コンサル流「格安セレブ術」

ビットコインに10万円投資したら思いがけず儲かって
しまった方法を公開!「不合理」な仮想通貨でリスク
を抑えて利益を狙う「格安セレブ流」の投資術とは?

2017年11月17日公開(2018年6月22日更新)
鈴木 貴博 [経済エンタテナー]
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示

 それほどお金をかけなくても優雅な生活を送る技術、それが「格安セレブ術」だ。

 さて、今年のノーベル経済学賞を受賞したのが「行動経済学」という分野である。古典経済学では「人間は経済合理的な行動をする」という前提を置くのに対して、行動経済学では「人間の行動はいろいろと不合理であること」を前提にしている。

 私がこれまでに提唱してきた様々な格安セレブ術が成立するのは、世の中が経済的に不合理な仕組みで満ちているからである。そこで今回は、現在の世の中で一番経済学的に不合理なものとの付き合い方を紹介しよう。仮想通貨の「ビットコイン」である。

ビットコインは経済合理的な存在じゃない?
格安セレブ流「不合理」なビットコインと付き合う方法

ビットコイン投資「格安セレブ流」のビットコイン投資とは?

 このビットコイン、投資対象としてどんどん人気が高まっている一方で、「資産価値の裏付けがないから、値動きがまったく読めない・理解できない」という興味深いシロモノである。なにしろJPモルガンのトップであるジェイミー・ダイモンCEOは「詐欺だ」と断言し、サウジアラビアの富豪で王族のアルワリード・ビン・タラール王子は「進行中のエンロン(事件)」と言って警戒している。

(筆者注:エンロンはエネルギーのデリバティブで成長し一時期は時価総額7兆円に達したが、粉飾会計が行われていたことが発覚して2001年に破たんした米国企業。破たんする直前まで株式市場では成長株の筆頭として熱狂的に投資家の注目を集めた。「それと同じだ」というのがサウジアラビアの王子の個人的見解である。)

 そもそもこれが経済学的に通貨なのかもよくわからないし、理論上、時価総額がいくらであるのが適正なのかも誰にもわからない。わかっているのは、世界中でかなりの人たちがビットコインに投資をしていることと、その価格がここ数年、どんどん上がっていることくらいだ。

 しかし、今では経済界でもビットコインの存在を認めざるを得ない状況に変化している。ビットコインの上場投資信託はアメリカの証券取引委員会によって一度は却下されたが、こんどはシカゴのオプション取引所が承認するのではないかと注目されている。ブームのおかげで日本のメガバンクも出資する会社でビットコイン売買の口座が開設できるなど、金融庁がお墨付きを与える仮想通貨交換業者も出てきて、一種の投資商品という体裁が整ってきた。

 1987年に119万円で放出されたNTT株が2ヵ月で318万円に値上がりしたときや、2003年頃の第二次ITバブルでライブドア株が高騰したときなどに大儲けをした人を横目に見ながら、「自分は何もできなかった」とがっかりしている人にとっては、ビットコインとどう付き合うかは悩ましい問題だろう。

(筆者注:大儲けする機会を逃してがっかりしている人のほうが、何も損をしていないという点では優れている)

 経済合理的な投資対象とは言えない可能性があるビットコインについては、合理的な判断をして投資するなど、とてもできそうにない。だから行動経済学の視点では「経済合理的ではない行動」と言われてしまうだろうが、今回はそれを踏まえたうえで私が編み出した「格安セレブ流のビットコインとの付き合い方」を紹介したい。

ビットコインは数百円から買える!
“あぶく銭の10万円”が手に入ったときに始めてみた

 ビットコインに興味を持っているが、投資に踏み切れないあなた。ビットコインに投資するのは「あぶく銭を手にしたとき」に限定しよう

 パチスロで2万円儲けたとか、保険が満期になったからと父親が10万円お小遣いをくれたとか、捨てるつもりだったiPadがヤフオク!を使って3万円で売れたとか、そんな思いがけず手に入れたお金だけをビットコインに投資するのだ。

(筆者注:行動経済学では「あぶく銭は働いて稼いだお金とは別のものだ」という間違った判断を人間はしてしまうとしている)

 私の場合、今年の4月、突然講演を代役で頼まれて謝礼が10万円入って来たことがある。典型的なあぶく銭である。そのときに「あぶく銭なので、なくなっちゃってもいいや」と思って、かねてから興味があったビットコイン投資を、大手のビットコイン取引所に口座を開いて始めてみた。

(筆者注:行動経済学では「人間は不合理的な間違った行動をする」ということから議論を始めるため、「あぶく銭は普通のお金とは違う使われ方をする」と分析されている)

 当時、1ビットコインの価格は15万円。ちょっと待てよ、である。元手が10万円でビットコインの価格が15万円だったら「買えないのでは?」と思うところだが、ビットコインの仕組みはうまくできている。なんと、0.001ビットコインといった具合に小さい単位でも購入できるのだ。それぞれの取引所の最低取引単位にもよるが、要は数百円からでもビットコインを買うことができるのだ。

 そんなわけで私の10万円はおよそ0.65ビットコインに姿を変えて、値上がりを待つことになった。

 しかし、現実には値上がりをそれほど待つ必要はなかった。なぜならビットコインは今、待つ必要がないほど、どんどん値上がりしているからだ。実際、その翌月に入るとビットコインの相場がするすると上昇して、いつの間にか1ビットコインは約25万円になった。そして私の口座に表示されるビットコイン残高は、円換算で16万円になっていた。

ビットコインの値上がり分はすぐ円に換金!
格安セレブ流「残高を減らさず、損もしない」投資術

 ここで、格安セレブ流の「ビットコイン投資術」を具体的に紹介しよう。

 ビットコインを円換算した残高が10万円から16万円へと増えて、「これからさらに上がるかもしれない!」という期待を持つのは同然だと思う。しかし格安セレブの流儀では、ここでとりあえず増えた6万円分のビットコインを円に戻して使ってしまうのだ。ちなみにビットコインは利益確定したときや利用する時点で雑所得として税金が発生する。ただしサラリーマンで確定申告が不要な人の場合は、20万円までの所得は申告する必要がない。

 実際に私は、友達4人で「あぶく銭が入ったからご馳走するよ」と言って、ひとり1万円の鮨を注文して散財してしまった。

(筆者注:ひとり1万円の鮨を4人で食べに行って会計が6万円だったという話はよくある話だが、「その店は最初からひとり1万5000円かかるお店ではないか」と疑うべきである)

 6万円をあっという間に使ってしまったことでビットコインの残高は0.4ビットコインに減ったが、円換算した口座残高はあいかわらず10万円と、ビットコインを始めた当初から減ってはいない。ここが、「あぶく銭」で始めた格安セレブ流ビットコイン投資の気楽な点だ。

 そこから忙しく仕事が続いて、ビットコインの存在自体を忘れてしまっていた私だが、3ヵ月後、夏休みに存在を思い出してまたビットコインの口座を覗いてみた。すると1ビットコインは45万円へと値上がりしていた。私のビットコインを円換算した口座残高は18万円になっている。嬉しい夏休みのお小遣いが8万円も入ったわけである。

 そこで増えた分の8万円は、またもや円に戻してあぶく銭として使ってしまうことにした。8月に私と食べた「極上A5ランクのサーロインステーキとワイン」に心当たりがある私の友人は、このあぶく銭に感謝していただきたい。

すでに値上がり分で14万円を回収済み、
それでも元本10万円分は口座に残ったまま!

 さて、この散財によってビットコインの数量は0.22ビットコインに減ったが、口座にはまだ10万円分のビットコインが残っている。これがビットコイン投資の楽しいところだ。

 この頃になると「中国政府がビットコイン規制を本格的に強める」などのニュースも耳に入り、ビットコインの相場が急落する日もあった。一瞬不安になったものの、よく考えてみたら、もともと“あぶく銭”の10万円から始まった投資。しかも途中で値上がり分の6万円+8万円=14万円を使ってしまっているから、もう元本は完全に回収している。だから今残っている10万円はゼロと同じである。だから、このままガンガン値が上がってしまった後に急落したり、突然消えてしまったりしても失うものは何もないと気づいて、安心して放っておくことにした。

(筆者注:私は自分が投資した元本を維持したり、元本の金額を回収したりすることに捉われて合理的な行動ができていないが、行動経済学的にはこういう考え方をする人間のほうがはるかに多いとされている。ひとつだけ指摘しておくと「今残っている10万円はゼロと同じ」というのは完全に間違いで、「10万円は10万円」である)

 さて、この原稿を書き始めた11月上旬に、ビットコイン相場を覗いてみると1ビットコインは85万円に値上がりしていた。私のビットコイン口座残高は円に換算すると18万円に増えている。だから、また8万円引き出して使ってしまおうと思いはじめたのだが、ここは注意が必要だ。

 今、8万円分引き出すと雑所得が20万円を超えてしまう(すでに引き出した6万円+8万円に8万円をプラスすると、合計22万円に)。個人の課税期間は1月から新年度になるから、増えた分を使うのはお正月以降にまわしたほうが税金のかからない賢い使い方になる。それにしても使っても使ってもなくならない魔法の投資口座のようで、嬉しい限りである。

(筆者注:たとえ使っても使ってもなくならないというのが実感だとしても、投資をしている本人は4月に投資した10万円に手をつけなければ今頃55万円になっていたことには気づいていない)

 さて、今回は格安セレブ流の「ビットコイン投資術」をお伝えしてきたが、みなさんはどうだろう? ビットコイン投資に興味を持っただろうか。

 もうすぐ1ビットコインの価格は100万円を超えそうだ。「そんなの高くて怖くて手が出せない」と思うかもしれないが、同じことが1ビットコイン=10万円のときにも言われていた。いや、2万円のときにも言われていた。

(筆者注:2017年11月11日にビットコイン相場は一時1ビットコイン=60万円台まで暴落した。ビットコインの分裂騒動をめぐる国際的な動きのせいである。後になってみると「税金をケチって1ビットコインが85万円のときに売らなかったのは失敗だった」と言いだす人が出てくるかもしれない。だから、「1ビットコインが100万円を超えそうだ」という楽観的な意見には十分気を付けたほうがいい

 考えてみれば、私が論じているのは“あぶく銭”の使い道である。本来は手に入ることのなかった“あぶく銭”を使うのであれば、これから誰かが私と同じことをやってみたとしても、ビットコイン投資はそれほど怖くはないと言えるのではないだろうか?

※クレジットカードの専門家2人が選んだ、2019年の最強カードは?
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】
「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!
全7部門の“2019年の最優秀カード”を詳しく解説!

【クレジットカードおすすめ比較】還元率でクレジットカードを選ぶ!還元率ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】ービス充実の「おすすめゴールドカード」はコレ!ページへ
ETCカードでクレジットカードを選ぶ!ETCカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】人気ランキングでクレジットカードを選ぶ!人気ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】プラチナカードでクレジットカードを選ぶ!プラチナカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス)を比較して選ぶ!
【クレジットカードおすすめ比較】マイルでクレジットカードを選ぶ!マイルランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】海外旅行保険でクレジットカードを選ぶ!海外旅行保険ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】法人カードで選ぶ!法人カードでおすすめクレジットカードはコレだ!
【クレジットカードおすすめ比較】年会費無料でクレジットカードを選ぶ!年会費無料ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】最短即日発行~翌日発行で選ぶを比較して選ぶ!今すぐ入手できる、お得なクレジットカードはコレだ!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開!

【2019年8月1日時点・最新情報】
還元率、年会費etc.で比較! 人気のおすすめクレジットカード

還元率 年会費
(税抜)
ブランド 電子マネー対応
(ポイント付与対象)
カード
フェイス

 ◆OricoCard THE POINT (オリコカード・ザ・ポイント)

1.0~2.5% 永年無料 JCB
Master
Suica
ICOCA
OricoCard THE POINTカード公式サイトはこちら
【OricoCard THE POINTのおすすめポイント】
年会費無料ながら新規入会後6カ月は2.0%の高還元率で、7カ月以降も通常還元率が1.0%の高還元クレジットカード。ネットショッピングでは「オリコモール」活用で「Amazon」で還元率2%になるほか、「楽天市場」や「Yahoo!ショッピング」でも還元率2.5%(各ショップのポイント含む)になるなど、ネットショッピングでは最強レベル。また、「iD」と「QUICPay」を搭載しているので少額決済でも便利。貯めたポイントは「Amazonギフト券」「iTunesギフトコード」なら即時交換ができるので、ポイントの使い勝手も◎!
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全7部門の“2019年の最優秀カード”を詳しく解説!(最優秀年会費無料カード部門)
年会費無料カードの還元率競争が激化!「Orico Card THE POINT」はネット通販に強く、還元率1.5~2.5%も狙える注目の新登場カード!
「Orico Card THE POINT」は、還元率1.0%、年会費が永年無料のお得な高還元率カード。入会6カ月間は最大還元率がなんと3.0%に!
OricoCard THE POINTの公式サイトはこちら

 ◆楽天カード

1.0~3.0% 永年無料 VISA
JCB
Master
楽天Edy
(楽天Edyへの
チャージ分は
還元率0.5%)
楽天カード公式サイトはこちら
【楽天カードのおすすめポイント】
楽天市場や楽天ブックス、楽天トラベルを利用している人はもちろん、楽天ユーザー以外にもおすすめの「年会費無料&高還元」クレジットカードの代表格。通常還元率は1.0%だが、楽天市場や楽天ブックスでは最低でも還元率が3.0%以上に! また、「楽天ポイントカード」や電子マネーの「楽天Edy」との併用で、楽天グループ以外でも還元率は1.5~2.0%以上になる! ゴールドカードの「楽天プレミアムカード」も格安の年会費で「プライオリティ・パス」がゲットできてコスパ最強
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全7部門の“2019年の最優秀カード”を詳しく解説!(最優秀メインカード部門)
「楽天カード」よりも「楽天ゴールドカード」を使ったほうが確実に得をする“損益分岐点”が判明!楽天市場での利用額次第で「楽天カード」よりお得!
「楽天カード」にメリット追加で還元率もアップ!さらに「楽天カード」と「楽天モバイル」の兼用でスマホ代の節約+楽天ポイントがザクザク貯まる!
楽天カードの公式サイトはこちら

 ◆アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

1.5%~ 1万円 AMEX Suica
ICOCA
高還元クレジットカードおすすめランキング!アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの公式サイトはこちら
【アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードのおすすめポイント】
マイル系最強カード」との呼び名が高いクレジットカード。対象航空会社・旅行会社28社で航空券代金やツアー代金を決済すると通常の3倍のポイントが貯まるので、航空会社発行のカードよりもマイルが貯まりやすいのが魅力。さらに、貯まったポイントは提携航空会社15社のマイルに自由に交換可能で、しかもポイントは無期限で貯められるのも大きなメリット! 「長距離+ビジネスクラス」の特典航空券に交換すれば、還元率は1.5%よりも高くなる!
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全7部門の“2019年の最優秀カード”を詳しく解説!(マイル系カード部門)
航空・旅行アナリストがおすすめ!貯めたポイントを航空会社15社で自由に使える万能型のマイル系クレジットカードとは?
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの公式サイトはこちら
 ◆dカード
1.0~3.0% 初年度無料(※)
次年度以降も
条件次第で無料
VISA
Master
iD
dカードの公式サイトはこちら
【dカードのおすすめポイント】
テレビCMでもおなじみの「NTTドコモ」のカードだが、auやソフトバンク利用者でもお得! 初年度年会費は無料で、年1回でも利用すれば次年度以降も年会費無料の「実質年会費無料」カードながら、通常還元率1%と高還元。さらに、ローソンでの利用分は請求時に3%オフになり、ポイント付与と合計すると常時5%の超高還元が実現!「dカード」で貯まる「dポイント」は携帯電話料金に充当できるほか、「Ponta」にも交換可能となり、ドコモユーザー以外でもお得なクレジットカードだ。
(※ 年会費は初年度無料、2年目以降1250円。ただし、年1回でも利用すれば次年度以降も無料)
関連記事
◆「dカード」は「dポイント」を貯める最強カード! ドコモ利用者以外は年会費実質無料の「dカード」、ドコモ利用者は「dカード GOLD」がおすすめ!
◆「dカード」はドコモユーザー以外にもおすすめの「高還元+実質年会費無料」クレジットカード!ドコモユーザーなら「dカード GOLD」を使い倒せ!
NTTドコモ「dカード」の公式サイトはこちら

 ◆JCB CARD W(ダブル)

1.0~3.0% 永年無料 JCB QUICPay
JCB CARD W(ダブル)の公式サイトはこちら!
【JCB CARD W(ダブル)のおすすめポイント】
2017年10月24日に、JCBから年会費無料&高還元のエントリーカードが登場! 年会費無料で通常還元率は1.0%、さらに「ORIGINAL SERIESパートナー加盟店」のイトーヨーカドーやセブン-イレブン、Amazonなどでは還元率2.0%、スターバックスでは還元率3.0%と、驚異的な還元率に! しかも、大手カード会社のクレジットカードだけあって、ポイントの汎用性も抜群!
【関連記事】
「JCB CARD W」は「楽天カード」などとほぼ同じ、年会費無料+還元率1~3%のJCBの入門用カード!Amazonやスタバをよく利用する20~30代は注目!
「JCB CARD W」は、年会費無料で還元率1%以上のお得な高還元クレジットカード!「JCB CARD W」のメリット・デメリットを他のカードと比較して検証!
JCB CARD W(ダブル)のメリットを解説!「年会費無料」「常に還元率1.0%以上」「ポイントの使い勝手が良い」と三拍子そろった高還元クレジットカード!
JCB CARD Wの公式サイトはこちら

【SPGアメリカン・エキスプレス・カード】
「ホテル宿泊券」+「マリオットの上級会員資格」が
もらえて得するホテル系カード⇒関連記事はこちら

SPGアメリカン・エキスプレス・カード公式サイトはこちら

【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
じぶん銀行住宅ローン 「ミライノ カード」は銀行系カードでもっともお得な年会費「実質」無料+高還元+キャッシュバック型のクレジットカード!住信SBIネット銀行利用者は必携 イオンカードを作るなら「イオンカードセレクト」が一番お得! WAONチャージでのポイント2重取り&イオン銀行で預金金利が優遇されやすくなる特典も! 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

最強日本株76
サラリーマンの
副業トレード術

10月号8月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

最強日本株/サラリーマンの副業トレード術

配当利回り4%超ゴロゴロ!最強日本株
・「10万円株の乱北の達人 VS オリンパスほか
・「
高配当株の陣ソフトバンク VS JTほか
・「
大型株の変ソニー VS 村田製作所ほか
世界景気は底打ち! 2019年秋以降に反転し、
日本株は買い場
株主優待の神桐谷さん推す株主優待

●忙しいサラリーマンの副業トレード
会社員が勝つためのキモは時間の上手な使い方 
・「2〜3カ月に一度の売買」は売り時を逃さない指値注文がカギ
株仲間を作ろう! 東京、大阪、名古屋、ほか
全国9カ所の「
株のオフ会」突撃取材! 

●そろそろ仮想通貨をはじめよう
●毎月分配型投信100本の本当の利回り
老後のおかねの設計図を作ろう
●自腹でガチンコ投資! AKB48「株」ガチバトル
●株入門マンガ/恋する株式相場! 
本誌崖っぷち部員の同時進行ドキュメント
定年退職までのロードマップ

【別冊付録】
元手0円で投資家デビュー! ポイント運用&投資
・6つのポイントの貯めワザ&増やし方! 

定期購読を申し込むと500円の図書カードをプレゼントキャンペーン開催中!


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2019】 クレジットカードの専門家が選んだ 2019年おすすめ「法人カード」を発表! 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ) 一番売れてる月刊マネー雑誌ザイが作った「老後のおかねの教科書」

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報