ザイスポ!
【第8回】 2012年3月22日 ザイ・オンライン編集部

22年間負けなしのファンドマネジャー藤野さんがこっそり教えた株はこれだ !

マネー誌ZAiが無料セミナー開催!

レオス・キャピタルワークス取締役・最高責任投資者(CIO)の藤野英人さん(写真/和田佳久)

 3月15日、ダイヤモンド・ザイ主催のマネーセミナーの第一回が開催された。

 ザイ4月号でも誌面に登場した、直販投信「ひふみ投信」を手掛けるレオス・キャピタルワークスのCIO藤野英人さんが講師で、テーマは「日本を変えるスター企業の探し方」。

 当日は、20代から70代までの幅広い層の“株好き”が集まって、会場はやる気満々。質疑応答はもちろんのこと、セミナー後の懇親会でも活発な意見交換がなされ、投資意欲がかなり戻ってきているようだ。

指数は下落でも個別株は6割が上昇していた!?

 セミナーでまず語られたのは過去10年の日本株の動きだ。日経平均やTOPIXはパッとせず、01年9月から11年9月までの東証株価指数の騰落率はマイナス26%。

 しかし、上場銘柄数で見てみると、同時期でなんと6割の会社の株価が上昇していたという。そのほとんどが中小型株。足を引っぱっていたのは大型株だったのだ。

平日の夜にもかかわらず多くの個人投資家が会場に集まった。

 ということは、あてずっぽうに10社選んだとしても、6対4で勝てる可能性が高かったということ!? 中小型株に絞っていればさらに?? 

 このチャンスを逃したというのはイタイが(もちろん儲かっていた人もいるはずだが)、日本企業も捨てたもんじゃないと思ったら、うれしいではないか。