IPO株の銘柄分析&予想

「アクシス」のIPO情報総まとめ!
スケジュールから幹事証券、注目度、銘柄分析、
他の業務アプリケーション、インフラシステム構築企業との比較や予想まで解説![2020年10月7日 情報更新]

2020年8月27日公開(2020年11月18日更新)
ザイ・オンライン編集部
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示
会社名 アクシス
市場・コード/業種 東証マザーズ・4012/情報・通信業
上場日 9月30日
申込期間(BB期間) 9月11日~9月17日
おすすめ証券会社 SMBC日興証券SBI証券楽天証券岡三オンライン証券DMM.com証券
フィスコ分析による
市場の注目度
★★★最高★5つ
初値(初値騰落率) 5700円(+432.71%)
最新チャート 【クリックで最新チャートへ】

その他のIPO銘柄の情報はこちら!

アクシスが9月30日にIPO(新規上場)!

「アクシス」の公式サイトより

 アクシスは、2020年8月27日、東京証券取引所に上場承認され、2020年9月30日にIPO(新規上場)することが決定した。

 アクシスは1991年6月12日に設立された。システムインテグレーション事業とクラウドサービス事業の2つの事業を営んでいる。

 システムインテグレーション事業は、金融機関、官公庁等の公共機関、などを顧客とし、各種業務アプリケーションの設計開発業務及び運用保守業務を請け負うサービスと、インフラシステムの設計構築業務及び運用保守業務を請け負うサービスを提供している。クラウドサービス事業は、デバイスを通して車両の様々な情報をクラウドにアップロードして有効活用するIoTのサービスを提供している。

【目次】(クリックで該当する情報へ移動します)
▼いつ申し込んで、いつ購入する?(ブックビルディング期間、上場日など)
▼どこの証券会社で申し込める?(幹事証券会社)
▼いくらで買える?(仮条件・公募価格・予想PER・初値・初値騰落率など)
▼発行株数・単元数・公開規模は?

▼どんな会社?
▼業績データ/業績コメント
▼企業の詳細情報/銘柄紹介
▼投資のポイント

 

アクシスのIPOは、いつ申し込んで、いつ購入する?
(ブックビルディング期間、上場日など)

■スケジュール
仮条件提示 9月10日
ブックビルディング(抽選申込)期間 9月11日~9月17日
公開価格決定 9月18日
購入申込期間 9月23日~9月28日
払込日 9月29日
上場日 9月30日

アクシスのIPOは、どこの証券会社で申し込める?
(主幹事証券会社・幹事証券会社・委託販売証券会社など)

■取り扱い証券会社(2020年9月23日時点。割当は変更になる場合があります)
証券会社名
(※青文字はクリックで詳細ページへ)
引受シェア 口座開設
SMBC日興証券(主幹事証券)
[最短3日で取引可能]
91.4
公式サイトはこちら!
SBI証券
[最短翌日に取引可能]
1.7
公式サイトはこちら!
楽天証券
[最短翌日に取引可能]
1.7%
公式サイトはこちら!
岡三オンライン証券
[最短2日後に取引可能]
公式サイトはこちら!
DMM.com証券
※委託販売の配分がなかったため取扱中止
 
エース証券 1.7%  
岡三証券 1.7%  
極東証券 1.7%  

アクシスのIPOは、いくらで買える? 割安/割高?
(仮条件・公募価格・予想PER・初値・初値騰落率など)

■価格情報
想定発行価格(※1) 1020
仮条件
[予想PER(※2)
1020~1070円
10.8倍~11.4倍]
公募価格 1070円
初値 5700円
初値騰落率 +432.71%
予想トレーディングレンジ(※3) 2000円~5000円
最新チャート 【クリックで最新チャートへ】
※1 有価証券届出書提出時。※2 予想EPS=今期(IPO時)予想純利益÷上場時発行済株式数、から計算したもの。※3 期間は上場後1年を想定。
■類似会社3社の予想PER(2020年9月8日終値の株価と会社側予想から計算)
会社名 ※クリックで最新チャートへ 予想PER
【3社平均】 15.5倍
SYSHD<3988> 19.1倍(連)
ニーズウェル<3992> 18.1倍
昭和システム<4752> 9.4倍

 予想EPSから割り出した仮条件の予想PERと、類似会社3社の平均PERと比較すると、本銘柄の公開価格は類似会社より割安と判断できる。

アクシスの発行株数・単元数・公開規模は?

■株数などに関する情報
発行済株式数(上場時) 205万株(予定)
公開株式数 公募7万8000株  売出44万株
(オーバーアロットメントによる売出7万7700株)
想定公開規模(※1) 6.1億円(OA含む)
※1 有価証券届出書提出時における想定発行価格で計算。

アクシスは金融向け中心にシステム開発等

 業務アプリケーションの設計開発・運用保守、インフラシステムの設計構築・運用保守の提供及びクラウドサービスの提供を行う。金融機関をエンドユーザーとする売上割合が多い。前期売上に占める大手SIerの割合は59.0%、銀行グループの割合は21.9%。クラウドサービス事業では、「はたらく車」向けのフリートマネジメントサービス「KITARO」を提供。

 創業以来得意とする金融分野を中核に、DX(デジタルトランスフォーメーション)など現在注目される分野でビジネスを展開している。公開規模が小さいことなどから、需給面も非常に良好。足元の業績は堅調で、株価バリュエーションには割安感がある。

 公開規模については6億円前後となる見込み。ベンチャーキャピタル株主はおらず、9/30に同時上場する企業もない。

◆「アクシス」IPOに申し込めるおすすめ証券会社
SMBC日興証券[最短3日で取引可能]
公式サイトはこちら!
SBI証券[最短翌日に取引可能]
公式サイトはこちら!
楽天証券[最短翌日に取引可能]
公式サイトはこちら!
岡三オンライン証券[最短2日後に取引可能]
公式サイトはこちら!
DMM.com証券 ※委託販売の配分がなかったため取扱中止
 
 ⇒IPOで比較した証券会社ランキングはこちら!

アクシスの業績データ

■業績推移(単位:百万円・% )
決算期 売上高
(伸び率)
経常利益
(伸び率)
純利益
(伸び率)
2016/12 2,681
(―)
271
(―)
193
(―)
2017/12 2,883
(7.6%)
366
35.1%
225
16.2%
2018/12 3,213
(11.4%)
275
-25.0%
192
-14.4%
2019/12 3,410
(6.1%)
184
-33.0%
131
-31.9%
2020/12予 3,679
(7.9%)
274
48.8%
193
47.1%
2020/6 2Q 1,879
(―)
204
(―)
131
(―)
予想EPS(※)
/配当
単独:94.15円/-円
※予想EPSは「今期(IPO時)予想純利益÷上場時発行済株式数」で計算したもの。

アクシスの業績コメント

 2020年12月期の業績は、売上高が前期比7.9%増の36.7億円、経常利益が同48.8%増の2.7億円と増収増益の見通しとなっている。

 2018年期初からの中期事業計画の達成に向け、同社の創業以来の事業であるシステムインテグレーション事業及び2018年度から開始したクラウドサービス事業において、顧客からの信頼を獲得し持続的にサービスを提供することができるよう、様々な要望に対応したサービス提供を行うとともに、デジタルトランスフォーメーション等のデジタル社会の変化をビジネスのチャンスとするために、多数の先端技術の吸収を積極的に行うと同時に、業容拡大に向けた人材の積極採用を行っている。

 システムインテグレーション事業においては、依然としてIT技術者不足の状況にあり、人材の確保を図ることは依然として厳しい状況ではあるが、人材の積極採用に向けての取り組み、ビジネスパートナーとの協力関係の強化及び新規のビジネスパートナーの開拓を行い、更なる受注の獲得を行える体制の構築を進めている。

 なお、通期計画に対する第2四半期末時点における進捗率は、売上高18.7億円で51.0%、経常利益2.0億円で74.4%となっている。

アクシスの詳細情報

■基本情報
所在地 東京都港区西新橋二丁目3番1号
代表者名(生年月日) 代表取締役 小倉 博文(昭和36年12月13日生)
設立 平成3年6月12日
資本金 5000万円(令和2年8月27日現在)
従業員数 301人(令和2年7月31日現在)
事業内容 業務アプリケーションの設計開発・運用保守、インフラシステムの設計構築・運用保守の提供及びクラウドサービスの提供
■売上高構成比率(2019/12期 実績)
品目 金額 比率
システムインテグレーション事業 3,211 百万円 94.2%
クラウドサービス事業 199 百万円 5.8%
合計 3,410 百万円 100.0%
■大株主上位7位
順位 株主名 保有株数 保有シェア
1 小倉 博文 125万株 65.04%
2 日向 宏 25万株 13.01%
2 山本 浩史 25万株 13.01%
4 横田 佳和 10万株 5.20%
5 小泉 彰宏 5万株 2.60
6 石川 浩一 1万9800株 1.03%
7 白川 雄一 2200株 0.11%
合計   192万2000株 100.00%
■その他情報
手取金の使途 (1)人材採用費、(2)人材教育費、(3)社内基幹システムへの投資に充当する予定
関係会社
VC売却可能分(推定) -社 -株(売出し・保有期間などの制限があるもの以外)
直近有償第三者割当 年月日 -年-月-日
割当先
発行価格
◆「アクシス」IPOに申し込めるおすすめ証券会社
SMBC日興証券[最短3日で取引可能]
公式サイトはこちら!
SBI証券[最短翌日に取引可能]
公式サイトはこちら!
楽天証券[最短翌日に取引可能]
公式サイトはこちら!
岡三オンライン証券[最短2日後に取引可能]
公式サイトはこちら!
DMM.com証券 ※委託販売の配分がなかったため取扱中止
 
 ⇒IPOで比較した証券会社ランキングはこちら!

アクシスの銘柄紹介

 同社では、システムインテグレーション事業とクラウドサービス事業の2つの事業を営んでいる。それぞれの事業内容は以下のとおり。

(1)システムインテグレーション事業

 システムインテグレーション事業は、金融機関、官公庁等の公共機関、一般事業会社及びそのグループ会社、もしくは一次請けとなるシステムインテグレーターを顧客として、各種業務アプリケーションの設計開発業務及び運用保守業務を請け負うサービス(業務アプリケーション開発サービス)、インフラシステムの設計構築業務及び運用保守業務を請け負うサービス(インフラシステム構築サービス)を提供している。

 業務アプリケーション開発サービスは、主に金融機関のデリバティブ取引、外貨資金取引、債権管理、リスク管理、勘定データ移行、年金等のシステム開発・構築にこれまで携わってきた。これらの金融機関のシステム開発・構築にて培ったノウハウ、大規模プロジェクトの管理経験等をベースに、現在は官公庁分野(車両情報管理システム等)、電力分野(停電情報配信システム、配電設備点検システム等)、航空関連分野(予約システム等)等の公共性の高い業務アプリケーション開発等に対応可能な分野を広げている。

 インフラシステム構築サービスでは、業務アプリケーションを稼働させるための基盤となるインフラシステムを構成する各種サーバー、ネットワーク、ストレージ等の設計構築や、稼働後のインフラシステムの運用保守を行っている。運用保守においては、主に金融機関を対象として、同社技術者が日々のシステム稼働状況を監視し、適切なタイミングでの部品交換、ソフトウエア更新計画の策定・実行、次期システム構成に関する検討・提言を行っている。

 同社が行うインフラシステムの対象はメガバンクを始めとした金融機関、公共機関が中心となっている。インフラシステムでは安定稼働(処理量が多い場合でも処理速度が落ちないこと、インターネットからの一時的な利用増加にも対応可能であること)が求められているが、同社技術者は、そのために必要なサーバー仮想化に関する高度な設計構築能力を有していることが特徴である。さらに、近年ニーズが高まっている、顧客にてサーバー機器を保有しないインターネットを活用したインフラ構築についても対応可能であることが強みである。

 業務アプリケーション開発サービス及びインフラシステム構築サービスともに、同社の技術者だけでは人員が不足する場合には、技術者派遣や再委託先であるビジネスパートナーに協力してもらい、顧客からの需要増に対応している。

(2)クラウドサービス事業

 クラウドサービス事業は、「はたらく車」の位置情報や走行距離等をリアルタイムで把握することが可能となるフリートマネジメントサービス「KITARO」を提供している。「KITARO」サービスは、デバイスを通して車両の様々な情報をクラウドにアップロードし有効活用するIoT(モノのインターネット)のサービスであり、位置情報・走行履歴管理機能により、車の位置情報をリアルタイムで把握することができるとともに、渋滞情報と走行履歴情報から目的地の到着時刻を予測すること等が可能である。アクセル操作やアイドリング時間の基本情報に加え、急ブレーキ、急ハンドル等の発生情報を取得し、安全運転やエコドライブに関する分析評価を行う機能も備えている。

 また、多くの顧客と契約できるように、アフィリエイターに紹介してもらった契約実績に応じて紹介料を支払うアフィリエイトプログラムを提供している。

アクシスの投資のポイント

 創業以来得意とする金融分野を中核に、DX(デジタルトランスフォーメーション)、フィンテック(金融×IT)、RPA(ロボティクス・プロセス・オートメーション)など、現在注目される分野でビジネスを展開している。公開規模が小さいことなどから、需給面も非常に良好。2019年以降のマザーズIPOで公開規模が5億円以上10億円未満だった24社の公開価格に対する初値騰落率は平均+151.6%に上る。今期は3期ぶりに増益となる見込みで、株価バリュエーションは他のシステム開発会社と比べ割安感がある。取引先に大手システムインテグレーター(SIer)や金融機関が名を連ねていることは安心材料と受け止められそうだ。

 同社では、システムインテグレーション事業とクラウドサービス事業の2つの事業を展開している。前期実績で売上高の94.2%を占めるシステムインテグレーション事業は、金融機関、官公庁等の公共機関、一般事業会社及びそのグループ会社、もしくは一次請けとなるSIerを顧客として、各種業務アプリケーションの設計開発業務及び運用保守業務を請け負うサービス、インフラシステムの設計構築業務及び運用保守業務を請け負うサービスを提供している。金融機関をエンドユーザーとする売上割合が多い。

 前期売上に占める大手SIer(富士通<6702>グループ、NTTデータ<9613>グループ、日本ユニシス<8056>グループ)の割合は59.0%、銀行グループ(三井住友FG<8316>あおぞら銀行<8304>グループ、みずほFG<8411>)の割合は21.9%。同5.8%を占めるクラウドサービス事業では、「はたらく車」向けのフリートマネジメントサービス「KITARO」を提供している。

 業績面について、2020年12月期は売上高が前期比7.9%増の36.7億円、経常利益が同48.8%増の2.7億円と増収増益の見通しとなっている。上期(1-6月)は平均受注単価の向上とビジネスパートナーの活用で、売上高が前年同期比15.3%増の18.7億円となった。また、経常利益も同2.8倍の2.0億円と順調に推移しているが、第3四半期以降は新規上場に伴う費用増加を見込んでいる。なお、前期は間接部門の人件費等の増加に伴い増収減益だった。

 想定仮条件水準の今期予想PERは10~12倍程度。中小型のシステム開発会社株のなかでは低位に位置し、かなり保守的な印象を受ける。一般的な水準としては10倍台半ばから後半といったところ。

 公開規模については6億円前後となる見込み。代表取締役の小倉博文氏が発行済株式の65.0%を保有するほか、残りの株式も役職員が保有し、ベンチャーキャピタル株主はいない。また、9/29上場のヘッドウォータース<4011>が初値持ち越しとなる可能性こそあるものの、9/30に同時上場する企業はなく、需給面は非常に良好だろう。

◆「アクシス」IPOに申し込めるおすすめ証券会社
SMBC日興証券[最短3日で取引可能]
公式サイトはこちら!
SBI証券[最短翌日に取引可能]
公式サイトはこちら!
楽天証券[最短翌日に取引可能]
公式サイトはこちら!
岡三オンライン証券[最短2日後に取引可能]
公式サイトはこちら!
DMM.com証券 ※委託販売の配分がなかったため取扱中止
 
 ⇒IPOで比較した証券会社ランキングはこちら!

[データ提供・銘柄分析]フィスコ 

■「IPO株が当たらない!」という人は、まずこちらの記事へ!
⇒IPOに当選して儲けたいなら「主幹事証券」を狙え! 通常の引受証券の50~100倍も割当がある主幹事と主幹事のグループ会社の攻略がIPOで勝つ秘訣!

 
IPO株(新規上場株・新規公開株)で儲ける方法!
IPO株の銘柄分析&予想
IPOスケジュール一覧[2021年]
 IPO株の攻略&裏ワザ情報!
【2021年1月1日時点】


【2021年版】本気でIPO当選を狙うなら、絶対に押さえておきたい!
IPO[主幹事]の多いおすすめ証券会社

野村證券 ⇒詳細情報ページへ
主幹事数(上)/取扱銘柄数(下) ネット配分・抽選方法 口座数
2020 2019 2018
22社
41社
17社
35社
23社
37社
10%以上:1人1票の平等抽選 532万
【ポイント】
取り扱い数はSMBC日興証券やSBI証券より少ないものの、主幹事数は毎年トップ! 国内最大手の証券会社だけあって、「日本郵政グループ3社」「JR九州」「ソフトバンク」のような、大規模IPO案件で主幹事を務めることも多い。毎回、引受株数の10%以上が完全抽選制のオンライン口座に配分される。また、購入資金は当選後の購入申し込みまでに入金すればOKなので、口座の資金を気にせず気軽に申し込めるのは、限られた資金で運用する個人投資家にとって大きなメリット。本気でIPO投資を考えるなら、絶対に口座を開いておきたい証券会社だ。
※残あり口座数
【関連記事】
◆「IPO(新規上場)が当選しやすくなる」証券会社の選び方を伝授! 優先すべきは、当選するまで資金が不要な岡三オンライン証券、野村証券などの4社だ!
◆「野村證券が主幹事のIPOは公募割れなし」は本当? イベント投資の達人・夕凪氏が過去のデータを分析し、IPO投資に役立つ「アノマリー」を徹底検証!
◆IPOに当選して儲けたいなら「主幹事証券」を狙え! 通常の引受証券の50~100倍も割当がある主幹事と主幹事のグループ会社の攻略がIPOで勝つ秘訣!
SMBC日興証券の公式サイトはこちら
◆SMBC日興証券
主幹事数(上)/取扱銘柄数(下) ネット配分・抽選方法 口座数
2020 2019 2018
16社
52社
20社
61社
21社
66社
10%:1人1票の平等抽選
最大5%:「ステージ別抽選」
※1
305万
【ポイント】
大手証券の中でもIPOに力を入れており、2020年は主幹事数、取扱銘柄数ともに第3位! また、日本3大証券会社のひとつだけあり「日本郵政グループ3社」や「JR九州」「ソフトバンク」などの超大型IPOでは、主幹事証券の1社として名を連ねている。10%分の同率抽選では、1人1単元しか申し込めないので資金量に関係なく誰でも同じ当選確率となっているのがメリット。さらに、2019年2月からは、預かり資産などによって当選確率が変わる「ステージ別抽選」がスタート。平等抽選に外れた人を対象にした追加抽選で、最高ランクの「プラチナ」だと1人25票が割り当てられて当選確率が大幅にアップする。
※1 預かり資産残高などによって決まる「ステージ」ごとに、別途抽選票数が割り当てられる。
【関連記事】
◆【SMBC日興証券のおすすめポイントは?】信用取引完全無料、NISAや積立投資にも便利な株が小分けで買える「キンカブ」がおすすめ!
◆「日経新聞」「会社四季報」を無料で読める証券会社を解説! 利用料0円ながら、紙媒体では読めない独自記事や先行情報を掲載し、記事の検索機能も充実
SMBC日興証券の公式サイトはこちら
◆大和証券
主幹事数(上)/取扱銘柄数(下) ネット配分・抽選方法 口座数
2020 2019 2018
15社
43社
22社
43社
13社
31社
15%:1人1票の平等抽選
5%:「チャンス当選」
302万
【ポイント】
毎年、数多くのIPOで主幹事を務め、取扱銘柄数も多いが、特に2019年は実績数を大きく伸ばし、主幹事数では野村證券を抜いてトップだった。ネット投資家を対象とした取引量・資金量が関係しない平等抽選が、原則、個人投資家への販売予定数量の15%と高めに設定されているのもメリット。申し込みは1銘柄につき1単元のみなので、当選確率が資金量に左右されない。平等抽選の後、落選者を対象に、原則10%を「プレミアムステージ」や過去の取引実績に応じて当選確率が変わる「チャンス抽選」で販売(※2)
※残あり口座数
【関連記事】
◆【証券会社比較】大和証券の「現物手数料」「信用取引コスト」から「取扱商品」、さらには「最新のキャンペーン情報」まで、まとめて紹介!
大和証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券
主幹事数(上)/取扱銘柄数(下) ネット配分・抽選方法 口座数
2020 2019 2018
15社
85社
7社
82社
11社
87社
70%:1単元1票の平等抽選
30%:「IPOチャレンジ
ポイント」順に配分
596万
【ポイント】
ネット証券にもかかわらず、主幹事数、取扱銘柄数ともに大手証券会社に引けをとらない実績を誇る。特に取扱銘柄数がダントツで、2020年は全93社中85社と約91%のIPO銘柄を取り扱った。つまり、SBI証券の口座さえ持っていれば、大半のIPO銘柄に申し込めると考えていいだろう。個人投資家への配分の100%がネット投資家へ配分されるのも魅力。1単元1票の抽選なので、多くの単元を申し込むほど当選確率は高くなる当選確率がアップする「IPOチャレンジポイント」が、資金量・取引量と関係なく、IPOに申し込み続ければ誰にでも貯められるのもメリットだ。
【関連記事】
◆【SBI証券の特徴とおすすめポイントを解説!】株式投資の売買手数料の安さは業界トップクラス! IPOや米国株、夜間取引など、商品・サービスも充実
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
SBI証券の公式サイトはこちら
◆東海東京証券
主幹事数(上)/取扱銘柄数(下) ネット配分・抽選方法 口座数
2020 2019 2018
1社
16社
4社
27社
1社
20社
10%:1単元1票の平等抽選 32万
【ポイント】
準大手証券会社の東海東京証券は、大手証券会社には届かないものの多くのIPO銘柄を扱っており、主幹事も毎年数社で務めている。東海東京証券への割当が2000単元未満の場合は、取引実績に応じて当選確率がアップする「IPO個人優遇ステージ」を適用した抽選となるが、その場合でも、取引実績が最低ランクの投資家に10%が配分され、その中で平等抽選が行われる。
【関連記事】
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
東海東京証券の公式サイトはこちら
※ 主幹事数、取扱銘柄数はREITを除く。口座数は2020年9月末時点。
注目の証券会社!

【SMBC日興証券】
IPO取扱数がトップクラスで主幹事数も多い!
2019年には61社のIPO取扱実績数を誇る
おすすめ証券会社!関連記事はこちら

IPO株の取扱数が毎年トップクラスのSMBC日興証券公式サイトはこちら!

.


No.1のSBI證券公式サイトはこちら!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2021年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 SBI証券の公式サイトはこちら! 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 SBI証券の公式サイトはこちら! 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

大化け10倍株
じぶん年金づくり
ふるさと納税

1月号12月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[2021年「株」全予測/人気の株500診断]

◎第1特集
プロ100人がズバッと予測!
2021年の株&投信全予測

2020年の暴落を当てた!
ひふみ投信藤野英人さんに聞く
日経平均「年末に向け3万円の大台へ」
●マザーズ2021年はいったん調整か
●DXや環境関連が新テーマ
●年前半は円高、後半は円安か
●米国株型やESG株型が人気!

◎第2特集
買っていい10万円株は104銘柄!
[新春]人気の株500+Jリート14激辛診断
儲かる株の見つけ方
・業績の上方修正で値上がり期待の株
・IT・デジタルの浸透で伸びる株
・ESG重視が追い風となる株
●2021年新春のイチオシ株
●気になる人気株

◎第3特集
人気&買いの米国株100! バイデン銘柄5も!
プロ50人が疑問に答える!
米国株はバブルじゃない!
●買い売りをズバッと判定!人気株30銘柄
●株価10倍も夢じゃない!成長株30銘柄
●利回り5%超がゴロゴロ!高配当株35銘柄

◎第4特集
読者&勝ち組億り人の2020年の大反省会
●2020年の勝ち&負け株
●成功&失敗の理由
●21年の投資戦略
●勝ち組の情報源

◎【2大付録その1】
上場全3787社の最新理論株価

◎【2大付録その2】
桐谷さん教えて!株主優待で始める株入門
●失敗しない優待株の選び方は?
●買うタイミングは?
●証券会社はどこがいいの?

◎連載にも注目!
●10倍株を探せ! IPO株研究所
●AKB48株ガチバトル
●AKB48武藤十夢のわくわくFX生活!
●株入門マンガ恋する株式相場!


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2020】 クレジットカードの専門家が選んだ 2020年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ)

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報