株式投資で儲ける方法&注目銘柄を大公開!
2019年2月21日 ザイ編集部

2019年3月期決算企業で「買い」なのは「内需で稼ぐ
成長株」や「来期の業績回復が見込める割安株」だ!
最新の第3四半期決算から、いま「買い」の株を分析!

2019年3月期決算企業の第3四半期決算を分析! いま狙うべき「本命株」は、独自の強みがある「内需株」&売られ過ぎた「割安株」だ!

2019年1月下旬から始まった3月期決算企業の第3四半期決算発表では、米中貿易戦争の業績への影響が表面化した一方、内需関連には堅調な銘柄も目立った。そこでダイヤモンド・ザイの特集「最新決算でわかった本命株16」では、「世界景気に関係なく内需で稼ぐ成長株」8銘柄と「売り叩かれて割安圏&底値チャンス株」8銘柄の「本命株」16銘柄を厳選して紹介。さらに、「トヨタ自動車(7203)」「ソニー(6758)」など、注目株15銘柄の2019年3月期の第3四半期決算についても併せて分析している。

今回はその中から、2019年3月期決算企業の第3四半期決算でわかった「今こそ『買い』な本命株」の特徴について、一部記事を抜粋して紹介しよう!

優等生の「日本電産」も失速!
中国リスクが表面化した

 2019年3月期決算企業の第3四半期の決算発表が本格化する直前の2019年1月17日、株式市場に衝撃が走った。市場予想を上回る決算を連発していた「日本電産(6594)」が、通期予想を修正し、減益となることを明らかにしたのだ。マネックス証券マーケットアナリストの益嶋裕さんは指摘する。

 「中国の景気鈍化が業績に影響を及ぼし始めています。『日本電産』の永守重信会長兼CEOも、『尋常ではない変化』で『46年経営を行ってきて、月単位で受注がこんなに落ち込んだのは初めて』だと危機感を募らせています」

 中国景気に急ブレーキがかかったのは、トランプ大統領が仕掛けた米中貿易戦争が主因。そのダメージが表面化してきたのだ。

 「機械系商社の『ミスミグループ本社(9962)』も通期業績予想を下方修正。地域別売上高は中国だけが前年同期比割れです。2018年10月に下方修正している『ファナック(6954)』の業績鈍化も、売上高が前年同期比で半分以下に落ち込んだ中国が最大の要因」(益嶋さん)

 ただ、「日本電産」は下方修正の翌日に大きく下げたものの、そこから反発して陽線を描き、次の日も上昇。中国景気の減速は市場が想定済みとの楽観論もあるが……。

 「一定程度は織り込まれていますが、まだ中国関連の経済指標には底打ちの兆しがうかがえません。もう一段の業績悪化や株安の可能性を念頭に置いたほうが無難です」(益嶋さん)

内需株は好調が目立つ!
割安株の復活にも期待

 ただし、2019年3月期の第3四半期決算を全体的に見渡すと、明るい材料も多い。

 「内需系は堅調な銘柄が目立ちます。特に『東映アニメーション(4816)』や『ヤマトホールディングス(9064)』、『オービック(4684)』などがその一例です」(益嶋さん)

 世界景気に左右されずに国内で稼ぐ企業なら、通期業績の上ブレも期待できるわけだ。また、益嶋さんは、買われる銘柄の変化も予想する。

 「ここ5年ほどは、成長株が主役の相場が続きました。ただ、リスクオフ(回避)ムードが強まってくると、割安株が見直されるはずです」(益嶋さん)

 財産ネットの藤本誠之さんもこう指摘する。

 「一部の中国関連銘柄を除けば、2018年末の日経平均株価2万円割れで、景気停滞のリスクは織り込み済み。足元の市場では、PER1ケタ台まで売られるケースが続出。また日経平均株価のEPS(1株利益)が低下した分、来期の発射台が下がり、2020年3月期は増益になる可能性が高い。とことん割安な銘柄の中から、反騰に転じる銘柄が出るはずです」(藤本さん)

「最新決算でわかった本命株16」は、
ダイヤモンド・ザイ4月号をチェック!

ダイヤモンド・ザイ4月号

 今回は、2月21日発売のダイヤモンド・ザイ4月号の特集「最新決算でわかった本命株16」の中から一部記事を抜粋して紹介した。特集では「トヨタ自動車(7203)」「ソニー(6758)」など注目株15銘柄の第3四半期決算を分析しているほか、「世界景気に関係なく内需で稼ぐ成長株」8銘柄と「売り叩かれて割安圏&底値チャンス株」8銘柄を紹介しているので、銘柄選びにぜひ活用してほしい。

 ダイヤモンド・ザイ4月号では、ほかにも「高配当株の儲け方+Jリート」「じぶんで作る年金ガイド」「まだ持つ?もう売る? 値下がり株をメッタ斬り!」「フリマアプリでお小遣い稼ぎ!」「毎月分配型投信100本の本当の利回り」など、お得な情報が盛りだくさん。

 また、別冊付録として「消費増税から生活を守る、株主優待123銘柄」を用意! 掲載している「株主優待名人・桐谷広人さんの節税ワザ」は、消費増税ぶんが割り増しされる株主優待を探したい人から、増税に負けない高利回りの株主優待を探したい人まで必見の内容だ!