クレジットカード研究
2014年6月21日 ザイ・オンライン編集部

【三菱UFJカード VIASOカード(ビアソカード)】
面倒な手続き不要! 利用額の0.5~1%が
自動的にキャッシュバックされる還元型カード!

「三菱UFJカード VIASOカード(ビアソカード)」のメリットとは?

三菱UFJカード VIASOカード(ビアソカード)
還元率 0.5~1.0%
VIASOカード(ビアソカード)の詳細はこちら
発行元 三菱UFJニコス
国際ブランド Master
年会費 永年無料
家族カード あり(永年無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
ETCカード追加発行 (年会費無料、発行手数料1100円・税込)
海外旅行保険 最大2000万円(利用付帯)
国内旅行保険
VIASOカード(ビアソカード)公式サイトはこちら
特長①
カード利用額の0.5~1%が自動的にキャッシュバックされる!
「三菱UFJカード VIASOカード」を発行しているのは大手カード会社の「三菱UFJニコス」。しかし、そのポイント制度は大手カード会社には珍しい「キャッシュバック型」だ。「三菱UFJカード VIASOカード」の場合、カード利用額の0.5~1%分のポイントが貯まり、それが自動的にカード利用額に充当される仕組み(カード利用額よりも獲得したポイントのほうが上回る場合は銀行座に振り込まれる)。実質的に現金が返ってくるのでお得感が実感しやすく、節約効果も高いのが特徴だ。
特長②
ポイント交換の手間は不要! 年に1回、自動的にポイント⇒現金に!
「三菱UFJカード VIASOカード」のメリットの一つは、「ポイントを交換する手間が不要」という点。貯まったポイントは年に1回、自動的にキャッシュバックされるので、「ポイント交換を忘れていて、せっかく貯めたポイントが無駄になった!」という心配がない。「1000円=5~10ポイント」が貯まり「1ポイント=1円」でキャッシュバックされるので、カード利用が少ない人にもおすすめ!
特長③
携帯電話、プロバイダー、高速道路のETCなどの利用分は還元率1%に!
「三菱UFJカード VIASOカード」の通常の還元率は0.5%だが、携帯電話料金やプロバイダー料金、ETCカード利用分は還元率が1%にアップして、一般的なクレジットカードの2倍になる! 携帯電話やプロバイダー、ETCカード利用分の場合は「1000円=10ポイント」貯まるので、これらの年間利用額が10万円以上であれば最低交換ポイントに達する。年会費は無料なので、これらの料金だけを「三菱UFJカード VIASOカード」で支払うだけでも“使える”カードと言える。
特長④
専用オンラインショッピングモール「VIASO eショップ」なら還元率は最大10%に!
三菱UFJニコスが運営する「VIASO eショップ」は、「三菱UFJカード VIASOカード」専用のオンラインショッピングモール。「VIASO eショップ」を経由して、「楽天市場」や「Yahoo!ショッピング」などのネット通販会社で買い物をすると、通常の還元率0.5%に「ボーナスポイント」が加算される。「楽天市場」や「Yahoo!ショッピング」なら+1%のほか、加盟店によっては最大で還元率が10%に! 「VIASO eショップ」を活用すれば「三菱UFJカード VIASOカード」は高還元クレジットカードとして活用できるのだ。

大手カード会社が発行する「信頼感」+「お得感」が両立するカード

 「三菱UFJカード VIASOカード」は、MUFG(三菱UFJフィナンシャル・グループ)の「三菱UFJニコス」が発行する年会費無料のクレジットカードだ。

 しかし、超大手カード会社が発行しているにもかかわらず、「三菱UFJカード VIASOカード」の最大の特徴は「利用額の0.5~1%分のポイント」が貯まり、そのポイントが「自動的にキャッシュバック」される斬新なポイント制度にある。

 カード保有者にとっては「大手発行の信頼感」と「お得感」の両方を満足できる貴重なクレジットカードとなっている。そのため、一時は募集を停止していたほどの人気カードなのだ。

ポイント管理が苦手な人でも安心の
「高還元」+「自動キャッシュバック型」で便利!

 「三菱UFJカード VIASOカード」は、通常は「1000円=5ポイント」が貯まり、「1ポイント=1円相当」なので、還元率は0.5%。これは一般的なクレジットカードと同じ還元率だが、「携帯電話料金」「プロバイダー料金」「ETCカード利用額」に対しては、「1000円=10ポイント」が貯まり、還元率が1%にアップする高還元カードになる。
(※携帯電話は「NTTドコモ」「au」「ソフトバンク」「ウィルコム」、プロバイダーは「Yahoo!BB」「au one net」「BIGLOBE」「ODN」、ETCは「全国の高速道路、一般有料道路の通行料金」が対象)

 そして、「三菱UFJカード VIASOカード」の最大のメリットが、貯まったポイントが「自動的にキャッシュバックされる」点にある。

 多くのクレジットカードでは、「貯まったポイントを管理して、交換する」という手間が発生する。その場合、「ポイントの交換先が多い」などのメリットはあるが、ポイントの管理を怠り、ポイントの有効期限が過ぎてしまえば、いくら還元率が高くても、せっかく貯めたポイントが無駄になる。

 しかし、「三菱UFJカード VIASOカード」の場合、「自動的にポイントがカード利用額に充当される」ので、ポイントの有効期限を気にしたり、交換をする手間が省ける。しかも、獲得したポイントは「1ポイント=1円」として充当されるので「貯めたポイントが交換できなくて無駄になる」ということもなくなるのも大きなメリットだ。

VIASOカード(ビアソカード)なら1年間の利用で12720円キャッシュバック!申し込みはこちら



 

「VIASO eショップ」を活用すれば、
ネットショッピングの還元率は最大10%に!

 そして「三菱UFJカード VIASOカード」のもう一つのメリットは、「三菱UFJカード VIASOカード」専用のオンラインショッピングモール「VIASO eショップ」を活用することで還元率が上がる点だ。

VIASO eショップはVIASOカード専用オンラインショッピングモール

 「VIASO eショップ」は「三菱UFJニコス」が運営するオンラインショッピングモール。「三菱UFJニコス」は「ポイント名人.com」というオンラインショッピングモールも運営しており、「ポイント名人.com」は三菱UFJニコスが発行する多くのクレジットカードで利用できるようになっているが、「VIASO eショップ」は「三菱UFJカード VIASOカード」専用のオンラインモールで、還元率は「ポイント名人.com」よりも高めに設定されている。

 というのも、今では多くのクレジットカード会社がオンラインショッピングモールを運営しているが、「三菱UFJカード VIASOカード」は専用オンラインショッピングモールを活用することでポイント還元率をアップするサービスを始めた元祖的な存在で、「ネット通販に強いカード」として知られているのだ。

「VIASO eショップ」には350以上の店舗が加盟しているが、そのうち還元率5%以上になる店舗が118店舗もある、つまり、加盟店のうち約33%の店舗の還元率が5%以上なのだ(2019年2月6日時点)。

 具体的に高還元の店舗をピックアップすると、「キリン オンラインショップ DRINX」「ミキハウスオフィシャルオンラインショップ」「好日山荘Webショップ」「Puma Online Store(プーマオンラインストア)」「GROUPON(グルーポン)」などが10%、海外のホテル予約ができる「エクスペディア」「Hotels.com」やアパレルでは「URBAN RESEARCH」「洋服の青山オンラインストア」、百貨店の「小田急オンラインショッピング」「高島屋オンラインストア」「大丸松坂屋オンラインショッピング」「東急百貨店」などで、3~7%のポイントがつく。

 また、「三菱UFJカード VIASOカード」は年会費無料でありながら、最高2000万円の「海外旅行傷害保険」(利用付帯)のほか、オンライン取引での不正利用を補償する「NICOSネットセーフティサービス」などの付帯サービスも充実している。

 カード会社が実施したアンケートによると、クレジットカードの利用目的の1位は「ネット通販」なので、大手の「三菱UFJニコス」が発行する「三菱UFJカード VIASOカード」は、利用者のニーズにマッチした「安心して使える、お得なカード」と言えるだろう。

三菱UFJカード VIASOカード(ビアソカード)
還元率 0.5~1.0%
VIASOカード(ビアソカード)の詳細はこちら
発行元 三菱UFJニコス
国際ブランド Master
年会費 永年無料
家族カード あり(永年無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
ETCカード追加発行 (年会費無料、発行手数料1100円・税込)
海外旅行保険 最大2000万円(利用付帯)
国内旅行保険
VIASOカード(ビアソカード)公式サイトはこちら

 【関連記事】


永久不滅.com、ポイント名人.comなど
クレジットカード会社運営のオンラインモールで
ポイント2~30倍増、還元率2~10%アップを狙え!

「クレジットカード会社が運営するオンラインショッピングモール」表

 クレジットカードは「選び方」も大切だが、「使い方」も重要だ。

 例えば、「現金ではなくクレジットカードを利用すれば、みんなと同じようにポイントが貯まる」と安心しきっている人は、実はほかの人より損をしているかもしれない。というのも、クレジットカードの使い方によっては、通常よりもポイントが2~30倍以上も貯められる方法があるからだ。

 その代表的な例は「クレジットカード会社が運営するオンラインショッピングモール」を活用できているかどうか。…続きはこちら!


いまや「年会費無料」でも「還元率1%以上」が常識!
おすすめの年会費無料クレジットカードで
手間&コストいらずの節約生活を実現しよう!

編集部おすすめ!「年会費無料」のクレジットカードランキング

 クレジットカードで根強い人気なのが「年会費無料」のカード。新規入会するハードルが低く、多くの人の財布の中に1枚くらいは入っているだろう。

 その多くの「年会費無料」のクレジットカードの中には、一般的なクレジットカードと同じ「還元率0.5%」程度のものが多い。しかし、最近では「年会費無料」でありながら「還元率1%」を超えるお得なクレジットカードが増えてきている。

 同じ「年会費無料」のクレジットカードを利用するなら、少しでも還元率が高いものを利用したほうがいいのは当たり前。そこで、今回は「年会費無料」のクレジットカードの還元率を比較してみた。…続きはこちら!