クレジットカードおすすめ最新ニュース[2021年]
2020年6月6日 ポイ探ニュース

「アメックス」のクレジットカードが「本人限定受取
郵便」ではなく「普通郵便」で届く理由! ポスト投函
で受け取りやすく、郵送コストが安くなるメリットも

【※もっともお得なクレジットカードを2人の専門家がジャンル別に紹介!】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2020年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全8部門の“2020年の最優秀カード”を詳しく解説!


アメリカン・エキスプレスから届いた普通郵便

 先日、筆者のもとに「デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」の更新カードが到着した。
【※関連記事はこちら!】
「デルタ アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード」があれば、空港で優先チェックインや優先手荷物検査など、ビジネスクラス同等の快適サービスが利用できる!

 筆者が保有していた、更新前の「デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」はICチップがついていなかったが、新たに届いたカードにはICチップが搭載されている。
【※関連記事はこちら!】
クレジットカードに「ICチップ」が付いている理由を専門家が詳しく解説! ICチップの搭載で、セキュリティが強化されて、カード決済時のサインも不要に!

 とはいっても、今回はICチップが搭載されたことを報告したいわけではない。注目すべきは新カードが「普通郵便」で送られてきたことだ。

 通常、クレジットカードやキャッシュカードなどを受け取る際は「簡易書留郵便」や「本人限定受取郵便」など、印鑑やサインが必要となるのが一般的。しかし「アメリカン・エキスプレス」の場合、一部の郵送物が「普通郵便」で送られてくることがある。おそらく、日本での郵便事故の少なさが関係しているのではないだろうか。

 ネットで郵便事故のデータを調べたところ、誤配と紛失に関して、さまざまなサイトで同じようなデータが引用されていたのだが、その情報源が見つからなかった。さらに調べていくと、どうやら、2005年12月17日号の朝日新聞「be on Saturday」の「郵便の誤配 再び投函するが多数派」という記事が初出のようだ。

 具体的には、以下のように書かれている。

2005年12月17日号の朝日新聞「be on Saturday」の「郵便の誤配 再び投函するが多数派」2005年12月17日号の朝日新聞「be on Saturday」より。
拡大画像表示

 データは古いが、2004年度に郵政公社が把握している誤配と紛失は、普通郵便230億通のうち約35万通。誤配・紛失率は約0.00152%なので、極めて低い数字と言える。

 もし「普通郵便」で誤配して、他人がそのクレジットカードを利用したとしても、クレジット会社はその不正利用された金額を補償すればいい。一方「簡易書留郵便」を送る場合は、基本料金に加えて320円の追加費用がかかる。「普通郵便」を使えば、「簡易書留郵便」や「本人限定受取郵便」を使うよりも郵送コストを抑えられるというわけだ。

 たとえば、有効期限切れによる更新で、年間20万枚のクレジットカードを発送するとしよう。すると「普通郵便」と「簡易書留郵便」では、郵送コストに年間6400万円もの差が出る。「普通郵便」で配送すれば、たとえ誤配や紛失による負担が発生したとしても、この6400万円を上回らないのではないか。

 以前、クレジットカードの申し込み書に「新規カードはヤマトセキュリティ便で発送されます。普通郵便をご希望の場合は右にレ印をつけてください」とあったので、筆者は「普通郵便を希望します」にチェックを入れて申し込んだことがある。

 クレジットカードの申し込みには、本人確認書類を送ったり、「本人限定受取郵便」を利用したりなど、本人確認が必要だ。しかし、対面での申し込みなら本人確認が行われているので、「普通郵便」で送るという選択肢が生まれる。

 とはいえ「アメリカン・エキスプレス」のすべてのクレジットカードが「普通郵便」で送られてくるわけではない。その条件がわからないので「アメリカン・エキスプレス」に問い合わせてみたところ「“新規カードの申し込み”か“更新カードの申し込み”で対応が異なる」とのことだった。

 新規カードは、対面営業などで本人確認が済んでいる場合は「普通郵便」で送付できるが、本人確認が済んでいない場合は「本人限定受取郵便」や「転送不要郵便」などで送付しているそうだ。

 一方、更新カードは、保有者が受け取りやすい「普通郵便」で送付しているという。もちろん「簡易書留郵便」などを希望すれば、そのとおりに対応してくれ、それ以降の更新カードも同様の送付方法で送ってくれるそうだ。もし、希望していないのに「アメリカン・エキスプレス」の更新カードが「簡易書留郵便」で送られてくるという人は、以前に「簡易書留郵便」でお願いしたことがあるのだろう。

 個人的には、忙しい社会人もいつでも受け取れる「普通郵便」のほうがメリットは大きいと感じている。「普通郵便」は危険だと思う人もいるかもしれないが、クレジットカードの利用明細を確認していれば不正利用もすぐに判明する。また「アメリカン・エキスプレス」は不正利用に対する対応がとても早い。
【※関連記事はこちら!】
クレジットカードやポイントの不正利用から身を守る最強の防御法は、利用明細をこまめに確認すること!Web明細の確認アプリは、必ずインストールしよう!

 「普通郵便」で送られてくるのが不安な人は、その旨を伝えて「簡易書留郵便」に変更してもらうといいだろう。

 なお「MUFGカード」「楽天カード」「セゾンカード」「エムアイカード」も国際ブランドに「アメリカン・エキスプレス」を選択できるが、発行会社は異なるので、それぞれのカード会社の送付方法になる。
【※関連記事はこちら!】
「MUFGカード・プラチナ・アメックス・カード」は年会費2万2000円と高額だが家族カードが1枚無料!付帯サービスも豊富でプラチナカード初心者に最適!

 以上、今回は「アメリカン・エキスプレス」のクレジットカードが「普通郵便」で送られてくることがある理由を解説した。
【※関連記事はこちら!】
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは?