銘柄をチェック!


◎人気連載もお楽しみに!
●10倍株を探せ! IPO株研究所
●自腹でガチンコ投資!AKB48ガチ株バトル
●AKB48武藤十夢のわくわくFX生活! 
●株入門マンガ恋する株式相場!
●どこから来てどこへ行くのか日本国
●人気毎月分配型100本の「分配金」


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2022】 クレジットカードの専門家が選んだ 2022年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 太田忠の日本株「中・小型株」アナリスト&ファンドマネジャーとして活躍。「勝つ」ための日本株ポートフォリオの作り方を提案する株式メルマガ&サロン 【全41口座徹底調査】スプレッドやスワップポイントがお得なFX会社は? FX会社比較!

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報

ザイFX!のお役立ち情報

ダイヤモンドZAiオンラインαのお役立ち情報