クレジットカードの達人!ゴールド&プラチナカード比較
【第16回】 2015年7月10日 岩田昭男 [消費生活評論家]

マルイの「エポスカード」のゴールドカードがお得!
東急や小田急など、定期券やPASMOのほか
百貨店やスーパーでも得する電鉄系カードにも注目!

元祖高還元率カードの「タカシマヤカード《ゴールド》」は、
高島屋で利用すれば最大10%、その他で使っても1%

 前回(高還元カードの代表格、百貨店系クレジットカード!還元率5~10%のカードも多い中、本当に使えるのは「ペルソナ・アメックス」と「MICARD GOLD」)同様、今回も百貨店系クレジットカードの中でもステータスが高いゴールドカードで、お得なクレジットカードを紹介していきます。

主な百貨店系クレジットカードのスペック
提携・発行する百貨店、
ショッピングモール
提携・発行する
店舗での還元率
通常の
還元率
年会費(税抜) カード
フェイス
【カード名】MICARD GOLD (エムアイカード ゴールド)
※2018年5月30日より、名称が「MICARD+ GOLD (エムアイカード プラス ゴールド)」へ変更されました。
三越、伊勢丹、
丸井今井、
岩田屋、
名鉄百貨店
5~10% 1.0% 1万円
ルミネカードの詳細はこちら
【カード名】タカシマヤカード ≪ゴールド≫
高島屋 8~10% 1.0% 1万円
タカシマヤカードの詳細はこちら
【カード名】大丸松坂屋カード 〈ゴールド〉
大丸、松坂屋 5% 1.0% 7000円
(ただし、
大丸・松坂屋で
年間100万円以上
利用すれば、
次年度の年会費無料)
PARCOカードの詳細はこちら
【カード名】OPクレジット ゴールド
小田急 5~10% 0.5% 1万円
(ただし、年1回でも
利用があれば
次年度以降も無料)
OPクレジットカードの詳細はこちら
【カード名】TOP&ClubQ JMBゴールドカード
※2015年9月1日より、名称が「TOKYU CARD ClubQ JMB ゴールド」へ変更されました。
東急百貨店 3~10% 1.0% 初年度無料、
2年目以降1000円
TOP&ClubQ JMBカード PASMOカードの詳細はこちら
【カード名】ペルソナ STACIA アメリカン・エキスプレス・カード
阪急百貨店、
阪神百貨店
5~10% 1.0% 2000円
ペルソナSTACIAカードの詳細はこちら
【カード名】エポスゴールドカード
マルイ 1~10% 1.0% 無料
エポスカードの詳細はこちら


 復習しておくと、全国の百貨店の中には、クレジットカードを発行しているところが数多くあります。

 百貨店は顧客の囲い込みを目的にクレジットカードを発行しているので、百貨店系のクレジットカードは全体的にポイント還元率が高く、還元率が5~10%のものがザラにあります(ただし、その百貨店で使用する場合のみ。他で使うときには還元率が0.5~1%程度まで下がります。また、一般カードでも年会費がかかるクレジットカードが多い点も要注意)。

 また、百貨店系クレジットカードのゴールドカードなど、ステータスが高い上級クレジットカードになると、還元率以外に百貨店内の会員専用サロンを利用できるなど、付帯サービスが充実しているので、よく百貨店を利用する人は利用しない手はないでしょう。

 さて、前回は百貨店系のクレジットカードの中でも、サービスが充実している「ペルソナSTACIAアメリカン・エキスプレス・カード(以下、ペルソナ・アメックス)」と「MICARD GOLD」を紹介しました。これらは、いずれも還元率の高さが目立つクレジットカードです。

 特に、「ペルソナ・アメックス」は初年度から還元率10%というのが大きなメリットです。

ペルソナSTACIA アメリカン・エキスプレス・カード
還元率  1~10%
(阪急百貨店や阪神百貨店で、食品やセール品などを除く買い物で利用した場合。阪神阪急グループ対象施設では0.5~3%、一般店舗でも還元率1%
ペルソナSTACIA アメリカン・エキスプレス・カードの詳細はこちら
発行元 アメリカン・エキスプレス
国際ブランド AMEX
年会費(税抜) 1万4000円
家族カード あり(年7000円、税抜)
お得な優待サービス 阪急うめだ本店の会員制女性専用パウダールームが1時間300円で利用可能になるほか、「手荷物預かり」(3時間無料)、保育士が常駐して子供が預けられる「キッズルーム」が優待料金(1時間600円)で利用できる
ペルソナSTACIA アメリカン・エキスプレス・カードの公式サイトはこちら

 また、「MICARD GOLD」は使えば使うほど還元率が上がっていき、最大10%になります。さらに、ゴールドカードでありながら専用デスクがあったり、ラグジュアリーな空港ラウンジが用意されていたり、駐車場の時間が延長できたりと、サービスがプラチナカード並みに充実しています。

MICARD GOLD
還元率 &1~10%
(通常1.0%、三越伊勢丹グループ百貨店での買い物時は、前年年間購入額に応じて還元率5~10%

 

発行元 エムアイカード
国際ブランド VISA、AMEX
年会費(税抜) 1万円
家族カード 2000円、税抜
お得な優待サービス 駐車時間延長サービス、配送料金優待サービス、修理・加工料金優待サービス、空港ショップ優待サービスなどに利用可能なゴールドカード会員専用クーポン券が、年間12枚付与。また、全国の三越・伊勢丹対象店舗でラウンジ・サロンサービスが利用可能
MICARD GOLDの公式サイトはこちら

※2018年5月30日より、名称が「MICARD+ GOLD (エムアイカード プラス ゴールド)」へ変更されました。

 もっとも、還元率の高いクレジットカードはほかにもあります。たとえば、高還元率の元祖ともいえるのが、「タカシマヤカード」と「タカシマヤカード《ゴールド》」です。どちらも、髙島屋での利用金額100円(税抜)ごとに、8%のポイントが付与されます。「タカシマヤカード《ゴールド》」のほうは、髙島屋での利用が年間100万円を超えると、翌年から還元率が10%になります。

 また、髙島屋以外で利用する場合だと、「タカシマヤカード」のポイント還元率が0.5%であるのに対し、「タカシマヤカード《ゴールド》」は1%です。「タカシマヤカード」の年会費は2000円(税抜)で、「タカシマヤカード《ゴールド》」は1万円(税抜)ですが、百貨店以外でもどんどん使ってポイントを貯めるのであれば、「タカシマヤカード《ゴールド》」の方を持つ価値は十分にあるでしょう。

ゴールドカードにしては年会費6000円と安く、
ポイントが貯まりやすい「TOP&ClubQ JMBゴールドカード」

 その他に注目したいのは、鉄道会社系のクレジットカードです。鉄道会社の多くは、百貨店を経営しています。例えば、関東だと西武百貨店、小田急百貨店、東急百貨店などが有名でしょう。また、「東急ストア」や「Odakyu OX」など、沿線にスーパーマーケットを出店している鉄道会社も多いですね。アクセスしやすいので、利用している人も多いのではないでしょうか。

鉄道会社系のカードを作っておけば、沿線の百貨店やスーパーでポイントが貯まりやすく、さらに定期券の購入などでも優遇されるのがメリットです。

 例えば、「TOP&ClubQ JMBカード」は、東急百貨店や東急ストアなどの東急グループの店舗や「TOKYUポイント加盟店」(2000店以上)で、最大10%のポイント還元を受けられます。グループ店以外で使っても、ポイント還元率は1%です。

TOP&ClubQ JMBカード
還元率 1~10%
(東急百貨店の前年利用額10万円未満で3%、10万~50万円未満で5%、50万~100万円未満で7%、100万~300万円未満で8%300万円以上で10%。初年度は3%で、東急百貨店の食品やセール品、東急ストアなどで利用した場合は還元率1%。一般店舗では還元率1%)
東急百貨店、東急ストアで得するTOP&ClubQ JMBカードの詳細はこちら
発行元 東急カード
国際ブランド VISA、Master
年会費(税抜) 初年度無料、2年目以降1000円
家族カード あり(初年度無料、2年目以降300円、税抜)
ポイント付与対象の
電子マネー
PASMO
TOP&ClubQ JMBカードの公式サイトはこちら

※2015年9月1日より、名称が「TOKYU CARD ClubQ JMB」へ変更されました。

 また、「TOP&ClubQ JMBカード」のゴールドカードである「TOP&ClubQ JMBゴールドカード」は、「TOP&ClubQ JMBカード」にゴールドカードならではのサービスが上乗せされています。

 具体的には、最高5000万円まで補償される海外旅行傷害保険、国内主要空港のラウンジが無料で利用できるサービスなどです。これらのサービスが付帯しても、年会費は6000円(税抜)です。もちろん、「TOP&ClubQ JMBカード」の1000円(初年度無料・税抜)よりは高くつきますが、大体1万円以上の設定が多いゴールドカードの中では割安で、東急利用者にとってはメリットの多い一枚といえるでしょう。

TOP&ClubQ JMBゴールドカード
還元率 1~10%
(東急百貨店の前年利用額10万円未満で3%、10万~50万円未満で5%、50万~100万円未満で7%、100万~300万円未満で8%300万円以上で10%。初年度は3%で、東急百貨店の食品やセール品、東急ストアやプレッセなどで利用した場合は還元率1%。一般店舗では還元率1%)
東急百貨店、東急ストアで得するTOP&ClubQ JMBゴールドカードの詳細はこちら
発行元 東急カード
国際ブランド Master
年会費(税抜) 6000円
家族カード あり(年会費1000円、税抜)
ポイント付与対象の
電子マネー
PASMO
TOP&ClubQ JMBゴールドカード公式サイトはこちら

※2015年9月1日より、名称が「TOKYU CARD ClubQ JMB ゴールド」へ変更されました。

ゴールドカードなのに、条件を満たせば年会費無料!
それでも海外旅行保険はついている「エポスゴールドカード」

 最後に紹介したいのは、ファッションビルでおなじみのマルイが発行している「エポスカード」のゴールドカードである「エポスゴールドカード」です。

エポスゴールドカード
還元率  0.5~10%
(通常時にマルイで提示して現金で支払うと還元率0.5%、クレジット利用で還元率1%。年4回の「マルコとマルオの7日間」開催時は還元率10%。一般店舗では還元率0.5%

 エポスゴールドカード

発行元 エポスカード
国際ブランド VISA
年会費(税抜) 5000円
(ただし、インビテーションを受け取った場合は永年無料。また、年50万円以上の利用で次年度以降永年無料
家族カード
お得な優待サービス ポイントの有効期限が無期限になるほか、よく利用する店舗や公共料金を3つ選べて、その還元率が1.5%になる「選べるポイントアップショップ」特典つき! また、ビッグエコーなどの室料30%オフ、ロイヤルホストや居酒屋チェーンで飲食代10%オフなど、全国1万店舗以上の飲食店、レジャー施設を割引価格で利用可能。
エポスゴールドカードの公式サイトはこちら


エポスゴールドカード」は、ゴールドカードの中では異色の一枚なので、詳しく説明しましょう。