ダイヤモンドZAi最新記事
2021年7月27日 ザイ編集部

いまだに「株」を始められない人に、優待名人・桐谷
さんがアドバイス!「株式投資」は、スマホ&少額の
資金があれば始められるので気軽に挑戦してみよう!

桐谷さんの株入門
▼米国株はこちら ▼日本株はこちら
楽天ブックスで買う
amazonで買う
楽天ブックスで買う
amazonで買う

株主優待名人・桐谷さんによる、投資初心者は必見の”株の入門書”(日本株編&米国株編)が、2冊同時発売! テレビに講演会に引っ張りだこの桐谷さん。なんと、その正体は「プロ棋士」の「億り人」! そんな桐谷さんによる株の入門書が、7月27日に2冊同時発売になりました。一つは「日本株」の入門書となる『一番売れてる月刊マネー誌ZAiと作った 桐谷さんの株入門』、もう一つは今注目度が増している「米国株」の入門書となる『一番売れてる月刊マネー誌ZAiと作った 桐谷さんの米国株入門』!

今回は、新刊発売を記念し、書籍の内容を一部抜粋して構成したダイヤモンド・ザイ9月号の特集「桐谷広人さんの日本&米国株入門」から、なかなか株を始められない人に向けた、桐谷さんのアドバイスを紹介!

株は少額で始められて、売買や情報収集はスマホでOK!
意外と手軽に、誰にでも挑戦できるのが株の魅力!

株主優待名人・桐谷広人さん。株主優待名人・桐谷広人さん

 「株を始めるには、大金が必要なのでは?」「パソコンのモニターを何台も並べて、チャートとかをチェックする必要があるんでしょ?」「金融の知識がないと、難しいんじゃない?」などのイメージから、なかなか株を始められない人も多いのではないでしょうか。

 実際には、今や株は少額の資金から始められて、手数料も安く、スマホ一つで取引することが可能。つまり、意外と手軽にできるんです。そこで、ここからは株は手軽と言い切れる”根拠”を、もう少し詳しく解説していきましょう。

【根拠①】情報収集から注文まで! スマホでどこでも売買できる!

 今は、パソコンがなくても、問題なく株の取引ができます。情報はスマホから十分に得られますし、リアルタイムの株価の動きもチェック可能。街中で気になる銘柄を見つけたら、その場で調べることもできます。各証券会社はスマホの売買アプリを用意しており、外出先でも簡単に売買ができます。
【※関連記事はこちら!】
「スマホ証券」の手数料やおすすめポイントを比較!「LINE証券」「PayPay証券」「STREAM」など、株初心者でも使いやすいスマホ特化の証券会社を紹介

株は気軽に買える!

【根拠②】日本株も米国株も、少額で買える株が多い!

 日本株は100株単位(100株=1単元)で買えますが、昔より少額で買える株が増えています。1単元を5万円以下で買える銘柄は、日本株全体の14%(500銘柄以上)も! 単元未満の1株単位で買える、低コストの証券会社が増えたことにも注目です。また、米国株の購入単位はもともと1株で、安く買える有名株がたくさん。株初心者も挑戦しやすくなっています。
【※関連記事はこちら!】
“株初心者はいくらから株式投資を始めればいいのか?1株単位で株が買えて「1株=数百円」から始められる5つのサービス(LINE証券・PayPay証券・S株など)を解説

【根拠③】経済に詳しくなくてもOK! 普段の生活が投資のヒントに!

 「株や経済って難しそう」と、一歩を踏み出せずにいる人はもったいない! 行列ができる店など、街中から得られる情報こそが、投資の役に立ちます。自分がよく使うツールやサービスに注目し、その提供元の企業の株価をチェックしてみるのも手。普段の生活に、投資のヒントは山ほど転がっています。株をやっていると興味が出て、経済の知識も自然に身につきますよ。

【根拠④】売買額によってはタダのことも! 売買手数料が安い!

 株を売買するときは、証券会社に対して手数料を支払います。ネット証券のなかには、1日あたりの売買額が100万円までであれば、日本株の売買手数料が0円の会社も!
【※関連記事はこちら!】
【証券会社おすすめ比較】売買手数料の安さで選ぶ!お得な証券会社ランキング(現物取引・1日定額制)

 また、米国株の売買手数料も、最安水準の証券会社で約定代金の0.495%(最低0米ドル、最高22米ドル)と、昔に比べて大きく下がりました。口座管理料はかからないので、とりあえず口座だけ開いてみるのもOK。口座保有者が利用できる各種ツールを利用して、投資のチャンスを探ることもできます。
【※関連記事はこちら!】
【2021年版】ネット証券会社の人気ランキング発表! この1年間で口座開設の申し込み数がもっとも多かったザイ・オンラインで一番人気のおすすめ証券会社を公開

 さて、ここまでのところで、株がいかに手軽に始められるものか、おわかりいただけたはず。まずは証券会社に口座開設をして、株取引ができる環境を整えるところから始めましょう!


桐谷さんの書籍・日米株入門が2冊同時発売!
図解&マンガたっぷりで初心者でもサクサク読める!

桐谷さんの株入門

 日本株一筋30年超の中で桐谷さんが体得した株の極意を余すところなく公開しているのが、ダイヤモンド社の株本『一番売れてる月刊マネー誌ZAiと作った 桐谷さんの株入門』です。初心者でも失敗しない日本株の選び方・買い方から、優待投資の裏ワザまで内容充実!

 すでに株を始めている人でも、桐谷さんの投資法&考え方は参考になるはずです。さらに、本書では、桐谷さんが株主優待を使って初めて婚活にトライした様子をレポートしたマンガも掲載しています。お楽しみに!

桐谷広人さんの米国株入門

 また、日本株一筋だった桐谷さんが、最近興味津々なのが米国株。誰もが知ってるコカ・コーラやマクドナルド、アップル、ウォルト・ディズニーなどが1株から買えます。桐谷さんが大好きな株主優待株はないものの、高配当株がゴロゴロしている米国株。さらに10倍株の宝庫でもあります。米国株の始め方&儲け方は『一番売れてる月刊マネー誌ZAiと作った 桐谷さんの米国株入門』で! オールカラーで図版たっぷり。どこよりもわかりやすい米国株入門をお届けします。

 今や日本株も米国株も少額からできて、手数料も安く、スマホ一つで誰でも始められます。「やりたいと思ったときが始めドキ」。赤本&青本をダブルで読んで、今こそ株を始めましょう!

一番売れてる月刊マネー誌ZAiと作った 桐谷さんの株入門』と『一番売れてる月刊マネー誌ZAiと作った 桐谷さんの米国株入門』は全国の書店や楽天ブックスAmazonで絶賛発売中! 電子版(kindlekobo)も好評です!


【※ザイ・オンライン『桐谷さんの株入門~動画編~』バックナンバー】

株主優待名人・桐谷さんの「株入門書」が2冊同時発売!発売記念動画の第1弾では、極貧棋士から株主優待名人になるまでの桐谷さんの“人生逆転”エピソードを公開

株主優待名人・桐谷広人さんの自宅に山積みになった未開封の優待品を開封!「株入門書」発売記念動画の第2弾は、桐谷さんのリアルな株主優待ライフを公開!

「米国株投資」を優待名人・桐谷さんと一緒に始めよう!桐谷さんの「米国株入門書」発売を記念し、銘柄や利回り、投資金額など、米国株に関する疑問を動画で解説

「株で儲ける方法」や「株式投資の面白さ」を、優待名人・桐谷さんが解説! 桐谷さんの『日本株入門書』の発売を記念して、動画で“株主優待株投資の極意”も伝授!

「米国株」デビューした優待名人・桐谷さんが米国株の魅力を紹介!『米国株入門書』の発売を記念して、桐谷さん流の「米国株で儲ける方法」を動画で解説!