IPO株の銘柄分析&予想
2017年8月25日 ザイ・オンライン編集部

「西本Wismettacホールディングス」のIPO情報総まとめ!
スケジュールから幹事証券、注目度、銘柄分析、
他の食品の輸入卸売企業との比較や予想まで解説!

[2017年9月30日 情報更新]

会社名 西本Wismettac(にしもと うぃずめたっく)ホールディングス
市場・コード/業種 東証一部・9260/卸売業
上場日 9月29日
申込期間(BB期間) 9月12日~9月19日
おすすめ証券会社 SMBC日興証券SBI証券カブドットコム証券ライブスター証券
フィスコ分析による
市場の注目度
★★★最高★5つ
初値(初値騰落率) 4465円(-6.00%)
最新チャート 【クリックで最新チャートへ】

その他のIPO銘柄の情報はこちら!

【目次】(クリックで該当する情報へ移動します)
▼いつ申し込んで、いつ購入する?(ブックビルディング期間、上場日など)
▼どこの証券会社で申し込める?(幹事証券会社)
▼いくらで買える?(仮条件・公募価格・予想PER・初値・初値騰落率など)
▼発行株数・単元数・公開規模は?

▼どんな会社?
▼業績データ/業績コメント
▼企業の詳細情報/銘柄紹介
▼投資のポイント

 

西本WismettacホールディングスのIPOは、いつ申し込んで、いつ購入する?(ブックビルディング期間、上場日など)

■スケジュール
仮条件提示 9月11日
ブックビルディング(抽選申込)期間 9月12日~9月19日
公開価格決定 9月20日
購入申込期間 9月21日~9月26日
払込日 9月28日
上場日 9月29日

西本WismettacホールディングスのIPOは、どこの証券会社で申し込める?
(主幹事証券会社・幹事証券会社・委託販売証券会社など)

■取り扱い証券会社(2017年9月22日時点。割当は変更になる場合があります)
証券会社名
(※青文字はクリックで詳細ページへ)
引受シェア 口座開設
SMBC日興証券
[最短3日で取引可能]
3.5
公式サイトはこちら!
SBI証券
[最短翌日に取引可能]
0.9%
公式サイトはこちら!
カブドットコム証券
公式サイトはこちら!
ライブスター証券
[最短3日後に取引可能]
公式サイトはこちら!
野村證券(主幹事証券) 72.9  
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 4.3  
みずほ証券 1.7  
極東証券 0.9  
エース証券 0.9%  
※海外販売分 14.9%  

西本WismettacホールディングスのIPOは、いくらで買える? 割安/割高?(仮条件・公募価格・予想PER・初値・初値騰落率など)

■価格情報
想定発行価格(※1) 5250
仮条件
[予想PER(※2)
4500~5250円
19.3倍~22.5倍]
公募価格 4750円
初値 4465円
初値騰落率 -6.00%
予想トレーディングレンジ(※3) 4500円~6000円
最新チャート 【クリックで最新チャートへ】
※1 有価証券届出書提出時。※2 予想EPS=今期(IPO時)予想純利益÷上場時発行済株式数、から計算したもの。※3 期間は上場後1年を想定。
■類似会社3社の予想PER(2017年9月7日終値の株価と会社側予想から計算)
会社名 ※クリックで最新チャートへ 予想PER
【3社平均】 20.1倍
三菱食品<7451> 14.6倍(連)
トーホー<8142> 26.1倍(連)
加藤産業<9869> 19.5倍(連)

 予想EPSから割り出した仮条件の予想PERと、類似会社3社の平均PERと比較すると、本銘柄の公開価格は類似会社と比べて妥当と判断できる。

西本Wismettacホールディングスの発行株数・単元数・公開規模は?

■株数などに関する情報
発行済株式数(上場時) 1434万3240株(予定)
公開株式数 公募185万株  売出185万株
(オーバーアロットメントによる売出55万5000株)
想定公開規模(※1) 223.4億円(OA含む)
※1 有価証券届出書提出時における想定発行価格で計算。

西本Wismettacホールディングスは食品輸入商社による上場案件

「西本Wismettacホールディングス」の公式サイトより

 海外における日本食、アジア食品・食材の輸入及び卸売、日本における青果物全般等の輸入卸売販売を手掛けている。同社PB(プライベートブランド)である「Shirakiku」は、北米などで有数の日本食ブランドとして幅広く認知されている。

 食品の輸入商社という事業内容に目新しさはないことから、国内外の機関投資家や個人投資家から、成長期待を集めることは難しいだろう。安定成長のバリュー株としての評価にとどまることが想定される。

 公開規模が200億円超の大型案件となることに加え、9/29は3社同時上場となるため、初値買い資金の分散が想定される。ただし、クールジャパン推進という政策に沿っている事業内容であることに加え、短期的な売り圧力となりうる株主が見当たらないことなどは好評価につながりそうだ。

◆「西本Wismettacホールディングス」
 IPOに申し込めるおすすめ証券会社
SMBC日興証券[最短3日で取引可能]
公式サイトはこちら!
SBI証券[最短翌日に取引可能]
公式サイトはこちら!
カブドットコム証券
公式サイトはこちら!
ライブスター証券[最短3日後に取引可能]
公式サイトはこちら!
 ⇒IPOで比較した証券会社ランキングはこちら!

西本Wismettacホールディングスの業績データ

■業績推移(単位:百万円・% )
決算期 売上高
(伸び率)
経常利益
(伸び率)
純利益
(伸び率)
2013/12 525
(―)
15
(―)
▲ 6
(―)
2014/12 528
(0.6%)
20
(33.3%)
▲ 122
(―)
2015/12 915
(73.3%)
45
(125.0%)
6
(―)
2016/12 1,582
(72.9%)
159
(253.3%)
89
(1383.3%)
2017/12予
(―)

(―)

(―)
■連結業績推移(単位:百万円・% )
決算期 売上高
(伸び率)
経常利益
(伸び率)
純利益
(伸び率)
2015/12 158,254
(―)
7,250
(―)
4,509
(―)
2016/12 158,338
(0.1%)
6,922
(-4.5%)
2,847
(-36.9%)
2017/12予 169,434
(7.0%)
6,306
(-8.9%)
3,349
(17.6%)
2017/6 2Q 89,646
(―)
3,053
(―)
1,448
(―)
予想EPS(※)
/配当
単独:-円 連結:233.49円/-円
予想EPSは「今期(IPO時)予想純利益÷上場時発行済株式数」で計算したもの

西本Wismettacホールディングスの業績コメント

 2017年12月期の業績は、売上高が前期比7.0%増の1694.3億円、経常利益が同8.9%減の63.0億円と増収減益の見通しとなっている。

 足元では、アジア食グローバル事業の第2四半期連結累計期間(2017年1月1日~2017年6月30日)における業績は、売上高(セグメント間の内部売上高を含む)649億5100万円、営業利益31億400万円となった。北米においては、現地通貨ベースでみた場合、売上高は順調に伸長したが、物流部門の強化等を目的とした増員を行った結果による販売費及び一般管理費の増加に伴い、増収減益となった。

 北米以外の地域については、既存拠点における事業拡大および収益力の強化に加え、Harro FoodsLimited、日本食品有限公司が同社グループの連結子会社となったことにより、売上高、営業利益とも大きく伸ばすことができた。

 農水産商社事業の同四半期連結累計期間における業績は、売上高(セグメント間の内部売上高を含む)271億7300万円、営業利益1億5900万円となった。売上高についてはほぼ前年並みとなったが、利益面では、前連結会計年度における第4四半期以降、シトラス、トロピカルの大幅な原価高騰により、原価を下回る販売を余儀なくされる局面があり減少した。

 なお、通期計画に対する第2四半期末時点における進捗率は、売上高896.4億円で52.9%、経常利益30.5億円で48.4%となっている。

西本Wismettacホールディングスの詳細情報

■基本情報
所在地 兵庫県神戸市中央区磯辺通四丁目1番38号
代表者名(生年月日) 代表取締役社長 金井 孝行(昭和34年4月16日生)
設立 昭和22年9月30日
資本金 1億円(平成29年8月25日現在)
従業員数 新規上場会社68人 連結会社1611人(平成29年7月31日現在)
事業内容 海外における日本食、アジア食品・食材の輸入及び卸売、日本における青果物全般等の輸入卸売販売
■売上高構成比率(2016/12期 実績)
品目 金額 比率
アジア食グローバル事業 106,138 百万円 67.0%
農水産商社事業 48,311 百万円 30.5%
その他事業 3,888 百万円 2.5%
合計 158,338 百万円 100.0%
■大株主上位10位
順位 株主名 保有株数 保有シェア
1 多津巳産業株式会社 808万5740株 61.19%
2 洲崎 良朗 291万株 22.02%
3 公益財団法人洲崎福祉財団 130万株 9.84%
4 金井 孝行 14万株 1.06%
5 清水 正之 4万2500株 0.32
6 堀川 大輔 1万5000株 0.11%
合計   1249万3240株 94.55%
■その他情報
手取金の使途 設備資金、運転資金、借入金の返済資金として充当する予定
関係会社 西本貿易株式会社 (連結子会社) アジア食グローバル事業・その他事業
Wismettacフーズ株式会社 (連結子会社) 農水産商社事業
Wismettac Asian Foods, Inc. (連結子会社) アジア食グローバル事業
他、連結子会社8社
VC売却可能分(推定) 株(売出し・保有期間などの制限があるもの以外)
直近有償第三者割当 年月日 -年-月-日
割当先
発行価格
◆「西本Wismettacホールディングス」
 IPOに申し込めるおすすめ証券会社
SMBC日興証券[最短3日で取引可能]
公式サイトはこちら!
SBI証券[最短翌日に取引可能]
公式サイトはこちら!
カブドットコム証券
公式サイトはこちら!
ライブスター証券[最短3日後に取引可能]
公式サイトはこちら!
 ⇒IPOで比較した証券会社ランキングはこちら!

西本Wismettacホールディングスの銘柄紹介

 同社グループは、同社、連結子会社11社及び持分法適用関連会社2社で構成されており、主に米国において、日本食、アジア食品・食材の輸入並びに食材の開発や外食産業、グローサリー(食品スーパー)への卸売りを行っている「アジア食グローバル事業」及び青果物全般(フルーツ、野菜、その他加工品)の輸入卸販売、食品メーカー並びに、主に外食産業向けの食材の供給を行っている「農水産商社事業」を主たる事業としている。

(1) アジア食グローバル事業

 アジア食グローバル事業は、日本食を中心としたアジア食品・食材などを米国内、日本、中国、東南アジアなどから輸入、また米穀などを米国内で調達し、米国及びカナダを中心に欧州、豪州及びアジア等の日本食を中心としたレストラン、グローサリーに販売している。

 中でも、大正時代に商標登録をしたPB「Shirakiku」は、今日においても有数の日本食ブランドとして認知されており、北米で広く親しまれている。同社グループ初の北米拠点であるシアトル支店を開設以来、現在では、北米地域での営業拠点は23箇所と、米国における日本食卸売大手の一社として2016年12月期現在では約8,400アイテムを販売している。

 また、当事業に携わっている従業員は世界各国で1,344人となっており(2017年7月31日現在)、商品の開発・企画、仕入から、輸入通関、在庫管理、分荷・配送、販売に至るまで、バリューチェーンに係るオペレーションを、同社グループが世界各国において一貫して手掛けている。

 顧客に対してスピーディーできめ細やかなサービスを提供するために、自社物流機能を有しており、北米全支店においては150台超のトラックを有し、自社管理倉庫にて三温度帯(冷凍、冷蔵、常温)での温度管理を行っており、常にベストな状態の商品を届けられる体制となっている。販売面においては、営業スタッフが顧客(レストラン、グローサリー等)を訪問し、直接対話による営業活動を行っている。

(2) 農水産商社事業

 農水産商社事業においては、生鮮青果、冷凍加工青果、水産物等を国内の卸売市場、量販店、外食・中食産業、食品メーカー等に対して輸入卸販売している。この他、青果物の輸出・三国間貿易等を行っている。

 特に生鮮青果においては、サンキスト・グロワーズ社の日本輸入総代理店となっている。輸入柑橘類(レモン、オレンジ等)をはじめとして、トロピカルフルーツ、野菜など青果全般に亘って、販売を行っている。

 冷凍加工商材カテゴリーでは、世界の農産原料の産地開発から輸入までを一貫して手掛けており、厳しい品質基準が求められる国内食品メーカー向けの原料から、全国に店舗展開する外食、中食、小売産業に対しての商品開発まで、様々な業態に多様な商品を提供し、安定した原料・食材の供給を行えるノウハウを持っている。

 水産品等についてはアジア食グローバル事業の経営資源を活用し、国内での販売に取り組んでいる。また、国産青果物の輸出や、これまでの販路の中心であった国内の卸売市場、食品メーカーや外食産業だけでなく、中国、香港、東南アジアなどで販路の拡大に取り組んでいる。

(3) その他事業

 前述の事業以外には、アメニティーフード部門において海外食品や雑貨の輸入及びキャラクター商品の開発、製造、輸入販売を行っている。具体的には、日本にはないユニークな海外のブランド食品を日本市場に紹介するとともに、バレンタインやハロウィン、クリスマスなどの季節ごとに展開されるシーズンイベント商品を自ら企画、開発、販売している。これ以外にも、ギフト商品の販売、サプリメント販売、小売店舗の運営等も行っている。

西本Wismettacホールディングスの投資のポイント

 食品の輸入商社という事業内容に目新しさはないことから、国内外の機関投資家や個人投資家から、成長期待を集めることは難しいだろう。安定成長のバリュー株としての評価にとどまることが想定される。今年は東証1部上場案件がこれまで4社あり、マクロミル<3978>が公開価格比-4.3%、オークネット<3964>が+18.2%、スシローグローバルHD<3563>が-4.7%、LIXILビバ<3564>が-5.0%と、オークネットを除き公開価格を下回る初値形成となった。また9/29は、マネーフォワード<3994>が同日上場するため、初値買い資金の分散が想定される。

 海外における日本食、アジア食品・食材の輸入及び卸売、日本における青果物全般等の輸入卸売販売を手掛けている。売上高の67.0%を占めるアジア食グローバル事業は、日本食を中心としたアジア食品・食材などを米国内、日本、中国、東南アジアなどから輸入、また米穀などを米国内で調達し、米国及びカナダを中心に欧州、豪州及びアジア等の日本食を中心としたレストラン、グローサリーに販売する。

 海外では日本食ブームが見られ、日本食がグローバル市場で評価されてきている状況が追い風となっており、同社PB(プライベートブランド)である「Shirakiku」は、海外において有数の日本食ブランドとして幅広く認知されており、特に北米などで親しまれている。北米の営業拠点は23ヶ所で約8,400アイテムを販売している。

 業績面について、2017年12月期の業績は、売上高が前期比7.0%増の1694.3億円、経常利益が同8.9%減の63.0億円と増収減益の見通しとなっている。主力のアジア食グローバル事業において、北米の販売が堅調に推移している。利益面では、前連結会計年度における第4四半期以降、シトラスやトロピカル等の大幅な原価高騰による影響を受けた。

 なお、第2四半期末時点における進捗率は、売上高896.4億円で52.9%、経常利益30.5億円で48.4%となっている。想定仮条件水準の今期予想PERは21~22倍程度となり、類似企業にあたる尾家産業<7481>トーホー<8142>などとほぼ同水準のバリエーションとなっている。

 公開規模が200億円超の大型案件となることに加え、9/29はテックポイント・インク<6697>及びマネーフォワード<3994>が同時上場するため、初値買い資金の分散も想定しておく必要がある。これを受け、強い初値形成は見込みづらい。ただし、クールジャパン推進という政策に沿っている事業内容であることに加え、短期的な売り圧力となりうる株主が見当たらないことは好評価につながりそうだ。

◆「西本Wismettacホールディングス」
 IPOに申し込めるおすすめ証券会社
SMBC日興証券[最短3日で取引可能]
公式サイトはこちら!
SBI証券[最短翌日に取引可能]
公式サイトはこちら!
カブドットコム証券
公式サイトはこちら!
ライブスター証券[最短3日後に取引可能]
公式サイトはこちら!
 ⇒IPOで比較した証券会社ランキングはこちら!

[データ提供・銘柄分析]フィスコ