LINE証券で“ながら投資”しよう!マンガで読むお手軽投資体験記!
2020年6月23日 <Branded content>

LINE証券の「株のタイムセール」なら、最大7%オフで人気銘柄の株を買える!

LINE証券で1株からの株式投資を始めたコムカイ。すると、「株のタイムセール 5/28開催決定」というお知らせがLINEで届いた。そこには「最大7%OFF」という文字も。え? 株のタイムセール? なにそれオモシロそう! 

LINE証券の「株のタイムセール」なら、人気銘柄の株が最大7%オフで買える!?
「LINE証券」口座開設はこちら!

LINE Payなら入出金がラクラク!
クイック入金や銀行口座振込でもOK

 LINE証券への入金方法は3つ。LINE Payを使っている人なら、LINE Pay経由が一番カンタンだ。もちろん、インターネットバンクキングからのクイック入金や、銀行口座振込もできるので、自分のやりやすい方法で入金しよう。ここで悩んで挫折してしまっては、オトクなタイムセールに参加できなくなる。

①LINE Payからの入金
LINE Payにチャージしたお金をLINE証券へ移動させる方法と、LINE Payに登録している銀行口座から直接入金する方法がある。どちらも手数料無料。ただしLINE Pay Money アカウントが必要となる。

②提携金融機関のインターネットバンキングからの入金(クイック入金)
入金画面で金融機関を選択し、指示に従って入金する。振込手数料は無料。

③LINE証券の入金専用口座への振込
口座開設時に届く自分用の入金専用口座へお金を振込む。振込手数料はユーザー負担となる。

 コムカイは銀行口座振込でなんとか入金完了。あとはタイムセールの開催を待つばかりだ。

LINE証券の「株のタイムセール」に挑戦してみた!
LINE証券の「株のタイムセール」に参戦するも、タイムセールは大人気で5分で株が完売!

 次回は9月10日(木)と9月24日(木)に、下記条件を満たしている人のみ参加できる「プレミアムタイムセール」が開催決定!

 9月10日(木)開催の「プレミアムタイムセール」は、以下のいずれかの条件を満たす人が参加できる。
 20年6月1日~8月31日の間にLINE証券で相対取引(いちかぶ取引)を5回以上行っている人のうち、9月1日~9月8日15時までの間の相対取引(いちかぶ取引)の売買代金が5万円以上ある人(条件1)。
 もしくは、9月8日15時時点でLINE証券口座の総資産が30万円以上あり、かつ9月1日~9月8日15時時点までに相対取引(いちかぶ取引)での売買代金が5万円以上ある人(条件2)。

 9月24日(木)開催の「プレミアムタイムセール」は、以下のいずれかの条件を満たす人が参加できる。
 20年6月1日~8月31日の間にLINE証券で相対取引(いちかぶ取引)を5回以上行っている人のうち、9月9日~9月18日15時までの間の相対取引(いちかぶ取引)の売買代金が5万円以上ある人(条件1)。
 もしくは、9月18日15時時点でLINE証券口座の総資産が30万円以上あり、かつ9月9日~9月18日15時時点までに相対取引(いちかぶ取引)での売買代金が5万円以上ある人(条件2)

※注釈はこちら

「LINE証券」口座開設はこちら!

狙った銘柄をゲットするには
待機ルームで開始を待つのがコツ!

LINE証券の5月28日開催の「株のタイムセール」対象銘柄開催日の16時にセールの対象銘柄がLINEで届く
友達追加はこちらから

 「株のタイムセール」はLINE証券の名物キャンペーン。時価の7%か5%か3%オフで購入でき、非常にオトクだ。どの割引率で買えるかは、セール参加時の抽選で決まる仕組みだ。7%の割引率をゲットできたらラッキーというわけ。買えるのは、LINE証券がセール直前に公式アカウントで発表する5銘柄のうち1銘柄で、銘柄ごとに決められた購入上限株数まで購入できる。ちなみに、タイムセールでは取引コストもかからない。

 

LINE証券の5月28日開催の「株のタイムセール」対象銘柄開催日の16時にセールの対象銘柄がLINEで届く
友達追加はこちらから
LINE証券の「株のタイムセール」の待機ルーム

 気を付けなくてはいけないのは、対象銘柄ごとに用意されている株数に上限があり、上限に達したところでセール終了になること。実はこれ、アッという間に上限に達する。ボーッとしていると売切れということも。というわけで、コムカイが体験したとおり、タイムセール時は阿鼻叫喚の争奪戦が繰広げられるのだ。

 狙った銘柄を確実に買うコツとしては、スタート直前まで待機ルームで待つこと。待機ルームとは、タイムセールキャンペーンページ。セール開始時間になったら、そのページをリロードして参戦するのだ。

 

LINE証券の「株のタイムセール」の待機ルーム

 もし買えなかったとしても、さらにオトクなチャンスが。タイムセール中にツイッターに#ハッシュタグ投稿をすると、抽選でLINEポイントが1000ポイントもらえるWチャンスがあるのだ。それもあってか、タイムセール中のツイッター(#株のタイムセール)やLINE証券のOpen Chatは、狙った銘柄が買えた、買えなかったなどのコメントが続々。熱いお祭り状態となる。これらのコメントを読むだけでも、かなり楽しめるだろう。

タイムセール中はSNSにコメントが続々と集まる!
タイムセール中はSNSにコメントが続々と集まる!

 コムカイが参戦した5月までは、不定期で開催されるゲリラタイムセールだった。現在は、口座開設した人全員が参加できる「タイムセール」と、参加条件を満たした人のみが参加できる「プレミアムタイムセール」の2つが用意され毎月ランダムに開催される。ただし、開催日や参加条件は毎月変更になるので、LINE証券公式アカウントを友だち登録して、常に情報をゲットできるようにしよう。

フツーに株を買うのもカンタン!
ランチタイムも夜間もOK!

LINE証券のカテゴリーの1つ、「1株3000円以下で買える」の銘柄リストLINE証券のカテゴリーの1つ、「1株3000円以下で買える」の銘柄リスト

 ちなみに、フツーに株を買うのもLINE証券ならカンタンだ。相対取引の場合は1株から買えるので、予算が数百円でもOK。銘柄は、LINE証券のトップ画面をスクロールすると表示される「カテゴリー」の「1株3000円以下で買える」で選ぶことができる。

LINE証券のカテゴリーの1つ、「1株3000円以下で買える」の銘柄リストLINE証券のカテゴリーの1つ、「1株3000円以下で買える」の銘柄リスト

 さらに、昼休みや夕方〜夜でも、原則として即時約定するというメリットも。東証など取引所の取引時間が【9:00~11:30、12:30~15:00】なのに対し、LINE証券の相対取引は【9:00~11:20、11:30~12:20、12:30~14:50、17:00~21:00】。ランチタイムも夜間も、リアルタイムで株取引ができる。さらに、取引コストも独特で、約定代金の0.05%、17:00~21:00の夜間取引は0.5%がかかる。これは業界最低水準(*)だ。

*日本国内のスプレッドを加減算する方式の単元未満株取引サービスにおいて。日中(9:00~14:50)の1往復分(買付時と売却時)のスプレッドを比較。夜間(17:00~21:00)における日本株の単元未満株の取引はLINE証券のみ提供。(2019年11月20日LINE証券調べ)

 

【9月10日・24日に開催されるタイムセールについて】
(条件1について)
※取引回数条件を満たしている顧客には、9月10日開催のタイムセールは9月4日を目安に、9月24日開催のタイムセールは9月中旬を目安にLINE証券公式アカウントから通知される。
※相対取引(いちかぶ取引)とは、LINE証券の相対取引サービス(314銘柄について、取引所を介さず1株単位で取引できるサービス)を指す。
※相対取引(いちかぶ取引)を5回以上行っているとは、買い・売りにかかわらず5回以上約定されていること。
※取引回数は、メニュー内の「取引履歴」から確認できる。今回の取引回数条件には初株キャンペーンとタイムセールでの取引は条件1・2の対象には含まれない。
(条件2について)
※純資産はLINE証券のサービストップ画面から確認できる。売買代金はメニュー内の「取引履歴」から確認できる。また、条件2については開催日当日のみの通知となる。

「LINE証券」口座開設はこちら!
LINEアプリから手軽に取引できるスマホ証券
LINE証券
◆取扱商品
1株投資
(相対取引)
単元株
(現物取引)
信用取引 投資信託 FX

個別株:300銘柄
ETF:15本

 

 

28本

10通貨ペア

◆LINE証券、ここがオススメ!

1.1株から株が買える!少額からOK
通常、株は100株単位でしか買えないが、LINE証券なら1株単位で買える。
株価100円台の銘柄もあるので、初心者でも気楽に始められる。
【※関連記事はこちら!】
⇒LINE証券で“ながら投資”しよう!マンガで読むお手軽投資体験記!/売れっ子イラストレーター・コムカイがLINE証券と出会う

2.口座開設すると最大3株分の購入代金がもらえる
3つのクイズに答えて正解すれば最大3株分の購入代金がもらえるキャンペーンを実施中だ。 間違えずに最大3株分ゲットしよう。

3.タイムセールで株が最大7%オフで買える
いつ開催されるかはわからないが、LINE証券が銘柄を指定して、3~7%オフで買えるイベントを 実施。LINE証券ファンの間ではすごい人気で、あっという間に売り切れてしまう。
【※関連記事はこちら!】
⇒LINE証券の「株のタイムセール」なら、あの人気銘柄が最大7%OFFで買える!? LINE証券の株のタイムセールにコムカイが参戦!

4.口座開設がカンタン、スマホの操作性もいい
スマホ上で口座が開設できる。最短で翌日から取引できてしまうのが強み。スマホアプリのLINEが始めただけあって、操作性もよく、マニュアルを読まなくても始められる。
【※関連記事はこちら!】
⇒口座開設の仕方を解説!「初株チャンスキャンペーン」に参加するにはLINE証券に口座開設しなければ!

5.1株取引、単元株取引、信用取引がそろってる
LINE証券の強みは少額だけではない。株の中上級者に人気の信用取引も用意されている。 自分のレベルに併せて株式投資ができる。
【※関連記事はこちら!】
⇒株主優待もスマホでサクッと探せて超便利!LINE証券は手数料0円キャンペーン実施中!

◆売買手数料もチェック!
  約定代金
10万円 50万円 100万円
単元株(現物取引)
※税込み
買い 無料
売り 176円 484円 869円
1株投資(相対取引) 無料
※スプレッドあり。日中:0.05%、夜間:0.5%
信用取引 無料
買い方金利(買い):2.80%、貸株料(売り):1.15%
投資信託 無料
FX

無料
スプレッド ドル円:0.2銭
[AM9:00翌日AM3:00]原則固定・例外あり

今なら、現物売却手数料+信用金利貸株料0円キャンペーン実施中!(10月30日まで)
※現物株の場合、1回の注文が複数の約定に分かれた場合、同一日であれば約定代金を合算し、1回の注文として売買手数料を計算。また、信用取引の売買手数料は、インターネット取引の場合のみ無料。
低コストもLINE証券の特徴のひとつだ!
「LINE証券」口座開設はこちら!

■このマンガの続き(第3回)はこちら!
【※「LINE証券」投資体験記・第3回
⇒LINE証券なら「LINEポイント」を使って、元手0円で投資スタートできる!「LINEポイント」のオトクな貯め方&使い方を解説

■「LINE証券」投資体験記の記事一覧
【※「LINE証券」投資体験記トップページはこちら!】
⇒LINE証券で“ながら投資”しよう!マンガで読むお手軽投資体験記!

【※「LINE証券」投資体験記・第1回
⇒LINE証券の「初株チャンスキャンペーン」で株の購入代金がもらえる!

【※「LINE証券」投資体験記・第2回
⇒LINE証券の「株のタイムセール」なら、最大7%オフで人気銘柄の株を買える!

【※「LINE証券」投資体験記・第4回
⇒LINE証券が投資信託の積立サービスを開始!毎月1000円からコツコツ投資を始めよう!

【※「LINE証券」投資体験記・第5回
⇒株主優待もスマホでサクッと探せて超便利!LINE証券は手数料0円キャンペーン実施中!