闇株新聞[2018年]

過去最高益でも株価急落のファーストリテイリング、
中国経済減速の中、今後も成長は持続できるか!?気になる企業決算を「闇株新聞」が分析

2015年10月16日公開(2022年3月29日更新)
闇株新聞編集部
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事

日本株や為替、世界経済について明快かつ独特な視点で切り込む刺激的な金融メルマガ『闇株新聞プレミアム』。毎回決算発表の時期には「解説が必要な会社」をシリーズで取り上げています。今回はその中から、個人投資家の注目度が高いファーストリテイリング(9973)の成長性と今後の株価動向について。

 今月に入って2015年7~9月期の決算が出始めていますが、この期間には中国経済の減速や世界的な株価下落などがあったため、その影響がどのように出ているのかを一刻も早く知る必要があります。

 例えば、個人投資家の注目も高いファーストリテイリング(9983)はどうでしょうか。「ユニクロ」の売り上げは国内の消費動向に敏感に反映しますし、海外展開では中国にかなり傾注しているので景気減速の影響をどのように受けているのか真っ先に知ることができます。

 また、現在の株価には高成長企業としてのプレミアムもたっぷり織り込まれています。今後、市場の評価がどのように変遷していくのかも大変興味のあるところです。では、10月8日に発表されたばかりの2015年8月期通年決算を見てみましょう。

過去最高益を更新も大きく売り込まれた株価

 決算短信を見ると、売上収益1兆6817億円(前年比21.6%増)、営業利益1644億円(同26.1%増)、当期利益1100億円(同47.6%増)といずれも過去最高益を更新しました。しかし、当初の会社予想は営業利益2000億円、純利益1200億円程度でしたので、これは下回っています。

 また、同社は今期(2106年8月期)の計画を、売上高1兆9000億円(前期比13%増)、営業利益2000億円(同21.6%増)、純利益1150億円(同4.5%増)と発表しました。これも過去最高益を更新する予想ですが、コンセンサスは営業利益2300億円程度だったため「市場の期待を大きく下回る」弱気の数字と受け止められました。

 そのためか、発表直後10月9日の株価は前日比4740円安の4万3900円(前日比9.75%)と大きく売り込まれています。7月30日の本年高値61970円と比較すると、実に3割近くも下落してしまったことになります。

国内の成長は継続、海外も大きく落ち込む可能性は少ない

 今後の成長性について2016年8月期の会社予想によると、国内ユニクロ事業は841店舗で売上収益7801億円(前年比9%増)営業利益1172億円(同10%増)、海外ユニクロ事業は年間100店舗の新規出店を継続する中国を中心に、798店舗で売上収益6036億円(46%増)営業利益433億円(32%増)が見込まれています。これを見ると国内・海外とも成長は継続しているように見えます。

 海外ユニクロ事業を中国(本土)事業だけに限れば、467店舗で売上収益3044億円(46%増)営業利益386億円(66%増)であり、中国事業が海外事業全体の収益を押し上げていることがわかります。米国事業(42店舗)は営業赤字のようです。

 ここから考えられることは、2016年8月期については、国内では店舗数は横這いとなるため設備投資負担が少なく、よほど売り上げが落ち込まない限り営業利益率が大きく低下する可能性もないということです。

 中国事業も、決算に反映されているのは8月までの数字なので経済減速・株価下落の影響が十分に反映されていない可能性はありますが、商品が奢侈品ではなく生活必需品に近いため、大きく落ち込むこともないと予想されます。

株価の上昇は期待できるか?

 しかし、株価は先週末にあれだけ下げても、PER39倍・PBR6倍とまだまだ高成長のプレミアムをたっぷり織り込んでいます(東証1部銘柄の平均はPER14.67倍・PBR1.31倍)。この株価水準を維持するには市場の予想をはるかに上回る成長を継続していく必要があります。これはかなり高いハードルではないでしょうか。

 柳井正社長は「インターネット通販の売上高比率を現在の5%から30%以上に引き上げる」「異業種連携の取り組み」ことを挙げていますが、どちらもファーストリテイリングでなければできないビジネスモデルではなく、同社がイニシアティブをとれる分野でもありません。

 以上から、本紙としては「ファーストリテイリングは多少減速しても成長を続けるが、次第に高成長企業のイメージが失われ安定成長企業になってゆくため、株価としてはあまり期待できない」という結論になります。

 企業決算を分析するシリーズは現在『闇株新聞プレミアム』にて連載中、10月12日付では消費関連企業から競争熾烈なコンビニ業界についても取り上げました。グローバルな視点と長期的な視野で、株式アナリストとは一味違った解説をお届けしてまいります。

闇株新聞PREMIUM

闇株新聞PREMIUM
【発行周期】 毎週月曜日・ほか随時  【価格】 2,552円/月(税込)
闇株新聞PREMIUM 闇株新聞
週刊「闇株新聞」よりもさらに濃密な見解を毎週月曜日にお届けします。ニュースでは教えてくれない世界経済の見解、世間を騒がせている事件の裏側など闇株新聞にしか書けないネタが満載。
お試しはコチラ

 

DPM(ダイヤモンド・プレミアム・メールマガジン)

●DPM(ダイヤモンド・プレミアム・メールマガジン)とは?

金融・経済・ビジネス・投資に役立つタイムリーかつ有益な情報からブログに書けないディープな話まで、多彩な執筆陣がお届けする有料メールマガジンサービス。
初めての方は、購読後20日間無料! 


世の中の仕組みと人生のデザイン
【発行周期】 隔週木曜日  【価格】 864円/月(税込)
世の中の仕組みと人生のデザイン 橘 玲
金融、資産運用などに詳しい作家・橘玲氏が金融市場を含めた「世の中の仕組み」の中で、いかに楽しく(賢く)生きるか(人生のデザイン)をメルマガで伝えます。
お試しはコチラ

堀江 貴文のブログでは言えない話
【発行周期】 毎週月曜日、水曜、ほか随時  【価格】 864円/月(税込)
堀江 貴文のブログでは言えない話 堀江 貴文
巷ではホリエモンなんて呼ばれています。無料の媒体では書けない、とっておきの情報を書いていこうと思っています。メルマガ内公開で質問にも答えます。
お試しはコチラ

 


【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2022年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2022年の最強クレジットカード(全8部門)を公開!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2022年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

人気株500激辛診断
米国株150診断
全上場銘柄の理論株価

8月号6月21日発売
定価780円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[人気株500激辛診断/米国株150]

◎巻頭特集

2022年後半の日本株&為替大予測

●日本株:秋に底入れ年末3万円へ
●為替:1ドル130円の時代に突入


◎第1特集
10万円未満で買える株は111銘柄!
人気の株500+Jリート14激辛診断

●2022年夏のイチオシ株
・10万円株/高配当株/株主優待株/Jリート
●気になる人気株
・大型株/新興株/Jリート
●儲かる株の見つけ方
旬の3大テーマ円安メリット株」「株主還元強化株」「会社予想が保守的な株
5大ランキング今期最新予想が大幅増収」「アナリストが強気
高配当利回り株」「少額で買える株

●投資判断に異変アリ!
日本通運、住友不動産が「買い」に格上げ
東急、新生銀行、シャープが「弱気」に転落

◎第2特集
高利回り&割安株を狙え
波乱相場ならではの狙い目株が続々!
人気株500以外からセレクトした「買いの株100」

●桐谷さんオススメ株主優待株
●増配かつ高配当な株
●初心者オススメ5万円株
●上方修正に期待大の株
●波乱に負けない高成長株

◎第3特集
人気の米国株150診断

●どうなる米国株?
「インフレなどで波乱は続くが10月末から上昇へ転じる!」
●注目銘柄
「有力定番IT株」「高配当割安株」「ディフェンシブ株」
●定点観測
GAFAM+αテスラ、エヌビディア、ネットフリックスなど

伝説のスゴ腕投資家バフェットが10年ぶりに株をオトナ買い
バフェットはいまの米国株をこう見てる&バフェットが買った銘柄をチェック!


◎人気連載もお楽しみに!
●10倍株を探せ! IPO株研究所
●自腹でガチンコ投資!AKB48ガチ株バトル
●AKB48武藤十夢のわくわくFX生活! 
●株入門マンガ恋する株式相場!
●どこから来てどこへ行くのか日本国
●人気毎月分配型100本の「分配金」


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2022】 クレジットカードの専門家が選んだ 2022年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 太田忠の日本株「中・小型株」アナリスト&ファンドマネジャーとして活躍。「勝つ」ための日本株ポートフォリオの作り方を提案する株式メルマガ&サロン 【全41口座徹底調査】スプレッドやスワップポイントがお得なFX会社は? FX会社比較!

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報

ザイFX!のお役立ち情報

ダイヤモンドZAiオンラインαのお役立ち情報