株式投資で儲ける方法&注目銘柄を大公開!
2019年2月20日 ザイ編集部

「高配当株」投資で負けない“5つのポイント”を紹介!
利回り4%超の「高配当株」が200以上もある今こそ、
正しい「高配当株」投資を始めて儲けるチャンスだ!

「高配当株」投資で負けない“5つのポイント”を紹介! 日本株市場には配当利回り4%超の株が200銘柄以上もあり、いまこそ「高配当株」投資を始めるチャンス。しかし、「高配当なだけの株」に手を出して損をする前に、正しい「高配当株投資」の極意を学ぼう!

今、日本株には高配当株がゴロゴロ。そこでダイヤモンド・ザイ4月号の特集「高配当株+Jリートの儲け方」では、配当利回り4%以上の全221銘柄の投資判断を大公開している。さらに、高配当株の正しい儲け方について、好成績投信の運用担当者や高配当株で資産を築いた個人投資家に直撃! 日本の株式市場の「買いの高配当株+Jリート」73銘柄にとどまらず、米国の株式市場の高配当株や儲けワザも紹介するので要チェックだ

今回はその中から、「高配当株で負けないための5つのポイント」についての記事を抜粋して紹介しよう!

利回りだけで買うのはダメ!
シンプルなルールで儲けよう

 2月5日時点で、配当利回り4%以上の銘柄は221もある。株価の低迷や、日本の上場企業が株主還元に力を入れているなどの要因が合わさった結果だ。まさに高利回り株を買うチャンス。ただし、利回りが高いというだけで選ぶのは危険だ。配当がもらえても、株価が下がってしまっては元も子もない。痛い目に合わないために、5つのポイントを押さえよう。

【ポイント1】
高利回りには何らかの理由がある! 必ず業績や財務のチェックを!

 ダイヤモンド・ザイ4月号では、配当利回り4%以上の221銘柄の投資判断を紹介しているが、すべてが「買い」や「強気」というわけではない。高利回り銘柄の中には業績悪化により株価が下がっている銘柄もある。業績や財務のチェックを怠らないようにしよう。

【ポイント2】
売買のルールはシンプルに! 継続できる勝ち方を見つけよう

 投資術を勉強したらあれもこれも試したくなるが、「利回りを参考に売買する」「何パーセント下がったら損切り」など、勝ち組投資家はシンプルなルールを守っていることが多い。シンプルで継続できる、自分に合うルールを見つけよう。

【ポイント3】
相場急落時や権利確定後など、買いのタイミングにこだわる!

 配当株を買ったら、長期にわたって安心して高い配当をもらい続けたい。だからこそ、こだわりたいのが下値リスクがないこと。相場急落時や権利確定後の安値で買うこと。資金がある人は、一度に買わず、何度かに分けて買いたい。

【ポイント4】
買ったときの目的を忘れずに、欲張らずに堅く儲けること!

 高配当を目的に株を買ったのに、いつのまにか株価の上昇を狙ったり、値上がり益狙いで株を買ったのに、株価が下がっても配当目的で保有し続けたりするなど、当初の目的からブレると利益を取り損ねてしまう。欲張らないことが大事だ。

【ポイント5】
配当金の受取りが目的なら、株価に一喜一憂しないこと!

 安定した高配当を受取ることが目的ならば、安値で買った後は、日々の株価に一喜一憂しないこと。損切りの逆指値注文をあらかじめ入れておき、年4回の決算時の業績チェック以外はゆったり構えていよう。
【※関連記事はこちら!】
⇒「配当金」を再投資すれば、複利効果によって配当金&資産増加のスピードが加速する!「増配株投資」の優位性をさらに高める「配当金」の使い道を伝授!

「高配当株の儲け方」は、
ダイヤモンド・ザイ4月号をチェック!

ダイヤモンド・ザイ4月号

 今回は、2月21日発売のダイヤモンド・ザイ4月号の特集「高配当株の儲け方」の中から「高利回り株で負けないための5つのポイント」についての記事を抜粋して紹介した。特集では配当利回り4%以上の全221銘柄の投資判断を公開しているほか、「とにかく高い配当収入にこだわる」「配当を取りつつ値上がり益を狙う」「米国高配当株で配当&値上がり益をとる」「Jリートで4%以上の家賃収入を狙う」といった高配当株の4つの勝ちワザを紹介しているので、ぜひ活用してほしい。

 ダイヤモンド・ザイ4月号では、ほかにも「第3四半期決算でわかった本命株16」「じぶんで作る年金ガイド」「まだ持つ?もう売る? 値下がり株をメッタ斬り!」「フリマアプリでお小遣い稼ぎ!」「毎月分配型投信100本の本当の利回り」など、お得な情報が盛りだくさん。

 また、別冊付録として「消費増税から生活を守る、株主優待123銘柄」を用意! 掲載している「株主優待名人・桐谷広人さんの節税ワザ」は、消費増税ぶんが割り増しされる株主優待を探したい人から、増税に負けない高利回りの株主優待を探したい人まで必見の内容だ!