ダイヤモンドZAi最新記事
2020年10月30日 ザイ編集部

銀行を辞めて、地方の“島暮らし”を選択した人の満足
度は? 年収は銀行員時代の5分の1に減少も、共働き&
10種類を超える副業で収入を確保して「毎日が幸せ」

楽天ブックスで買う
amazonで買う

東京での銀行員生活を捨てて、瀬戸内海に浮かぶ自然豊かな周防大島に移住した人に、移住前の準備や移住後の生活についてインタビュー!

発売中のダイヤモンド・ザイ12月号では、特集「【地方移住&2拠点生活】のリアルレポート」を掲載! コロナ禍でテレワークを導入する企業が増加したことから、「地方移住」に関心を持つ人も増えている。だが、環境がガラリと変わることに不安を覚え、一歩を踏み出せずにいる人も多いだろう。そこで、この特集では、実際に地方移住を実現した人や、都市部に拠点を持ちつつ、郊外にも第2の拠点を構えて”2拠点生活”を送る人など、経験者10人を取材! 仕事の仕方や生活費、地元の人との付き合い方といった、気になるポイントを掘り下げている。

ここでは、地方移住を実現した栄大吾さん(30歳)のインタビューを紹介。田舎暮らしに興味がある人は、ぜひ参考にしてほしい!
【※関連記事はこちら!】
地方移住の“6つのメリット”を紹介!「地方移住」や都心&地方の「2拠点生活」の体験者によると、人が少なく、生活費も安く済むことで、ストレスと無縁の生活に!

東京で銀行員として働いていたが、山口県の周防大島へ移住!
人生で何が大切かを考えた結果、田舎暮らしに行き着いた

 銀行員という安定した仕事を辞め、東京都から山口県の周防大島に移住した栄大吾さん(30歳)。周防大島は瀬戸内海に位置し、「瀬戸内のハワイ」の異名をとる自然豊かな島だ。

 栄さんが移住を決意した理由の一つは、「高い住宅費のために働く人生に疑問を持った」から。そもそも「自分の人生は、自分でデザインしたい」という思いがあったことに加え、広島県での転勤生活や、そこで出会った妻の希望も、地方移住を考えるきっかけになったという。

 地方移住を思い立ってからは、改めて“自分が人生で何をやりたいか”を考えたという栄さん。加えて、さまざまなスキルアップにも努めた。勤務していた銀行で資産運用部門に異動になったこともあり、資産運用のスキルを身につけられたのは幸いだった。

 「金融の知識は将来役に立つと思い、確定拠出年金での投資信託の積立なども積極的に行いました。また、田舎暮らしでは地域や自分を売り込む”情報発信力”も大事だと思い、ツイッターやブログなどにも注力しました」(栄さん)

 具体的な移住先を決めるにあたっては、「ふるさと回帰支援センター」などを活用したという。「ふるさと回帰支援センター」は、東京・大阪を除く45道府県の自治体と連携し、都市と地方の”橋渡し役”としての機能を担うNPO法人。移住を検討している人から、移住希望地の情報や仕事、住まいなどについて、対面やオンラインでの相談を受け付けるほか、セミナーも随時開催している。ちなみに、大阪には「大阪ふるさと暮らし情報センター」がある。

 栄さんは、妻の実家がある広島周辺の限界集落(人口の50%以上を65歳以上の高齢者が占める過疎地)にターゲットを絞ってリサーチしていたが、最終的には景色の美しさや人の縁などに魅せられて、周防大島への移住を決めた。

 「実際に移住する前には、有休を使って約10日間、島の住宅で過ごせる“お試し暮らし”を体験。そこで知り合いも作ることができて、実際に暮らすイメージが固まりました」(栄さん)
【※関連記事はこちら!】
40代前半でアーリーリタイアを実現した「たぱぞう」さんの資産形成術を公開! 米国株やETFで増やした資産を太陽光発電や不動産に投資して安定収入を確保!

家は「空き家バンク」で探し、住宅費は月11万円⇒3万円に!
”図書館や本屋がないこと”以外、特に不満のない日々を送る

 移住を考え始めてから約2年後の2018年10月、栄さんは会社を辞めて、夫婦で周防大島に移住した。住まいは「空き家バンク」(空き家の貸し出しや売却を希望する所有者から提供された情報をまとめ、空き家を利用したい人に紹介する制度)で探した、家賃3万円の一軒屋。庭に畑を作れるほか、バーベキューを楽しめることも決め手になった。その後、さらにもう1軒、地元の人に無料で民家を借りて、DIYで改修。そこを拠点にした島のコミュニティ作りにも励んでいるそうだ。

 移住後は、集落支援員(集落の巡回、状況把握などの目配りをする仕事)として働いている栄さん。気になる収入だが、集落支援員の収入についていえば、銀行員時代の5分の1未満になったという。

 「ただ、本業の集落支援員の仕事以外にも、個人事業主としてさまざまな副業に携わっています。家の解体などの単発の仕事から、サイト制作、経営コンサルなど、その数10種類以上。副業を全部合わせると本業以上の収入になりますし、妻と共働きなので、総合的には前職と大差ない収入になっています。田舎には仕事がないと思われがちですが、それはウソだということを実証し、田舎暮らしの魅力を発信したいです」(栄さん)

 唯一の不満は、図書館や本屋がなく、網羅的な情報を得たいときに不便な点だそうだ。しかし、「朝は鳥の鳴き声で起きて、夜は庭先で焚き火をして自然に癒やされる毎日は幸せ」と語ってくれた。

【※関連記事はこちら!】
アーリーリタイア後に“好きなこと”でお金を稼ぐ方法を「ちきりん」さんが伝授! 早期リタイアの3つの魅力や、リタイア生活を楽しめない人の特徴なども解説

相場の変化に強い”最強”の投資対象を探すなら、
ダイヤモンド・ザイ12月号をチェック!

ダイヤモンド・ザイ12月号

 今回は、発売中のダイヤモンド・ザイ12月号の特集「【地方移住&2拠点生活】のリアルレポート」から、東京都⇒山口県の周防大島への移住を実現した、栄大吾さんのインタビューを紹介した。

 なお、ダイヤモンド・ザイ12月号の大特集は、「どんな相場でも生き抜ける!【安定投資】入門」! コロナ・ショック後、世界的に株価の上昇基調が続いていたが、ここ最近の株式市場には、さまざまな”変化の兆し”が見られる。相場の流れが変わり、これまで絶好調だった成長株が急に失速する恐れもあるため、ここらで”安定投資”に切り替えるのも一案だ。そこで、この特集では「安定」をキーワードに、注目すべき投資対象を紹介。「10年間もずっと増収増益の株」や「”ド安定”高配当株」「連続増配株」、株主優待名人・桐谷広人さんが推奨する「株主優待株」などを取り上げており、いずれも”安定投資”に最適だ!

 ほかにも「バブル警報発令中!【日本株】買うべきか引くべきか」「【iDeCo】投資信託・全270本の完全リスト」「コロナ禍で注目度が急上昇!【ESG投資】で儲かる株は⁉」など、注目の特集が満載!

 また、別冊付録は「老後のお金、ちゃんと増えてる?【iDeCo】再点検!」! iDeCoの運用状況をチェックするにあたって注意すべきことや、リバランスの仕方などを取り上げているので、iDeCoで運用している人は参考にしてみよう。