「株」初心者向け!株式投資のはじめ方
2020年3月6日 ザイ編集部

株を買う前に知っておきたい“3つのポイント”とは?
証券口座への入金方法、株の購入に必要な金額など、
株初心者がつまずいた3つの疑問をわかりやすく解説!

株の初心者が、初めて株を買うときにつまずきやすい“3つのポイント”を解説!

発売中のダイヤモンド・ザイ4月号の別冊付録は、3月号に引き続き、超有名イラストレーター・金子ナンペイさんが登場する「株の買い方ガイド」! 3月号では、金子さんがデイトレーダーを目指すようになった経緯を紹介しているほか、金子さんが抱いた株に関する素朴な疑問や、証券会社に口座を開く様子をリポートしている。ダイヤモンド・ザイ4月号の別冊付録では、その続きとして、株を買うときのノウハウを紹介。取引における基本ルールや、注文方法の種類などをわかりやすく解説しているので、金子さんと同じ株の初心者は必見だ!
【※関連記事はこちら!】
「株の知識ゼロ」の超有名イラストレーターがデイトレーダーを目指して“株デビュー”! 株初心者が抱く「そもそも株とは?」「危なくない?」の答えを解説

株初心者が株を選ぶときに知っておくべき基本ルールを紹介! 会社の重要事項を決定する株主総会に参加するには最低でも「1単元=100株以上」の保有が必要

今回はその別冊付録の中から、金子さんが実際に株を買うにあたって疑問に感じたという3つのポイントを紹介! いずれも株の初心者がつまずきがちな内容なので、参考にしてほしい!

有名イラストレーター・金子ナンペイさんが、ついに投資を開始!
しかし、開始早々つまずいてしまったポイントとは……?

◆金子ナンペイさん:1968年生まれのイラストレーター。92年よりフリー。書籍・雑誌やポスターなどのイラストを多数手がける。そのリアルタッチで濃い画風により「地獄の念力絵師」の異名も。『ビッグコミック』の表紙イラストでおなじみ!◆金子ナンペイさん:1968年生まれのイラストレーター。書籍や雑誌などで活躍。『ビッグコミック』の表紙イラストでおなじみ!

 ダイヤモンド・ザイ編集部のバックアップの下、株の取引に挑戦することになった、超有名イラストレーターの金子ナンペイさん。ただ、株のルールをまったく知らない初心者のため、実際に株を買うまでに、知っておくべきことが山積みだ。
【※関連記事はこちら!】
株初心者が株を選ぶときに知っておくべき基本ルールを紹介! 会社の重要事項を決定する株主総会に参加するには最低でも「1単元=100株以上」の保有が必要

 ダイヤモンド・ザイ4月号の別冊付録「株の買い方ガイド」では、株の注文方法や板情報の読み方などを学びながら、スマホで株を買うところまで挑戦した金子さんだが、その過程で3つの疑問に直面! ここからは、その内容をQ&A方式で紹介していこう。
【※関連記事はこちら!】
「株」とは何か?「株式投資」の基礎知識を株初心者にわかりやすく解説! 配当や株主優待の意味のほか、「株」の選び方や買い方、儲ける方法をまとめて紹介~ゼロから始める株入門【第1回】株の基礎知識~

【Q1】株を買う口座への入金ってどうやるの?
【A】ネット口座があると便利! なければ指定口座に振り込みを!

 証券会社に口座を開設したら、株を買うための資金を入金しなければならない。基本の入金方法は2つ。1つ目は、ネット上でお金を振り込む手軽な方法だ。銀行のインターネットバンキングというサービスに登録済みの人が利用できる。スマホに証券会社のアプリを入れておけば、アプリ上で簡単に入出金の操作をすることが可能だ。

 2つ目は、証券会社が指定する銀行口座に現金を振り込む方法。指定口座はサイトのマイページで確認を。SBI証券の場合、ネット経由で事前に振込先とする口座の申請が必要となる。詳細は以下を参考にしてほしいが、場合によっては振込手数料が発生する可能性があるので、できればネット上から入金できるように環境を整えよう。
【※関連記事はこちら!】
【ネット銀行おすすめ比較】金利やATM手数料、使い勝手、人気などで比較したZAi編集部のおすすめネット銀行はこちら!

【Q2】80万円入金したのに、80万円の株が買えない⁉
【A】取引手数料がかかる! 成行は制限値幅の上限のお金が必要

 株の売買には手数料が発生する。つまり、「株を買う分のお金+手数料」を入金しないと、目当ての株を買うことはできないのだ。また、いくらで約定するか分からない「成行注文」で買う場合は、「値幅制限」の上限で約定するかもしれないので、「上限の株価×株数+手数料」が必要だ。
【※関連記事はこちら!】
株は「1株=数百円」の資金から始めるのがおすすめ! “1株単位”で株が買える「5つのサービス(S株・プチ株・ネオモバなど)」の手数料や銘柄数、注文時間を解説!

 値幅制限とは、株価の乱高下を防ぐために、1日に動く株価の範囲を決めたもの。前日の終値を基準に決定される仕組みで、株価は原則的にこの範囲内で上下動するルールだと覚えておこう。
【※関連記事はこちら!】
ネット証券の注文方法を株初心者にやさしく解説!「指値注文・成行注文」「単元株」の意味を理解してネット証券の注文画面で株を買ってみよう!~ゼロから始める株入門【第10回】~

【Q3】配当はいつもらえる? 株主総会はいつ出られる?
【A】配当は年2回もらえる場合が多く、株主総会は年1回の開催

 配当を出す頻度は企業によって異なるが、年1~2回出すところが多い。例えば、配当を年2回出す3月決算企業の多くは、本決算がある「3月末」と中間決算がある「9月末」の時点で株主として認められると、配当を受け取る権利をゲットできる。実際に配当を受け取れるのは、決算の約2~3カ月後だ。
【※関連記事はこちら!】
2021年3月期の「配当利回りランキング」ベスト5を公開! 来期の高配当が予想される銘柄の中で、アナリストの注目は利回り6.14%のソフトバンク(9434)!

株主総会は年1回の開催

 ちなみに、ゲーム好きの金子さんが株を買おうとしているソニー(6758)は、3月末と9月末の年2回配当を出す。2019年の実績だと、3月末に権利確定した後、5月下旬には配当の支払いを開始している。ちなみに、株主総会は6月18日に行われていた。ソニーのように株主総会の前に配当を支払う企業は少数派で、通常は株主総会の後に配当を支払う企業のほうが多い。

 なお、日本は3月決算の企業が多いことから、株主総会は毎年6月下旬に集中しがち。なかには、1日で複数の株主総会をハシゴするツワモノもいる。株主になったら、株主総会のスケジュールはぜひチェックしておこう!
【※関連記事はこちら!】
「株主総会」に参加する方法や、初めて参加する際に注意すべき“5つのポイント”を解説! 4月に開催された株主総会にザイ編集部員が参加した体験リポートも!

少額で買える「5万円株」の注目銘柄と儲けの極意を紹介!
ダイヤモンド・ザイ4月号をチェック!

Zai4月号

 今回はダイヤモンド・ザイ4月号の別冊付録「株の買い方ガイド」から、超有名イラストレーター・金子ナンペイさんが、株を買おうとしてつまずいたポイントを抜粋した。別冊付録では、このほかにスマホで株を買う流れや、株の注文方法の解説、「板情報」の読み方なども紹介しているので、株の初心者はぜひチェックを!

 ダイヤモンド・ザイ4月号の本誌の大特集は「いつでも! 誰でも! 儲かる【5万円株】87」! 今が買い時の「5万円株」をランキング形式で紹介するほか、アナリストが名前を挙げた「5万円株」の注目企業4社の社長インタビューを掲載。さらに、「高成長」「割安」などの条件に当てはまる、これから注目度がアップしそうな「5万円株」も多数紹介しているので、少額で投資を始めてみたい株初心者や、分散投資の候補銘柄を探している人は必見だ!

 そのほかにも、ダイヤモンド・ザイ4月号は「つみたてNISAとiDeCoだけ!【じぶん年金】計画」「最新決算&アナリスト予想でわかった来期も絶好調な株28」「毎月分配型投信100本の【本当の利回り】」「米国株の配当の税金を取り戻せ」「就職氷河期世代をいま支援するワケ」「定年退職までのロードマップ~再雇用の『嘱託』ってどうよ~」など、お得な情報が盛りだくさん!