クレジットカード活用術
2017年9月15日 菊地祟仁

年会費5万円超のプラチナカードのモトは取れるのか?
「三井住友プラチナカード」や「ザ・クラス」なら
毎年もらえる「カタログギフト」などで回収が可能!

 これまで、年会費2万円のプラチナカード、3万~4万円のプラチナカードと、年会費が異なるプラチナカードを比較して紹介してきましたが、今回は5万円のプラチナカードについて紹介したいと思います。
【※年会費2万円のプラチナカードの記事はこちら!】
年会費2万円で持てる、お得なプラチナカードは? プラチナカードの年会費と付帯サービスを比較して、コスパ最強の「おすすめプラチナカード」を紹介!
【※年会費3万~4万円のプラチナカードの記事はこちら!】
年会費3万円超のプラチナカードは、国際ブランドに「JCB」を選ぶのがお得! コンシェルジュデスクのレベルの高さや「USJ」特典などサービスが充実!

年会費5万円超のプラチナカードでは、
国際ブランドの選択肢が少なくなるので注意!

 年会費5万円(税抜)のプラチナカードとしては「JCBザ・クラス」や「三井住友カード プラチナ(旧・三井住友プラチナカード)」が有名でしょう。

JCB ザ・クラス
還元率 0.5~2.5%
「JCB ザ・クラス」のカードフェイス
発行元 JCB
国際ブランド JCB
年会費 5万円
家族カード あり(年会費無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
関連記事 ◆【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2020年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全8部門の“2020年の最優秀カード”を詳しく解説!((プラチナカード部門)
◆クレジットカードは還元率だけで選ぶな!(前編)プラチナやブラックなどのハイクラスカードを目指す近道は「育成型クレジットカード」の活用にあり!
「JCB ザ・クラス」の公式サイトはこちら

 ほかにも、「りそなVISAプラチナカード」、昨年から発行が開始された「ラグジュアリーカード(チタン)」、今年新しく発行された「GINZA SIXカード プレステージ」も同じく年会費が5万円(税抜)のプラチナカードとなります。

ラグジュアリーカード(チタン)
還元率 1.0%
「ラグジュアリカード(チタン)」のカードフェイス
発行元 アプラス
国際ブランド Master
年会費(税抜) 5万円
家族カード(税抜) 1万5000円
ポイント付与対象の
電子マネー
モバイルSuica
関連記事 ◆「鮨さいとう」などの人気店の予約が取れる裏ワザ!「ラグジュアリーカード」なら、予約困難なお店の予約が取れる上に、リムジンでの無料送迎も使える!
◆新生銀行の最上級会員「新生プラチナ」になるには、「ラグジュアリーカード」に入会するのが近道! 専用ラウンジの「プラチナセンター」も利用可能!
「ラグジュアリカード(チタン)」の公式サイトはこちら

 年会費が3万~4万円台のプラチナカードの場合、国際ブランドを選べるメリットがあるということを書きましたが、年会費が5万円になると逆に国際ブランドを選べるプラチナカードは少なくなります。先ほど挙げたプラチナカードの中で、国際ブランドを選べるのは「三井住友カード プラチナ(旧・三井住友プラチナカード)」だけで、「Visa」か「Mastercard」のどちらかを選択可能です。

 それ以外は、「JCBザ・クラス」は当然「JCB」、「りそなVISAプラチナカード」は名前からわかるとおり「Visa」のみ、「GINZA SIXカード プレステージ」と「ラグジュアリーカード(チタン)」は「Mastercard」のみとなり、国際ブランドを選ぶことはできません。

年会費5万円超のプラチナカードの中には、
毎年2万円程度のカタログギフトがもらえるカードも!

 これらの年会費5万円超のプラチナカードの特徴として、毎年の更新時に「ギフト」がもらえる特典がついていることがあります。「JCBザ・クラス」や「三井住友カード プラチナ(旧・三井住友プラチナカード)」、「りそなVISAプラチナカード」では、「メンバーズセレクション」として、毎年届くカタログの中から欲しい商品を選択してもらえるのです。「JCBザ・クラス」は約2万円、「三井住友カード プラチナ(旧・三井住友プラチナカード)」と「りそなVISAプラチナカード」の「メンバーズセレクション」は7000~2万円程度のようで、商品によって定価は異なりますが、7000円程度と考えたほうがいいでしょう。

 つまり、この「ギフト」を考慮すると、「JCBザ・クラス」の年会費は実質3万円程度、「三井住友カード プラチナ(旧・三井住友プラチナカード)」や「りそなVISAプラチナカード」の年会費は実質4万円ちょっと、だと考えられるのです。

 また、これらのカードでは、プラチナカードの基本的な付帯サービスである「コンシェルジュデスク」「プライオリティ・パス」「空港手荷物無料宅配サービス」「レストラン優待」「ホテル・旅館優待」などが利用できます

 「JCBザ・クラス」「三井住友カード プラチナ(旧・三井住友プラチナカード)」「りそなVISAプラチナカード」「ラグジュアリーカード(チタン)」「GINZA SIXカード プレステージ」の5枚の中で、インビテーションが必要ないものは「三井住友カード プラチナ(旧・三井住友プラチナカード)」、「ラグジュアリーカード(チタン)」、「GINZA SIXカード プレステージ」の3枚です。これらのインビテーション不要のプラチナカードの特徴を、それぞれ細かく紹介していきたいと思います。

「三井住友プラチナカード」は5000円を追加するだけで
「Visa」と「Master」の2枚持ちができて両方の特典も使える!

 「三井住友カード プラチナ(旧・三井住友プラチナカード)」は年会費5万円(税抜)で、「Visa」と「Mastercard」のどちらかの国際ブランドを選べるプラチナカードです。しかし、「三井住友カード プラチナ(旧・三井住友プラチナカード)」には、5000円(税抜)を追加で支払うだけで、別ブランドのカードも保有することができるというメリットがあります。つまり、年会費5万5000円(税抜)で「Visa」ブランドの「三井住友カード プラチナ(旧・三井住友プラチナカード)」と、「Mastercard」ブランドの「三井住友カード プラチナ(旧・三井住友プラチナカード)」の両方が保有できるのです。

 「三井住友カード」では、ゴールドカードなどでも「Visa」と「Mastercard」の2枚持ちが可能で、例えば、プライベート用と仕事用でクレジットカードを分けたい場合などに非常に便利に利用できます。

 特に、「三井住友カード プラチナ(旧・三井住友プラチナカード)」の場合は、国際ブランドが用意したプラチナカード特典の利用が可能ですが、「Visa」か「Mastercard」のどちらを選ぶのか、という選択が難しくなります。例えば、「Mastercard」ブランドの「三井住友カード プラチナ(旧・三井住友プラチナカード)」の場合は、国際線手荷物無料宅配サービスを利用できますが、「Visa」ブランドの「三井住友カード プラチナ(旧・三井住友プラチナカード)の場合は無料ではなく、優待価格での宅配サービスしか利用できません。

 また、「Mastercard」ブランドでは、対象のレストランでコース料理を2名以上で予約すると1名分が無料となる「レストラン特典」がありますが、「Visa」ブランドではコース料理がアップグレードされるサービスがあるなど、国際ブランドごとに利用できる付帯サービスが異なります。

 どちらか選べないという場合、またはどちらの特典も利用したいという場合に、年会費に5000円を追加するだけで「Visa」と「Mastercard」の2枚持ちができるのは非常に便利でしょう。これを利用すれば、年会費3万~5万円を払って「Mastercard」ブランドの別のプラチナカードを保有する必要はなくなるわけです。

 「三井住友カード プラチナ(旧・三井住友プラチナカード)」のポイントプログラムは「ワールドプレゼント」となり、月間利用額1000円につき1ポイント(=5円相当)が付与されるため、還元率は0.5%です。ただし、年間利用額に応じたボーナスポイントを獲得でき、年間50万~100万円なら「V1ステージ」、100万~300万円なら「V2ステージ」、300万円以上は「V3ステージ」となり、最大の還元率は0.8%まで上がります。

■「三井住友カード プラチナ(旧・三井住友プラチナカード)」の還元率は
年間利用額によって3段階で変わる!
年間利用額 ステージ ボーナスポイント 合計還元率
 50万円未満 0.5%
 50万円以上~
 100万円未満
V1ステージ  50万円で100ポイント
 以降10万円ごとに20ポイント
0.6%
 100万円以上~
 300万円未満
V2ステージ  50万円で150ポイント
 以降10万円ごとに30ポイント
0.65%
 300万円以上 V3ステージ  50万円で300ポイント
 以降10万円ごとに60ポイント
0.8%

 また、「三井住友カード プラチナ(旧・三井住友プラチナカード)」では6カ月間の利用額が50万円以上となると、支払額の0.5%相当の「VJAギフトカード」が年2回プレゼントされるため、年間300万円を使った場合は3万9000円分のポイント+ギフト券を受け取れるので、還元率は1.3%にも上昇します。毎年もらえる7000~2万円程度の「ギフト(メンバーズセレクション)」も考慮すると、年会費5万円(税抜)でも、もしくは2枚持ちの場合の5万5000円(税抜)した場合の年会費5万5000円でも、それほどの金額とは感じなくなるでしょう。

 ただし、「三井住友カード プラチナ(旧・三井住友プラチナカード)」のデメリットとしては、「コンシェルジュデスク」の質でしょうか。個人的には他社の「コンシェルジュデスク」よりも使い勝手が悪く感じています。

「ラグジュアリーカード(チタン)」は日本で唯一の
「Mastercard」の最上位「World Elite」が適用される!

 昨年から発行が開始された「ラグジュアリーカード」には、年会費5万円(税抜)の「チタン」、10万円(税抜)の「ブラック」、20万円(税抜)の「ゴールド」と3枚のクレジットカードがラインナップされています。
【※「ラグジュアリーカード」の関連記事はこちら!】
「鮨さいとう」などの人気店の予約が取れる裏ワザ!「ラグジュアリーカード」なら、予約困難なお店の予約が取れる上に、リムジンでの無料送迎も使える!

新生銀行の最上級会員「新生プラチナ」になるには、「ラグジュアリーカード」に入会するのが近道! 専用ラウンジの「プラチナセンター」も利用可能!

 日本人の感覚であれば、「ゴールド」よりも「チタン」または「ブラック」のほうが上位となりますが、「ラグジュアリーカード」の場合は、「ゴールド」が最上級となっています。

 「ラグジュアリーカード」は、「チタン」「ブラック」「ゴールド」で年会費が異なりますが、いずれも「Mastercard」ブランドの最上位「Mastercard World Elite」が適用されます。現在(2017年9月時点)、日本で発行されているクレジットカードで「World Elite」のサービスが受けられるのは「ラグジュアリーカード」のみです。

 また、「チタン」「ブラック」「ゴールド」のすべての「ラグジュアリーカード」で「コンシェルジュサービス」の利用が可能です。「コンシェルジュサービス」は「Mastercardコンシェルジュ」ではなく、独自のコンシェルジュデスクとなり、チケット手配などでも問題なく利用できます。最上位の「ゴールド」でも「チタン」でも、すべて同じコンシェルジュデスクを利用することになるので、「チタン」のコストパフォーマンスはいいと言えるでしょう。

ラグジュアリーカード(チタン)
還元率 1.0%
「ラグジュアリカード(チタン)」のカードフェイス
発行元 アプラス
国際ブランド Master
年会費(税抜) 5万円
家族カード(税抜) 1万5000円
ポイント付与対象の
電子マネー
モバイルSuica
関連記事 ◆「鮨さいとう」などの人気店の予約が取れる裏ワザ!「ラグジュアリーカード」なら、予約困難なお店の予約が取れる上に、リムジンでの無料送迎も使える!
◆新生銀行の最上級会員「新生プラチナ」になるには、「ラグジュアリーカード」に入会するのが近道! 専用ラウンジの「プラチナセンター」も利用可能!
「ラグジュアリカード(チタン)」の公式サイトはこちら

 「ラグジュアリーカード(チタン)」のポイント還元率は1000円につき2ポイント(1ポイント=5円相当)のため1.0%です。なお、「ラグジュアリーカード」を利用して貯まったポイントはマイルやAmazonギフト券に交換できます。

 「ラグジュアリーカード」の最上位「ゴールド」はインビテーションが必要ですが、「チタン」「ブラック」はインビテーションがなくても申し込みが可能となっています。

銀座の商業施設「GINZA SIX」で年間100万円使うなら
「GINZA SIXカード プレステージ」の特典が便利でお得!

GINZA SIXカード プレステージ

 「GINZA SIXカード プレステージ」は、今年3月に銀座にオープンした「GINZA SIX」の提携クレジットカードです。「GINZA SIX」での利用分は還元率3%、一般のMastercard加盟店でも通常還元率が1%と、還元率が高めのクレジットカードと言えます。

 例えば、「GINZA SIX」で年間100万円、それ以外で年間200万円を利用した場合、3万円分+2万円分の合計5万円分のポイントを獲得できるため、年会費5万円(税抜)は回収可能です。

 また、「GINZA SIXカード プレステージ」の場合、「GINZA SIX」での利用額が年間100万円以上で「GINZA SIX」内にあるラウンジ「LOUNGE SIX」の利用が可能になります(「GINZA SIXカード プレステージ」以外の場合は年間300万円以上の利用が必要です)。また、駐車場サービスも3時間まで無料となるなど、「GINZA SIX」で年間100万円以上を利用するのであれば、「GINZA SIXカード プレステージ」を検討してもいいでしょう。

 「GINZA SIXカード プレステージ」は「Mastercard」ブランドなので、問題点はコンシェルジュサービスになります。「GINZA SIXカード プレステージ」では「Mastercardコンシェルジュデスク」を利用することになるので、コンシェルジュにカード番号を伝えて決済することができないため、新幹線のチケット手配などができません。

 ただし、「Mastercard」のプラチナカード特典である、「Taste of Premium」の利用が可能となり、国際線手荷物宅配無料サービスや、コース料理を2名以上で予約すると1名分無料となる「招待日和(レストラン特典)」などの付帯サービスを利用することは可能です。

 このように、年会費が5万円程度のプラチナカードであれば、毎年もらえる「ギフト」を考慮したり、特典をうまく活用したりすることによって、年会費のモトが取れたり、年会費以上にお得に利用できる可能性は十分にあります。ただし、年会費が5万円以上になると、使いこなしたとしても回収するのは難しく、ステータスのためや、年間利用額が数千万円以上という桁違いの金額を利用する人向けのカードとなります。プラチナカードを保有することを考えている方は、今回または以前に紹介したプラチナカードの中から、自分にあったプラチナカードを検討してみてはいかがでしょうか。

【※プラチナカードの関連記事はこちら!】
【プラチナカードおすすめ比較】プラチナカードを比較して選ぶ!お得な「おすすめプラチナカード」はコレだ!

【※年会費2万円のプラチナカードの記事はこちら!】
年会費2万円で持てる、お得なプラチナカードは? プラチナカードの年会費と付帯サービスを比較して、コスパ最強の「おすすめプラチナカード」を紹介!
【※年会費3万~4万円のプラチナカードの記事はこちら!】
年会費3万円超のプラチナカードは、国際ブランドに「JCB」を選ぶのがお得! コンシェルジュデスクのレベルの高さや「USJ」特典などサービスが充実!

ラグジュアリーカード(チタン)
還元率 1.0%
「ラグジュアリカード(チタン)」のカードフェイス
発行元 アプラス
国際ブランド Master
年会費(税抜) 5万円
家族カード(税抜) 1万5000円
ポイント付与対象の
電子マネー
モバイルSuica
関連記事 ◆「鮨さいとう」などの人気店の予約が取れる裏ワザ!「ラグジュアリーカード」なら、予約困難なお店の予約が取れる上に、リムジンでの無料送迎も使える!
◆新生銀行の最上級会員「新生プラチナ」になるには、「ラグジュアリーカード」に入会するのが近道! 専用ラウンジの「プラチナセンター」も利用可能!
「ラグジュアリカード(チタン)」の公式サイトはこちら
JCB ザ・クラス
還元率 0.5~2.5%
「JCB ザ・クラス」のカードフェイス
発行元 JCB
国際ブランド JCB
年会費 5万円
家族カード あり(年会費無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
関連記事 ◆【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2020年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全8部門の“2020年の最優秀カード”を詳しく解説!((プラチナカード部門)
◆クレジットカードは還元率だけで選ぶな!(前編)プラチナやブラックなどのハイクラスカードを目指す近道は「育成型クレジットカード」の活用にあり!
「JCB ザ・クラス」の公式サイトはこちら