世界投資へのパスポート

ウーバー、リフト、ピンタレストなど、注目の小型
成長株の決算内容を総まとめ! 決算で注目すべき
3つのポイントと「買うべき銘柄」をズバリ解説!

2019年6月10日公開(2019年6月10日更新)
広瀬 隆雄
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示

決算発表シーズンの後半に固まっている
小型急成長株の第1四半期決算が出そろった

 米国では、小型急成長株の第1四半期決算が出そろいました。決算シーズン自体は4月中旬から始まっているのですが普通、小型株の決算発表はシーズン後半に集中しています。それと、第1四半期決算の〆が3月末ではなく4月末の会社も多いです。そのような理由から、ようやく今、決算が出そろったというわけです。

「良い決算」とは、「EPS」「売上高」「ガイダンス」の
3つすべてがコンセンサス予想を上回ったもの

「良い決算」とは、1)EPS(一株当たり利益)、2)売上高、3)ガイダンスの3つが、ひとつ残らず事前のアナリスト・コンセンサス予想を上回った決算を指します。このうちのひとつでも取りこぼしがあれば、もはやそれは「良い決算」とは言えません。つまり完璧でなくてはいけないのです。

 ガイダンスとは、「来期以降のEPSと売上高がどうなるか?」に関して会社側、もっといえば財務部長が示す公式見解です。

 ガイダンスは、その後のアナリスト予想に大きな影響力があり、ガイダンスが下がればすぐにアナリスト予想も下がり始めます。

連載で紹介した注目すべき小型急成長銘柄の
第1四半期決算の結果は?

 最近「世界投資へのパスポート」で紹介した小型急成長銘柄の決算の結果は、次の通りでした。表内の「なし」というのは、ガイダンスが示されなかった、もしくはコンセンサス予想がなかったので比較できないケースです。

■連載で取り上げた小型成長株の決算の結果

銘柄名 EPS 売上高 ガイダンス 最新株価
ドキュサイン(DOCU)
最新の株価情報はこちら(楽天証券ページへ遷移します)
ドーモ(DOMO) ×
最新の株価情報はこちら(楽天証券ページへ遷移します)
ジュミア・テクノロジーズ(JMIA) なし × なし
最新の株価情報はこちら(楽天証券ページへ遷移します)
リフト(LYFT)
最新の株価情報はこちら(楽天証券ページへ遷移します)
モンゴDB(MDB)
最新の株価情報はこちら(楽天証券ページへ遷移します)
オクタ(OKTA)
最新の株価情報はこちら(楽天証券ページへ遷移します)
ピンタレスト(PINS) × ×
最新の株価情報はこちら(楽天証券ページへ遷移します)
プルーラルサイト(PS)
最新の株価情報はこちら(楽天証券ページへ遷移します)
シルクロード・メディカル(SILK)
最新の株価情報はこちら(楽天証券ページへ遷移します)
アトラシアン(TEAM) ×
最新の株価情報はこちら(楽天証券ページへ遷移します)
トレード・デスク(TTD)
最新の株価情報はこちら(楽天証券ページへ遷移します)
トゥイリオ(TWLO)
最新の株価情報はこちら(楽天証券ページへ遷移します)
ウーバー(UBER) なし
最新の株価情報はこちら(楽天証券ページへ遷移します)
ズーム(MZ)
最新の株価情報はこちら(楽天証券ページへ遷移します)
ズィースケーラー(ZS)
最新の株価情報はこちら(楽天証券ページへ遷移します)

 上の表で○印が3つ並んでいる銘柄だけが「良い決算」を出した銘柄であり、合格です。「×」のある銘柄は売ってください。

 このように、四半期決算の発表があるたびにミスをしでかした銘柄を間引いてゆき、最後に残った銘柄だけが本当に実力のある、テンバガー(10倍株)候補になります。

 それでは、ひとつずつ解説していきましょう。

【ドキュサイン】
ウェブを通じた電子署名のサービス
⇒来期以降も決算にしくじると「売り」

 ドキュサイン(ティッカーシンボル:DOCU)は、ウェブを通じて電子署名のサービスを提供する会社です。ドキュサインの第1四半期(4月期)決算は、EPSが予想5セントに対して7セント、売上高が予想2.08億ドルに対して2.14億ドル、売上高成長率が前年同期比+37.3%でした。

 第2四半期の売上高は、予想2.20億ドルに対して新ガイダンス2.18億〜2.22億ドルが提示されました。第2四半期の請求額は、2.15億〜2.25億ドルを見込んでいます。2020年度の売上高は、予想9.14億ドルに対して新ガイダンス9.17億〜9.22億ドルが提示されました。通年の請求額は、10.1億〜10.3億ドルを見込んでいます。

 決算カンファレンスコールでは、「セールスサイクルが伸びている」というコメントがありました。普通、このようなコメントは不吉な予兆です。セールスサイクルというのは、ドキュサインの営業マンが顧客企業と商談を開始してから成約するまでに要する時間を指します。今回の決算カンファレンスコールでは、「通常より10日程度余計に時間がかかっている」という説明でした。

 しかしドキュサインは、去年、ウェブ上で重要な書類を一元管理するソフトウェア会社を買収し、それを従来のドキュサインの電子署名のサービスと合体させ、総合的ドキュメント管理サービスを顧客に提案しはじめました。その関係で商品が多岐にわたり、なおかつ複雑化したので、顧客が導入を決断するまでにいままでより時間がかかっているというわけです。

 これはたぶん一過性の問題だと思います。ただ、来期以降も決算をしくじるようだと、そもそもこのようなサービスに対して顧客のニーズが少ないことが明らかになるのでその場合は売りだと思います。いずれにせよ、次の決算次第です。

【※ドキュサインについての詳細はこちら!】
「ドキュサイン」は電子署名ビジネスで世界最大手! すでに世界で7億人が利用し、潜在市場は250億ドルと言われる注目企業のビジネスモデルや業績を解説!

■ドキュサイン(DOCU)チャート/日足・6カ月
ドキュサイン(DOCU)チャート/日足・6カ月ドキュサイン(DOCU)チャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます。
拡大画像表示

【ドーモ】
ビジネス・インテリジェンス・ツールを提供
⇒残念ながら「売り」

 ドーモ(ティッカーシンボル:DOMO)は、ビジネス・インテリジェンス・ツールの会社です。ある企業の社内にある営業データ、経理データなど様々な経営判断に必要な情報を、スッキリまとめてスマホに表示できるソフトウェアを提供しています。

 ドーモの第1四半期(4月期)決算は、EPSが予想-1.28ドルに対して-1.08ドル、売上高が予想4069万ドルに対して4080万ドル、売上高成長率が前年同期比+27.9%でした。また、請求額は+22%成長の4110万ドルでした。

 第2四半期のEPSは予想-1.00ドルに対して新ガイダンス-1.02〜-0.98ドルが、売上高は予想4227万ドルに対して新ガイダンス4100万〜4200万ドルが提示されました。2020年度のEPSは予想-4.02ドルに対して新ガイダンス-3.87〜-3.79ドルが、売上高は予想1.74億ドルに対して新ガイダンス1.73億〜1.74億ドルが提示されました。

 売上高のガイダンスは明らかに予想を下回りましたので、今回の決算は「悪い決算」です。処分売りしたいと思います。

■ドーモ(DOMO)チャート/日足・6カ月
ドーモ(DOMO)チャート/日足・6カ月ドーモ(DOMO)チャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます。
拡大画像表示

【ジュミア・テクノロジーズ】
「アフリカ大陸のアリババ」と呼ばれるネット通販企業
⇒残念ながら「売り」

 ジュミア・テクノロジーズ(ティッカーシンボル:JMIA)は、「アフリカ大陸のアリババ」とあだ名がついたネット通販企業です。

 ジュミア・テクノロジーズの第1四半期の売上高は予想3470万ユーロに対して3180万ユーロ、売上高成長率は前年同期比+82.3%でした。つまり、売上高が予想を下回ったので、これは「悪い決算」でした。

 なおEPSは、ジュミア・テクノロジーズが新規株式公開(IPO)してすぐに決算発表した関係で、コンセンサス予想がしっかりと確立していませんでした。

 決算とは別に、ロスアンゼルスの空売り筋、シトロン・リサーチが、ジュミア・テクノロジーズの経理に不正の要素があると指摘し、「ジュミアは詐欺である」という語気強い売り推奨レポートを出しています。

 シトロン・リサーチの指摘が正しいかどうかにかかわらず、IPO後の初の決算発表でこれだけ予想を下回る売上高しか上げられなかったことは明らかにまずいです。損切るべきだと思います。

【※ジュミア・テクノロジーズについての詳細はこちら!】
アフリカ大陸でeコマースを展開する「ジュミア・テクノロジーズ」がNYにIPO! 「アフリカ大陸のアリババ」と呼ばれるIT企業の新規上場に注目せよ!

ジュミア・テクノロジーズ(JMIA)の最新株価はこちら!

【リフト】
ライドシェアリング業界2位で、先日IPOしたばかり
⇒引き続き「買い」

 ライドシェアリングのリフト(ティッカーシンボル:LYFT)の第1四半期決算は、EPSが予想-10.88ドルに対して-9.02ドル、売上高が予想7.3936億ドルに対して7.76億ドル、売上高成長率が前年同期比+95.4%でした。

 アクティブ・ライダー数は、前年比+46%の2050万人でした。アクティブ・ライダー当たり売上高は、前年同期比+34%の$37.86でした。

 リフトは、2019年が赤字のピークであり、今後赤字幅は小さくなると発言しました。コア・ビジネスは力強く、またコスト・レバレッジが上手く効き始めています。

 コントリビューション・マージンは、1500ベーシスポイント改善し、50%に達しました。EBITDAマージンは、3200ベーシスポイント改善し28%に達しました。

 他社との競合・値引き合戦は緩和しています。ウーバーは、より理性的な競争戦略に転じてきています。

【※リフトとウーバーを比較した記事はこちら!】
「ウーバー」のIPOは、注目を集めたものの失敗! “ライドシェアリング銘柄”の成長性に期待するなら、業界2位の「リフト」のほうが成長性が高くて有望!

 アクティブ・ライダー数は2018年第4四半期に比べて+10%でした。コストのコントロールはとても上手く行っており、第2四半期のセールス&マーケティング費用比率は28%に下がる見込みです。ちなみに去年の第2四半期は35%でした。

 第2四半期売上高は、予想7.8234億ドルに対して新ガイダンス8億〜8.1億ドルが提示されています。修正EBITDAは、-2.8億〜-2.7億ドルが提示されました。2018年第四半期に値上げを実施した関係で、前年比較は苦しいです。

 2019年度の売上高は、予想32.5億ドルに対して新ガイダンス32.75億〜33億ドルが提示されました。修正EBITDAは、-11.75億〜-11.5億ドルが提示されました。

 リフト株は、引き続き「買い」で良いと思います。

■リフト(LYFT)チャート/日足・6カ月
リフト(LYFT)チャート/日足・6カ月リフト(LYFT)チャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます。
拡大画像表示

【モンゴDB】
クラウドベースのドキュメント指向データベースを提供
⇒引き続き「買い」

 クラウドベースのドキュメント指向データベース企業、モンゴDB(ティッカーシンボル:MDB)の第1四半期(4月期)決算は、EPSが予想-24セントに対して-22セント、売上高が予想8350万ドルに対して8940万ドル、売上高成長率が前年同期比+78.3%でした。

 第2四半期のEPSは予想-27セントに対して新ガイダンス-29〜-27セントが、売上高は予想8788万ドルに対して新ガイダンス9000万〜9200万ドルが提示されました。2020年度のEPSは予想-1.00ドルに対して新ガイダンス-1.11〜-1.00ドルが、売上高は予想3.73億ドルに対して新ガイダンス3.75億~3.81億ドルが提示されました。

 モンゴDBの来期、通年のEPSガイダンスが予想より低い原因は、1)レルム、Mラボ買収に伴う営業費用増、2)新会計基準ASC606採用に伴う変更、3)マーケティング支出を積み増す、などの理由によります。したがって、EPSガイダンスが予想より低かった点は心配しなくていいです。

 また、「ディファード・レベニュー(繰り延べ売上高)を業績の手がかりとして利用するのは控えて欲しい」というリクエストがカンファレンスコール中、会社側から出されました。その理由は。モンゴDBの主力サービスである「アトラス」は「使った分だけ後払い」の請求方式を採用しているため、同サービスが人気化すればするほどディファード・レベニューという尺度は同社の勢いを反映しなくなるためです。

 モンゴDBは、引き続き「買い」だと思います。

■モンゴDB(MDB)チャート/日足・6カ月
モンゴDB(MDB)チャート/日足・6カ月モンゴDB(MDB)チャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます。
拡大画像表示

【オクタ】
クラウドを通じたID管理サービスを提供
⇒引き続き「買い」

 クラウドを通じたID管理サービス企業であるオクタ(ティッカーシンボル:OKTA)の第1四半期(4月期)決算は、EPSが予想-21セントに対し-19セント、売上高が予想1.1683億ドルに対し1.252億ドル、売上高成長率が前年同期比+49.8%でした。

 第2四半期のEPSは予想-14セントに対して新ガイダンス-11〜-10セントが、売上高は予想1.2752億ドルに対して新ガイダンス1.3億〜1.31億ドルが提示されました。2020年度のEPSは予想-49セントに対して新ガイダンス-49〜-45セントが、売上高は予想5.3454億ドルに対して新ガイダンス5.43億〜5.48億ドルが提示されました。

 オクタの決算は危なげない内容で、とても満足のいくものでした。「買い」を維持したいと思います。

■オクタ(OKTA)チャート/日足・6カ月
オクタ(OKTA)チャート/日足・6カ月オクタ(OKTA)チャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます。
拡大画像表示

【ピンタレスト】
画像のブックマークサービスを提供するWeb企業
⇒残念ながら「売り」

 ピンタレスト(ティッカーシンボル:PINS)の第1四半期決算は、EPSが予想-11セントに対して-32セント、売上高が予想2億ドルに対して2.02億ドル、売上高成長率が前年同期比+54.1%でした。

 グローバル月次アクティブ・ユーザー数は+22%の2.91億人、グローバルARPU(ユーザー単価)は+26%の73セントでした。

 修正EBITDAマージンは-19%でした。前年同期は-35%でした。

 2019年度の売上高は、予想10.9億ドルに対して新ガイダンス10.55億〜10.8億ドルが提示されました。修正EBITDAは、赤字の7000万ドルから赤字の4500万ドルを見込んでいます。

 ピンタレストの決算は明らかに落第でした。売って、他の銘柄に乗り換えたいと思います。

■ピンタレスト(PINS)チャート/日足・6カ月
ピンタレスト(PINS)チャート/日足・6カ月ピンタレスト(PINS)チャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます。
拡大画像表示

【プルーラルサイト】
ITエンジニアの継続教育プログラムが人気
⇒引き続き「買い」

 ITエンジニアの継続教育プログラムを提供するプルーラルサイト(ティッカーシンボル:PS)の第1四半期決算は、EPSが予想-9セントに対して-7セント、売上高が予想6831万ドルに対して6960万ドル、売上高成長率が前年同期比+40.2%でした。

 第1四半期の請求額は、前年同期比+41%の7790万ドルでした。事業会社への請求額は、+48%の6720万ドルでした。また、第1四半期のグロスマージンは、76%でした。前年同期は70%でした。

 第2四半期のEPSは、予想-8セントに対して新ガイダンス-15〜-13セントが提示されました。売上高は、予想7231万ドルに対して新ガイダンス7350万7400万ドルが提示されました。2019年度のEPSは予想-28セントに対して新ガイダンス-42〜セント-48¢が、売上高は予想3.12億ドルに対して新ガイダンス3.12億〜3.18億ドルが提示されました。

 なお、プルーラルサイトは、ソフトウェア・デベロッパーの生産性を計測するギットプライムを1.7億ドルで買収しました。EPSガイダンスが下がったのは、その一時的影響によります。

 プルーラルサイトは、引き続き「買い」で良いと思います。

【※プルーラルサイトについての詳細はこちら!】
プルーラルサイトは「ITエンジニアへの継続教育」を行う注目の企業! 企業のニーズに応え、最先端のカリキュラムをサブスクリプション・モデルで提供!

■プルーラルサイト(PS)チャート/日足・6カ月
プルーラルサイト(PS)チャート/日足・6カ月プルーラルサイト(PS)チャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます。
拡大画像表示

 

【シルクロード・メディカル】
脳梗塞を防ぐための革新的な医療機器を開発
⇒引き続き「買い」

 脳梗塞を防ぐ手術を簡単に行える医療機器を製造しているシルクロード・メディカル(ティッカーシンボル:SILK)ですが、第1四半期決算は、EPSが予想-32セントに対して-20.12ドル、売上高が予想1225万ドルに対して1280万ドル、売上高成長率が前年同期比+124.6%でした。

 なお、EPSが予想を大幅に下回った理由は、転換優先株のフェアバリューの値洗いにまつわり、1571万ドルのノンキャッシュチャージを計上したためです。したがって、EPSが予想を下回ったのは無視してください。

 2019年度の売上高は、予想5983万ドルに対して新ガイダンス5900万〜6100万ドルが提示されました。

 シルクロード・メディカルは、引き続き「買い」でOKです。

【※シルクロード・メディカルについての詳細はこちら!】
脳梗塞を防ぐ画期的な手術TCARを実用化した「シルクロード・メディカル」に注目! 潜在的なニーズが大きいうえ、米中貿易摩擦の影響を受けないのも魅力

■シルクロード・メディカル(SILK)チャート/日足・6カ月
シルクロード・メディカル(SILK)チャート/日足・6カ月シルクロード・メディカル(SILK)チャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます。
拡大画像表示

【アトラシアン】
ソフトウェア・エンジニアのためのプラットフォームを運営
⇒残念ながら「売り」

 クラウド上でソフトウェア・エンジニアたちがコラボするプラットフォームを提供しているアトラシアン(ティッカーシンボル:TEAM)の第3四半期(3月期)決算は、EPSが予想18セントに対して21セント、売上高が予想3.05億ドルに対して3.09億ドル、売上高成長率が前年同期比+37.9%でした。

 期末時点での顧客数は、+5803の14.4万顧客でした。

 第4四半期のEPSは予想19セントに対して新ガイダンス16セント、売上高は予想3.28億ドルに対して新ガイダンス3.29億〜3.31億ドルが提示されました。

 アトラシアンは、上場来、ずっと素晴らしい決算を出し続けてきました。株価もそれに応じて随分高くなりました。しかし、今回の決算では初めて予想を下回りました。つまり「悪い決算」です。これまでたっぷり儲けさせてくれた恩のある銘柄ですが、残念ながら「売り」とします。

■アトラシアン(TEAM)チャート/日足・6カ月
アトラシアン(TEAM)チャート/日足・6カ月アトラシアン(TEAM)チャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます。
拡大画像表示

【トレード・デスク】
プログラマティック・ウェブ広告買付ソフトを販売
⇒引き続き「買い」

 プログラマティック・ウェブ広告買付ソフトのトレード・デスク(ティッカーシンボル:TTD)の第1四半期決算は、EPSが予想24セントに対して49セント、売上高が予想1.17億ドルに対して1.21億ドル、売上高成長率は前年同期比+41.2%でした。また、EBITDAは2470万ドルでした。ガイダンスは1800万ドルでした。

 トレード・デスクは、コネクテッドTVや欧州中東アフリカなどにとりわけ大きい商機があると考えています。また、グーグルがクロームのプライバシー保護に関し様々な変更を発表しましたがトレード・デスクのビジネスに大きな影響は出ないと思われます。

 第2四半期売上高は、予想1.53億ドルに対して新ガイダンス1.54億ドルが提示されました。2019年度の売上高は、予想6.45億ドルに対して新ガイダンス6.45億ドルが提示されました。EBITDAガイダンスは、これまでの1.82億ドルが1.89億ドルに引き上げられました。

 トレード・デスクは引き続き「買い」で良いです。

■トレード・デスク(TTD)チャート/日足・6カ月
トレード・デスク(TTD)チャート/日足・6カ月トレード・デスク(TTD)チャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます。
拡大画像表示

【トゥイリオ】
電話・テキスト・メッセージ作成ソフトを提供
⇒引き続き「買い」

 電話・テキスト・メッセージ作成ソフトのトゥイリオ(ティッカーシンボル:TWLO)の第1四半期決算は、EPSが予想1セントに対して5セント、売上高が予想2.2345億ドルに対して2.33億ドル、売上高成長率が前年同期比+80.5%でした。なお、今回の売上高は、買収したセンドグリッドの2月1日以降の売上高を含んでいます。

 稼働顧客数は15.48万口座で、前年同期は5.4万口座でした。なお、今回の数字はセンドグリッドを含めています。

 ドル・ベースの純エクスパンション・レートは+146%でした。前年同期は+132%でした。

 第2四半期は、EPSが予想2セントに対して新ガイダンス2〜3セント、売上高が予想2.53億ドルに対して新ガイダンス2.62億~2.65億ドルを見込んでいます。2019年度のEPSは予想10セントに対して新ガイダンス11〜13セントが、売上高は予想10.7億ドルに対して新ガイダンス11.02億〜11.11億ドルが提示されました。

 トゥイリオは引き続き「買い」です。

■トゥイリオ(TWLO)チャート/日足・6カ月
トゥイリオ(TWLO)チャート/日足・6カ月トゥイリオ(TWLO)チャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます。
拡大画像表示

【ウーバー】
ライドシェアリング業界のトップ企業
⇒引き続き「買い」

 ウーバー(ティッカーシンボル:UBER)の第1四半期(3月期)決算は、EPSが予想-2.29ドルに対して-2.26ドル、売上高が予想30.8億ドルに対して31億ドル、売上高成長率が前年同期比+19.9%でした。なお、売上高はIPOロードショー時のガイダンス30.4億~31億ドルの上限でした。赤字額は10.1億ドルで、ガイダンスは-11.1億〜-10億ドルでした。

 グロス・ブッキングは+34%の146.5億ドル、マンスリー・アクティブ・プラットフォーム・ユーザーは+33%の9300万人、トリップ回数は+36%の15.5億トリップ、コア・プラットフォーム・コントリビューション・マージンは-4.5%の17.9%でした。

 ウーバーはガイダンスを示しませんでした。ウーバーのようにガイダンスを示さない会社は、ないわけではありません。例えば、アルファベット(ティッカーシンボル:GOOG)フェイスブック(ティッカーシンボル:FB)もガイダンスを出さない会社として有名です。

 ウーバーの今回の決算発表は合格だったと思います。「買い」のスタンスを維持します。

【※リフトとウーバーを比較した記事はこちら!】
「ウーバー」のIPOは、注目を集めたものの失敗! “ライドシェアリング銘柄”の成長性に期待するなら、業界2位の「リフト」のほうが成長性が高くて有望!

■ウーバー(UBER)チャート/日足・6カ月
ウーバー(UBER)チャート/日足・6カ月ウーバー(UBER)チャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます。
拡大画像表示

【ズーム】
ウェブを通じたビデオ・カンファレンス・サービス
⇒引き続き「買い」

 ウェブを通じてビデオ・カンファレンス・サービスを提供するズーム(ティッカーシンボル:ZM)の第1四半期(4月期)決算は、EPSが予想1セントに対して3セント、売上高が予想1.12億ドルに対して1.22億ドル、売上高成長率た前年同期比+103.1%でした。

 2020年度第1四半期末の時点での顧客数は5.85万口座(従業員10名以上の企業)、前年同期比+86%でした。年間10万ドル以上の売上高をもたらす大口顧客数は405口座で、前年同期比+120%でした。

 第2四半期のEPSは予想1セントに対して新ガイダンス1〜2セントが、売上高予想1.22億ドルに対して新ガイダンス1.29億〜1.3億ドルが提示されました。2020年のEPSは予想-1セントに対して新ガイダンス2~3セントが、売上高予想5.2億ドルに対して新ガイダンス5.35億〜5.4億ドルが提示されました。

 ズーム株は「買い」だと思います。

■ズーム(ZM)チャート/日足・6カ月
ズーム(ZM)チャート/日足・6カ月ズーム(ZM)チャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます。
拡大画像表示

【ズィースケーラー】
クラウドを通じたセキュリティー・サービスを提供
⇒引き続き「買い」

 クラウドを通じてセキュリティー・サービスを提供するズィースケーラー(ティカーシンボル:ZS)の第3四半期(4月期)決算は、EPSが予想1セントに対して5セント、売上高が予想7492万ドルにたいし7910万ドル、売上高成長率は前年同期比+60.8%でした。

 請求額は、+55%成長の8470万ドル、ディファード・レベニューは+69%の2.12億ドルでした。また、営業キャッシュフローは1350万ドル、営業キャッシュフロー・マージンは17%でした。

 第4四半期のEPSは予想1セントに対して、新ガイダンス1~2セントが、売上高は予想7888万ドルに対して8100万~8300万ドルが提示されました。

 ズィースケーラー株は「買い」です。

■ズィースケーラー(ZS)チャート/日足・6カ月
ズィースケーラー(ZS)チャート/日足・6カ月ズィースケーラー(ZS)チャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます。
拡大画像表示

 以上、今回は過去に連載で取り上げたことまおる注目の小型成長株の第1四半期決算をまとめましたので、参考にして下さい。

【※今週のピックアップ記事はこちら!】
【証券会社おすすめ比較】外国株(米国株、中国株、ロシア株、韓国株など)の取扱銘柄数で選ぶ!おすすめ証券会社

1万円台で投資できる「超低位株」10銘柄をまとめ買いして、低リスクで“株価数倍”を狙え! 過去に高値をつけた銘柄や、大化けしそうな材料がある銘柄を紹介

【2019年7月1日更新!】

「米国株」取扱数が多いおすすめ証券会社

◆サクソバンク証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
5900銘柄以上
個別株:4400銘柄以上
ETF:1400銘柄以上
ADR:約30銘柄
約定代金の0.2%
※最低手数料5米ドル、上限手数料15米ドル
【サクソバンク証券のおすすめポイント】
米国株は、取扱数が約6000銘柄と圧倒的に多いうえに、売買手数料が0.2%と業界最低水準なのが魅力。中国株も約2000銘柄と多い。さらに、イギリス株が約1000銘柄、ドイツ株が約600銘柄、、フランス株が約800銘柄と、他社では扱いの少ない欧州株に強いのも大きな特長だ。さらにCFDを使うことで外国株の売りポジションを取れるのもサクソバンク証券ならではの強み。外国株式もCFDもひとつのトレードツールで一元管理できるのも便利だ。外国株投資に力を入れたい個人投資家であれば、口座を開いておきたい証券会社だろう。
【関連記事】
◆【サクソバンク証券おすすめのポイントは?】海外株式に強みをもつ証券会社。米国株の売買手数料が0.2%と業界最低水準!
【米国株投資おすすめ証券会社】サクソバンク証券の公式サイトはこちら
◆マネックス証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
3400銘柄以上
個別株:3110銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:60銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル
【マネックス証券のおすすめポイント】
米国株取引に力を入れており、取扱数3000銘柄以上は主要ネット証券では最大! 成行注文や指値注文のほか、逆指値注文、連続注文、ツイン指値(OCO注文)など、多彩な注文方法が使えるのも魅力だ。また「トレードステーション米国株 スマートフォン」なら、高機能チャートなど、多彩な機能を活用しながらスマホアプリから米国株の取引が可能! 現在、米国株取引手数料(税抜)を、最大3万円キャッシュバックするお得なキャンペーンを実施中!
【関連記事】
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実しているネット証券大手
【米国株投資おすすめ証券会社】マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
1400銘柄以上
個別株:1030銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:100銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル
【SBI証券のおすすめポイント】
住信SBIネット銀行の口座を持っていれば、入出金手数料が無料など、便利な「外貨入出金サービス」が利用可能! ダウ・ジョーンズ社が発行する金融専門誌「BARRON’S(バロンズ)」の抜粋記事(日本語訳)や、モーニングスター社による「個別銘柄レポート」など、投資情報も充実している。
【関連記事】
◆【SBI証券のおすすめポイントは?】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実!
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【米国株投資おすすめ証券会社】SBI証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
1300銘柄以上
個別株:920銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:120銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル
【楽天証券おすすめポイント】
新興国などの個別銘柄を実質的に売買できるADR(米国預託証書)の銘柄数が豊富。日本株と同じ取引ツール「マーケットスピード」でも取引可能で、10種類以上のテクニカルチャートを使うことできる。ダウ・ジョーンズ社の有名金融専門誌から記事を抜粋・日本語訳した「バロンズ拾い読み」も読める。
【関連記事】
【楽天証券おすすめのポイントは?】トレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!投資信託や米国や中国株などの海外株式も充実!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が見やすい!
【米国株投資おすすめ証券会社】楽天証券の公式サイトはこちら
※ NYSE(ニューヨーク証券取引所)、NYSE Arca、NYSE MKT、NASDAQに上場する個別株 。


定期購読を申し込むと500円の図書カードをプレゼントキャンペーン開催中!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 じぶん銀行住宅ローン SPGアメリカン・エキスプレス・カード 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

10年持てる配当株
ふるさと納税
老後のおかね

9月号7月20日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

10年持てる配当株&優待株

●減配しない! 増配しそう! ずーっと持てる安心感
10年配当株
配当利回り1.5%以上から厳選 「10年配当度
人気高配当株30銘柄の10年配当度 激辛診断!
儲けている個人投資家5人に聞く

安定高配当株
値動きも業績も安定の大型株
・食いっぱぐれない中小型株

配当成長株
10年売上増の不景気に強い
最高益達成のニッチ分野の株

生きるだけなら2000万円はいらない! 
それでも不安な人に送る

「老後のおかね」マニュアル
年金制度は破綻はしない。ただしもらえる額は減る
・老後の収入を計算しよう! 
老後の支出を想定するには家計の把握が必須! 
備える額で安心度が変わる

10年続く株主優待37銘柄
ひふみ投信藤野英人さんなど
人気投信10本のファンドマネージャーに公開質問! 

今度こそFXで儲ける!レンジ攻略で7割勝つ! 

【別冊付録・1】
2019年6月からの新制度対応! 

ふるさと納税人気7大サイト徹底比較

【別冊付録・2】
iDeCoつみたてNISAで実現
老後資金をゼロから1000万円つくる方法

定期購読を申し込むと500円の図書カードをプレゼントキャンペーン開催中!


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2019】 クレジットカードの専門家が選んだ 2019年おすすめ「法人カード」を発表! 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ) 新築マンションランキング

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報