世界投資へのパスポート
2018年6月11日公開(2018年6月11日更新)
バックナンバー 著者・コラム紹介
広瀬 隆雄

デートアプリ「ティンダー」が世界中でブレイクする
「マッチ・グループ」が熱い! 日本の「ペアーズ」
など数多くのデートアプリを傘下に収める企業とは?

デートアプリの「ティンダー」が
世界中で人気に!

 デートアプリ「ティンダー(Tinder)」が世界でブレイクしています。

 ティンダーの2018年第1四半期の時点でのサブスクライバー(加入者)数は、347万人でした。また、サブスクライバー成長率は、前年同期比+87%でした。

 ティンダーが急成長している理由は、「カジュアルな出会い」が社会的に受け入れられるとともに、デートアプリが、ある種のエンターティメントないしは「暇つぶし」として使われ始めているためだと思われます。

数多くのデートアプリ運営企業を買収する
マッチ・グループとはどんな会社?

ティンダー公式サイトトップ画像ティンダー公式サイト
拡大画像表示

 ティンダーは、マッチ・グループ(ティッカーシンボル:MTCH)の傘下です。マッチ・グループは、世界のデートアプリを次々に買収し、それらの持ち株会社となっています。

 そのポートフォリオ企業は、1995年から運営され米国で最も認知度の高い婚活サイト「マッチ」、欧州を中心とした婚活サイト「ミーティック」、50歳以上のシニアの出会いを支援する「アワタイム」、ユーザー間の会話を重視した「プレンティーオブフィッシュ」、ちょっときわどい「OKキューピッド」、そして日本の「ペアーズ」などになります。

 それらを合計すると、世界190カ国にユーザーが広がっており42の言語が使用されています。

 これらのデートアプリは、独立して運営され、なるべく経営に干渉しない方針を採っています。その理由は、デートアプリ市場は細分化されており、ユーザーはそれぞれのデートアプリの特徴や差異を敏感に感じ取るからです。画一化されたサービスになると、ポートフォリオ企業の全てが同時に魅力を失うリスクがあるのです。

 ユーザーは、ひとつのデートアプリから他のデートアプリへと乗り換えがちです。しかし、その場合でも両方のデートアプリをマッチ・グループが所有していれば、リスクの分散になるというわけです。

マッチ・グループは、北米以外の
海外ユーザーにも課金できているのが強み

 マッチ・グループ全体のサブスクライバーは、下のチャートのように推移しています。

 ここで注目されるのは、海外のサブスクライバー成長が著しい点です。さらに、ユーザー単価(ARPU)を見ると、下のチャートのようになっています。

 北米と海外のユーザー単価が、ほぼ同じである点に注目してください。これはネット企業としてはとてもユニークです。

 フェイスブック(ティッカーシンボル:FB)など他社の場合、海外のユーザー単価はアメリカのユーザー単価よりかなり低いです。しかしマッチ・グループの場合、海外ユーザーにもしっかり課金できているのです。これが同社の成長ストーリーを補強していると思います。

マッチ・グループの業績は順調に推移
ただしティンダーの加入者成長は鈍化へ

 先に発表された第1四半期決算は、EPSが予想24セントに対し26セント、売上高が予想3.84億ドルに対し4.07億ドル、売上高成長率は前年同期比+36.3%でした。

 第2四半期の売上高は予想3.9億ドルに対し、新ガイダンス4.05~4.15億ドルが提示されました。

 2018年の売上高は、予想16億ドルに対し、新ガイダンス16~17億ドルが提示されました。

 決算カンファレンスコールでは、第2四半期のティンダー純加入者数は+20~25万人を見込んでいると説明がありました。また、下半期に入ると前年比較が苦しくなることが指摘されました。

 ユーザーのエンゲージメント(愛着・思い入れ)を高めるためのさまざまな新サービスのロードマップは充実しており、今後セレブのエンドースメント(著名人が実際に商品を使用する契約)やブランド・パートナーシップにより、マーケティングを強化する考えです。

フェイスブックのデート・サービス開始は、
マッチ・グループにとって懸念材料ではない

 フェイスブックがデート・サービスを開始することに関しては、フェイスブックはフェイスブック本体の存在意義を失わないため、「イベントに絡めたデート」だけを促す方針であり、これはマッチ・グループと競合しないと考えています。

 また、マッチ・グループのユーザーのうちフェイスブックのIDを利用してログインするユーザーは全体の25%に過ぎず、ユーザーがプライバシーに敏感であることを示しています。

【今週のまとめ】
今後の成長が期待できる
マッチ・グループに要注目!

 ティンダーが世界的にブレイクしています。親会社マッチ・グループは様々なデートアプリを展開しており、いわゆるポートフォリオ・アプローチによりリスク分散しています。

 海外展開がとりわけ上手く行っており、今後の成長の余地を提供しています。ティンダーの成長率は下がると思われますがフェイスブックのデート・サービスへの参入はあまり気にする必要は無いでしょう。

■マッチ・グループ(MTCH)チャート/日足・6カ月
マッチ・グループ(MTCH)チャート/日足・6カ月マッチ・グループ(MTCH)チャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
拡大画像表示
【今週のピックアップ記事!】
「つみたてNISA」では、日本株より海外株をメインに積み立てるべき! 経済成長率が日本の約3倍もある「海外株」の投信で、老後資産の大きな成長を狙え!
AKB48の4人の投資残高がフェイスブックショックで減少に加えて、小嶋卒業&入山留学ショックが発生!~第27回 株以外も波乱! 留学&卒業のメンバーが~
【2018年10月1日更新!】

「米国株」取扱数が多いおすすめ証券会社

◆マネックス証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
3430銘柄以上
個別株:3110銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:60銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル
【ポイント】
米国株取引に力を入れており、取扱数3000銘柄以上は主要ネット証券では最大! 成行注文や指値注文のほか、逆指値注文、連続注文、ツイン指値(OCO注文)など、多彩な注文方法が使えるのも魅力だ。また「トレードステーション米国株 スマートフォン」なら、高機能チャートなど、多彩な機能を活用しながらスマホアプリから米国株の取引が可能! 現在、米国株取引手数料(税抜)を、最大3万円キャッシュバックするお得なキャンペーンを実施中!
【関連記事】
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実しているネット証券大手
【米国株投資おすすめ証券会社】マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
1400銘柄以上
個別株:1030銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:100銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル
【ポイント】
住信SBIネット銀行の口座を持っていれば、入出金手数料が無料など、便利な「外貨入出金サービス」が利用可能! ダウ・ジョーンズ社が発行する金融専門誌「BARRON’S(バロンズ)」の抜粋記事(日本語訳)や、モーニングスター社による「個別銘柄レポート」など、投資情報も充実している。
【関連記事】
◆【SBI証券のおすすめポイントは?】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実!
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【米国株投資おすすめ証券会社】SBI証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
1300銘柄以上
個別株:920銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:120銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル

注)2017年9月25日現地約定分からの手数料
【ポイント】
新興国などの個別銘柄を実質的に売買できるADR(米国預託証書)の銘柄数が豊富。日本株と同じ取引ツール「マーケットスピード」でも取引可能で、10種類以上のテクニカルチャートを使うことできる。ダウ・ジョーンズ社の有名金融専門誌から記事を抜粋・日本語訳した「バロンズ拾い読み」も読める。
【関連記事】
【楽天証券おすすめのポイントは?】トレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!投資信託や米国や中国株などの海外株式も充実!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が見やすい!
【米国株投資おすすめ証券会社】楽天証券の公式サイトはこちら
※ NYSE(ニューヨーク証券取引所)、NYSE Arca、NYSE MKT、NASDAQに上場する個別株 。
Special topics pr


ZAiオンライン Pick Up
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2018]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2018年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
じぶん銀行住宅ローンの金利が業界トップクラスの低金利!じぶん銀行住宅ローン 楽天カードはクレジットカード、楽天ポイントカード、電子マネーの楽天Edyの3つの機能を1枚に集約した三位一体型カード OricoCard THE POINTは「Apple Pay」対応クレジットカードの中で 還元率は最高レベル!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

新しい株の儲けワザ
日・米株の激辛診断
NISA駆け込みガイド

11月号9月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!

 

【常識にとらわれない新時代の必勝法!】

マネするだけでOKのラクワザ多数! 
新ワザで買う株68付き!新しい株の儲けワザ50
利回りで儲ける20のワザ
高配当ほど株価上昇
連続増配株急増中
隠れ優待株拾い方
値上がりで儲ける19のワザ
高ROEが儲かるウソ
半導体株こそ逆バリ
大阪株アツい
その他で儲ける11のワザ
IPO株非モテを狙え
手数料ゼロがカギ
男性下着が売れる株高

買っていい×買ってはいけない
人気の株500+Jリート14激辛診断
人気米国株100激辛診断
・NASDAQの高成長株35
・NYSEの国際優良株57
・ADRの世界の株

NISA2018年駆け込みガイド
桐谷さんの年末のNISA戦略

●「長寿投信」ベスト


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! 新築マンションランキング