FP花輪陽子のシンガポール移住日記

香港で購入できる金融商品の魅力とは? 外国債券が
充実している香港の金融機関なら、長期的な資産形成
や老後の定期的な収入の確保も可能になって魅力的!

【第32回】 2018年4月16日公開(2018年4月16日更新)
花輪陽子
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示

 ファイナンシャル・プランナー(FP)の花輪陽子です。先日、香港にある「Nippon Wealth Limited, a Restricted Licence Bank(NWB)」主催のセミナーに参加してきました。NWBは、日本の新生銀行やマネックス証券などが出資している金融機関です。今回は、そのセミナーで学んだ香港の最新金融情報をレポートしたいと思います。

香港では当局が金融商品を管理し、
ハイリスク&ローリターンな商品は販売しない

 香港は金融が発達している都市です。香港の株式市場は時価総額が大きく、世界最大規模の新規株式公開(IPO)市場でもあります。

 日本や欧州における規模が大きい金融機関の多くは、香港を重視して多くの人員を配置しています。香港がアジアトップクラスの金融センターとして、盤石の地位を維持し続けることは間違いないでしょう。東京やシンガポールも金融市場は発達していますが、どのようにしてこの強豪・香港と棲み分けていくのかが注目されます。

高層ビルが立ち並ぶ香港高層ビルが立ち並ぶ香港の街並み。

 NWB(Nippon Wealth Limited, a Restricted Licence Bank)のセミナーでは、そんな香港の金融機関で販売されている金融商品について詳しく知ることができましたが、その洗練されたラインナップには驚かされました。

 香港当局は、非常に厳しく金融商品の管理をしています。そのため、“リターンに見合ったリスクレベルの商品”しか、金融機関で取り扱っていない印象です。

 リターンとリスクが比例するのは当然のことのようですが、日本には意外とそうでもない金融商品もあります。日本の証券会社でごく当たり前に取り扱っている投資信託などでも、香港ではリスクが高すぎて取り扱えないものが多いそうです。

日本の一般的な金融機関とは異なる
NWBのサービスや、金融商品のラインナップとは?

 ちなみに、NWBで口座開設をする際には、「リスク許容度診断」が行われます。担当についたスタッフとは別のスタッフが、顧客の投資経験や収入、資産などから、総合的にリスク許容度を診断するシステムになっていました。これを行うと、顧客のリスク許容度に合わせて資産運用のプランニングをしてもらうことができるので、安心感があります。

 具体的な金融商品の中身ですが、米ドル建ての投資信託がメインで、モーニングスターの格付けが高く、アジア通貨危機やリーマンショックを生き残った、長寿の投資信託が多い印象です。

 日本の金融機関が設定した投資信託の場合、純資産総額の減少などが理由で繰上償還となって、運用が終了してしまうことも少なくありません。せっかくコツコツ積み立てをしても、投資信託が急に繰上償還をしてしまったら、投資家にとっては大きな打撃です。しかし、長寿の優秀な投資信託なら、こうした心配を高い確率で回避できます。

「外国債券のラインナップ」が充実している点が
香港の金融機関の大きな魅力!

 また、シンガポールもそうですが、香港の金融機関は外国債券(外債)のラインナップが充実しています。ただ、多くは最低売買単位が約1000万円以上と、ハードルはかなり高めです。それでも、たとえば退職金をもらったとき、あるいは保険の満期金をもらったときなどに、2~3本の外国債券を組み合わせて買っておくことはできるかもしれません。

 外国債券の中には、定年退職した世代の方に適したものもたくさんあります。老後の収入を考える場合、年金は2カ月に一度の支給になるので、収入が入らない月が出てきます。外国債券は半年に一度クーポン(金利)を受け取れることが多いのですが、年金支給がない月にクーポンを受け取れるように外国債券を買っておくと、年金以外にも収入の源泉を持つことができます。 

 現役世代の中には、定年退職後に収入が減ることを不安に思っている人も多いでしょう。退職したからといって、急に生活水準を落とすのは難しいので、40~50代のうちに老後の収入をどのようにして補うか、プランを立てておくことが重要です。

 債券の場合、満期まで持てば、原則として元本割れせずに資金が戻ります。株式も配当金を受け取れますが、価格変動が激しいという側面があります。その点、債券なら心の安定を保ちながらクーポン収入を得られます。

 ただし、香港やシンガポールの外国債券は、米ドルなど外国通貨建てになっているので、日本で生活をする人にとっては「為替リスク」があるのは注意点です。外国通貨ベースでは元本割れしなくても、円換算すると元本割れしてしまう可能性はあります。よく海外旅行する(もしくは、老後に海外旅行をしたい)という人は、現地通貨のまま利用することも含めた上で、どれくらいの金額までなら為替リスクを取れるのか考えてから、投資を検討するようにしましょう。

 香港やシンガポールの金融機関は、アジアの国や企業の債券ラインナップが豊富ですが、これは富裕層の多くが債券と投資信託を中心とした運用をしていることと無関係ではありません。日本の金融機関だと、個人が外国債券を購入しようにも、選択肢は米国債などごく一部の銘柄に限られてしまうので、香港やシンガポールの金融機関は魅力的と言えるでしょう。

日本に居住しながら香港で口座を開くのは難しいが、
NWBなら他の金融機関よりハードルが低い

 それでは、香港の金融機関で口座を開くにはどうすればよいのでしょうか? 

 原則として、日本にいながら海外の金融機関に口座を開設することは、容易ではありません。近年、香港では日本語デスクをなくしているプライベートバンクも多く、老舗のHSBCですらも、最近は英語や広東語でかなり交渉をしなければ、口座の開設が難しいようです。

 そんな中、NWBは日本語での対応を行っており、預け入れ金額などのハードルが低いことが魅力です。低価格で積み立てられる投資信託なども取り扱っており、香港の金融商品に興味を持っている日本人にとっては、かなり入りやすい入口と言ってもいいでしょう。

 最後に、海外の金融機関を使った運用で、コスト面が割高になりはしないか――という問題ですが、基本的にコストは“預け入れ資産に合わせた金額”になるのが原則です。

 資産とコストが比例する、という意味ではなく、少額での投資の場合はコストが割高になり、逆にプライベートバンクのような大口の投資になると、非常にコストは抑えられます。そのため、1000万円以上など、ある程度まとまった資産を運用したい人向きであると言えるでしょう。

 今回、NWBのセミナーに参加をして、個人的にも購入したい投資信託や外国債券をたくさん知ることができ、ワクワクしました。そして、無駄遣いをやめて、老後に債券で安定した収入を確保できるよう励もうと決めました。

 香港の金融商品に興味がある方は、旅行も兼ねながら香港のセミナーや金融機関巡りに気軽に参加してみてはいかがでしょうか。

※クレジットカードの専門家2人が選んだ、2021年の最強カードは?
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2021年版】
「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!
全8部門の“2021年の最優秀カード”を詳しく解説!

【クレジットカードおすすめ比較】還元率でクレジットカードを選ぶ!還元率ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】ービス充実の「おすすめゴールドカード」はコレ!ページへ
ETCカードでクレジットカードを選ぶ!ETCカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】人気ランキングでクレジットカードを選ぶ!人気ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】プラチナカードでクレジットカードを選ぶ!プラチナカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス)を比較して選ぶ!
【クレジットカードおすすめ比較】マイルでクレジットカードを選ぶ!マイルランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】海外旅行保険でクレジットカードを選ぶ!海外旅行保険ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】法人カードで選ぶ!法人カードでおすすめクレジットカードはコレだ!
【クレジットカードおすすめ比較】年会費無料でクレジットカードを選ぶ!年会費無料ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】最短即日発行~翌日発行で選ぶを比較して選ぶ!今すぐ入手できる、お得なクレジットカードはコレだ!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2021年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開!
▼節約の第一歩はATM&振込手数料が無料のネット銀行選びから!▼
ネット銀行比較!トップページへ
金利やATM手数料、使い勝手、人気などで比較したZAi編集部のおすすめネット銀行はこちら! 定期預金金利の高さで選ぶ!おすすめネット銀行ランキング! 住宅ローンおすすめ比較 コンビニATM手数料&振込手数料のお得さで選ぶ!おすすめネット銀行はこちら! 普通預金金利の高さで選ぶ!おすすめネット銀行ランキング!  カードローンおすすめ比較
【2022年1月4日時点】
■編集部おすすめのネット銀行はこちら!
普通預金金利
(年率、税引前)
定期預金金利(年率、税引前)
1年 3年 5年
◆イオン銀行(イオンカードセレクト保有者)  ⇒詳細ページはこちら!
0.05%
(「イオン銀行Myステージ」の
「ゴールドステージ」の場合)
0.01% 0.01% 0.01%
【イオン銀行おすすめポイント】
2018年4月に始まった「イオン銀行Myステージ」で「ゴールドステージ」になれば、普通預金金利が0.05%に!「ゴールドステージ」になるには、イオン銀行スコアが100点必要なので、「イオンカードセレクト」の保有(+10点)、インターネットバンキングの登録(+30点)、最低1000円からの投信自動積立の口座振替(+30点)、最低500円からの外貨普通預金積立の口座振替(+30点)といった条件をクリアするのがおすすめ。さらに、「ゴールドステージ」になれば、イオン銀行ATMの手数料は24時間いつでも何回でも無料なのはもちろん、他行ATMの入出金手数料と他行あて振込手数料がそれぞれ月3回まで無料になる!
【関連記事】
【イオン銀行の金利・手数料・メリットは?】イオン銀行利用者は「イオンカードセレクト」が必須!簡単に普通預金が定期預金並みの金利0.05%にアップ!
「イオン銀行Myステージ」で簡単にステージを上げる攻略法を伝授! 普通預金金利が0.10%になり、各種手数料もお得な「プラチナステージ」になる方法は?
定期預金金利に匹敵する普通預金があった! 普通預金の金利がメガバンクの100倍以上で各種手数料もお得な「イオン銀行」を使え!
イオン銀行の口座開設はこちら!
◆東京スター銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.10%
(※1)
0.002% 0.002% 0.002%
【東京スター銀行のおすすめポイント】
コンビニATMの出金手数料は、月8回までなら24時間365日いつでも無料なので使いやすい。さらに、給与振込や年金受取の口座に指定すると、普通預金金利が「0.001%⇒0.10%」に大幅アップするのもメリット。また、通常の定期預金のほか、年利0.05%の「スターワン1週間円預金」や「スターワン円定期預金+」など、お得な金融商品を数多くラインナップ。
※1 東京スター銀行を給与振込口座に指定した場合。※2「スターワン円定期預金+」(インターネット限定、50万円以上)の場合。
【関連記事】
【東京スター銀行の金利・手数料・メリットは?】「ATM手数料」や「振込手数料」がお得なネット銀行。さらに、給与振込で普通預金金利が100倍にアップ!
東京スター銀行の口座開設はこちら!
◆楽天銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.10%
(楽天証券口座保有者の
「マネーブリッジ」適用時)
0.02% 0.02% 0.02%
【楽天銀行のおすすめポイント】
「楽天証券」との口座連動サービス「マネーブリッジ」を利用すれば、普通預金金利がメガバンクの100倍の0.10%に大幅アップ!  しかも、楽天証券の申し込みページから「楽天証券の口座+楽天銀行の口座」を同時に開設できるので、普通預金金利が高金利な「マネーブリッジ」の利用も簡単! また、「マネーブリッジ」を利用しても特に投資をする必要はないので、とりあえず楽天証券の口座も開設して、楽天銀行の普通預金だけ利用してもOK!
【関連記事】
【楽天銀行の金利・手数料・メリットは?】楽天証券との口座連動により普通預金金利が5倍に!振込や口座振替などで「楽天ポイント」も貯まる!
「楽天証券+楽天カード+楽天銀行」で積立投資すると、ポイント還元率が1%以上になって得! 獲得した楽天ポイントは、株や投資信託の購入にも活用可能!
「楽天銀行」と「楽天証券」はセットで使うのが得!預金金利が5倍、配当金受取で現金プレゼントなど、証券と銀行の連携でさらに得するサービスが充実!
楽天証券と楽天銀行の口座開設はこちら!
楽天銀行の口座開設はこちら!
【楽天銀行は楽天証券と同時口座開設がお得!】
楽天証券と楽天銀行の口座開設はこちら!
普通預金金利
(年率、税引前)
定期預金金利(年率、税引前)
1年 3年 5年
◆SBJ銀行  ⇒詳細ページはこちら!
最大0.10%
(※1)
0.25%
(※2)
0.35%
(※2)
0.35%
(※2)
【SBJ銀行のおすすめポイント】
ほかのネット銀行と比べても、定期預金金利の高さはトップクラス! さらに、セブン-イレブン(セブン銀行)やミニストップ(イオン銀行)、ファミリーマート(E-net)のATMなら、出金手数料が最低でも月10回まで無料でお得なほか、他行あて振込手数料も最低で月5回まで無料なので、月に何回も振込をする人にもおすすめ!
※1 通常の0.02%分の利息に加えて、月内の最低残高(上限1000万円)に対して0.08%分の追加利息を受け取れる「普通預金プラス」の場合。※2 2022年2月9日までの「SOLXぐでたまサンキューキャンペーン第3弾」適用時。
【関連記事】
【SBJ銀行の金利・手数料・メリットは?】定期預金がお得で、魅力的な商品も多い外資系銀行。ATM手数料や他行あて振込手数料の安さもメリット!
SBJ銀行の口座開設はこちら!
◆auじぶん銀行  ⇒詳細ページはこちら!
最大0.20%
(※1)
0.20%
(※2)
0.03% 0.03%
【auじぶん銀行おすすめポイント】
通常の普通預金金利は0.001%でメガバンクと同等だが、「au PAY アプリ」と口座を連携すると+年0.05%、「au PAY カード」の利用代金がauじぶん銀行の口座から引き落とされると+年0.05%、「auカブコム証券」と口座を連携する「auマネーコネクト」を設定すると+年0.099%と、すべての条件の達成で普通預金金利が最大0.20%に! また、auじぶん銀行は、コンビニATMの出金手数料が最大月11回まで無料(※2)のうえ、三菱UFJ銀行への振込み手数料が何回でも無料なので、三菱UFJ銀行を使っている人にもおすすめ!
※1 以下の①~③の条件をすべて達成した場合の金利。通常は0.001%。①「au PAY アプリ」とauじぶん銀行の口座を連携すると+年0.05%。②「au PAY カード」の利用代金をauじぶん銀行の口座から引き落とされると+年0.05%(対象月の普通預金平均残高が上乗せ対象)。③auカブコム証券とauじぶん銀行の口座を連携する「auマネーコネクト」を設定すると+年0.099%。※2 auカブコム証券口座保有者の「auマネーコネクト」適用時。※2 2022年1月31日までの「冬の特別金利キャンペーン2021」適用時の金利。
【関連記事】
【auじぶん銀行の金利・手数料・メリットは?】KDDIと三菱UFJ銀行の共同出資でできたネット銀行。他行あて振込み手数料が、最高で月15回まで無料に!
じぶん銀行の口座開設はこちら!
◆ソニー銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.001% 0.13%
(※1)
0.02% 0.02%
【ソニー銀行おすすめポイント】
外貨に強いネット銀行。Visaデビット付きキャッシュカードの「Sony Bank WALLET」なら海外事務手数料が0円なので、海外での買い物がクレジットカードよりお得! 優遇プログラム「Club S」のステージなどにより、ATM出金手数料は月4回~無制限で無料、他行あて振込手数料は最大月11回まで無料! 毎月無料で決まった金額を、他行から手数料無料で入金できる「おまかせ入金サービス」も便利。
※1 2022年2月28日までの「円定期特別金利」適用時の金利。
【関連記事】
【ソニー銀行の金利、手数料、メリットは?】外貨に強いネット銀行。Visaデビット搭載のSony Bank WALLETならクレジットカードよりお得に海外ショッピングが可能
「ソニー銀行」の顧客満足度調査の評価はなぜ高い? 手数料や金利で突出したメリットが見当たらなくてもなぜかユーザーから支持されている理由はどこだ!? 
ソニー銀行の口座開設はこちら!
※ 100万円を預けた場合の2022年1月4日時点の金利(年率、税引前)。金利は税引き前の年利率であり、利息には20.315%(国税15.315%〈復興特別所得税含む〉+地方税5%)の税金がかかります。また、最新の金利は各銀行の公式サイトをご確認ください。
おすすめのネット銀行

「東京スター銀行」なら、誰でも月8回まで
ATM手数料が無料! さらに簡単な条件クリアで
振込手数料が月3回まで無料!⇒関連記事はこちら

東京スター銀行の公式サイトはこちら!

 
 

【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2022年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2022年の最強クレジットカード(全8部門)を公開!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2022年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードならヒルトンホテルで朝食無料になる「ゴールド」会員になれるほか、カード利用で無料宿泊も可能に! 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードならヒルトンホテルで朝食無料になる「ゴールド」会員になれるほか、カード利用で無料宿泊も可能に! 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

2022年株全予測
株500激辛診断
億り人の投資戦略

2月号12月21日発売
定価780円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[億り人の投資戦略/2022年株全予測]

◎第1特集
プロ100人に全方位取材!
2022年の儲け方がわかる!
2022年株全予測

日経平均はどうなる?
プロの見立ては高値3万3000円!
●マザーズはどうなる?
「実力のある新興株に熱視線! 」
●注目業種&テーマは?
「DX関連、小売に期待の目! 」
●上がる株&下がる株は?
「半導体の春、私鉄の冬は継続」
●ドル円など為替は?
「ドルもユーロも円安継続が濃厚」
●上がる投資信託は?
「米国株型の人気は止まらず定番型も売れ筋に」
●相場を読み解くキーワード
●2つの不安をズバッ!
資源価格&中国経済はどうなる

◎第2特集
2022年新春
人気の買っていい10万円株は106銘柄!
株500+Jリート14激辛診断

●儲かる株の見つけ方
・旬の3大テーマから見つける
・「前四半期で増収増益の株」
・「年初の株価から3割超上昇中の株」
・「3期連続で増配の株」

●5大ランキング
・アナリストが強気な株
・第2四半期の進捗率が高い株
・配当利回りが高い株
・初心者必見の少額で買える株
・理論株価よりも割安な株
・セクター別の株式指標平均を分析

●2022年秋のイチオシ株を公開
10万円株/高配当株/株主優待株/Jリート

●気になる人気株
大型株 /新興株/Jリート

◎別冊付録
上場全3834社の最新理論株価
増益割安株は1421銘柄!

◎第3特集
10倍株や利回り9%超の株も
人気の米国株150&オススメ診断
●代表株を定点観測!
●GAFAM+α(テスラ、エヌビディア、ネットフリックス)
●いま買いのオススメ高成長株&高配当株
●だれもが気になる人気株ナスダック株&
ニューヨーク証券取引所株

●買い×売り診断
3カ月先の相場をプロが先読み!
NYダウ&ナスダック指数予測

◎第4特集
儲けた&損した読者が大集合!
2021年を総括! 株の大反省会

●米国株が初ランクイン!
「儲けた株」オリックス、トヨタ、テスラ
●悲痛なぼやき多数!
「損した株」日産、日本郵政など

◎人気連載もお楽しみに!
●10倍株を探せ! IPO株研究所
●自腹でガチンコ投資!AKB48ガチ株バトル
●AKB48武藤十夢のわくわくFX生活! 
●株入門マンガ恋する株式相場!
●どこから来てどこへ行くのか日本国
●人気毎月分配型100本の「分配金」

 


【重要】
>>新型コロナウイルス感染症による定期購読誌配達への影響について
>>郵便法改正に伴う定期購読誌配達への影響について


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2021】 クレジットカードの専門家が選んだ 2021年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 太田忠の日本株「中・小型株」アナリスト&ファンドマネジャーとして活躍。「勝つ」ための日本株ポートフォリオの作り方を提案する株式メルマガ&サロン 【全44口座徹底調査】スプレッドやスワップポイントがお得なFX会社は? FX会社比較!

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報

ザイFX!のお役立ち情報