クレジットカードおすすめ最新ニュース[2022年]
2021年11月7日 ポイ探ニュース

投資信託の保有残高などに応じて、ポイントがもらえ
る証券会社のサービスを紹介! クレジットカードで
投信積立をすると、ポイントの“二重取り”も可能に!


投資信託の保有残高などに応じてポイントが付与されるサービス

 楽天証券SBI証券などには、投資信託の保有残高などに応じてポイントが付与されるサービスがある。今回は、投資でお得にポイントを獲得できるサービスをまとめて紹介しよう。

楽天証券と楽天銀行の口座を連携すれば、
「ハッピープログラム」で3~10ポイントが貯まる!

 まずは、楽天証券楽天銀行の「ハッピープログラム」だ。

 楽天証券楽天銀行の口座を連携(マネーブリッジ)して、楽天銀行の「ハッピープログラム」に申し込むと、投資信託の月間平均保有残高10万円につき3~10ポイントを獲得できる。
【※関連記事はこちら!】
楽天証券での投資信託の保有残高に応じてポイントが貯まる「ハッピープログラム」が改悪!?「eMAXIS Slim」などの10銘柄を除けば、従来よりお得になる場合も!

 楽天証券楽天銀行の「ハッピープログラム」で獲得できるポイントは下記のとおり。

■楽天証券の「ハッピープログラム」で獲得できるポイント
月間平均保有残高 獲得ポイント数
信託報酬率のうち楽天証券が受け取る
代行報酬手数料率が年率1.00%以上の銘柄
10万円につき10ポイント
同じく年率0.50~1.00%未満の銘柄 10万円につき5ポイント
同じく年率0.05~0.50%未満の銘柄 10万円につき4ポイント
同じく年率0.036~0.05%未満の銘柄 10万円につき3ポイント
同じく年率0.036%未満の銘柄 対象外

 筆者が保有している「楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天・バンガード・ファンド(全米株式))」は、10万円につき4ポイントを獲得できる銘柄だ。2021年9月16日時点の筆者の保有残高は269万5619円だったが、獲得できたのは100ポイントだった。先月の平均保有残高が約250万円だったということだろう。

SBI証券の「投信マイレージサービス」は
2021年4月からポイント付与率がアップして、さらにお得に!

 SBI証券には、以前から、投資信託の月間平均保有額に応じてTポイントを獲得できる「投信マイレージサービス」がある。
【※関連記事はこちら!】
SBI証券「クレカ積立」は最大3%分のポイントが貯まるのでお得! 積立投資で獲得したポイントは、カード利用額に充当することで、実質的に“再投資”もできる!

 さらに、2021年4月から「投信マイレージサービス」において、低コストの投資信託のポイント付与率がアップした。

 SBI証券の「投信マイレージサービス」で獲得できるポイントは下記のとおり。

■SBI証券の「投信マイレージサービス」で獲得できるポイント
月間平均保有金額 1000万円未満 1000万円以上
通常銘柄 0.1% 0.2%
指定銘柄 0.022~0.05%
対象外銘柄 0%

 筆者が保有している投資信託は、ポイント還元率0.0242%の「SBI-SBI・V・S&P500インデックス・ファンド 」と、還元率0.05%の「楽天-楽天・全米株式インデックス・ファンド」だ。

 「SBI-SBI・V・S&P500インデックス・ファンド 」の保有残高は76万6212円だったので13ポイント、「楽天-楽天・全米株式インデックス・ファンド」の保有残高は107万4945円だったので42ポイントと、合計55ポイントを獲得できた。

「auカブコムの資産形成プログラム」は、
最大で年0.24%分のPontaポイントを獲得できる!

 続いて紹介するのは、auカブコム証券の「auカブコムの資産形成プログラム」だ。
【※関連記事はこちら!】
「auじぶん銀行」は普通預金金利が最大0.20%でお得!「au PAY カード」や「auカブコム証券」などと口座を連動させれば、金利がメガバンクの“200倍”にアップ!

 「auカブコムの資産形成プログラム」では、au IDを登録していると、月間平均保有残高に応じて最大0.24%(年率)のPontaポイントが貯まる。

 auカブコム証券の「auカブコムの資産形成プログラム」で獲得できるポイントは下記のとおり。

■auカブコム証券の「auカブコムの資産形成プログラム」で獲得できるポイント
月間保有金額 100万円未満 100万円~3000万円未満 3000万円以上
通常銘柄 0.05% 0.12% 0.24%
指定銘柄 0.005%
対象外銘柄 0%

 ちなみに、筆者が保有している「eMAXIS Slim米国株式(S&P500)」は、これまでPontaポイントの付与対象外だったが、2021年8月にポイント加算対象ファンドが拡充したことにより、0.005%分のPontaポイントを獲得できるようになった。

 筆者は、auカブコム証券では積立サービスを利用しておらず、保有残高はほとんど変わらないので、おそらく9月後半は「(69万1832×0.005÷100)÷12=2.88≒2ポイント」の獲得となるだろう。

「THEO+docomo」では、投資信託の保有残高1万円につき
最大1.5ポイントのdポイントが貯まる!

 「THEO+docomo」では、投資信託の保有残高に応じてdポイントを獲得できる。

 「THEO+docomo」は、運用資産残高1万円につき1ポイント、ドコモ回線を利用している場合は1万円につき1.5ポイントを獲得できる。なお、運用資産残高が3000万円を超えた分は、1万円につき0.5ポイント、ドコモ回線ユーザーは1万円につき0.75ポイントの獲得となる。

 「THEO+docomo」で獲得できるポイントは下記のとおり。

■「THEO+docomo」で獲得できるポイント
  3000万円未満の分 3000万円を超えた分
ドコモ回線の利用者 1万円につき1.5ポイント 1万円につき0.75ポイント
それ以外 1万円につき1ポイント 1万円につき0.5ポイント

 筆者は、2021年9月16日時点で「THEO+docomo」の残高が18万4125円だった。筆者はドコモ回線ユーザーなので、1万円につき1.5ポイントの獲得となり、合計27ポイントを獲得できた。

 筆者は「THEO+docomo」でも積立サービスを利用しておらず、それほど残高が変わらないので、今後も同じような獲得ポイントとなるはずだ。

 なお、やや仕組みは異なるが、SMBC日興証券の「日興イージートレード」で「ダイレクトコース」を選んでdアカウントを連携し、「投信つみたてプラン」の取り引きを行なっていると、月間3~300 dポイントを獲得できるサービスもある。
【※関連記事はこちら!】
SMBC日興証券で「dポイント」を獲得する方法を解説!「投信つみたてプラン」を使えば、月1000円の積み立てで初回500ポイント、その後は毎月3ポイントもらえる

 SMBC日興証券の「投信つみたてプラン」で獲得できるポイントは下記のとおり。

■SMBC日興証券の「投信つみたてプラン」で獲得できるポイント
毎月の積立金額 1万円未満 1万円以上
獲得ポイント 3ポイント 1万円ごとに3ポイント(上限300ポイント)

 筆者は、このプランで毎月1000円ずつ「上場インデックスファンド米国株式(S&P500)」を積み立てており、月3ポイントを獲得している。

 資産を増やしつつポイントも貯められて、貯まったポイントで再び投資信託を購入するのは、効率のいい投資方法だろう。特に、クレジットカードで投信積立の設定をすれば「カードでの積み立てポイント+投信残高のポイント」がダブルで貯まるのでお得だ。
【※関連記事はこちら!】
「楽天証券+楽天カード+楽天銀行」で積立投資すると、ポイント還元率が1%以上になって得! 獲得した楽天ポイントは、株や投資信託の購入にも活用可能!

 以上、今回は、投資信託の保有残高などに応じてポイントが貯まるサービスについて解説した。