「勝者のゲーム」と資産運用入門

2022年の日本株マーケットを大胆予想。
日経平均は2万4500円~3万4500円。
今年はテンバガー狙いよりバリューへ。太田忠の勝者のポートフォリオ 第14回

2022年1月12日公開(2022年1月18日更新)
太田 忠
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示

バリュー株の優位とグロース株の不振が際立った2021年

 いよいよ寅年のマーケットが始まった。干支別のパフォーマンスを見ると寅年の過去6回の勝率は1勝5敗と冴えず、平均上昇率は+1.8%だった。しかも1986年の+42.6%を含めての数字であるため実質的にはかなり分が悪い。しかしながら、もはや干支によるパフォーマンスはアノマリーとしてアテにならなくなっているため、あまり気にする必要はないと思う。

 さて、2022年のマーケットを展望してみたい。流れをつかむために、まずは2021年の総括から始めよう。一言でいえば、2021年は「バリュー株優位vsグロース株不振」の構図が際立った年だった。パフォーマンスは、MSCIジャパンバリューが+13.5%、MSCIジャパングロース+4.6%とバリューが圧勝だった。データは11月までだが、12月を含めるとさらにその傾向は強まる。これは2020年とは対照的だ。2020年は全く逆でグロースが+23.0%、バリューが-3.6%とグロースが圧勝した。

グロース株を主体に投資していた個人投資家には辛い1年だった…

 2020年のグロース圧勝を受けて「バリュー株なんか上がらない」と思い、2021年をグロース株主体で投資していた個人投資家は大きくやられただろう。春先に金融相場から業績相場に移り、金融緩和から金融正常化へ向けた動きになれば当然、グロース株に付いていたプレミアムは剥げ落ちて高いバリュエーションを許容できなくなる。成長期待の赤字企業への期待も大きく後退する。まさに我に返るわけだ。するとイケイケ銘柄はどれもこれも見事に急落することになる。

 一方、これまで鳴かず飛ばずだった、利益はしっかり出ているのに「成長しないからつまらない」というレッテルを貼られていたバリュー株が正当に評価される形になった。市場別パフォーマンスを見ると、TOPIX+10.4%、日経平均+4.9%、ジャスダック平均+4.3%、マザーズ-17.4%とはっきりと特徴が出ている。

2022年の株価予想は、日経平均で安値2万4500円~高値3万4500円

Photo :Funtap / PIXTA(ピクスタ)

 2022年のマーケットは日経平均で安値2万4500円~高値3万4500円のレンジを予想している。現在テーパリング局面に入っているが、前回の2014年1月~10月のテーパリング局面の初期段階で日経平均は一時15%安となった。「金融正常化が進み、これから金利が上昇する」などの話がでてくれば市場はガタガタするものだが、今がまさにそのような段階と言えよう。

 2021年の日経平均の終値は2万8791円。ここから15%下落すると2万4500円。現在の日経平均は2万8500円の水準なので最大4000円の下落リスクがある。これを2022年の安値メドと考えている。テーパリングが終わり金利引き上げに移行すると、マーケットは徐々に平静を取り戻して業績相場へ回帰すると考えている。

 上述した下落リスクはあるものの、現在の2万8500円の水準は割安と私は考えている。2022年3月期予想のEPSを元にした日経平均PERは13倍台後半。通常15倍レベルなので実力ベースでは3万1300円。したがって実力値に追いつけば10%程度の上昇余地がある。さらに2023年3月期の決算は、景気回復でEPSが10%程度伸びると予想している。これを考慮すると日経平均は3万4500円となる。したがって、2022年の日経平均の予想レンジは安値2万4500円~高値3万4500円で、1万円の上下差があると考える。

当面の狙い目は、好業績かつ割安の大型バリュー株

 当面の投資戦略は大型バリュー株を重視する。2021年12月から現在にかけて明らかな兆候が出ている。それは今後の金融政策の正常化に向けて、好業績かつ割安の大型株が相場を牽引する一方、グロース株や小型株は不振を極めている点だ。グロース株や小型株は金融正常化に入れば割高感が意識されてパフォーマンスが悪化する。2022年もこの流れが続くと思われるため、留意していただきたい。

 小型株のスペシャリストである私が言うのもなんだが、今年は小型グロースが一番ダメな投資領域になると思う。年明けから東証マザーズ市場はわずか1週間で10.6%下落し、2021年10月以降では21.7%も下落した。マザーズ市場の個人投資家の信用取引評価損はマイナス30%とおぞましい状態だ。

新興株や小型株にテンバガー狙いで投資すると痛い目に合う

 これが何を表しているのかを考えて欲しい。新年早々、ある個人投資家から私に「テンバガーを狙ってマイクロキャップに投資したいと思いますが、いかがでしょうか?」という質問があったが、私ははっきり言った。「今年はテンバガーなど狙っていると痛い目に合うのでおよしなさい」と。

 テンバガー狙いは逆業績相場が終わったボロボロの投資環境が最適で、その後の金融相場でドカンと成果を得る。今はもうそんな時期はとっくに過ぎてしまっている。今はテンバガーになった銘柄が暴落するような局面に入っていることに、皆さんはお気づきだろうか?

 「勝者のポートフォリオ」では今年も積極的に皆さまの運用資産を積み上げるべく良質な情報を提供していきたいと思う。引き続きよろしくお願いいたします。

(DFR投資助言者 太田 忠)

 この連載は、ワンランク上の投資家を目指す個人のための資産運用メルマガ『太田忠 勝者のポートフォリオ』で配信された内容の一部を抜粋・編集の上お送りしています。メルマガに登録すると、週2回のメルマガの他、無料期間終了後には会員専用ページで「勝者のポートフォリオ」や「ウオッチすべき銘柄」など、具体的なポートフォリオの提案や銘柄の売買アドバイスなどがご覧いただけます。

 

国内外で6年連続アナリストランキング1位を獲得した、
トップアナリスト&ファンドマネジャーが
個人投資家だからこそ勝てる

「勝者のポートフォリオ」を提示する、
資産運用メルマガ&サロンが登場!

老後を不安なく過ごすための資産を自助努力で作らざるを得ない時代には資産運用の知識は不可欠。「勝者のポートフォリオ」は、投資の考え方とポートフォリオの提案を行なうメルマガ&会員サービス週1回程度のメルマガ配信+ポートフォリオ提案とQ&Aも。登録後10日間は無料!

太田忠の勝者のポートフォリオ

10日間無料 詳細はこちら※外部サイトに移動します

太田忠の無料資産運用セミナー開催!決定

個人投資家こそが生き残る「勝者のゲーム」を語ろう!
--資産運用に必要な知識と力量について--

 

[概要]

【人気必至!】元JPモルガン証券 太田忠氏の無料資産運用セミナーを2021年11月3日(水・祝)に開催します。

 機関投資家は「敗者のゲーム」、個人投資家は「勝者のゲーム」と語る氏による、個人投資家のための資産運用セミナーとなります。
 混沌とした日本を含めた世界経済の動向と株式市場の動きにも触れつつ、個人投資家が資産を築く方法について語ります。

 セミナー後には有料メルマガ「太田忠の勝者のポートフォリオ」有料購読者限定の懇親会も開催。太田忠氏とゆっくりお話できるまたとないチャンスです。
 申込みは定員になり次第締切とさせていただきます。先着順のため、早めの申込みを!

詳細&申し込みはこちら

八木エミリー お金ビギナーのためのマネ活部
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2022年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
MOクリック証券が新アプリをリリース!スマホでもPCに負けない投資環境を実現! アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードならヒルトンホテルで朝食無料になる「ゴールド」会員になれるほか、カード利用で無料宿泊も可能に! SPGアメリカン・エキスプレス・カード 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードならヒルトンホテルで朝食無料になる「ゴールド」会員になれるほか、カード利用で無料宿泊も可能に! 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

2022年株全予測
株500激辛診断
億り人の投資戦略

2月号12月21日発売
定価780円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[億り人の投資戦略/2022年株全予測]

◎第1特集
プロ100人に全方位取材!
2022年の儲け方がわかる!
2022年株全予測

日経平均はどうなる?
プロの見立ては高値3万3000円!
●マザーズはどうなる?
「実力のある新興株に熱視線! 」
●注目業種&テーマは?
「DX関連、小売に期待の目! 」
●上がる株&下がる株は?
「半導体の春、私鉄の冬は継続」
●ドル円など為替は?
「ドルもユーロも円安継続が濃厚」
●上がる投資信託は?
「米国株型の人気は止まらず定番型も売れ筋に」
●相場を読み解くキーワード
●2つの不安をズバッ!
資源価格&中国経済はどうなる

◎第2特集
2022年新春
人気の買っていい10万円株は106銘柄!
株500+Jリート14激辛診断

●儲かる株の見つけ方
・旬の3大テーマから見つける
・「前四半期で増収増益の株」
・「年初の株価から3割超上昇中の株」
・「3期連続で増配の株」

●5大ランキング
・アナリストが強気な株
・第2四半期の進捗率が高い株
・配当利回りが高い株
・初心者必見の少額で買える株
・理論株価よりも割安な株
・セクター別の株式指標平均を分析

●2022年秋のイチオシ株を公開
10万円株/高配当株/株主優待株/Jリート

●気になる人気株
大型株 /新興株/Jリート

◎別冊付録
上場全3834社の最新理論株価
増益割安株は1421銘柄!

◎第3特集
10倍株や利回り9%超の株も
人気の米国株150&オススメ診断
●代表株を定点観測!
●GAFAM+α(テスラ、エヌビディア、ネットフリックス)
●いま買いのオススメ高成長株&高配当株
●だれもが気になる人気株ナスダック株&
ニューヨーク証券取引所株

●買い×売り診断
3カ月先の相場をプロが先読み!
NYダウ&ナスダック指数予測

◎第4特集
儲けた&損した読者が大集合!
2021年を総括! 株の大反省会

●米国株が初ランクイン!
「儲けた株」オリックス、トヨタ、テスラ
●悲痛なぼやき多数!
「損した株」日産、日本郵政など

◎人気連載もお楽しみに!
●10倍株を探せ! IPO株研究所
●自腹でガチンコ投資!AKB48ガチ株バトル
●AKB48武藤十夢のわくわくFX生活! 
●株入門マンガ恋する株式相場!
●どこから来てどこへ行くのか日本国
●人気毎月分配型100本の「分配金」

 


【重要】
>>新型コロナウイルス感染症による定期購読誌配達への影響について
>>郵便法改正に伴う定期購読誌配達への影響について


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2021】 クレジットカードの専門家が選んだ 2021年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 太田忠の日本株「中・小型株」アナリスト&ファンドマネジャーとして活躍。「勝つ」ための日本株ポートフォリオの作り方を提案する株式メルマガ&サロン 【全44口座徹底調査】スプレッドやスワップポイントがお得なFX会社は? FX会社比較!

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報

ザイFX!のお役立ち情報