節約の達人が伝授!ゼロから貯める節約術

子どもの「教育費」は家計の5~10%が適正な水準!
2018年から始まった「給付奨学金」など奨学金制度の
最新事情と、自治体や大学のサポート制度を紹介!

【連載第48回】 2018年5月17日公開(2018年5月17日更新)
風呂内亜矢
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示

家計に占める教育費の割合は「5~10%」程度が適正!

 子どもがいる人の場合、人生において「住居費」と並ぶ大きな出費となるのが、子どもの「教育費」です。

 2018年は、公的な奨学金としては初の「給付奨学金」がスタートするなど、教育費を取り巻く環境も刻々と変化しています。そういった情報を踏まえつつ、教育費をどうやって準備するか、ある程度は子どもが小さいうちから計画を立てておく必要があります。

 教育費をかけすぎて、家計が破綻してしまうケースは枚挙にいとまがありません。また、破綻はしないまでも、教育費のかけすぎで自分たちの老後資金が不足するパターンも多くみられます。子どものためを思って教育費をかけたとしても、それによって家計が破綻したり、老後に子どもを頼らざるを得ない状況になったりすると、結局、将来的に家族全員が不幸になりかねません。

 こうした事態を避けるには、「教育費の上限」を決めておいたほうがいいでしょう。家計全体に占める教育費の割合は、「全体の5~10%」を目安と考えてください。月の手取りが30万円なら、最大3万円です。これを大幅に超えてしまうと、どこかにしわ寄せが来て、貯蓄が増えづらい状況になってしまいます。

 しかし、子どもが複数いて、それぞれが私立の学校に通っていたり、習い事をしていたりすると、この設定を守るのはなかなか難しいかもしれません。そこで今回は、現時点の教育費を無理なく減らしつつ、将来に向けて準備するコツを解説します。

教育費を必要以上に増大させるありがちな“思い込み”とは?

 教育費を無理なく削減するには、知らず知らずのうちに囚われている“思い込み”を捨てるところから始めましょう。子どもがいる人は、教育に関して多かれ少なかれ“こうするべき”という“思い込み”を持っていることがよくあります。知らず知らずのうちに囚われている“思い込み”が、無駄な出費を増やす元凶となっていることも多いので、こうした“思い込み”を捨てるところから始めると、教育費を無理なく削減することが可能になります。

 そこで、ここからは“よくある思い込み”を2つ紹介します。

よくある思い込み(1)子どもを塾に通わせるのは常識!

 教育費に関する思い込みとして、典型的なのは「塾に通う子が増えだす年齢では、わが子も塾に行かせるべき」というもの。最近は、たとえ受験をしなくても、小学校の高学年頃から塾に通わせるケースが多い、という話もあります。

 しかし、文部科学省「平成28年度子供の学習費調査」によると、塾に対する支出が0円、つまり塾に通わせていないと考えられる家庭は中学の場合、公立約31%、私立約45%、高校では公立約65%、私立56%となっています。

 塾に通わせている家庭が意外と少ない、と感じた方もいるかもしれません。この調査を見る限り「子どもは塾に通うのが当たり前」ではないと言うことはできるでしょう。教育費はトータルで検討する必要がありますが、私立に進学させて塾代はあまりかけないようにするという家庭もありますね。

 「塾に通わなければ受験を乗り切れない」と、ついつい焦ってしまう気持ちもあるかもしれませんが、子どもの特性にも合わせつつ、塾に通わない選択肢も含めてゆったり判断できると理想的ですね。

 塾以外にも、勉強をするための選択肢はあります。例えば、リクルートが運営する「スタディアプリ」は、月額980円(税抜)と、手ごろな価格でオンライン授業を受けることができます。 

 塾に通っていても成績が伸び悩んでいる場合、その子に塾が合っていないのかもしれません。自宅でじっくり学べる通信講座のほうが向いている可能性もあります。一般に、学習塾や家庭教師に比べると、通信講座の方が費用を低く抑えられることが多いので、検討する価値があるでしょう。

 あらかじめ子どもの性格や適性を見たり、他に手段がないかリサーチしたりと、一呼吸おいて「わが家のルール」を考えてみてください。

よくある思い込み(2)習い事は人並みにやらせてあげないとかわいそう

 先ほど塾を例に挙げましたが、そのほかの習い事に関しても同様です。就学前~小学生の子どもは、ピアノやスイミングなど、複数の習い事をしていることも多いもの。そのため、たとえ経済的な余裕がなくても、「みんなは習い事をしているのに、わが子に何もさせないのはかわいそう」と感じてしまう親御さんもいるかもしれません。

 基本的には長く取り組めそうなものを厳選して、場合によっては「習い事は無し」という選択肢も捨ててしまわず検討するのが良いでしょう。
 学校の活動に参加してみたり、自治体が主宰する民間よりも安価な習い事などを検討するのもよいですね。

楽観的すぎるのも危険! 安易に「奨学金を借りればいい」は×

 ここまで、ついつい教育費にお金をかけすぎる人が陥りがちな思い込みを紹介しました。

 教育費をかけすぎてしまっている家庭は、教育費の増大を自覚し、将来の資金計画に不安を持っている場合もよくあります。が、それとは真逆で「何とかなるさ」と、根拠もなく楽観視している人も意外とたくさんいるもの。

 構えすぎず気楽に捉える姿勢はいいのですが、あまりにも無計画だと、のちのちやっぱりお金が足りなかった」ということになりがち。そこで、今度は“教育費楽観派”のよくある思い込みを取り上げてみます。

よくある思い込み(3)みんな借りているのだから、奨学金を借りればいい

 少し前に「奨学金破産」という言葉が話題になりました。奨学金によって進学や留学を果たしたものの、卒業後思うように返済が進まず、なかには自己破産に陥ってしまう人まで現れ、社会問題になっているのです。

 奨学金は、原則として子ども自身の借金となるので、将来、子どもが経済的に苦しめられるリスクがあります。そのため、安易に「足りなければ借りればいい」と、最初から借りる前提でいるのはNG。親としては、なるべく子どもに奨学金を借りさせずに済むように資金計画を立てておくべきでしょう。

 しかし、逆に「絶対に奨学金に頼るべきではない」とも言えません。奨学金が優れたサポート制度であることは事実だからです。

 最も代表的な奨学金である日本学生支援機構の奨学金(有利子・貸与型)は、民間の教育ローンと比較するとはるかに低金利で、世の中の金利がどんなに上昇しても、上限は3%と決められています。しかも、大学などに在学している期間中は利息が発生せず、返済開始は卒業後からとなっています。

 ちなみに、金融機関の教育ローン(※奨学金と違って保護者への貸付)は借りた翌日から利息が発生し、返済開始も借りた翌月からです。どうしても教育費を借りたいのであれば、まずは有利な日本学生支援機構の奨学金を検討するのが妥当でしょう。(※ただし、条件次第で教育ローンを選択せざるを得ないこともあります)。

 なお、2018年から新たに日本学生支援機構による「給付奨学金」が始まっています。給付奨学金とは、返還しなくてよいタイプの奨学金で、国の予算で行うものとしては日本初となります。2017年から一部で先行実施されていましたが、2018年度から本格的に実施されることになりました。ただし、対象となるのは、住民税非課税の世帯や生活保護世帯の子ども、児童養護施設を退所する人などに限定されています。

 従来からある日本学生支援機構の貸与型の奨学金に関しても、2018年から改正されている点があります。対象となる一定所得以下の世帯の生徒について、従来の成績評定の縛り(A判定など学力上位であること)がなくなり、これまでよりも借りやすくなっているはずです。

 もし、奨学金を借りないと進学できない、という状況になったときは、親子で話し合いの機会を持つことをおすすめします。親子でお金のことを話すのは抵抗があるかもしれませんが、お子さんには「今後は奨学金という借金を背負って学ぶ」ということを自覚してもらったほうがいいでしょう。

 ちなみに日本学生支援機構の調べ(平成28年度奨学金の返還者に関する属性調査結果)によると、「奨学金は返済義務があるものである」ということを申込手続きを行う前に知っていた割合は、遅延者で50.5%だったのに対して、無遅延者では89.1%というデータもあります。親子でこのような認識を共有することが、子どもの学びに対する意識を高め、同時に金銭感覚を整えることにもつながるのかもしれません。

よくある思い込み(4)授業料が無償化されて、今後は教育費が安くなる

 2018年現在、世帯年収910万円未満の家庭であれば、公立高校の授業料は0円です。政府は年間授業料11万8800円分を「就学支援金」として給付することで、公立高校の授業料を実質無償化しているのです。公立よりも授業料の高い私立高校に通う子どもがいる世帯にも、同額の支援金が給付されています。

 これに続き、2020年度からは、世帯年収590万円未満の家庭を対象として、私立高校の授業料の負担も軽減する予定になっています。具体的には、私立高校の平均的な年間授業料にあたる約39万円を、住民税の非課税世帯には全額、年収350万円未満の世帯は年間35万円、年収590万円未満の世帯は25万円まで支給するというものです。

 公立の学校に行きたくても、私立の学校しか受からなかった、というケースもあるため、このような制度ができて助かる世帯は多いでしょう。世帯年収次第とはいえ、高校の授業料が公立・私立を問わず軽減されるのは喜ばしいことです。

 とはいえ、授業料がタダになるからといっても、高校の教育費がガクンと少なくなるとは限りません。というのも、無償になるのはあくまで「授業料」のみ。教材や制服を購入したり、課外活動や部活動をしたり……といった費用が別途かかることを考えると、授業料が無償化されるだけで教育費が「だいぶ安くなった」と実感を得ることは、やや難しいかもしれません。

 安くなった実感を得られたとしても、大学進学を考えているなら、最もお金がかかる大学入学前までにきっちり貯蓄をしておかなければなりません。「ラクになった、よかった」と気を抜かず、浮いたお金を計画的に貯めていくことが大切です。

教育費の準備をフォローする“使える公的サポート”は?

 さて、ここまでをまとめると、以下のようになります。

教育費は聖域だ、と思い込まない
●ただし、特に大学進学時などにお金がかかるので、早めの準備が必要
●奨学金を借りる場合、「返済を伴う」という認識を子どもと共有する必要がある

 こういった点を抑えておけば、教育費貧乏や、教育費のかけすぎによる老後破綻、といった事態は回避できるでしょう。

 なお、少子化が進んでいる昨今では、子育て世帯への経済的な支援策を打ち出す自治体や、大学独自の奨学金制度を充実させる大学も増えています。こうした制度を知っておくことで、さらに教育費を軽減できるかもしれません。

「日本学生支援機構」のサイトでは、日本学生支援機構のサイトでは、利用条件や大学名から、奨学金制度を検索できる。拡大画像表示

 例えば、大学独自のものでは早稲田大学が『めざせ!都の西北奨学金』、お茶の水大学が『みがかずば奨学金』などの奨学金制度を実施しています。

 日本学生支援機構のサイトでは、大学や地方自治体、公益財団法人などによる奨学金を、学校の種類や専攻分野、給付・貸与の種別などで検索できるようになっているので、一度、調べてみるといいでしょう。

 最後に、自治体が実施しているサポート制度をいくつか紹介してみましょう。 

●受験生チャレンジ支援貸付事業(東京都)
都内に住む20歳未満の中学3年生、高校3年生などを養育する、世帯所得が一定額以下(例/世帯人数3人の場合は216万円以下など)の場合、塾や通信講座費用(家庭教師は対象外)や受験費用を、無利子で借りることができます。その金額は、塾の受講料は上限20万円、受験料は中学3年生で上限2万7400円×最大4回分、高校3年生で上限8万円まで。

 大きな特徴としてはこの貸付金は、進学した場合、返済が免除されるということです。貸付事業ですが、進学の意思が強い場合は補助金に近い制度といえますね。

●大阪市塾代助成事業(大阪府大阪市)
大阪市に住む中学生を養育する、世帯所得が一定額以下(例/扶養親族2人の場合は360万円以下など)の場合、参画する学習塾やスポーツ教室などの費用を、子ども1人あたり月に上限1万円まで助成されます。

 こういった制度は、「入学前年の秋口に申し込んで審査を受ける必要アリ」など、かなり前から手続きが必要となる場合があります。早いうちから情報をしっかりキャッチして、取りこぼさないようにしたいですね。

(取材/麻宮しま)
 

※クレジットカードの専門家2人が選んだ、2020年の最強カードは?
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2020年版】
「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!
全8部門の“2020年の最優秀カード”を詳しく解説!

【クレジットカードおすすめ比較】還元率でクレジットカードを選ぶ!還元率ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】ービス充実の「おすすめゴールドカード」はコレ!ページへ
ETCカードでクレジットカードを選ぶ!ETCカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】人気ランキングでクレジットカードを選ぶ!人気ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】プラチナカードでクレジットカードを選ぶ!プラチナカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス)を比較して選ぶ!
【クレジットカードおすすめ比較】マイルでクレジットカードを選ぶ!マイルランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】海外旅行保険でクレジットカードを選ぶ!海外旅行保険ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】法人カードで選ぶ!法人カードでおすすめクレジットカードはコレだ!
【クレジットカードおすすめ比較】年会費無料でクレジットカードを選ぶ!年会費無料ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】最短即日発行~翌日発行で選ぶを比較して選ぶ!今すぐ入手できる、お得なクレジットカードはコレだ!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2020年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2020年の最強クレジットカード(全8部門)を公開!

【2020年10月1日時点・最新情報】
還元率、年会費etc.で比較! 人気のおすすめクレジットカード

還元率 年会費
(税抜)
ブランド 電子マネー対応
(ポイント付与対象)
カード
フェイス

 ◆OricoCard THE POINT (オリコカード・ザ・ポイント)

1.0~2.5% 永年無料 JCB
Master
Suica
ICOCA
OricoCard THE POINTカード公式サイトはこちら
【OricoCard THE POINTのおすすめポイント】
年会費無料ながら新規入会後6カ月は2.0%の高還元率で、7カ月以降も通常還元率が1.0%の高還元クレジットカード「オリコモール」活用で「Amazon」では還元率2%になるほか、各サイトで貯まるポイントも含めれば「楽天市場」では還元率2.5%「Yahoo!ショッピング」では還元率3.0%、サイトによっては還元率15%以上に達するなど、ネットショッピングでは最強レベル。また、「iD」と「QUICPay」を搭載しているので少額決済でも便利。貯めたポイントは「Amazonギフト券」「iTunesギフトコード」なら即時交換ができるので、ポイントの使い勝手も◎!
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2020年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全8部門の“2020年の最優秀カード”を詳しく解説!(最優秀年会費無料カード部門)
年会費無料カードの還元率競争が激化!「Orico Card THE POINT」はネット通販に強く、還元率1.5~2.5%も狙える注目の新登場カード!
「Orico Card THE POINT」は、還元率1.0%、年会費が永年無料のお得な高還元率カード。入会6カ月間は最大還元率がなんと3.0%に!
OricoCard THE POINTの公式サイトはこちら
 ◆dカード
1.0~3.0% 永年無料 VISA
Master
iD
dカード公式サイトはこちら
【dカードのおすすめポイント】
テレビCMでもおなじみの「NTTドコモ」のカードだが、auやソフトバンク利用者でもお得! 通常還元率1%と高還元で、2019年9月16日以降の申し込み分から年会費が永年無料になり、ますますお得なカードに進化! さらに「dカード」で貯まる「dポイント」は携帯電話料金に充当できるほか、JALのマイルなどにも交換可能で、ドコモユーザー以外でもお得なクレジットカードだ。
関連記事
◆「dカード」は「dポイント」を貯める最強カード! ドコモ利用者以外は年会費実質無料の「dカード」、ドコモ利用者は「dカード GOLD」がおすすめ!
◆「dカード」はドコモユーザー以外にもおすすめの「高還元+実質年会費無料」クレジットカード!ドコモユーザーなら「dカード GOLD」を使い倒せ!
NTTドコモ「dカード」の公式サイトはこちら

 ◆アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

1.5%~ 1万円 AMEX Suica
ICOCA
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード公式サイトはこちら
【アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードのおすすめポイント】
マイル系最強カード」との呼び名が高いクレジットカード。対象航空会社・旅行会社28社で航空券代金やツアー代金を決済すると通常の3倍のポイントが貯まるので、航空会社発行のカードよりもマイルが貯まりやすいのが魅力。さらに、貯まったポイントは提携航空会社15社のマイルに自由に交換可能で、しかもポイントは無期限で貯められるのも大きなメリット! 「長距離+ビジネスクラス」の特典航空券に交換すれば、還元率は1.5%よりも高くなる!
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2020年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全8部門の“2020年の最優秀カード”を詳しく解説!(マイル系カード部門)
航空・旅行アナリストがおすすめ!貯めたポイントを航空会社15社で自由に使える万能型のマイル系クレジットカードとは?
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの公式サイトはこちら

 ◆楽天カード

1.0~3.0% 永年無料 VISA
JCB
Master
楽天Edy
(楽天Edyへの
チャージ分は
還元率0.5%)
楽天カード公式サイトはこちら
【楽天カードのおすすめポイント】
楽天市場や楽天ブックス、楽天トラベルを利用している人はもちろん、楽天ユーザー以外にもおすすめの「年会費無料&高還元」クレジットカードの代表格。通常還元率は1.0%だが、楽天市場や楽天ブックスでは最低でも還元率が3.0%以上に! また、「楽天ポイントカード」や電子マネーの「楽天Edy」との併用で、楽天グループ以外でも還元率は1.5~2.0%以上になる! ゴールドカードの「楽天プレミアムカード」も格安の年会費で「プライオリティ・パス」がゲットできてコスパ最強
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2020年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全8部門の“2020年の最優秀カード”を詳しく解説!(最優秀メインカード部門)
「楽天カード」よりも「楽天ゴールドカード」を使ったほうが確実に得をする“損益分岐点”が判明!楽天市場での利用額次第で「楽天カード」よりお得!
「楽天カード」にメリット追加で還元率もアップ!さらに「楽天カード」と「楽天モバイル」の兼用でスマホ代の節約+楽天ポイントがザクザク貯まる!
楽天カードの公式サイトはこちら

 ◆JCB CARD W(ダブル)

1.0~3.0% 永年無料 JCB QUICPay
JCB CARD W(ダブル)公式サイトはこちら
【JCB CARD W(ダブル)のおすすめポイント】
年会費無料で通常還元率は1.0%、「ORIGINAL SERIESパートナー加盟店」のセブン-イレブンやAmazonなどでは還元率2.0%、スターバックスでは還元率3.0%になるお得なカード。しかも、大手カード会社のクレジットカードだけあって、ポイントの汎用性も抜群!
【関連記事】
「JCB CARD W」は「楽天カード」などとほぼ同じ、年会費無料+還元率1~3%のJCBの入門用カード!Amazonやスタバをよく利用する20~30代は注目!
「JCB CARD W」は、年会費無料で還元率1%以上のお得な高還元クレジットカード!「JCB CARD W」のメリット・デメリットを他のカードと比較して検証!
JCB CARD W(ダブル)のメリットを解説!「年会費無料」「常に還元率1.0%以上」「ポイントの使い勝手が良い」と三拍子そろった高還元クレジットカード!
JCB CARD Wの公式サイトはこちら
 ◆エポスカード(エポスカード)

0.5~10%

永年無料 VISA Suica
楽天Edy
エポスカード公式サイトはこちら
【エポスカードのおすすめポイント
マルイのカードとして有名な「エポスカード」。年会費無料ながら、自動付帯の海外旅行保険(最高500万円)のほかにも、ビッグエコーなどのカラオケの室料30%オフ、ファミレスや居酒屋チェーンで飲食代10%オフなど、全国1万店以上の飲食店、レジャー施設を割引価格で利用できる特典が充実! マルイの年4回のバーゲン「マルコとマルオの7日間」で10%オフになるほか、「エポスゴールドカード」への招待を受け取れば、年会費が永年無料で還元率も最大1.55%とお得なゴールドカードが保有できる
関連記事
◆「エポスカード」はマルイ以外でもメリットあり!年会費無料+高還元の「エポスゴールド」、高還元+サービス充実の「エポスプラチナ」も魅力!
◆「エポスカード」はマルイ利用者以外にもお得な1枚!還元率は0.5%だが、海外旅行傷害保険の自動付帯など特に海外利用が多い人なら持っていても損はない!
エポスカードの公式サイトはこちら

【SPGアメリカン・エキスプレス・カード】
「ホテル宿泊券」+「マリオットの上級会員資格」が
もらえて得するホテル系カード⇒関連記事はこちら

SPGアメリカン・エキスプレス・カード公式サイトはこちら

 
 

【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2020年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2020年の最強クレジットカード(全8部門)を公開!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2020年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2020年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 LINE証券で口座開設+クイズに正解すれば無料で3株ゲット! 資金ゼロで株主になれる! 初株チャンスキャンペーン実施中! LINE証券の詳細はこちら! 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 LINE証券で口座開設+クイズに正解すれば無料で3株ゲット! 資金ゼロで株主になれる! 初株チャンスキャンペーン実施中! LINE証券の詳細はこちら! 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

安定投資入門
バフェット式28銘柄
地方移住+2拠点生活

12月号10月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[安定投資入門/地方移住+2拠点生活]
◎巻頭特集
バブル警報発令中! 日本株は買うか引くか!?
スガノミクスも検証!

◎第1特集
相場の転換点にも強い! 安定投資入門
10年以上ずっと継続のスゴイ株を公開!
上場3800社中たったこれだけ!
増収増益株
減配なしで収益も値動きも安定!
高配当維持株
11年以上の記録を持つスゴ株!
連続増配株
桐谷さんが教える14年続く安定の優待株
マネして儲けろ!
世界一の投資家バフェット投資入門


◎第2特集
地方移住+2拠点生活のリアルレポート
完全移住
-正社員のまま山梨県でリモートワーク!
-定年を機に信州へ古民家でカフェ開業!
2拠点生活
大自然の群馬と東京で子育て&仕事
●移住相談員は見た! 成功する人と失敗する人の違いやお金の落とし穴も!


第3特集

~iDeCoの2大特集~
口座管理手数料が0円の金融機関で取扱う
iDeCoの全270本の最新成績&コスト!

◎別冊付録
増えてる? 減ってる?
iDeCoの再点検やりかたBOOK
●見直し簡単! フローチャート!
●商品の点検&乗り換え方
●金融機関の点検&換え方

◎連載にも注目!
●10倍株を探せ! IPO株研究所
●AKB48株ガチバトル
●AKB48武藤十夢のわくわくFX生活!ほか


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2020】 クレジットカードの専門家が選んだ 2020年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ)

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報