「お宝銘柄」発掘術!
2019年6月12日 村瀬 智一

「ユーチューバー(YouTuber)」関連銘柄を紹介!
グーグルなどが“ゲームストリーミング”を発表して、
ゲーム実況をする「ユーチューバー」の需要が増加!

世界最大規模のゲーム見本市「E3」では、
グーグルなどIT大手が注力する「クラウドゲーム」に注目が集まる

 2019年6月11日から13日まで、米国のロサンゼルスで世界最大規模のゲーム見本市「E3:Electronic Entertainment Expo」が開催されています。このイベントでは、数多くのゲームメーカーがブースを出展し、新規タイトルを中心に紹介しています。

 今回の「E3 2019」において特に注目されるのが、Google(グーグル)やマイクロソフトなどのIT大手が注力するクラウドゲームです

 クラウドゲームとは、サーバー上にあるゲームシステムにインターネット回線を通じてアクセスして遊ぶゲームのこと。ユーザーは、サーバーで作り出された映像や音声をストリーミング配信で視聴しながら、ゲームを操作することになります。

 グーグルは、先週、ゲームストリーミングサービス「Stadia(ステイディア)」の詳細を発表しました。ステイディアは、ブラウザーのクロームを使って、スマートフォンやパソコン、テレビなどでゲームを楽しむことができるほか、Youtubeからもボタンをクリックするだけでゲームに切り替えることができます。

 ステイディアのローンチは11月で、まずは米国やカナダ、英国など14カ国でサービスが始まり、その後、利用地域を拡大していくとのことです。

 一方、マイクロソフトは、「E3」にあわせて行われたプレスカンファレンスにおいて、インターネットを通じて外部からXbox One本体を操作してゲームができる新システム「Console Streaming」と、グーグルの「ステイディア」に対抗するクラウド処理のゲームストリーミングサービス「Project xCloud」を発表しました。

 これらの新サービスを可能とするのが、「5G(第5世代移動通信システム)」です。「5G」は、現在主流の通信システムである「4G」の約10倍の伝送速度を実現すると言われており、この「5G」が普及すると「ステイディア」のようなストリーミングサービスを誰でもどこででも楽しめるようになります。また「5G」によって、さらに高解像度かつ大規模マルチプレイに対応したソーシャルゲームが現れることになるでしょう。

「E3」から連想を広げ、今回は
「ユーチューバー」という投資テーマに注目!

 「E3」では、任天堂(7974)ソニー(6758)などゲーム機メーカーのほか、スクウェア・エニックス(9684)カプコン(9697)アカツキ(3932)といったゲームソフトメーカーの動向が注目されます。また、前述の通り、今後のゲームは「5G」がカギとなるので、アンリツ(6754)や、足元で値動きをみせている日本通信(9424)など、「5G」関連銘柄への波及も期待されます。

 このように「E3」をというイベントを元にいくつもの投資テーマが考えられますが、今回は少し視点を変えて、「ユーチューバー(YouTuber)」に注目しました

 クラウドゲームは高額なゲーム機器がなくてもゲームをプレーできるため、人々のゲーム購入や楽しみ方を変え、ゲーム業界に新たなプレーヤーが参入させるきっかけとなることが期待できます。また、クラウドゲームは世界がターゲットになるため、大きな市場を狙ったゲームメーカーの開発がさらに加速することも考えられます。

 そうしたゲームメーカーの競争激化にともない、世界中の人にゲームを広めるための広告戦略が必要となってきます。そこで、より重要となってくるのが「ユーチューバー」です

 すでに世界大手のゲーム開発各社は、人気のゲーム実況者に何万ドルも支払い、最新作のプレー動画をインターネットで配信してもらっています。「フォートナイト」などの一部の人気ゲームが圧倒的な支配力を持つゲーム業界で、新たな顧客を開拓することが狙いです。

 「ストリーマー」と呼ばれるゲーム実況者へのギャラの金額は人気によって異なり、もっとも人気のゲーム実況者で1時間最大5万ドル(約550万円)になる場合もあるそうです。国内でも同様に、ゲームプレーをインターネットで配信するユーチューバーは増えているようです。

「ユーチューブ」で検索して出てきた企業を一社一社チェックし、
「ユーチューバー」関連ビジネスを行う17社ピックアップ!

 「ユーチューバー」の関連銘柄を探すにあたり、「ユーチューブ」で検索してで出てきた企業の事業内容を、一社一社チェックしていきました。その結果、筆者が見つけ出した「ユーチューバー」の関連銘柄は以下の通りです。

■「ユーチューバー」関連銘柄
銘柄名(コード) 事業内容 最新株価
UUUM(3990) YouTubeで活躍するユーチューバーが多数所属
最新の株価情報はこちら(SBI証券ページへ遷移します)
共同ピーアール(2436) バーチャルYouTuber(Vチューバ―)を活用したPR支援事業
最新の株価情報はこちら(SBI証券ページへ遷移します)
アドウェイズ(2489) 動画コンテンツ・マーケティング事業を展開するBUZZCASTと資本業務提携
最新の株価情報はこちら(SBI証券ページへ遷移します)
グリー(3632) GREE公式YouTubeのチャンネル「GREE Channel(グリー チャンネル)」運営
最新の株価情報はこちら(SBI証券ページへ遷移します)
コロプラ(3668) 公式YouTubeチャンネル「COLOPL CHANNEL」運営
最新の株価情報はこちら(SBI証券ページへ遷移します)
デジタルハーツホールディングス(3676) 日本最大級の総合ゲーム情報サイト「4Gamer.net」を運営
最新の株価情報はこちら(SBI証券ページへ遷移します)
CARTA HOLDINGS(3688) スマホアプリ向け動画リワード広告
最新の株価情報はこちら(SBI証券ページへ遷移します)
アミューズ(4301) 所属アーティストYoutubeチャンネル
最新の株価情報はこちら(SBI証券ページへ遷移します)
Jストリーム(4308) 業務自動化ロボット活用「YouTube動画登録代行サービス」
最新の株価情報はこちら(SBI証券ページへ遷移します)
クリーク・アンド・リバー社(4763) 企業とYouTuberのマッチングプラットフォームを提供
最新の株価情報はこちら(SBI証券ページへ遷移します)
Gunosy(6047) ライブ動画コンテンツ
最新の株価情報はこちら(SBI証券ページへ遷移します)
トレンダーズ(6069) YouTubeクリエイターを活用した動画プロモーションサービス
最新の株価情報はこちら(SBI証券ページへ遷移します)
アライドアーキテクツ(6081) YouTube公式チャンネルのファン獲得支援サービス
最新の株価情報はこちら(SBI証券ページへ遷移します)
AppBank(6177) 公式YouTubeチャンネル「AppBankTV」運営
最新の株価情報はこちら(SBI証券ページへ遷移します)
GameWith(6552) 幅広いゲームのプレイ動画を配信
最新の株価情報はこちら(SBI証券ページへ遷移します)
エイベックス(7860) アニメーション・実写など映像コンテンツ「avex Channel」
最新の株価情報はこちら(SBI証券ページへ遷移します)
カドカワ(9468) YouTube チャンネル「AniChan(アニチャン)」運営
最新の株価情報はこちら(SBI証券ページへ遷移します)

 最大手の開発会社でさえも無視できないほど、今やインターネットでのライブ実況や配信が人気です。そんな状況だからこそ、今後「ユーチューバー」の関連銘柄への関心も高まってくるのではないでしょうか。

 今回は17銘柄をピックアップしましたが、すべてのユーチューブ関連企業を網羅するのは困難であり、まだまだモレがあるとは思います。皆さんも自分の手で関連企業を探してみてください。

【※今週のピックアップ記事はこちら!】
日経平均株価が底入れした今、強気の「順張り買い」がおすすめ! テクニカル的には2万1571円あたりが戻りメドだが「5日移動平均線割れ」には注意!

ウーバー、リフト、ピンタレストなど、注目の小型成長株の決算内容を総まとめ! 決算で注目すべき3つのポイントと「買うべき銘柄」をズバリ解説!