IPO株の銘柄分析&予想
2018年9月13日 ザイ・オンライン編集部

「ディ・アイ・システム」のIPO情報総まとめ!
スケジュールから幹事証券、注目度、銘柄分析、他のシステムインテグレーション・教育サービス企業との比較や予想まで解説!

[2018年10月23日 情報更新]

会社名 ディ・アイ・システム
市場・コード/業種 JASDAQスタンダード・4421/情報・通信業
上場日 10月19日
申込期間(BB期間) 10月3日~10月10日
おすすめ証券会社 SMBC日興証券SBI証券岡三オンライン証券
フィスコ分析による
市場の注目度
★★★最高★5つ
初値(初値騰落率) 3300円(+157.81%)
最新チャート 【クリックで最新チャートへ】

その他のIPO銘柄の情報はこちら!

【目次】(クリックで該当する情報へ移動します)
▼いつ申し込んで、いつ購入する?(ブックビルディング期間、上場日など)
▼どこの証券会社で申し込める?(幹事証券会社)
▼いくらで買える?(仮条件・公募価格・予想PER・初値・初値騰落率など)
▼発行株数・単元数・公開規模は?

▼どんな会社?
▼業績データ/業績コメント
▼企業の詳細情報/銘柄紹介
▼投資のポイント

 

ディ・アイ・システムのIPOは、いつ申し込んで、いつ購入する?
(ブックビルディング期間、上場日など)

■スケジュール
仮条件提示 10月2日
ブックビルディング(抽選申込)期間 10月3日~10月10日
公開価格決定 10月11日
購入申込期間 10月12日~10月17日
払込日 10月18日
上場日 10月19日

ディ・アイ・システムのIPOは、どこの証券会社で申し込める?
(主幹事証券会社・幹事証券会社・委託販売証券会社など)

■取り扱い証券会社(2018年10月4日時点。割当は変更になる場合があります)
証券会社名
(※青文字はクリックで詳細ページへ)
引受シェア 口座開設
SMBC日興証券(主幹事証券)
[最短3日で取引可能]
95.7
公式サイトはこちら!
SBI証券
[最短翌日に取引可能]
3.5
公式サイトはこちら!
岡三オンライン証券
[最短2日後に取引可能]
公式サイトはこちら!
岡三証券 0.9  

ディ・アイ・システムのIPOは、いくらで買える? 割安/割高?
(仮条件・公募価格・予想PER・初値・初値騰落率など)

■価格情報
想定発行価格(※1) 1220
仮条件
[予想PER(※2)
1220~1280円
13.4倍~14.0倍]
公募価格 1280円
初値 3300円
初値騰落率 +157.81%
予想トレーディングレンジ(※3) 2000円~4000円
最新チャート 【クリックで最新チャートへ】
※1 有価証券届出書提出時。※2 予想EPS=今期(IPO時)予想純利益÷上場時発行済株式数、から計算したもの。※3 期間は上場後1年を想定。
■類似会社3社の予想PER(2018年10月1日ザラバの株価と会社側予想から計算)
会社名 ※クリックで最新チャートへ 予想PER
【3社平均】 26.6倍
セグエ<3968> 28.5倍(連)
SYSHD<3988> 23.0倍(連)
SIG<4386> 28.3倍

 予想EPSから割り出した仮条件の予想PERと、類似会社3社の平均PERと比較すると、本銘柄の公開価格は類似会社より割安と判断できる。

ディ・アイ・システムの発行株数・単元数・公開規模は?

■株数などに関する情報
発行済株式数(上場時) 148万株(予定)
公開株式数 公募30万株  売出15万3000株
(オーバーアロットメントによる売出6万7900株)
想定公開規模(※1) 6.4億円(OA含む)
※1 有価証券届出書提出時における想定発行価格で計算。

ディ・アイ・システムはシステム開発会社のJQ上場案件

「ディ・アイ・システム」の公式サイトより

 システムインテグレーション事業及び教育サービス事業を展開する。売上高の9割超を占めるシステムインテグレーション事業では、IT通信業・金融業・流通業・医療・官公庁等の幅広い業種に対応した業務用アプリケーションの設計開発業務、インフラシステムの設計構築業務、業務用アプリケーション・インフラシステムの運用保守業務を中心に行っている。

 システム開発会社のIPOは目新しさこそないが、依然として根強い人気がある。これまでに承認された10月IPOはやや公開規模の大きい案件が多く、同社は軽量感が強く意識されやすい面もある。

 公開規模については6~7億円程度となる見込みで、ベンチャーキャピタル保有株もない。10/19はギフト<9279>が同時上場するものの、軽量感を重視する個人投資家の初値買いはディ・アイ・システムに向かいやすい。

◆「ディ・アイ・システム」IPOに申し込めるおすすめ証券会社
SMBC日興証券[最短3日で取引可能]
公式サイトはこちら!
SBI証券[最短翌日に取引可能]
公式サイトはこちら!
岡三オンライン証券[最短2日後に取引可能]
公式サイトはこちら!
 ⇒IPOで比較した証券会社ランキングはこちら!

ディ・アイ・システムの業績データ

■業績推移(単位:百万円・% )
決算期 売上高
(伸び率)
経常利益
(伸び率)
純利益
(伸び率)
2014/9 1,770
(―)
▲ 29
(―)
▲ 24
(―)
2015/9 2,092
(18.2%)
1
(―)
▲ 5
(―)
2016/9 2,506
(19.7%)
20
(1166.7%)
12
(―)
2017/9 2,887
(15.2%)
142
(591.3%)
91
(647.6%)
2018/9予
(―)

(―)

(―)
■連結業績推移(単位:百万円・% )
決算期 売上高
(伸び率)
経常利益
(伸び率)
純利益
(伸び率)
2016/9 2,543
(―)
24
(―)
17
(―)
2017/9 2,940
(15.6%)
145
(499.4%)
92
(435.3%)
2018/9予 3,350
(13.9%)
213
(46.4%)
136
(47.4%)
2019/9予 3,914
(16.8%)
221
(3.8%)
135
(-0.7%)
2018/6 3Q 2,527
(―)
197
(―)
130
(―)
予想EPS(※)
/配当
単独:-円 連結:91.22円/25.00円
予想EPSは「今期(IPO時)予想純利益÷上場時発行済株式数」で計算したもの

ディ・アイ・システムの業績コメント

 2019年9月期の業績は、売上高が前期比16.8%増の39.1億円、経常利益が同3.8%増の2.2億円と増収増益の見通しとなっている。

 同社グループが属する情報サービス産業においては、依然として顧客からの技術要望、費用対効果の判断は厳しさがある一方で、顧客のIT投資に対する意欲は高く、市場は全般的に堅調に推移した。このような環境のなか、同社グループは2018年9月期の事業計画に基づくグループ経営方針のもと、グループ全体の成長と企業価値の向上に向けた諸施策を推進し、既存顧客への継続的な受注確保・拡大を図るとともに、新規顧客の獲得に努めた結果、売上高、利益面ともに堅調に推移している。

 主力のシステムインテグレーション事業においては、技術的な要求や費用対効果の判断については継続して厳しさがあるものの、既存顧客の業務系システムに対する投資意欲は依然として堅調に推移した。

 このような状況のなか、自費出版大手ECサイトシステムの新規構築案件や既存顧客のシステム設計構築・運用保守業務を主としたIT投資案件を受注して事業展開をした。

ディ・アイ・システムの詳細情報

■基本情報
所在地 東京都中野区中野四丁目10番1号
代表者名(生年月日) 代表取締役社長 長田 光博(昭和27年9月28日生)
設立 平成9年11月5日
資本金 9705万円(平成30年9月13日現在)
従業員数 新規上場会社392人 連結会社407人(平成30年8月31日現在)
事業内容 システムインテグレーション事業及び教育サービス事業
■売上高構成比率(2017/9期 実績)
品目 金額 比率
システムインテグレーション事業 2,709 百万円 92.1%
教育サービス事業 231 百万円 7.9%
合計 2,940 百万円 100.0%
■大株主上位10位
順位 株主名 保有株数 保有シェア
1 株式会社NAM 50万株 42.37%
2 長田 光博 16万株 13.56%
3 吉原 孝行 8万株 6.78%
4 ディ・アイ・システム社員持株会 7万3000株 6.19%
5 石井 亜沙子 6万株 5.08
5 仲 麻衣子 6万株 5.08%
7 富田 健太郎 4万2600株 3.61%
7 関亦 在明 4万2600株 3.61%
9 長田 明子 4万2500株 3.60%
10 大塚 豊 2万6000株 2.20%
合計   108万6700株 92.09%
■その他情報
手取金の使途 (1)名古屋支店オフィス移転に関する資金、(2)システム投資資金、(3)本社オフィス移転に関する資金、(4)借入金の返済資金に充当する予定
関係会社 アスリーブレインズ株式会社 (連結子会社)
教育サービス事業、システムインテグレーション事業
VC売却可能分(推定) 株(売出し・保有期間などの制限があるもの以外)
直近有償第三者割当 年月日 2017年5月31日
割当先 松本 光博
発行価格 800円 ※株式分割を考慮済み
◆「ディ・アイ・システム」IPOに申し込めるおすすめ証券会社
SMBC日興証券[最短3日で取引可能]
公式サイトはこちら!
SBI証券[最短翌日に取引可能]
公式サイトはこちら!
岡三オンライン証券[最短2日後に取引可能]
公式サイトはこちら!
 ⇒IPOで比較した証券会社ランキングはこちら!

ディ・アイ・システムの銘柄紹介

 同社グループは、独立系の情報サービス企業として同社及び連結子会社1社により構成されており、システムインテグレーション事業及び教育サービス事業を営んでいる。

(1)システムインテグレーション事業

 システムインテグレーション事業では、エンドユーザ、エンドユーザの情報システム子会社、通信事業者、同社と同業となるシステムインテグレーション事業者に対して、IT通信業・金融業・流通業・医療・官公庁等の幅広い業種に対応した業務用アプリケーションの設計開発業務、インフラシステムの設計構築業務、業務用アプリケーション・インフラシステムの運用保守業務を中心に行っている。サービス提供形態としては、顧客要望を確認のうえ、派遣契約にて顧客の事務所内に人材を常駐させて作業を行う方法や、請負契約にて作業を一括して請負う方法等を採用している。

1.業務用アプリケーションの設計開発業務

 売上管理、顧客管理、購買管理、生産管理等の顧客業務を効率化するための業務用アプリケーションの設計開発業務を行っている。上記の設計開発業務においては、「顧客要望に対して最適なシステム提案を行う」という方針のもと、独立系の情報サービス企業としての強みを活かし、顧客の投資金額、ユーザ規模、希望納期等に応じて、スクラッチでのシステム設計開発業務、ソフトウェアパッケージ製品を利用したシステム設計開発業務を提案・対応をしている。

2.インフラシステムの設計構築業務

 IT基盤において、「想定されたユーザが確実にシステムを使用できること」に加え、「想定されたユーザ以外は、システムを使用できない」ことを達成するために必要となる情報を管理する各種サーバ、ネットワーク、ストレージ等で構築するインフラシステムの設計提案業務を行っている。

 業務用アプリケーションの設計開発業務と同様に、「顧客要望に対して最適なシステム提案を行う」という方針のもと、独立系の情報サービス企業としての強みを活かし、顧客の投資金額、ユーザ規模、希望納期等に応じて、各種メーカの機器選定を含めたシステム設計構築業務の提案・対応を行っている。

3.業務用アプリケーション・インフラシステムの運用保守業務

 業務用アプリケーション・インフラシステムともに運用段階において、顧客はシステム導入した効果を享受することになる。一方、業務用アプリケーション・インフラシステムの適切な運用のためには、システムの運用監視、データ投入・解析、保守開発、機器メンテナンス等の運用保守が必要となる。

(2)教育サービス事業

 教育サービス事業では、エンドユーザ(ITエンジニアに育成することを前提に人材採用をした企業)、エンドユーザの情報システム子会社、エンドユーザの教育サービス子会社、同社グループと同業となる教育ベンダに対して、コンピュータ言語、データベース、サーバ、ネットワーク等の教育業務を行っている。顧客の人事戦略に基づき、新入社員向け研修、中堅社員向け研修を行っている。新入社員向け研修においては、IT基礎研修の実施から成果発表会までを行っている。新入社員の採用数が数十名となる企業については、研修内容、研修期間を個社向けに調整した研修コースの提案・提供をしている。

 新入社員の採用数が5名前後となる企業については、複数社合同にて開催することができる汎用性のある研修コースの提案・提供をしている。中堅社員向け研修においては、受講人数が数十名となる企業、もしくは、特殊な技術の研修を希望する企業については研修コースの開発から研修実施までの提案・提供をしている。汎用性のある技術の研修を希望する企業については、複数社合同にて開催することができる研修コースの提案・提供を行っている。

ディ・アイ・システムの投資のポイント

 システム開発会社のIPOは目新しさこそないが、依然として根強い人気がある。8月にマザーズへ上場したシステムサポート<4396>は公開価格1750円に対し初値4000円(+128.6%)、7月にマザーズへ上場したロジザード<4391>は公開価格900円に対し初値2500円(+177.8%)、6月にジャスダックへ上場したSIG<4386>は公開価格2000円に対し初値4665円(+133.3%)を付けている。

 8~9月のIPOでは小型案件でも公開価格の2倍以下の初値を付けるケースが散見されたものの、足元では日経平均が急ピッチの上昇を見せるとともにIPO銘柄の初値買い人気も回復してきており、同社にとって追い風となるだろう。これまでに承認された10月IPOはやや公開規模の大きい案件が多く、同社は軽量感が強く意識されやすい面もある。

 同社グループは、独立系の情報サービス企業としてシステムインテグレ-ション事業及び教育サービス事業を営んでいる。2017年9月期実績で売上高の92.1%を占めるシステムインテグレーション事業では、エンドユーザ、エンドユーザの情報システム子会社、通信事業者、同社と同業となるSI事業者に対し、IT通信業・金融業・流通業・医療・官公庁等の幅広い業種に対応した業務用アプリケーションの設計開発業務、インフラシステムの設計構築業務、業務用アプリケーション・インフラシステムの運用保守業務を中心に行う。業務用アプリケーションの設計開発業務では、売上管理、顧客管理、購買管理、生産管理等の顧客業務を効率化するための業務用アプリケーションの設計開発業務を行っている。

 また同7.9%を占める教育サービス事業では、コンピュータ言語、データベース、サーバ、ネットワーク等の教育業務を行っている。売上高の8.1%がNTTコミュニケーションズ向け。

 業績面について、2019年9月期は売上高が前期比16.8%増の39.1億円、経常利益が同3.8%増の2.2億円と増収増益の見通しとなっている。引き続き顧客のIT投資が堅調に推移し、システムインテグレーション事業が同16.9%増収、教育サービス事業が同15.2%増収とともに伸長する見込み。ただ、売上原価となる人件費や外注加工費、それに販管費の増加が利益を圧迫するもよう。

 想定仮条件水準の予想PERは12~15倍程度となる。ジャスダック上場の類似企業では20~30倍台が多く、同社は割安感が意識されそうだ。1株当たり配当は25.0円を予定している。

 公開規模については6~7億円程度となる見込み。ベンチャーキャピタル保有株もなく、需給面は良好だろう。また、10/19はラーメン店を展開するギフト<9279>がマザーズへ同時上場するものの、公開規模の軽量感を重視する個人投資家の初値買いはディ・アイ・システムに向かいやすいと考えられる。

◆「ディ・アイ・システム」IPOに申し込めるおすすめ証券会社
SMBC日興証券[最短3日で取引可能]
公式サイトはこちら!
SBI証券[最短翌日に取引可能]
公式サイトはこちら!
岡三オンライン証券[最短2日後に取引可能]
公式サイトはこちら!
 ⇒IPOで比較した証券会社ランキングはこちら!

[データ提供・銘柄分析]フィスコ