FP花輪陽子のシンガポール移住日記

シンガポールに集まる富裕層の「節税事情」を解説!
相続税や贈与税がなくキャピタルゲインも非課税と、
富裕層には魅力的なシンガポールの税制の実態は?

【第20回】 2017年4月8日公開(2017年9月4日更新)
花輪陽子
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示

 ファイナンシャル・プランナー(FP)の花輪陽子です。

 シンガポールには、有名な大富豪がたくさん住んでいます。例えば、世界的にその名を知られる投資家のジム・ロジャーズ氏や、世界の長者番付で上位にランクインしている「フェイスブック」共同創業者のドゥアルド・サベリン氏。また、スペインのサッカーチーム・バレンシアのオーナーとして有名な、シンガポールの投資家ピーター・リム氏など。

 米国の経済誌「フォーブス」の長者番付に名を連ねる大富豪の多くは、不動産関係者、投資家、石油取引業者、銀行業の関係者などとなっています。ちなみに、シンガポールにおける長者番付の現トップは、不動産デベロッパー「ファー・イースト・オーガニゼーション」を率いるロバート・ウン氏とフィリップ・ウン氏の兄弟で、約1兆円の資産を保有しているとされています。

シンガポールのビル群

 シンガポールに住む著名な日本人としては、エイベックスグループ代表取締役社長の松浦勝人氏と妻の畑田亜希氏、村上ファンド事件で有名になった村上世彰氏、医師と結婚してシンガポールに移住をした、フリーアナウンサーの中野美奈子氏などが挙げられます。投資好きのタレントとして有名な松居一代氏も、シンガポールに住んだことがあるようです。

 街やコミュニティーが小さいので、一般人でもパーティーやオーチャードのカフェなどで著名人を見かける機会が多々あります。「あの人、日本で騒がれているけど、シンガポールにいるのね……」といった具合に、日本ではあまり遭遇しないような人にも、身近なところで出会う機会があって、よく驚かされます。

シンガポールは「相続税」「贈与税」がない!
所得税・法人税も低水準で節税目的の移住者が多数

 それにしても、なぜ世界中からこれだけの富裕層が集まっているのでしょうか。事情はさまざまでしょうが、やはり「節税」を目的としている人が多い印象です。

 シンガポールは相続税や贈与税がかからず、キャピタルゲインも非課税、所得税の最高税率は20%、法人税は17%と、とても税率が低い国です。さらに、シンガポールの居住者になっても、年金など国外で発生した所得には、税金がかかりません。そのため、外国人がビジネスを起こして働いたり、資産運用したりするには、とても有利な国なのです。

 また、シンガポールには、起業家向けの「Entre Pass(アントレパス)」という制度があります。「Entre Pass」を活用すると、日本円で約400万円の資本金で会社を立ち上げるなど、各種要件を満たした上で事業を行う場合に、雇用の承認と居住のビザを取得することができます(カフェやフードコートなど、一部対象外の事業もあります)。詳しくは政府のサイトでご確認ください。

http://www.mom.gov.sg/passes-and-permits/entrepass/eligibility

 投資用永住権の「Global Investment Program(GIP)」に関しては、かなりハードルが高く、約2億円で新規事業を立ち上げるか、既存事業の拡大に投資をする、もしくは約2億円を「GIPファンド(シンガポールにベースを置く企業に投資をするファンド)」に投資する必要があります。

 また、GIPの要件を満たすには、売上要件などかなり厳しい条件があります。しかし、成功した経営者など富裕層は永住権を獲得できるわけです。

https://www.contactsingapore.sg/Media/ContactSingapore/
 

「非居住者」と認定されれば、日本に納税義務はない!
ただし、この認定を巡って過去には事件も発生

 ところで、シンガポールでいくら税率が低くなったとしても、日本で税金をとられるのではないか? と思う人も多いでしょう。しかし、日本国籍を持っている場合も、「非居住者」になると税金が変わってきます。非居住者とは、「日本に住んでいない」と認定されている人のことです。

 非居住者になると、日本で発生する所得に対しては日本の税金がかかりますが、外国で発生した所得については、原則日本では課税されません。そのため、シンガポールで働いて得た収入に関しては、シンガポールで納めることになります。

 また、相続税・贈与税に関しても、財産を渡す人ともらう人の両者が国外に5年以上居住し、財産が国外財産の場合は、日本で原則課税されないことになります。シンガポールのような相続税・贈与税が非課税の国に居住している場合は、日本でもシンガポールでも課税されないというケースも出てきます。

 ただし、裁判になった武富士創業者の長男のケース(香港に居住地を移したうえで、海外資産の贈与が行われた)では、「非居住者の判定」が争点になりました。非居住者と判定されるには、海外に一定期間以上在住し、海外に生活の拠点を置いていることが証明できなければなりません。

資産を守るために国籍を変え、新天地を選ぶ人も多数!
フットワークの軽さ、情報収集力が富裕層の力

 しかし、日本のような非居住者への優遇がない国もあります。たとえば米国はそうです。米国の国籍や永住権を保有している人は、原則として国外に居住していても本国に税金を支払わなければなりません。

シンガポールのヨットハーバー

 そのため、なかにはフェイスブックのドゥアルド・サベリン氏のように、米国籍を放棄する人もいます。シンガポールに住んでみて、お金のために国籍を放棄する人や、居住権を得て海外に渡る人が世の中に多くいることを実感し、大変驚かされました。

 高齢のシンガポール人でも、子どもを頼りにオーストラリアなどの海外に渡っていく人が少なからずいます。日本人ならば、高齢になってからこれまでの交友関係を捨てて、海外に永住する人は少ないのではないでしょうか。シンガポール人の場合、英語ができることが大きいのでしょうが、フットワークの軽い人が多い印象です。

 お金持ちは一国にこだわらず、どこの国で働き、どこの国で資産運用をして、どこの国で子どもに教育を受けさせ、どこの国に居住するのが有利かを考えて、自分の拠点を決めています。その拠点は、目的によって複数に分かれていることもしばしばあるのです。

 永住権取得を手助けするコンサルタントもおり、シンガポールを含む税制のメリットが大きい国で、永住権を取る外国人もたくさんいます。世界の富裕層は、どこの国で何をするのが有利かという情報を熟知しており、それを忠実に実践しているところがすごいと感じます。

※クレジットカードの専門家2人が選んだ、2019年の最強カードは?
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】
2019年版、最優秀おすすめクレジットカードはコレだ!

【クレジットカードおすすめ比較】還元率でクレジットカードを選ぶ!還元率ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】ービス充実の「おすすめゴールドカード」はコレ!ページへ
ETCカードでクレジットカードを選ぶ!ETCカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】人気ランキングでクレジットカードを選ぶ!人気ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】プラチナカードでクレジットカードを選ぶ!プラチナカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス)を比較して選ぶ!
【クレジットカードおすすめ比較】マイルでクレジットカードを選ぶ!マイルランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】海外旅行保険でクレジットカードを選ぶ!海外旅行保険ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】法人カードで選ぶ!法人カードでおすすめクレジットカードはコレだ!
【クレジットカードおすすめ比較】年会費無料でクレジットカードを選ぶ!年会費無料ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】最短即日発行~翌日発行で選ぶを比較して選ぶ!今すぐ入手できる、お得なクレジットカードはコレだ!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開!

【2019年6月1日時点・最新情報】
還元率、年会費etc.で比較! 人気のおすすめクレジットカード

還元率 年会費
(税抜)
ブランド 電子マネー対応
(ポイント付与対象)
カード
フェイス

 ◆OricoCard THE POINT (オリコカード・ザ・ポイント)

1.0~2.5% 永年無料 JCB
Master
Suica
ICOCA
OricoCard THE POINTカード公式サイトはこちら
【OricoCard THE POINTのおすすめポイント】
年会費無料ながら新規入会後6カ月は2.0%の高還元率で、7カ月以降も通常還元率が1.0%の高還元クレジットカード。ネットショッピングでは「オリコモール」活用で「Amazon」で還元率2%になるほか、「楽天市場」や「Yahoo!ショッピング」でも還元率2.5%(各ショップのポイント含む)になるなど、ネットショッピングでは最強レベル。また、「iD」と「QUICPay」を搭載しているので少額決済でも便利。貯めたポイントは「Amazonギフト券」「iTunesギフトコード」なら即時交換ができるので、ポイントの使い勝手も◎!
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開!(最優秀年会費無料カード部門)
年会費無料カードの還元率競争が激化!「Orico Card THE POINT」はネット通販に強く、還元率1.5~2.5%も狙える注目の新登場カード!
「Orico Card THE POINT」は、還元率1.0%、年会費が永年無料のお得な高還元率カード。入会6カ月間は最大還元率がなんと3.0%に!
OricoCard THE POINTの公式サイトはこちら

 ◆楽天カード

1.0~3.0% 永年無料 VISA
JCB
Master
楽天Edy
(楽天Edyへの
チャージ分は
還元率0.5%)
楽天カード公式サイトはこちら
【楽天カードのおすすめポイント】
楽天市場や楽天ブックス、楽天トラベルを利用している人はもちろん、楽天ユーザー以外にもおすすめの「年会費無料&高還元」クレジットカードの代表格。通常還元率は1.0%だが、楽天市場や楽天ブックスでは最低でも還元率が3.0%以上に! また、「楽天ポイントカード」や電子マネーの「楽天Edy」との併用で、楽天グループ以外でも還元率は1.5~2.0%以上になる! ゴールドカードの「楽天プレミアムカード」も格安の年会費で「プライオリティ・パス」がゲットできてコスパ最強
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開!(最優秀メインカード部門)
「楽天カード」よりも「楽天ゴールドカード」を使ったほうが確実に得をする“損益分岐点”が判明!楽天市場での利用額次第で「楽天カード」よりお得!
「楽天カード」にメリット追加で還元率もアップ!さらに「楽天カード」と「楽天モバイル」の兼用でスマホ代の節約+楽天ポイントがザクザク貯まる!
楽天カードの公式サイトはこちら

 ◆アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

1.5%~ 1万円 AMEX Suica
ICOCA
高還元クレジットカードおすすめランキング!アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの公式サイトはこちら
【アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードのおすすめポイント】
マイル系最強カード」との呼び名が高いクレジットカード。対象航空会社・旅行会社28社で航空券代金やツアー代金を決済すると通常の3倍のポイントが貯まるので、航空会社発行のカードよりもマイルが貯まりやすいのが魅力。さらに、貯まったポイントは提携航空会社15社のマイルに自由に交換可能で、しかもポイントは無期限で貯められるのも大きなメリット! 「長距離+ビジネスクラス」の特典航空券に交換すれば、還元率は1.5%よりも高くなる!
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開!(マイル系カード部門)
航空・旅行アナリストがおすすめ!貯めたポイントを航空会社15社で自由に使える万能型のマイル系クレジットカードとは?
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの公式サイトはこちら
 ◆dカード
1.0~3.0% 初年度無料(※)
次年度以降も
条件次第で無料
VISA
Master
iD
dカードの公式サイトはこちら
【dカードのおすすめポイント】
テレビCMでもおなじみの「NTTドコモ」のカードだが、auやソフトバンク利用者でもお得! 初年度年会費は無料で、年1回でも利用すれば次年度以降も年会費無料の「実質年会費無料」カードながら、通常還元率1%と高還元。さらに、ローソンでの利用分は請求時に3%オフになり、ポイント付与と合計すると常時5%の超高還元が実現!「dカード」で貯まる「dポイント」は携帯電話料金に充当できるほか、「Ponta」にも交換可能となり、ドコモユーザー以外でもお得なクレジットカードだ。
(※ 年会費は初年度無料、2年目以降1250円。ただし、年1回でも利用すれば次年度以降も無料)
関連記事
◆「dカード」は「dポイント」を貯める最強カード! ドコモ利用者以外は年会費実質無料の「dカード」、ドコモ利用者は「dカード GOLD」がおすすめ!
◆「dカード」はドコモユーザー以外にもおすすめの「高還元+実質年会費無料」クレジットカード!ドコモユーザーなら「dカード GOLD」を使い倒せ!
NTTドコモ「dカード」の公式サイトはこちら

 ◆JCB CARD W(ダブル)

1.0~3.0% 永年無料 JCB QUICPay
JCB CARD W(ダブル)の公式サイトはこちら!
【JCB CARD W(ダブル)のおすすめポイント】
2017年10月24日に、JCBから年会費無料&高還元のエントリーカードが登場! 年会費無料で通常還元率は1.0%、さらに「ORIGINAL SERIESパートナー加盟店」のイトーヨーカドーやセブン-イレブン、Amazonなどでは還元率2.0%、スターバックスでは還元率3.0%と、驚異的な還元率に! しかも、大手カード会社のクレジットカードだけあって、ポイントの汎用性も抜群!
【関連記事】
「JCB CARD W」は「楽天カード」などとほぼ同じ、年会費無料+還元率1~3%のJCBの入門用カード!Amazonやスタバをよく利用する20~30代は注目!
「JCB CARD W」は、年会費無料で還元率1%以上のお得な高還元クレジットカード!「JCB CARD W」のメリット・デメリットを他のカードと比較して検証!
JCB CARD W(ダブル)のメリットを解説!「年会費無料」「常に還元率1.0%以上」「ポイントの使い勝手が良い」と三拍子そろった高還元クレジットカード!
JCB CARD Wの公式サイトはこちら

【アメックス・スカイ・トラベラー・カード】
高還元+無期限で貯まり、15社のマイルに自由に
交換できる最強マイル系カード⇒関連記事はこちら

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード公式サイトはこちら


【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
じぶん銀行住宅ローン 「ミライノ カード」は銀行系カードでもっともお得な年会費「実質」無料+高還元+キャッシュバック型のクレジットカード!住信SBIネット銀行利用者は必携 イオンカードを作るなら「イオンカードセレクト」が一番お得! WAONチャージでのポイント2重取り&イオン銀行で預金金利が優遇されやすくなる特典も! 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

株・投信・貯蓄で実現
人生で必要な
1億円の作り方

7月号5月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

人生で必要な1億円の作り方

●貯金テク 株・投信のしくみ。
勝ち組のワザを解説! 
・貯蓄? 投資?
人生で必要なお金の仕分け
最高6億円も! 株でお金を作った6人のワザ
投資信託お金を作った6人のワザ 
節税効果でより増える! iDeCoやNISAを使いこなせ

●気軽に投資できて儲
けやすい5万円株54銘柄
ライザップ、ZOZO、レオパレスは売りか買いか?
桐谷さん厳選!
オトク度が高い優待株9銘柄
・減配リスクが小さくて
安心な高配当株18銘柄
・短期で大化けもあり
値上がりを狙う株27銘柄

●ザイ独自の1万人アンケートを実施! 

億を作った勝ち組563人の必勝法!
勝ち組/負け組ってどんな人?
勝ち組の資産、運用法、投資先、生活習慣など大解剖!

別冊付録・1
266社のおみやげリスト付き! 
株主総会ガイド! 2019年版
・総会みやげセレクト10
・総会でわかる 良い株・悪い株
・今年の総会の見どころは

別冊付録・2
・リスクにビビるな! おかねをまもる教科書

定期購読を申し込むと500円の図書カードをプレゼントキャンペーン開催中!


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2019】 クレジットカードの専門家が選んだ 2019年おすすめ「法人カード」を発表! 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ) 新築マンションランキング

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報