コンサル流「格安セレブ術」

「お得」を追求しすぎてハマる“典型的な落とし穴”
とは? ブックオフや楽天市場などのセール利用時に、
格安セレブがやってしまった「失敗あるある」を紹介

2018年2月7日公開(2018年2月28日更新)
鈴木 貴博 [経済エンタテナー]
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示

 それほどお金をかけずに優雅な暮らしを追い求めるのが、「格安セレブ術」である。とはいえ、「格安セレブ」を自認する私も、いつも優雅な時間を過ごせているわけではない。格安なのに優雅に暮らせる“チョイス”をしたと思っていたら、「思わぬ落とし穴があって、全然得しなかった」といった事件もたびたび起こっている。

 そこで今回は、実際に私が「格安だ」と思ったのにもかかわらず実は得しなかった、典型的な失敗談をいくつか紹介したい。

【失敗談その1】
ブックオフで突然の書籍全品半額バーゲン!
人気小説10冊を購入するも、うち5冊がなんと……

古本屋での失敗談とは?突然のブックオフの閉店セールで、格安セレブがやってしまった残念な「失敗」とは?

 先日、近所のブックオフが突然閉店するというメールが届いた。閉店までの間、店内の書籍全品が半額になるというので、昼休み、早速そのブックオフにでかけることにした。

 到着してみると、店内は結構な賑わいだ。高額な書籍のコーナーは、すでに「せどり」(古本屋から転売目的で本を買うこと)目当ての上級客に荒らされて、棚は歯抜け状態になっている。とはいえ、一冊108円(税込)の棚にはまだ結構いい感じでたくさんの本が残っていた。

 そこで108円の棚にターゲットを絞って、まだ読んでいないミステリー作品を購入することにした。ショッピングバックを手にすると、東野圭吾、宮部みゆき、恩田陸、湊かなえなどの人気作家の作品をつぎつぎと買い物かごに入れていく。突然のバーゲンセール開始直後の店内は、私のような客でごった返していて、まさに戦争状態である。

 さて、このときは突然の“戦いの場”ではあったが、

1.欲しい商品をみつけたらまず確保
2.持っているかどうか記憶があいまいな本も許容

 という2つの作戦で購入を進めた。本を衝動買いすると、おうおうにして「前に買った本をまた買ってしまう」ということがある。しかし、なにしろ今日は普段108円のところが一冊54円だ。

 「多少のダブりがあっても、全体では必ず得するはず――」

 そう考えたのが失敗だった。

 ミステリー作品を10冊買って帰って、自宅の本棚を見たところ、絶句した。1タイトルだけダブりがあったのだが、それがよりによってシリーズものだったのだ。

 「あっ! 宮部みゆきの『模倣犯(1)~(5)』はちゃんと持っていた!」

 我が家には、結構「つんどく」状態になっている本があり、その本とたまたま重複してしまったわけである。トータルでみれば10冊買ったうち5冊だけがまだ持っていない本。つまり、一冊あたり108円という普段と同じ価格で本を手に入れる、トホホな結果になってしまったのだった。

【失敗談その2】
アメリカで格安な日本メーカー製の文房具を
購入したら、すべてが不良品だった!

 うちの事務所で使う筆記具類は、たいがいアメリカで売っているものばかり。理由は、私の筆圧が高いから。日本語は細い線が必要なので日本のボールペンはペン先も細いのだが、英語を書くアメリカ人の使うボールペンはペン先が太い。そのため、アメリカのボールペンは筆圧の高い私に結構フィットするのだ。

 あるとき、事務所のボールペンの在庫がだんだん少なくなってきたので、アメリカ出張にでかけた際に、ウォルマートで「ゲルインクボールペンの10本セット」を購入した。アメリカのボールペンと言っても、日本の某有名メーカー製なので品質も安心だ

 さて、帰国してからこのペンを使ってみてびっくり。まともにインクが出てこない「日本メーカー製だから大丈夫」と過信したのが大間違いだった製造国は日本ではなく、製造品質も日本品質ではなかった模様。「日本メーカー製」を信じるのは、日本国内だけにしたほうがいいかもしれないと再認識した。

 とはいえ、ウォルマートは不良品ならば無条件で返品に応じてくれるお店なので、アメリカに住んでいた頃だったら、こんなときも心配はなかった。不良品だったら、つきかえせばいいのだ。

 ところが、今回は出張でアメリカに行き、日本に帰国してから不良に気づいたので返品というわけにもいかず、諦めて捨てることに……。そして事務所のボールペンは、在庫がないので日本価格の高い(とはいってもダイソーだが)筆記具を数本買い増さなければならず、ダブルパンチで損をすることになった。

 以後私は、アメリカで購入した製品は、アメリカ滞在中に一度は必ず使うようにしている。

【失敗談その3】
プリウスのバッテリーをネットで購入するも
規格外で、せっかく買った商品がムダに!

 私は車のバッテリーが上がると、楽天市場で再生バッテリーを購入して交換をすることにしている。なにしろディーラーに交換をお願いすると工賃込みで2万~3万円かかるところ、再生バッテリーなら7000円ぐらいで済むのだ。

 しかも、楽天市場に出店している再生バッテリー屋さんは、古いバッテリーを着払いで引き取ってくれるから、古いバッテリーの廃棄方法に頭を悩ませる必要もない。これは再生バッテリー屋さんからすれば、無料で再生バッテリーの材料を引き取ることができるからお互いにウィンウィンの仕組みである。

 さて、あるとき私の両親が運転するプリウスのバッテリーが上がってしまった。室内灯を付けたまま鍵でドアを閉めると、こういうことになる。ちなみにハイブリッドカーのプリウスでは、車を駆動させる大きいバッテリーのほかに、車内の電源をコントロールするための別のバッテリーを使っている。

 使われているバッテリーの品番をたよりに、さっそく再生バッテリーを取り寄せてみた。しかし、翌日に到着した再生バッテリーと、もともとのバッテリーは「何か」が違っていた。

 よく見ると、元のバッテリーは本体からコードが3本出ている。一方、到着した再生バッテリーはそうではない。しっかり比較すると、元のバッテリーには型番の頭に「S」の文字がついている。

 詳しく調べてみたところ、実はハイブリッドカーの小型バッテリーは防水加工がしてある特別な品で、その交換はディーラーでしかできない仕様になっていたのだ。

 しかたなく到着した再生バッテリーはそのまま廃棄品として再生バッテリー屋さんに着払い返送し、プリウスのバッテリーはディーラーで交換してもらうことに。結局使えなかった再生バッテリー代に加え、ディーラーで交換費用として4万円かかってしまった。これこそ、お得な裏ワザを使おうと思ったにもかかわらず、実は裏ワザが使えなくて余計な出費をしてしまう典型的な失敗だ。

【失敗談その4】
お得に買い物しようと「秋葉原」へ出かけて、
結局、余計な買い物をしてしまう

 スマホやパソコンでちょっとした周辺機器が必要なときは、秋葉原の電気街で安く調達するのが私の趣味だ。ある日、「USBハブ」が必要になった。普通にヨドバシ・ドット・コムで買うと800円ぐらいするところを「もっと安く入手できるはずだ」と思い、丸の内での仕事帰りに秋葉原に立ち寄ることにした。

 さすがアキバ。同じ性能のUSBハブが480円でゲットできた。そこで帰ればいいのだが、ついついその後も「秋葉原の安さ」を楽しんでしまう。

 次に発見したのが、コンセントからiPadを充電する「高アンペアのアダプター」。出張用にもうひとつあると便利だな、と市価1000円のものを580円でゲットした。さらに同じ店で信じられないお買い得品を発見。「無線LANのルーター」が“他店競合対応特別価格”ということで399円になっていたのだ。いつか今使っている機器が壊れた日のために、すかさずゲットする。

 さらに、ボルトやナットを素早く締められる「ラチェットレンチ5本組」を発見。これがあると、衛星アンテナを設置するときに作業がぐっと楽になる。次に衛生アンテナを自分で設置する日が来るかどうかわからないのだが、1280円でゲットした。

 気づくと、合計で2739円も使ってしまった。最初からヨドバシカメラの通販で買っていれば800円で済んだのに……である。

【失敗談その5】
楽天市場での買い物で、お得になるチャンスを
待っていたら、価格条件がどんどん悪化!

 私は仕事用のカバンを「TUMI」で揃えている。いろいろと種類は持ってはいるのだが、あるとき、小型のTUMIのブリーフケースが欲しくなった。一泊から二泊ぐらいの出張時に、キャリーバッグの中に小型のA4サイズのブリーフケースを入れておけば、ホテルにキャリーバックを置いた後、現地では小型のバッグで仕事ができる。

 楽天市場で検索したところ、この商品の最安値のお店がものすごいバーゲンをしていて、送料込みで2万1800円にポイント10倍という価格になっていた。ちなみにこの価格条件は、このバッグに関して言えば、まず見ないぐらいお得なものだった。

 商品スペックをよく確認したうえで、最終的に買おうと購入ボタンをクリックした。ところが、ここで事件は起こる。なんと、私が購入ボタンをクリックする直前で価格条件が変わってしまったのだ。残念なことにポイント10倍は週末だけの期間限定のキャンペーンで、その日の23:59まで有効なキャンペーンだった。時計を見ると深夜の0時をわずかに過ぎていた。期限が過ぎたのでポイントが元の5倍に戻るという。ちょっとの時間差で1090円損した気分になった。

 そこで、結局その日は商品を買わず、翌週また同じキャンペーンをやる可能性に賭けて、次の土曜日が来るのを待つことにした。楽天市場ではそういうことがよくある。私の格安セレブとしての知識と経験がそう教えるのだ。

 そして予想通り、その週末もそのお店はポイント10倍キャンペーンを再び始めていた。喜んでリンクを開いたら、確かにポイントは10倍だったが、商品価格はバーゲン価格が終了して、もともとの価格の2万7090円に変更になっていた

 結局、5290円損した気になって、このバッグを買うのはやめた。

 さてどうだろう。普段、格安セレブを自認して、それほどお金を使わずに優雅で贅沢な暮らしを満喫しているのだが、その陰には実はおびただしい数の失敗がある。しかし気に病むことは無い。こういった失敗のひとつひとつにきちんと向き合い、学習していくことで、より優雅に、そしてあまりお金を使わないライフスタイルが確立していくのだ。めざせ、格安セレブライフ!

※クレジットカードの専門家2人が選んだ、2019年の最強カードは?
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】
「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!
全7部門の“2019年の最優秀カード”を詳しく解説!

【クレジットカードおすすめ比較】還元率でクレジットカードを選ぶ!還元率ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】ービス充実の「おすすめゴールドカード」はコレ!ページへ
ETCカードでクレジットカードを選ぶ!ETCカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】人気ランキングでクレジットカードを選ぶ!人気ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】プラチナカードでクレジットカードを選ぶ!プラチナカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス)を比較して選ぶ!
【クレジットカードおすすめ比較】マイルでクレジットカードを選ぶ!マイルランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】海外旅行保険でクレジットカードを選ぶ!海外旅行保険ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】法人カードで選ぶ!法人カードでおすすめクレジットカードはコレだ!
【クレジットカードおすすめ比較】年会費無料でクレジットカードを選ぶ!年会費無料ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】最短即日発行~翌日発行で選ぶを比較して選ぶ!今すぐ入手できる、お得なクレジットカードはコレだ!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開!

【2019年9月1日時点・最新情報】
還元率、年会費etc.で比較! 人気のおすすめクレジットカード

還元率 年会費
(税抜)
ブランド 電子マネー対応
(ポイント付与対象)
カード
フェイス

 ◆OricoCard THE POINT (オリコカード・ザ・ポイント)

1.0~2.5% 永年無料 JCB
Master
Suica
ICOCA
OricoCard THE POINTカード公式サイトはこちら
【OricoCard THE POINTのおすすめポイント】
年会費無料ながら新規入会後6カ月は2.0%の高還元率で、7カ月以降も通常還元率が1.0%の高還元クレジットカード。ネットショッピングでは「オリコモール」活用で「Amazon」で還元率2%になるほか、「楽天市場」や「Yahoo!ショッピング」でも還元率2.5%(各ショップのポイント含む)になるなど、ネットショッピングでは最強レベル。また、「iD」と「QUICPay」を搭載しているので少額決済でも便利。貯めたポイントは「Amazonギフト券」「iTunesギフトコード」なら即時交換ができるので、ポイントの使い勝手も◎!
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全7部門の“2019年の最優秀カード”を詳しく解説!(最優秀年会費無料カード部門)
年会費無料カードの還元率競争が激化!「Orico Card THE POINT」はネット通販に強く、還元率1.5~2.5%も狙える注目の新登場カード!
「Orico Card THE POINT」は、還元率1.0%、年会費が永年無料のお得な高還元率カード。入会6カ月間は最大還元率がなんと3.0%に!
OricoCard THE POINTの公式サイトはこちら

 ◆楽天カード

1.0~3.0% 永年無料 VISA
JCB
Master
楽天Edy
(楽天Edyへの
チャージ分は
還元率0.5%)
楽天カード公式サイトはこちら
【楽天カードのおすすめポイント】
楽天市場や楽天ブックス、楽天トラベルを利用している人はもちろん、楽天ユーザー以外にもおすすめの「年会費無料&高還元」クレジットカードの代表格。通常還元率は1.0%だが、楽天市場や楽天ブックスでは最低でも還元率が3.0%以上に! また、「楽天ポイントカード」や電子マネーの「楽天Edy」との併用で、楽天グループ以外でも還元率は1.5~2.0%以上になる! ゴールドカードの「楽天プレミアムカード」も格安の年会費で「プライオリティ・パス」がゲットできてコスパ最強
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全7部門の“2019年の最優秀カード”を詳しく解説!(最優秀メインカード部門)
「楽天カード」よりも「楽天ゴールドカード」を使ったほうが確実に得をする“損益分岐点”が判明!楽天市場での利用額次第で「楽天カード」よりお得!
「楽天カード」にメリット追加で還元率もアップ!さらに「楽天カード」と「楽天モバイル」の兼用でスマホ代の節約+楽天ポイントがザクザク貯まる!
楽天カードの公式サイトはこちら

 ◆アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

1.5%~ 1万円 AMEX Suica
ICOCA
高還元クレジットカードおすすめランキング!アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの公式サイトはこちら
【アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードのおすすめポイント】
マイル系最強カード」との呼び名が高いクレジットカード。対象航空会社・旅行会社28社で航空券代金やツアー代金を決済すると通常の3倍のポイントが貯まるので、航空会社発行のカードよりもマイルが貯まりやすいのが魅力。さらに、貯まったポイントは提携航空会社15社のマイルに自由に交換可能で、しかもポイントは無期限で貯められるのも大きなメリット! 「長距離+ビジネスクラス」の特典航空券に交換すれば、還元率は1.5%よりも高くなる!
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全7部門の“2019年の最優秀カード”を詳しく解説!(マイル系カード部門)
航空・旅行アナリストがおすすめ!貯めたポイントを航空会社15社で自由に使える万能型のマイル系クレジットカードとは?
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの公式サイトはこちら
 ◆dカード
1.0~3.0% 初年度無料(※)
次年度以降も
条件次第で無料
VISA
Master
iD
dカードの公式サイトはこちら
【dカードのおすすめポイント】
テレビCMでもおなじみの「NTTドコモ」のカードだが、auやソフトバンク利用者でもお得! 初年度年会費は無料で、年1回でも利用すれば次年度以降も年会費無料の「実質年会費無料」カードながら、通常還元率1%と高還元。さらに、ローソンでの利用分は請求時に3%オフになり、ポイント付与と合計すると常時5%の超高還元が実現!「dカード」で貯まる「dポイント」は携帯電話料金に充当できるほか、「Ponta」にも交換可能となり、ドコモユーザー以外でもお得なクレジットカードだ。
(※ 年会費は初年度無料、2年目以降1250円。ただし、年1回でも利用すれば次年度以降も無料)
関連記事
◆「dカード」は「dポイント」を貯める最強カード! ドコモ利用者以外は年会費実質無料の「dカード」、ドコモ利用者は「dカード GOLD」がおすすめ!
◆「dカード」はドコモユーザー以外にもおすすめの「高還元+実質年会費無料」クレジットカード!ドコモユーザーなら「dカード GOLD」を使い倒せ!
NTTドコモ「dカード」の公式サイトはこちら

 ◆JCB CARD W(ダブル)

1.0~3.0% 永年無料 JCB QUICPay
JCB CARD W(ダブル)の公式サイトはこちら!
【JCB CARD W(ダブル)のおすすめポイント】
2017年10月24日に、JCBから年会費無料&高還元のエントリーカードが登場! 年会費無料で通常還元率は1.0%、さらに「ORIGINAL SERIESパートナー加盟店」のイトーヨーカドーやセブン-イレブン、Amazonなどでは還元率2.0%、スターバックスでは還元率3.0%と、驚異的な還元率に! しかも、大手カード会社のクレジットカードだけあって、ポイントの汎用性も抜群!
【関連記事】
「JCB CARD W」は「楽天カード」などとほぼ同じ、年会費無料+還元率1~3%のJCBの入門用カード!Amazonやスタバをよく利用する20~30代は注目!
「JCB CARD W」は、年会費無料で還元率1%以上のお得な高還元クレジットカード!「JCB CARD W」のメリット・デメリットを他のカードと比較して検証!
JCB CARD W(ダブル)のメリットを解説!「年会費無料」「常に還元率1.0%以上」「ポイントの使い勝手が良い」と三拍子そろった高還元クレジットカード!
JCB CARD Wの公式サイトはこちら

【SPGアメリカン・エキスプレス・カード】
「ホテル宿泊券」+「マリオットの上級会員資格」が
もらえて得するホテル系カード⇒関連記事はこちら

SPGアメリカン・エキスプレス・カード公式サイトはこちら

【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
じぶん銀行住宅ローン 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード イオンカードを作るなら「イオンカードセレクト」が一番お得! WAONチャージでのポイント2重取り&イオン銀行で預金金利が優遇されやすくなる特典も! 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

最強日本株76
サラリーマンの
副業トレード術

10月号8月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

最強日本株/サラリーマンの副業トレード術

配当利回り4%超ゴロゴロ!最強日本株
・「10万円株の乱北の達人 VS オリンパスほか
・「
高配当株の陣ソフトバンク VS JTほか
・「
大型株の変ソニー VS 村田製作所ほか
世界景気は底打ち! 2019年秋以降に反転し、
日本株は買い場
株主優待の神桐谷さん推す株主優待

●忙しいサラリーマンの副業トレード
会社員が勝つためのキモは時間の上手な使い方 
・「2〜3カ月に一度の売買」は売り時を逃さない指値注文がカギ
株仲間を作ろう! 東京、大阪、名古屋、ほか
全国9カ所の「
株のオフ会」突撃取材! 

●そろそろ仮想通貨をはじめよう
●毎月分配型投信100本の本当の利回り
老後のおかねの設計図を作ろう
●自腹でガチンコ投資! AKB48「株」ガチバトル
●株入門マンガ/恋する株式相場! 
本誌崖っぷち部員の同時進行ドキュメント
定年退職までのロードマップ

【別冊付録】
元手0円で投資家デビュー! ポイント運用&投資
・6つのポイントの貯めワザ&増やし方! 

定期購読を申し込むと500円の図書カードをプレゼントキャンペーン開催中!


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!


【重要なお知らせ】
>>定期購読の価格改定について


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2019】 クレジットカードの専門家が選んだ 2019年おすすめ「法人カード」を発表! 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ)

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報