ダイヤモンドZAi最新記事
2017年8月8日 ザイ編集部

定年後の継続雇用で得する給付金制度の裏ワザとは?
「高年齢雇用継続給付金」など3つの給付金の活用で
60~64歳の5年間で受け取るお金に350万円も差が!

60歳からの働き方で、もらえるお金が百万円単位で変わってくる!? 50代のうちに知っておきたい、定年後5年間で得するための制度と裏ワザを紹介!

ダイヤモンド・ザイでは、特集「定年後の5年間でトクするための制度と裏ワザ!」で、定年後にもらえるお金や、お得な制度について紹介している。60歳以降も働く人が増えているが、実は無理をして長時間働くよりも、自分に合ったペースで給付金を受け取りながら働いたほうが、手元に入ってくるお金が多くなることも多い。

この点を知らない人は多いにもかかわらず、役所も会社もきちんと教えてくれないので、定年前までに自分でリサーチすることが重要だ。ここでは、特集の一部を抜粋し、定年後の5年間にもらえるお金の違いについて、2人の男性を例に挙げながら紹介していこう!

60歳以降の月給が25万円のA男と35万円のB男、
受け取れるお金が多いのはどっち!?

 年金生活になって生活費に困窮する、「老後破綻」が話題だ。その回避策の一つが、60歳で定年を迎えた後も、勤めていた会社で働き続ける継続雇用。実際、2015年6月までの1年間に定年を迎えた人の約83%が、継続雇用で仕事を続けている。

 ただし、60歳以降で仕事を続けると、年齢や給料の額によって、給付金がもらえたりもらえなかったり、逆にもらえるはずの年金を削減されたりなど、様々な制度の落とし穴がある。

 そこで、下の図を見てみてほしい。これは、1957年4月20日生まれの営業マンA男さんとB男さんの継続雇用後5年間の年収を示したものだ。

 2人とも定年前の月給は50万円。しかし、定年後、A男は営業補助で残業もない月給26万円の働き方を、B男はノルマがあり、場合によっては残業も辞さない月給35万円の働き方を選んだ。

 月給に約10万円の差がある2人だが、実は60歳から62歳の手取りは、A男が約24万9000円に対し、B男は約27万3400円と、さほど差がない。年金がもらえる63歳以降は、A男が29万6200円なのに対し、B男は29万1400円と、手取り額が逆転してしまう。

 これは、A男のほうが60歳から65歳に適用される社会保険制度を上手に利用した結果だ。給料以外にもらえる給付金などのお金は、A男のほうが5年間で約350万円近く多いのだ。

 A男が社会保険からもらうお金には、大きく3つの制度がある。以下のとおりだ。

(1)高年齢雇用継続給付金
(2)在職老齢年金
(3)失業給付

 「高年齢雇用継続給付金」は、定年前に比べ給料が下がった場合に、雇用保険から補填の目的で給付されるお金。「在職老齢年金」は、65歳に年金がフル受給される前にもらえるお金。「失業給付」は、雇用継続を終了した際に申請する給付金だ。

 どれも60~64歳の時期にしか適用されない条件があり、定年前にこれらの制度を熟知しているかどうかで、60歳代前半の働き方が変わってきてしまうのだ。ダイヤモンド・ザイでは、3つの制度の基礎知識や、受け取る際の注意点、活用したい裏ワザなどを紹介しているが、ここではそのなかの一つ、「高年齢雇用継続給付金」に関する内容を抜粋したい。

給料の大幅ダウンはかえってお得なことも! 
給料を61%未満にして「高年齢雇用継続給付金」をフルで受給!

 2013年4月に「高年齢雇用安定法」が改正施行され、希望者全員が65歳まで継続雇用を受けられることとなった。ただし、継続雇用の場合、定年前に比べて給料が大幅にダウンするのが通常。月給が半額になることもよく聞く話だ。

 こうした給料のダウンを補填するため、雇用保険には60歳から64歳を対象にした「高年齢雇用継続給付」という制度がある。これは、「現役時代の月給に比べて75%未満」にダウンした場合に、再雇用後の月給の最大15%がもらえるという仕組みだ。

 再びA男とB男の例を見ると、A男は月3万9000円を受給できるのに、B男は1銭も受給できない。B男の場合、50万円が35万円に下がり、単純に計算すると月給は70%にダウンしているので「現役時代の月給に比べて75%未満」という「高年齢雇用継続給付金」の受給条件を満たしているように見える。

 しかし、ここに落とし穴がある。計算上、現役時代の月給の上限が44万5800円というルールがあり、B男のダウン率は78%と計算されてしまう。つまり、「75%未満にダウン」という条件をクリアしておらず、受給0円となってしまうのだ。

 さらにチェックすべきなのは、75%未満にダウンする場合でも、一律で新月給の15%がもらえるわけではないという点。新月給が以前と比較して61%未満に減った場合は、その15%相当額が毎月支給される。しかし、61%を超えると徐々に支給率の割合が小さくなり、75%以上で支給されなくなる。

 A男は44万5800円という上限額と比べても、58%にダウンしており、十分条件を満たしている。26万円の月給の15%にあたる3万9000円をフル受給できるのだ。

縦横のクロスの数字が「高年齢雇用継続給付金」の支給額。赤枠は定年前の月給から換算して最も多い給付。そこから横にたどると、定年後のオトクな月給がわかる。
拡大画像表示

 また、「高年齢雇用継続給付金」は非課税な点も見逃せない。そのため、A男は月給26万円の手取り額約21万円に、給付金の3万9000円がまるまる上乗せされ、約25万円を受け取れる。定年前は月給50万円から課税され、手取りは約36万5000円だったが、定年後は月給がその約半分になっても、手取りは約10万円しか下がらないのだ。

 以上をまとめると、「高年齢雇用継続給付金」をもらえる人・もらえない人は以下のとおり。

<こんな人がもらえる>
□ 退職時に5年以上雇用保険に加入している人
□ 雇用継続後も雇用保険に加入し続けている人
□ 月給が退職時から75%未満になっている人(上限44万5800円の75%未満の人)

<こんな人がもらえない>
□ 役員だった人(雇用保険に加入していないから)
□ 雇用継続後の勤務が週2~3日などで、1週間20時間未満の人(雇用保険非加入になる)
□ 雇用継続後の月給が33万9560円以上の人

 継続雇用後の月給が、退職時の月給から75%未満になっていない人に加え、そもそも雇用保険に加入していない人、雇用継続後に雇用保険非加入になる人などは「高年齢雇用継続給付金」をもらえないので、注意しよう。

(※関連記事はこちら!)
⇒「確定拠出年金」で利益を出している運用術を公開!個人型と企業型、それぞれの確定拠出年金の運用で成功している人の積み立て銘柄や資産構成比は?