世界投資へのパスポート

【緊急寄稿】利上げを見送ったFOMC、
次の利上げタイミングや注目点は? 
日本株の行方などFOMCのポイントを解説!

【第384回】 2015年9月18日公開(2022年3月29日更新)
広瀬 隆雄
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事

<今回のまとめ>
1.FOMCでは利上げは見送られた
2.中国、新興国などへの配慮が見られた
3.雇用の促進とインフレ率を2%へ持って行くというFRBの使命にフォーカス
4.利上げタイミングは12月が有力
5.今まで通りの進路を進むだけでよい米国に投資妙味

全世界が注目していた
FFレートの「利上げ」は見送られた

 9月17日に閉会した連邦公開市場委員会(FOMC)では利上げが見送られました。米国の政策金利であるフェデラルファンズ・レートは現行の0~0.25%に据え置かれました。

FRBの使命の範囲外
「中国、新興国、原油価格、ドル」に言及した理由

 今回は、FOMC声明文、ならびに記者会見で中国、新興国、原油価格、ドルなどに言及がありました。これは以前に比べると様変わりと言えます。

 これらのことは、米国連邦準備制度理事会(FRB)が議会から託されている、FRBの使命の範囲外の話題です。それにもかかわらずイエレン議長がそれらの問題についてしっかり時間を割いたのは、FRBが「外部要因にも十分気を配っています!」ということをシグナルする効果を狙ったものと思われます。

市場関係者のキモチを
ひとつに纏めたイエレン議長

 世界のマーケットがギクシャクしたので、報道陣や投資家は、そちらに気を取られて、物事の優先順位が、ぼやけつつあります。

 これに対してイエレン議長は質疑応答の中で「FRBは、あくまでも雇用の促進すること、そしてインフレ率を2%になるべく近づけることという二つの目標を、いかに達成するか? という切り口から金利政策を決めて行きたい」という決意を強調することで、市場関係者のキモチをひとつに纏めました。

 そしてイエレン議長は「雇用の促進」と「インフレ率を2%に」というレンズから世界を見れば、8月以降、いろいろドタバタしたけれど、少なくとも基本的な方向性は、今までと同じ進路を維持できていると自信をのぞかせました。

うまくいっている雇用促進は
さらに進めるという方向性

 失業率に関しては、すでに5.1%に来ているわけですが、念には念を入れて、利上げの際の「心の安心」を確保するために、ターゲット到達後も、もっと雇用を促進することもやぶさかではないという見解を披露しました。

 雇用の部分は、これまでのFRBのポリシーの中で、すごく上手く行っている箇所なので、ちょっとオーバードライブをかけて、ガンガン突っ走る……そういうノリなのです。

うまくいっていないインフレ率は
「来年から戻ってくる」との見通し

 反面、インフレ率に関しては、FRBの采配がうまく成果を上げていません。それどころか、いくぶん、後退してしまった印象すらあります。つまりデフレ・リスクと紙一重だということです。

 しかし、イエレン議長は「これは中国経済の減速でコモディティ価格が急落したからだ」として、あくまでも束の間の現象にすぎないと見ています。そして来年くらいから、かなり鋭角的にインフレが戻ってくるだろうという見解を示しました。

 言い換えれば、米国が再びデフレに落ち込むリスクは、メインシナリオじゃないと考えているわけです。

 その意味では、政策金利をマイナス金利にするとか、またぞろQE(量的緩和政策)をやるなどの、非常手段は考えていません。

次の利上げのタイミングの最有力は12月!?

 さて、利上げのタイミングですが、今年中にフェデラルファンズ・レートを引き上げるという可能性は未だ残っています。必要に応じては10月に利上げするという選択も、まだ温存していることが表明されました。

 10月のFOMCは記者会見が予定されていないけれど、もし必要であれば緊急でそれを招集することもできると説明していました。

 ただハッキリ言って現状では10月の利上げの可能性は低いと思います。つまり最有力は12月ということです。

とりあえずFRBがフォーカスしている、
インフレターゲットと雇用の関係について

 FOMCメンバーの、今年のインフレ予想は0.25%前後、来年は1.7%前後、そしてターゲットの2%を達成できるのは2018年となっています。

 FRBが金利政策を通じてインフレをそういう方向へ持って行こうと働きかける際、主に雇用の経路からインフレを焚きつけることに専念するとイエレン議長は述べました。

 これはすなわち、今すでに好調である雇用をこれからもズンズンと促進すれば、いずれ労働市場がタイトになり、それは賃金に跳ね返ってくる……その賃金の上昇が始まれば、インフレはスルスルとFRBの目標にしている2%めがけて上がりはじめる……そういうイメージを持っているわけです。

イエレン議長の眼中に資産バブルがない理由

 今回のイエレン議長の記者会見で無視、ないしは意図的に欠落していた部分は、資産価格のバブルの可能性についての言及が無かった点です。

 わざとそれをシカトし、「雇用をオーバードライブに持って行く」式のトークに終始したということは、長い間、ゼロ金利を維持することがバブルのタネを蒔くとか、そういう議論とは一切、とりあわない決意すら感じさせました。

 イエレン議長が心配していないのならば、我々投資家もそれは余り心配しなくていいということです。

 長期に超低金利を維持することが株高や不動産投機を誘発し、それが格差社会を助長するのでは? という批判に対しては、イエレン議長がいちばん心配していることは、リッチ層をよりリッチになってしまうことではなく、今、職の無い人たちがどうやって職にありつけるようにするか? あるいは不本意なパートタイムの仕事しかない人がもっとよい正社員の仕事に就けるようにするか? という点だと述べていました。

 このへんのイエレン議長の姿勢は断固としており、彼女の心の中での優先順位がハッキリ現れていたように思います。

極端なドル高は是正されるとしたイエレン議長
ドル高/円安が続かないとなると日本株はどうなる?

 総括すると、今回のFOMCではFRBは中国経済の鈍化やそれが新興国に与える影響を心配しながらも、基本的には米国経済は良い方向へ向かっており、進路変更の必要は無いということが確認されました。

 ひょっとすると世界経済の鈍化が、今後の米国経済指標にも反映され、経済モメンタムの衰えが見えてくるかも知れません。しかしその場合でも、現在の超緩和的な金利政策を維持することで、それを乗り切ってゆくことが可能であるとFRBは考えているわけです。

 なおイエレン議長は現在のドル高も原油安などと同様、束の間の現象であり、いずれ極端なドル高は是正されると述べていました。

 このことから我々はドル高/円安がいつまでも続くという前提で投資戦略を考えない方が良いと思います。もっと言えば、日本株はダメだということです。

 むしろ上でも紹介した通り、今まで通りのことを愚直に継続することでオッケーという、イエレン議長の太鼓判が押されている米国にこそ、投資妙味があるということです。
 

【※米国株を買うならこちらの記事もチェック!】
米国株投資で注意が必要な「為替」と「税金」とは?「特定口座(源泉徴収あり)」か「NISA口座」で投資をして、口座内に「米ドル」を残さないのがポイント!

証券会社(ネット証券)比較!売買手数料で比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!取引ツールで比較ページへ
 つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説ページへ
証券会社(ネット証券)比較!人気の証券会社で比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!株アプリで比較ページへ
 iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説!詳しくはこちら!
ネット証券会社(証券会社)比較!最短で口座開設できる証券会社で比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!外国株で比較ページへ
桐谷さんの株主優待銘柄ページへ
証券会社(ネット証券)比較IPO(新規上場)比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!キャンペーンで比較ページへ
証券会社(ネット証券)比較!総合比較ページへ
【2022年7月1日時点】

「米国株」取扱数が多いおすすめ証券会社

◆マネックス証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税込)
5100銘柄以上 約定代金の0.495%
最低手数料0米ドル、上限手数料22米ドル
【マネックス証券のおすすめポイント】
5100銘柄以上の米国株と約2600銘柄の中国株を取り扱っており、外国株式の取り扱い銘柄数の多さはトップクラス米国株は最低手数料0ドルから購入可能買付時の為替手数料0円(売却時は1ドルあたり25銭)なので、実質的な取引コストを抑えることができる。さらに、外国株取引口座に初回入金した日から20日間は、米国株取引手数料(税込)が最大3万円がキャッシュバックされる。また、米国ETFの中で「USAプログラム」対象銘柄は実質手数料無料(キャッシュバック)で取引が可能。さらに中国株の手数料は業界最低レベルで、約定金額の0.275%(下限49.5香港ドル~上限495香港ドル)。しかもNISA口座なら、日本株の売買手数料が無料なのに加え、外国株(海外ETF含む)の購入手数料も全額キャッシュバックされて実質無料! 企業分析機能も充実しており、一定の条件クリアすれば銘柄分析ツール「銘柄スカウター米国株」「銘柄スカウター中国株」が無料で利用できる。
【関連記事】
◆【マネックス証券の特徴とおすすめポイントを解説】「単元未満株」の売買手数料の安さ&取扱銘柄の多さに加え、「米国株・中国株」の充実度も業界最強レベル!
【米国株投資おすすめ証券会社】マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税込)
5100銘柄以上 約定代金の0.495%
最低手数料0米ドル、上限手数料22米ドル
【SBI証券のおすすめポイント】
ネット証券最大手だけあって、米国、中国(香港)、韓国、ロシアからアセアン各国(ベトナム、インドネシア、シンガポール、タイ、マレーシア)まで、外国株式のラインナップの広さはダントツ! 米国株は手数料が最低0米ドルから取引可能で、一部米国ETFは手数料無料で取引できる。米ドルの為替レートは「片道25銭」と他の証券会社と同じレベルだが、住信SBIネット銀行の外貨預金口座から入金すれば「片道4銭」で両替可能。差額の21銭は1ドル=108円なら約0.19%に相当するので、かなりお得だ。あらかじめ設定した金額か株数(口数)で定期的に買付する「米国株式・ETF定期買付サービス」が便利。 NISA口座なら、日本株の売買手数料だけでなく、海外ETF(米国・中国・韓国)の買付手数料も無料に。米国企業情報のレポート「One Pager」、銘柄検索やソートに使える「米国株式決算スケジュールページ」や「米国テーマ・キーワード検索」、上場予定銘柄を紹介する「IPOスピードキャッチ!(米国・中国)」など情報サービスも多彩。また、2021年4月から米国株式取引専用の「米国株アプリ」が登場した。インドネシアやタイなどのアセアン各国に関しては、主要約70銘柄の個別企業レポート「ASEANアナリストレポート」を提供している。
【関連記事】
◆【SBI証券の特徴とおすすめポイントを解説!】株式投資の売買手数料の安さは業界トップクラス! IPOや米国株、夜間取引など、商品・サービスも充実
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【米国株投資おすすめ証券会社】SBI証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税込)
5100銘柄以上 約定代金の0.495%
最低手数料0米ドル、上限手数料20米ドル
【楽天証券おすすめポイント】
米国、中国(香港)、アセアン各国(シンガポール、タイ、マレーシア、インドネシア)と、幅広い銘柄がそろっているうえ、海外ETFの取り扱い数も、米国ETF約350本を含む、約400本と業界No.1! 所定の米国ETF9銘柄については買付手数料が無料で取引ができる。米国株式の注文は、最大90日先まで指値注文が有効で、「約定通知メール」サービスとあわせて利用すると便利。米国株の注文受付時間が、土日、米国休場を含む日本時間の朝8時~翌朝6時と長いので、注文が出しやすいのもメリット。アセアン株式の情報も充実。財務分析でよく使われるPERなどの主な指標、過去5年間の業績推移や今後2年間の業績予想もチェックが可能だ。NISA口座なら買付手数料が無料(売却時の手数料は必要)なのもメリットだ。取引から情報収集までできるトレードツールの元祖「マーケットスピード」が有名。さらに、スマホ向けトレードアプリ「iSPEED」でも米国株取引が可能になった。ツール内では日経新聞の記事を無料で読むこともできる。
【関連記事】
【楽天証券おすすめのポイントは?】トレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!投資信託や米国や中国株などの海外株式も充実!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が見やすい!
【米国株投資おすすめ証券会社】楽天証券の公式サイトはこちら
◆DMM.com証券(DMM株) ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税込)
1900銘柄以上 無料
【DMM.com証券おすすめポイント】
2019年12月に米国株の売買手数料を完全に無料化したことで、取引コストに関しては一歩リード!ただし、配当金が円に両替される際の為替スプレッドが1ドルあたり1円と高いので、割り狙いで長期保有する人は注意が必要だ。取扱銘柄数は少なめだが、FAANGなどの有名IT株やバンガードなどの人気ETFは、きちんと網羅されている。他社と違う点としては、外貨建ての口座がなく、売却時の代金や配当が自動的に受け付けから円に交換されること。その後で持っておきたい人にはデメリットだが、すべて円で取引されるため初心者にとってはわかりやすいシステムと言えるだろう。また、米国株式と国内株式が同じ無料取引ツールで一元管理できるのもわかりやすい。米国株の情報として、米国株式コラムページを設置。ダウ・ジョーンズ社が発行する「バロンズ拾い読み」も掲載されている。
【関連記事】
◆DMM.com証券「DMM株」は、売買手数料が安い!大手ネット証券との売買コスト比較から申込み方法、お得なキャンペーン情報まで「DMM株」を徹底解説!
◆【証券会社比較】DMM.com証券(DMM株)の「現物手数料」「信用取引コスト」から「取扱商品」、さらには「最新のキャンペーン情報」までまとめて紹介!
【米国株投資おすすめ証券会社】DMM.com証券の公式サイトはこちら
【米国株の売買手数料がなんと0円!】
DMM.com証券(DMM株)の公式サイトはこちら
本記事の情報は定期的に見直しを行っていますが、更新の関係で最新の情報と異なる場合があります。最新の情報は各社の公式サイトでご確認ください。

【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2022年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2022年の最強クレジットカード(全8部門)を公開!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2022年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

人気株500激辛診断
米国株150診断
全上場銘柄の理論株価

8月号6月21日発売
定価780円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[人気株500激辛診断/米国株150]

◎巻頭特集

2022年後半の日本株&為替大予測

●日本株:秋に底入れ年末3万円へ
●為替:1ドル130円の時代に突入


◎第1特集
10万円未満で買える株は111銘柄!
人気の株500+Jリート14激辛診断

●2022年夏のイチオシ株
・10万円株/高配当株/株主優待株/Jリート
●気になる人気株
・大型株/新興株/Jリート
●儲かる株の見つけ方
旬の3大テーマ円安メリット株」「株主還元強化株」「会社予想が保守的な株
5大ランキング今期最新予想が大幅増収」「アナリストが強気
高配当利回り株」「少額で買える株

●投資判断に異変アリ!
日本通運、住友不動産が「買い」に格上げ
東急、新生銀行、シャープが「弱気」に転落

◎第2特集
高利回り&割安株を狙え
波乱相場ならではの狙い目株が続々!
人気株500以外からセレクトした「買いの株100」

●桐谷さんオススメ株主優待株
●増配かつ高配当な株
●初心者オススメ5万円株
●上方修正に期待大の株
●波乱に負けない高成長株

◎第3特集
人気の米国株150診断

●どうなる米国株?
「インフレなどで波乱は続くが10月末から上昇へ転じる!」
●注目銘柄
「有力定番IT株」「高配当割安株」「ディフェンシブ株」
●定点観測
GAFAM+αテスラ、エヌビディア、ネットフリックスなど

伝説のスゴ腕投資家バフェットが10年ぶりに株をオトナ買い
バフェットはいまの米国株をこう見てる&バフェットが買った銘柄をチェック!


◎人気連載もお楽しみに!
●10倍株を探せ! IPO株研究所
●自腹でガチンコ投資!AKB48ガチ株バトル
●AKB48武藤十夢のわくわくFX生活! 
●株入門マンガ恋する株式相場!
●どこから来てどこへ行くのか日本国
●人気毎月分配型100本の「分配金」


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2022】 クレジットカードの専門家が選んだ 2022年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 太田忠の日本株「中・小型株」アナリスト&ファンドマネジャーとして活躍。「勝つ」ための日本株ポートフォリオの作り方を提案する株式メルマガ&サロン 【全41口座徹底調査】スプレッドやスワップポイントがお得なFX会社は? FX会社比較!

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報

ザイFX!のお役立ち情報

ダイヤモンドZAiオンラインαのお役立ち情報